日野晃 さん プロフィール

  •  
日野晃さん: 日野晃のさむらいなこころ
ハンドル名日野晃 さん
ブログタイトル日野晃のさむらいなこころ
ブログURLhttp://blog.ap.teacup.com/hinobudo/
サイト紹介文武道、ダンス、人生、日常、人間関係、人の能力他について、武道家の視点で綴っている。
自由文日本伝統武道から発掘した日野身体理論。その身体理論がヨーロッパの多くのダンスカンパニーの支持を受け、毎年数回フランスやドイツを中心に指導に行く。同時に武道の要素の指導も行っており、こちらもヨーロッパを中心に広がっている。最近は、武道のみならず、日本のダンサーのレベルアップを目的としたWSを日本全国で展開中。2011年は自主公演も制作。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/06/12 18:12

日野晃 さんのブログ記事

  • 関係性は言葉ではない
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日です。定員が一杯になりつつあります。申込みはお早めに!http://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1私のワーク・ショップには、ほんとに色々な職業の人が受講してくれる。それぞれに知りたいこと、体感したいこと、自分のやっていることを試してみたい人。本当に色々だ。だから、こちらとしても楽しい。もちろん、運営としては難しい面もある。余りにも色々だからだ。そして、レベルも [続きを読む]
  • もうすぐワーク・ショップ
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日です。定員が一杯になりつつあります。申込みはお早めに!http://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1後1週間。東京ワーク・ショップが始まる。「感じる」を「思う」から切り離せない人には、相当良い勉強になる。「人は多くのことを既に感じているよ」と言っても「どんなことを」となる人が多い。現代的に言うと左脳人間だ。だから、感じようが無いのだが、実際は既に感じている。例えば [続きを読む]
  • 真似る?ほんま?
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1つい先日、手本を真似ていて、いつになったらオリジナルになるのでしょう?と質問された。成る程の質問だ。しかし、それは真似ることで何かを成し得たことが無いからの質問だ。だから、一つの答えは「やり続けたら分かる」だ。本当は、それしかないし、「何時になったらオリジナルが」という意識がある限り、やり続けることも、やり続ける [続きを読む]
  • 気持ちか計算か
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1人の行動の根っこにあるのは、何なのか?そんなことをふと考える。もちろん、自分自身を考えることだ。根っこというのは、生物学的なものではなく、もっと生臭いものの話だ。別の事で私は「気持ち」という言葉をよく使う。これの正体は、さっぱり分からない。ただ、いわゆるこころが響くような感覚が起こる、その元にある何かではないか、 [続きを読む]
  • 極意?どこかにあるのか?
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1昨日の東京教室、久々の稽古で生徒の一人が「不思議なる極意ばかりを尋ねつつ、表にあるを知らぬはかなさ」を書いたブログを読んだが、自分の流派には「極意」という型があるという。もちろん、何があっても不思議ではない。余程の何かが潜んでいるのだろうと思う。また、その流派は古流なので、全く異なった境地があるのかもしれない。「 [続きを読む]
  • 成長に年齢は無い
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1自分の年令の半分以下、あるいは、孫のような年齢の若者が成長していく姿を見るのは、殊のほか喜びがあるものだ。もちろん、そこには在りし日の自分を見たり、あるいは、それを超えている姿を見るからだ。もちろん、全く異なった経路を通って成長している場合もある。ここで言う成長とは、知識が増えることではない。また、最もらしい言葉 [続きを読む]
  • わたしを使うのは自分だから難しい
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1現在、武道教室や治療家の為の「明鏡塾」、それにワーク・ショップと「武禅」と行っている。これらは、相互に影響しあっている。誰に一番効果があるのかというと、多分私にだろうと思う。私自身が、それぞれをそれぞれに考えることで統括され、またそれぞれに還元していく。その意味で、最高のスパイラルだ。つまり、これらは絞り込んでい [続きを読む]
  • 初めての感覚は
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1「感覚」という事に気付いたのは20代後半辺りだ。私自身が手のひらで感じている感じに「あれっ」と思った事がキッカケだ。それは多分、私自身が生まれて初めて、どんな誘導もない状態で感じたことだと気付いたからだ。誘導というのは、例えば、美味しいとか塩っ辛いとか、熱いというような、最初に言葉ありきで感覚された事から、独立した [続きを読む]
  • 本当の自分を目指して
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1日本には素晴らしい言葉がある。「心身一如」だ。本当の自分だの、自分の中の自分だの、耳障りの良い言葉、一見わかり易い言葉が世に出回り、それらの言葉に振り回され目が回っている人が沢山いる。では「本当の自分」というのは一体何なのか?もちろん、それが分からないから、勉強をするのだ、とおっしゃるだろう。しかし、そこで「本当 [続きを読む]
  • きちんと負ければ次が
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1「失敗から学べ」という言葉があるが、「失敗からしか学べない」だと思う。もっというと、きちんと失敗しなければ学ぼうとするものが手に入らないだ。武道で最初にいうのは、「きちんと負ける事」だ。これが一番難しい。受けが取れたら一人前という言葉もある。受けを取るのが上手というのは、いわゆる受け身を取るのが上手、というのでは [続きを読む]
  • 的確な失敗が出来たら
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1昼間の続きになるが、「○○をしているのでしょう」と私に言うのなら良い。それを他の受講生に言い、挙句の果てに持論を教える人がいる。それは、ある集団になると、必ず一人や二人はいる。よく、子供の空手教室やレスリングの教室で、横から親が口出しをするケースがある。口出しをするのなら、その教室に連れて来なければ良いのだ。しか [続きを読む]
  • 一つとして同じものはないのに
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1「日野さんのやっていることは、〇〇でしょう」ワークショップでも、教室でも外国でも言われることがある。あるいは、「日野さんはこうしているのでしょう」と言われることもある。○○を知らないから「そうです」とは言えない。しかし、しかし、その前に他人がやっていること、もちろん、この場合は武道としての技であったり、武道として [続きを読む]
  • 自分の都合の良いように
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1今日は屋根修理を、と思っていたが、もっと目に付くところがあった。日常は常にそんなものだ。予定は予定にして決定にあらずなのだ。しかし、朝道場を外から見て回ると、修理箇所が増えている事に気付いた。どうしよう!だ。でも、やらなければ仕方が無い。時間が経つと朽ちるところは増える。当たり前だ。だが、私の性分として後戻りする [続きを読む]
  • 明鏡塾5期スタート
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1「明鏡塾」5期は、案の定最高の滑り出しを見せた。いきなり、意識が統一された空間が生まれたのだ。初めてなのに、この集中力は何?と驚いた。4期の時も驚いたが、それが回を増す毎に早い時間に現れるのは、ある意味不思議だ。今回は、初参加の人が10数人いた。前回よりも多い人数だ。にも関わらず、集中された空間が出来てしまうのは、自 [続きを読む]
  • 不安はどこから
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1「不安」は「安心」を求めるから起こることだ。と、大人には言うが、それは本当だろうか。ふと思った、そんな問題ではないだろうと。もっと、もっと根源的な、あるいは、本能的な、とでも言おうか。よく言われるような「死」というものに対する、漠然とした感覚から生じるのか。それも違うような気がする。一つの仮説として、「関係」とい [続きを読む]
  • 理解できなければ消えてしまう
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1大阪ワーク・ショップに、やたらと「理解」という言葉を出す男性がいた。しかし、その男性はこのワーク・ショップで貴重なものを手に入れていたのだ。しかも、取り付く島もないワークだ。当然、「自分が」考えなければどうにもならないのだ。それを4日がかりで手に入れたのだ。それがどれ程の価値の有るものなのか、彼はそれこそ理解してい [続きを読む]
  • 出来た、よりプロセス
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-1世の中には、理解しなければならないことが沢山有る。逆に理解しなくても良いことも沢山有る。という大前提を、多くの人は考えた事があるのだろうか、と考える。何よりも、自分にとって理解しなければならないことなのか、そうでないのかを考える。あるいは、直感的に決める。私は完全な実際主義の人間、つまり、自分が実際として何もかも [続きを読む]
  • 判断を超える
  • 東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/workshop-16月2.3.4.5日は東京でのワーク・ショップだ。大阪では、思いがけずまともなワーク・ショップになった。思いがけずというのは、一朝一夕で出来ないことばかりのワークだから、その場で「やった!」感が出ないのだ。しかし、受講者の中にこの「やった!」を実現した人が出ると、不思議と「やった!」人が増えるのだ。それがこのワーク・ショ [続きを読む]
  • 明鏡塾5期は
  • 今回5期の「明鏡塾」は、看護師さんも受講してくれる。仲間の外科医が薦めてくれたからだ。実際病院で一番患者さんに近いのは看護師さんだ。その分、患者さんの様子を微細に観察している。そして、看護師さん次第で、患者さんの容態が変化する。その意味でも、相当重要な役割を担っているのだ。前の体験会に、看護師を教える先生が受講してくれて、深いワークに「そんなこと習わなかった!」と嬉しい悲鳴を上げていた。その先生に [続きを読む]
  • 意味不明
  • 何度も挑戦するとどうなるか。それは自分をどんどん掘り下げている事、あるいは、隅々まで発見することになるのだ。もちろん、そう気付けるまでに「何、これ?」と諦める人、関係ないと無視する人他がいる。もちろん、そう考える人はそうなって当たり前だし、それで良いのだ。皆がみんな、そう気付ける筈もないし、気付く必要も無い。ずっとずっと「顔を見たら分かるやろ」と書いているが、それも同じだ。顔を見ても分からない人に [続きを読む]
  • 最後の1日
  • 今日で、大阪ワークショップは終了だ。今回は、スタジオのご厚意により、快適な場所を確保できて本当に良かった。この場所なら40人でも大丈夫だろう。それは仕方がないことだが、人数が少ない分折角のスタジオを活用しきれなかったのが残念だ。しかし、こちらとしての手応えが大いにあったのは嬉しい限りだ。スタジオを紹介してくれた飯作さんの生徒さん2人が、場を盛り上げてくれたのも良かった。思春期真っただ中の二人が真剣に [続きを読む]
  • ゴールデンウイークに決して得られないものを得た二人
  • 2日目が終わった。昨日は、相当凄い事が起こった。それは、私が日頃表現者向け、あるいは役者、ダンサーに話している事を実現させた受講者が出たのだ。「関係が実現すれば、それは観客に伝播し、絶対に舞台に集中するし感動する」という理屈だ。二人が組んで「目で聴く」を、何度も何度も繰り返してやっていた。声の質が変わったので、思わず二人を見たら、確かに二人が醸し出す雰囲気がまるで違っていた。「もう一度、そしてもっ [続きを読む]
  • どうして迷子になるの
  • 初日は、「少ない」という感じはなかった。でも今日は「少ない」になる。何をやっているのか分からない、と迷子になってしまう人は必ずいる。この迷子になる原因は、やった結果現れた事を考えてしまうからだ。やった結果は自分が現した事だから、やっている事が出来ているかどうか、やっている事に取り組んでいるかどうかは分からない。当然、やった結果は意味不明のものになる可能性は高い。例えば、相手の手を掴んで引っ張る、と [続きを読む]
  • 明日から大阪ワーク・ショップ
  • 大阪ワーク・ショップは5月5.6.7.8日、東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/十分空きがあるので、飛び込みでも大丈夫ですよ!昼過ぎに大阪に着いた。ワーク・ショップが5月5日からあるからだ。確かに大阪は地元だが、それは35歳までで、しかもジャズ・ドラムの期間だ。その意味では、知人は皆無だ。先日、巣鴨の商店街で、またもやTVクルーに捕まった。これで合計4回になるか。そのクルー [続きを読む]
  • WSのからくり
  • 大阪ワーク・ショップは5月5.6.7.8日、東京ワーク・ショップは6月2.3.4.5日ですhttp://hinobudo.wixsite.com/workshop/海外のワーク・ショップでも国内のワーク・ショップでも、もちろん、教室でも今行うワークは1回しか見せない。その1回に受講生は挑戦する取り組む、個人個人の取り組み方を知るためでもある。同時に、自分が人生で体験するのは、その刹那しか無いということを知って欲しいからだ。そして、「まず、やってみる」 [続きを読む]