只野吞助 さん プロフィール

  •  
只野吞助さん: 呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ハンドル名只野吞助 さん
ブログタイトル呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ブログURLhttp://boozersclub.blog55.fc2.com/
サイト紹介文日本全国の日本酒を飲む『日本全国酒の旅』をしています。ただし、気持ちだけ旅行です(笑)。
自由文好きでよく飲んでる日本酒について、ただの呑み助の視点から書いていきたいと思います。知識はありませんが、けっこういろいろな銘柄を飲んできたと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/06/13 11:06

只野吞助 さんのブログ記事

  • バンコク・マリオットホテル・スクンビット
  • プーケット島からバンコクにやってきました。といっても、この記事がアップされる頃には日本に戻って来てしまっているでしょうが・・・。こちらはバンコクで滞在しているホテルでバンコク・マリオットホテル・スクンビット。↓以下の通り、マリオットホテルはハワイで泊ったことがあるのですが、とてもよかったのでこちらバンコクでも泊ることにしました。ワイキキビーチ・マリオットリゾート&スパハワイのマリオットホテルもすご [続きを読む]
  • ミレニアム リゾート パトン プーケット
  • カタノイビーチエリアからパトンビーチエリアに移動してきました。パトンビーチはプーケット島のビーチの中で最もにぎわっている地域です。非常にたくさんのホテル、バービア、レストラン、マッサージ屋等が犇いています。こちらはそのパトンビーチエリアの中心地にあるホテルでミレニアム リゾート パトン プーケットです。この光景を見て、以前からこのホテルに泊まってみたいと思っていました。そこで、今回、このホテルに一泊 [続きを読む]
  • カタノイリゾート
  • プーケット島のカタビーチエリアからカタノイビーチエリアにやって来ました。カタノイビーチエリアには泊まったことがないので一度泊まってみたかったのです。で、こちらはカタノイビーチエリアで泊まっているホテルでカタノイリゾート。小さいながらもサービスが行き届いたいいホテルです。こちらがそのカタノイビーチ。カタノイビーチリゾートから歩いて5分以内にたどり着けます。エメラルドグリーンの海がとても綺麗です。部屋 [続きを読む]
  • カタビーチリゾート&スパ
  • タイ王国にやって来ました。現在はプーケット島にいます。こちらは現在滞在中のホテルでカタビーチリゾート&スパ。ホテルのロビーを過ぎるとこの吹き抜けがあります。去年も同じような角度から撮影しましたが、去年と違うのは色。以下にあるように去年は柱の色などが濃い赤でした。白に変えるのでしょうか。まぁ、白の方が明るく見えますね。こちらはこのホテルを海側から撮影したところ。夜になるとこんな雰囲気になります。素敵 [続きを読む]
  • 羽田エクセルホテル東急
  • 8月7日からタイ王国に来ています。10日間の日程でタイ王国を旅行する予定です。で、こちらは羽田空港にあるホテルで羽田エクセル東急。去年泊まってよかったので今年も泊まりました。この写真は一枚目の写真のホテルの入り口を出た場所から第二ターミナル内を撮影したもの。第二ターミナルに直結しているのがお分かりいただけると思いますが、出てすぐに第二ターミナルなのでとても便利。今年の部屋はこちら。去年よりちょっと広い [続きを読む]
  • 遊穂 山おろし純米 ゆうほのゆうき
  • 本日の酒の旅は島根県から東に向かって石川県。石川県羽咋(はくい)市の酒蔵 御祖(みおや)酒造さんのお酒で『遊穂 山おろし純米 ゆうほのゆうき』です。御祖酒造さんのお酒は過去に何度か飲んだことがあります。いずれもとても美味しいお酒だったので久しぶりに買ってみました。ちなみに、御祖酒造さんの創業は1897年(明治30年)。酒銘である「遊穂」は蔵がある羽咋市がUFO伝説の町として有名だから、UFOの当て字として「遊 [続きを読む]
  • 浅草今半 牛玉弁当
  • こちらは浅草今半の「牛玉弁当」。浅草今半は有名なので皆さんご存知ですね。こちらはその浅草今半が作って販売する牛肉のお弁当です。パッケージをとるとこの通り。牛肉とたまご焼きがぎっしりと惜しげもなく詰められています。味付けはやや甘め。肉は柔らかいです。味付けのおかげで肉や玉子がとても味わい深く感じられます。美味しいです!アップにしてみました。美味そうでしょう?美味いです!。製造:浅草今半↓よかったらク [続きを読む]
  • 環日本海 純米吟醸 吟涼
  • 八月に入りました。電車が空いてきましたが、学生が休みに入ったのでしょうか。お盆休みももうすぐですね。さて、本日の酒の旅は久しぶりに島根県。島根県浜田市の酒蔵 日本海酒造さんのお酒で『環日本海 純米吟醸 吟涼』です。日本海酒造さんの創業は明治二十一年(1888年)。もともとは那賀酒造という社名でしたが、大海原のように広く愛される酒造りを目指して昭和二十五年に日本海酒造株式会社に社名変更。「人と人との心を [続きを読む]
  • 神田明神下みやび 花火弁当
  • 夏の風物詩である花火をパッケージにしたお弁当、これは神田明神下の「花火弁当」です。どうも夏向けの新商品のようです。パッケージをとるとこの通り。花火のような煌びやかなお弁当です。しかし、見かけだけじゃなく、鴨肉あり、さつま揚げあり、魚あり、つくねありと、色々な味わいが楽しめます。右側をアップにしてみました。右上が鴨肉と豆腐、右下がさつま揚げ等。左上は煮物等。伝統の味付けはどれも美味しかったですが、強 [続きを読む]
  • 千葉県酒蔵の旅 馬場本店酒造
  • 先日、房総半島に行ってきたのですが、こちらはその時に行った馬場本店酒造さんです。馬場本店さんは千葉県香取市の佐原の町にあります。創業は江戸時代前期の天和年間(1681〜1683年)。創業三百年以上!伝統の製法を守りつつ、時代に合わせたお酒の追及も行う蔵のようです。受賞歴は平成二十九年の全国新酒鑑評会での金賞受賞の他、多数!こちらは酒蔵のシンボルである煙突。時代劇のセットのような光景ですね。歴史を感 [続きを読む]
  • なだ万厨房 華の膳
  • 月日が経つのは早いものでもう7月も終わります。梅雨が明けて湿度が少し下がったような気がします。しかし、ここのところの夏の東京の暑さは異常ですね。これは二酸化炭素よりもアスファルトやコンクリートによる反射熱が大きいような気がします。さて、こちらのお弁当ですが、久々に食べます。なだ万のお弁当です。なだ万厨房の「華の膳」です。パッケージをとるとこの通り。綺麗です。さすがなだ万です。ちょっとアップにしてみ [続きを読む]
  • 純米吟醸 豊能梅
  • 日本全国酒の旅、福島県の次は高知県です。高知県のお酒は久しぶり・・と思っていたら、実は今年の4月に飲んでいました(笑)。こちらは都内の酒屋さんで勧められたお酒です。その酒屋さんで勧められて飲んだお酒は外れがないので、こちらも楽しみにしておりました。このお酒は高知県香南市の酒蔵 高木酒造さんのお酒で『純米吟醸 豊能梅』です。高木酒造さんの創業は明治十七年(1884年)。酒造りの方針は「愛情を込めた手作業 [続きを読む]
  • 懐石料理青山 花小町
  • またまた買いました、懐石料理青山のお弁当。こちらも見たことがないお弁当なので、新商品か季節限定のお弁当かもしれません。それにしても何となく目を引くパッケージです。私もついつい買ってしまいました。パッケージを開けるとこの通り。いつも思うのですが、懐石料理青山のお弁当は本当に綺麗にまとまっています。おかずをアップにしてみました。数種類の魚料理やずんだもち(?)が入っています。こちらはおにぎりや野菜など [続きを読む]
  • ゴールド人気 純米大吟醸
  • 本日の酒の旅は福岡県よりぐっと北上して福島県。福島県は全国新酒鑑評会金賞受賞数が5年連続で日本一の酒どころ。そんな福島県のお酒を飲むのは楽しみであります。その福島県のお酒は二本松市の酒蔵 人気酒造さんのお酒で『ゴールド人気 純米大吟醸』です。人気酒造さんは大内酒造の代表の大内達氏と奥の松酒造にいた遊佐勇人氏が新しく立ち上げた蔵です。酒造りは大内酒造の設備を引き継いで行っているそうで、大内酒造の創業が [続きを読む]
  • 懐石料理青山 幕の内弁当
  • 久々に買いました。懐石料理青山のお弁当。パッケージには青山御膳とか、雪月花とか書かれていますが、正式名称は「幕の内弁当」となっています。今まで見たことがないお弁当なので懐石料理青山の新商品なのでしょうか。パッケージをとるとこの通り。色鮮やかでとても綺麗なお弁当。視覚でも楽しませてくれます。おかずをアップにしてみました。上は煮物等。下はえび、たまご、スイーツ等。こちらはご飯のアップ。綺麗にまとまって [続きを読む]
  • 純米吟醸 喜多屋 夏酒
  • 最近は仕事場が東京都内であることがほとんどなのですが、この時期の東京はとても暑く、5分も外にいると汗がぶわーっと出てきます。誰かシャワー屋とか起業してくれないかと毎年思っています。お金がある方は起業してみてはいかがでしょうか?さて、本日のお酒の旅は山口県の隣の福岡県です。本日のお酒は福岡県八女市の酒蔵 喜多屋さんのお酒で『純米吟醸 喜多屋 夏酒』です。喜多屋さんの創業は江戸時代の文政年間(1818〜3 [続きを読む]
  • どらてんの海老天丼
  • ちょっと前の話ですが、こちらは東北自動車道蓮田サービスエリア(上り)で買ったどらてんというお店の天丼弁当です。かなり美味しい天丼でした。こちらは蓋をとったところ。見た目も綺麗です。ちょっとアップにしてみました。海老は大きいのが三つ、その他はピーマンやかぼちゃの天ぷらが入ってます。カリッと揚がっていたおかげで冷めてから食べても美味しかったです!お店:どらてん↓よかったら をお願いします。。。 [続きを読む]
  • 純米吟醸無濾過生原酒 五橋
  • 梅雨なのに雨の日が少ないと思っていたら最近は雨の日がけっこうあります。梅雨の雨の日が嫌いなので早く過ぎて夏になってもらいたいものです。さて、本日の酒の旅は岐阜県より更に西へ向かい山口県。山口県岩国市の酒蔵 酒井酒造さんのお酒で『純米吟醸無濾過生原酒 五橋』です。酒井酒造さんの創業は明治四年(1871年)。モットーは「当たり前のことを当たり前にやる」。当たり前のことを当たり前にやるのは意外と大変なので [続きを読む]
  • アパホテル TKP日暮里駅前
  • 七月になりました。早いもので今年も一年の半分が過ぎました。半年過ぎるのなんてあっという間ですね。さて、今回はお酒ではなくホテル。それもアパホテルです。以下の通り、アパホテルは過去に2回泊ったことがありますが、いずれも非常にいいホテルでした。 アパホテル 秋葉原駅前 アパホテル 蒲田西そこで今回もアパホテルに泊りました。泊ったのは日暮里駅からすぐ近くのアパホテル TKP日暮里駅前です。ホテルの中はこの通り [続きを読む]
  • 日本酒原価酒蔵 新橋二号店
  • 先日、日本酒を相場価格の三分の一価格である原価で提供するという、『日本酒原価酒蔵 新橋二号店』に友人と行ってきました。日本酒が原価で飲めるというのは酒好きにはたまりませんね。今回は「杜氏コース:日本酒等約20種類の飲み放題付きコース(8品)」にしました。これだけたくさんの日本酒とビール等が飲み放題で6000円。とてもリーズナブルです。こちらは階段を上がったところにある酒瓶のディスプレイ。なかなかセンスが [続きを読む]
  • 超辛口純米吟醸原酒 極み雷吟
  • 雨の日も少しずつ増えてきて本格的な梅雨がやってきたかなという感じです。こんなムシムシする時にはキンキンに冷えたお酒を飲みたいといったところ。そんな季節に飲みたいお酒というと私はこちらのお酒を思い出してしまいます。『超辛口純米吟醸原酒 極み雷吟』。岐阜県高山市の酒蔵、原田酒造場さんのお酒です。原田酒造場さんの創業は江戸時代末期の安政二年(1855年)。原田酒造場さんのこだわりは地元飛騨の原材料を使うと [続きを読む]
  • 多古米
  • またまた買いました。多古米。こちらは海の駅九十九里で売られていたもの。多古米は千葉県の多古町で作られるお米で、ここのお米は美味しいことで知られています。私の汚いお茶碗で恐縮ですが、こちらが焚いてみたところ。モチっとしていて意外と粘りがあり、みずみずしく、美味しかったです。多古米についてはこちらをご覧ください→多古米/味わう/多古町↓よかったら をお願いします。。。 [続きを読む]
  • 埼玉県酒蔵の旅 有馬錦酒造編
  • 秩父を後して次に行ったのはこちらのお酒を醸す酒蔵、埼玉県飯能市の有馬錦酒造さんです。有馬錦酒造さんの創業は明治二十一年(1888年)。モットーは「品質第一」。手造りにこだわり、飲み手に好まれるお酒を目標としているようです。代表銘柄である有馬錦は秩父の有間山から名付けたもの。お酒は小売店にのみ卸しており、通常は直売りはしていないそうです。近代的な建物が印象的でした。わざわざ開けてくださり、お酒を売っ [続きを読む]
  • 埼玉県酒蔵の旅 秩父菊水酒造編
  • ちょっと前の話になりますが、またまた西埼玉の方に向かい、酒蔵の旅に出かけてきました。こちらはその時に寄った株式会社タイセー秩父菊水酒造所さんの建物です。秩父菊水酒造さんの創業は江戸時代初期の寛永二年(1625年)。といってもその経緯は結構複雑で、こちらの蔵は元々は埼玉県羽生市の東亜酒造の肥土工場だったそうです。この東亜酒造さんが寛永二年からこの地で酒造りをしていたため、創業は寛永二年。その工場を平 [続きを読む]
  • あなご三本仕立て弁当
  • こちら、「あなご三本仕立て」弁当と言います。JR大阪駅の駅弁のようです。パッケージをとったところ。「あなご三本仕立て」の名の通り、あなごが三本入っています。アップにしてみました。いわゆるあなご飯のお弁当ですが、あなごの味わいが美味しいお弁当でした。製造:淡路屋↓よかったら をお願いします。。。 [続きを読む]