銀将 さん プロフィール

  •  
銀将 さん: 感動のヘヴィメタル/ハードロックその他の音楽
ハンドル名銀将 さん
ブログタイトル感動のヘヴィメタル/ハードロックその他の音楽
ブログURLhttp://msgufo.seesaa.net/
サイト紹介文昔から良く聴いていたヘヴィメタル/ハードロックを中心に日本の曲、クラッシク、ヒット曲など紹介します
自由文高校生の頃は、マイケル・シェンカーに憧れ自らもバンドでギターを演奏していました。(下手でしたが)、その他リッチー・ブラックモアやアイアン・メイデンをよく聴いてました。しかしお金がなくて、たくさん音楽を聴きたかったのですが、同じレコードばかり聴いてました。しかし、大人になってパチンコもやめてからは好きなCDを大人買いをして大満足!いい曲をみつけて紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/06/14 08:31

銀将 さんのブログ記事

  • シンデレラ/ジプシー・ロード
  • 伊藤正則のロックシティで5月13・14日とLAメタルSUMMIというイヴェントをやるということで、LAメタルを何曲か紹介していた。チケットはss席20000円s席12000円らしい。その中でシンデレラ(Cinderella)の「ジプシー・ロード」(Gypsy Road) という曲が紹介されていた1986年2作目の「ロング・コールド・ウィンター」(Long Cold Winter)収録。シンデレラは正しくはLAメタルではなく、80年代メタル。しかし [続きを読む]
  • SawanoHiroyuki/X.U.
  • TVアニメ『終わりのセラフ』OPテーマ「X.U.」及びEDテーマ「scaPEGoat」や、TVアニメ『アルドノア・ゼロ』OPテーマ「&Z」及びEDテーマ「A/Z」「aLIEz」など、オリコンシングルチャートTOP10入りやiTunes1位を獲得した大ヒット曲をもれなく収録! 澤野弘之が劇伴音楽を担当するNHK連続テレビ小説「まれ」からも、劇中歌「Song of ..」のSawanoHiroyuki[nZk]ヴァージョンを収録。(amazonより)アルバム「o1」収録 TVアニメ『終わりのセ [続きを読む]
  • ジョー・サトリアーニ/テン ワーズ
  • 2006年「スーパー・コロッサル」(Super Colossal)収録。最近、父が亡くなり、しばらく音楽を聴く気になりませんでした。以前はお風呂で音楽を聴くのが好きでしたが、最近はもっぱらラジオを聴いてました。オルゴールの音楽なら聴く気になるかなと思ったが、途中で消してしまった。どんな音楽なら聴く気になるかなと思いましたたが、プロレスの激しい音楽を聴き、やはりかっこいい音楽で悲しさを吹き飛ばすのが良いかなと思い [続きを読む]
  • シレニア/ ディム・デイズ・オヴ・ドーラー
  • ノルウェー出身のゴシック・メタル・バンド、Sireniaのアルバム「ディム・デイズ・オヴ・ドーラー」(DIM DAYS OF DOLOR)収録。タイトル曲「ディム・デイズ・オヴ・ドーラー」(DIM DAYS OF DOLOR)はヘヴィだがキーボードが全面にでたサウンドに美しい女性ボーカルがのり、美しいダークな世界が広がる素晴らしい曲。01. Goddess Of The Sea02. Dim Days Of Dolor03. The 12th Hour04. Treasure n' Treason05. Cloud Nine06. Veil [続きを読む]
  • エピカ/エッヂ・オブ・ザ・ブレード
  • オランダのシンフォニックメタルバンドEPICAの「ザ・ホログラフィック・プリンシプル」(HOLOGRAPHIC PRINCIPLE)収録。混声合唱隊、オーケストラ、民族楽器をフィーチャーした壮大で重厚なシンフォニック・サウンド! シモーネの耽美なヴォーカルでヴァーチャル・リアリティへと誘う! らしい。「エッヂ・オブ・ザ・ブレード」(Edge Of The Blade)はアップテンポでポップな始まり。イントロのメロディがクセになりそう。女性ボー [続きを読む]
  • ハロウィン/ハロウィン
  • Helloweenが87年に新ヴォーカリストにマイケル・キスクを迎えて発表した2nd「守護神伝 第一章」( Keeper Of The Seven Keys Part 1)収録「ハロウィン」(Halloween)は 行事のハロウィンをテーマとした楽曲。ヘヴィでメロディアス。疾走感もあり、けっこう正統派メタルっぽい面もあれば、起伏の激しさもある。今聴いても古さを感じることなく、むしろ新鮮。守護神伝 第一章01. Initiation(序章) 02. I'm Alive 03. A Little T [続きを読む]
  • トラウマー/フォエヴァー・スターツ・トゥモロウ
  • ブラジルサンパウロ出身のヘヴィ・メタル・バンドTRAUMERの2作目「アヴァロン」(AVALON)収録ドイツ語で「夢想家」を意味するバンド名日本のビクターへ自ら売り込み、日本でのデビューが実現した。「フォエヴァー・スターツ・トゥモロウ」(Forever Starts Tomorrow)は透き通った ボーカルで北欧メタルそのものという感じ。ストラトヴァリウスみたい。ボーカルがうまくて魅力的。アヴァロン1. Tempus Est / テンプス・エスト2. [続きを読む]
  • シヴィル・ウォー/トゥームストーン
  • Civil Warは北欧のサバトンから脱退したメンバーからなるスウェーデンのパワーメタルバンドらしい。ファースト・アルバム『The Killer Angels』(2013)がスウェーデンでゴールド・ディスク(2万枚のセールス)を獲得したらしい。「トゥームストーン」(Tombstone)は2作目「ザ・ラスト・フル・メジャー」(The Last Full Measure)収録。このアルバムは歴史小説家シャーラの“南北戦争三部作"の完結編を“原作"にしたコンセプトアル [続きを読む]
  • ビー・ザ・ウルフ/フェノメノンズ
  • 2016年11月9日 発売「ルージュ」(ROUGE)収録。「フェノメノンズ」(PHENOMENONS)はソフトでありながらヘヴィなギター、エモーショナルで伸びのあるボーカル。かっこよく、プロフェッショナルな感じの曲。ROUGE1. PHENOMENONS 2. DOWN TO THE RIVER 3. ANIMALS 4. BLAH BLAH BLAH 5. SHIBUYA 6. GOLD DIGGERS 7. PEEPS 8. RISE UP TOGETHER 9. THE GAME 10. FREEDOM 11. LOCKED OUT OF HEAVEN (BRUNO MARS COVER / ROCK VERSION) [続きを読む]
  • マイ・ゴッド・ギヴン・ライト/ハロウィン
  • 通算15作目のスタジオ・アルバム「MY GOD-GIVEN RIGHT」アンディ・デリスのボーカルにスピーディなハロウィンのサウンドは鬼に金棒。悪いわけがありません。盤石なハロウィンサウンドです。1. Heroes 2. Battle's Won 3. My God-Given Right 4. Stay Crazy 5. Lost In America 6. Russian Roule 7. The Swing Of A Fallen World 8. Like Everybody Else 9. Creatures In Heaven 10. If God Loves Rock 'N' Rollブログラン [続きを読む]
  • ニュー・イングランド/失われし魂
  • New Englandは1979年に「失われし魂」(New England)で日本デビューを果たした伝説のUSプログレ/メロディアス・ハード・ロック・バンド。今度来日するらしい。(11/18 11/20)シングル「失われし魂」(Don't Ever Wanna Lose Ya)」は全米40位のヒット曲。1979年というと中学生でナックとかクイーン・ポリスなんか聴いてた頃かな。この曲は初めて聴いたが、すごく新しい曲を聴いてるみたい。ギターの音はしっかり聞こえて、さわやか [続きを読む]
  • スピリチュアル・ベガーズ/ハード・ロード
  • スウェーデン出身のハードロック/ストーナーロック・バンドSpiritual Beggarsはすごいバンドのようで、カーカスを脱退した北欧の実力派ギタリストマイケル・アモットがスウェーデンに戻って結成。この人はアーチ・エネミーの人でもあるみたい。ベースに同じくアーチ・エネミーのシャーリー・ダンジェロ、キーボードに元オーペスのペル・ヴィバリ、ドラムに元ファイアバードのラドウィック・ヴィット、ヴォーカルに元ファイアーウィ [続きを読む]
  • アーマード・セイント/Reign Of Fire
  • アーマード・セイント (Armored Saint) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタルバンド。1984年デビュー当初は活動拠点がグラム・メタル(LAメタル)の本場でありながら、正統派のHR/HMサウンドを主体としていた。一度解散するものの、2000年代に活動を再開。なんかギターがすごくかっこいい。ボーカルもいい。落ち着いた感じのバンド。ブログランキング参加中です!         にほんブログ村 [続きを読む]
  • チープ・トリック/When I Wake Up Tomorrow
  • 2016年4月発売アルバム「Bang Zoom Crazy, Hello」よりCheap Trickといえば、中学生のころ、約40年前に聴いていたバンド。そんなバンドがあたらしいアルバムをだしてくれると嬉しい。「When I Wake Up Tomorrow」はビートルズっぽいなと思った。ダークで静かな曲。1. Heart on The Line2. No Direction Home3. When I Wake Up Tomorrow4. Do You Believe Me?5. Blood Red Lips6. Sing My Blues Away7. Roll Me8. The In Cro [続きを読む]