ふうあ さん プロフィール

  •  
ふうあさん: 世界一幸せな子育てをする母のブログ
ハンドル名ふうあ さん
ブログタイトル世界一幸せな子育てをする母のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/meant-2be/
サイト紹介文前置胎盤で管理入院中、多量出血で2ヶ月半早く産まれてきた娘との生活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/06/16 23:31

ふうあ さんのブログ記事

  • 我が家はやっぱり混合
  • 一人目の妊娠出産の時、私は何だか色々と信仰していました。母乳がいいんだ!とか、自然に産むのがいいんだ!とか、添加物は悪だ!(これは、今でも良いものとは思ってないけど)とか、 予防接種打たない方がいいかなとか、西原式?母乳のみで2歳まで育てるんだ!とかなんだか色々。その他も布おむつにしようとか、マクロビとかアロマとか調べてたなー。今考えたら、あの時の私ってがんじがらめになってました。それが、産む前の [続きを読む]
  • DWE27 正規購入を検討した理由まだまだあるわ…
  • まだまだ続く、DWEにしようと今更思いはじめた理由色々と赤ちゃんの頃から取り組みしてきているわりに、不器用な長女三歳を過ぎたら、本当はドリルなんかを使って英語も勉強としてでもガンガンやらせたかったのですが、そんな感じじゃなくマイペースでオリジナリティ溢れる不思議ちゃんタイプマイワールドに住む彼女にスキルの上達を目的とする習い事は、うーん!?という感じ。正直未熟児だったこともあって、この不器用さ(そし [続きを読む]
  • DWE26 ま、まさかの正規購入検討中
  • さて、最近DWEの正規購入を検討中の我が家。悩みすぎてブログ書けてなかったです中古でいいじゃん!と思っていた我が家。現在PASA CDと本メイン 本 CD DVD(SBS)を持っています。何も壊れてないし無くなってないし、正直長女が三歳になる今頃までは、うちは中古で充分でした。こんなちょっとだけど、他のDVDなども使ってきているので、1歳半頃までは英語の発話の方が多く、健診で引っかかったこともあり、三歳健診まで!と期間 [続きを読む]
  • あそこのお母さんは、やりくり上手なのに!なんて
  • 子どもが、人と比べてできないことがあると、焦る。うちの子だって、それくらい!と思うこともあるだろうし後少しでできるんだから、うちの子だって!と思うこともある。時々自分の子どもに無理させてることもあるよね。でも、我が子はどんなに比べられても、私のことをよそのお母さんと比べたりしない。あのお母さんは、もっと余裕あるよ。とか、あっちのお母さんは、料理もできるし、掃除洗濯も手際よくしてるよ。とか、もっと [続きを読む]
  • キレそうな時に一呼吸。我が子を他の人に置き換える
  • 下の子を妊娠して、出産して、2人育児になってから、上の子に対する私の導火線いや、夫婦ともに導火線が短くなってます。特に夫は、しっかり話せる長女と言葉でやりとりして納得説得させようとしてる。でも、なんだかんだまだまだ3歳なので、親である私たちが理不尽だなーと反省なので、最近大きな声を出しそうになった時とか、イラっとしたら、娘をよその人に置き換えてみてます。仕事中、おかしなことを言うクレーマーに、私 [続きを読む]
  • 上の子は?下の子は?親子での習い事に参加しにくい2人育児
  • 2人育児になってから、なんでもっと上の子1人の時に習い事の体験だけでも巡っておかなかったんだ!と、後悔してますだって、下の子連れて、行きにくい!!だから、上の子は、母子分離の習い事ができるようになるまで、少し待ってます。そして、下の子は、上の子が幼稚園に入るまで待ってますただ、そうすると、2人ともに習い事をさせてやれない(こともないけど、フットワークは確実に軽くはない)時期がある。1人目の時は、 [続きを読む]
  • こどもちゃれんじEnglish、どうしよう…と考える
  • さて、5月のこどもちゃれんじEnglishの教材が届きました我が家は届く→出さない→過去の教材でもう一度遊ばせる→そろそろ次のが届く頃だと思い出させる→欲しいなと言う→機嫌が悪い日や、イベントがある日に、おもちゃのみ出してくる→過去のDVDの予告編と照らし合わせながら遊ばせる→教材が届かない次の月になってからDVDを出してくるという流れができてきました。そうでなければ、2ヶ月に一度の教材の為、間が持たないし、 [続きを読む]
  • 3歳までと、3歳からの親の関わり方の違い
  • とにかく3歳まで!3歳まで頑張ろう!と、長女の知育に勤しんできた…割にはあんまりだったけどでも、飽き性の私が何とかゼロにすることなく3歳まで頑張れたかな!?3歳まで、というのは、親のやりたいことや考えがあまり邪魔されずできる時だと思う。ストレートに子供に入る気がする。でも、3歳が近づくにつれ、長女の自己主張、意思表示が出てきて、私の考えとは別に娘の反応を見ながら答えを探すようになってきた気がするそこを [続きを読む]
  • 喋り始めてからの、Super Simple Songs
  • これ良いじゃん!と初めて見たときは思ったSuper Simple Songsだけど、せっかく小さい時からやるのに、わざわざゆっくりの英語の歌聴かせるのもなーと思い直して、Super Simple Songsとか、WKEは辞めました。でも、話せるようになって来たり、歌えるようになった時に、ゆっくりの歌だと完璧に歌えてる感じがするかも!と、その辺を復活!追加したこどもチャレンジEnglishなんかは特に!これ!私できる!と感じてもら [続きを読む]
  • 長女にはしなかったこと。次女はお試し中なこと。
  • 長女にはしなかったこと。それは身体的なこと。 服を着たまま、オイルなしで、ほんのお遊びではやったことがあるものの、本格的なベビーマッサージは怖くてやらなかった。それよりも、ただただ生きていてくれてらよかったし、長女の時にベビーマッサージと言いながら赤ちゃんに手技を施してその赤ちゃんを死なせてしまった人のニュースがあったから。あとは、うつ伏せとか、体幹に良さそうな運動とかも、知ってたけどやらせ [続きを読む]
  • 里帰らない出産、保育園のこと
  • 産後、里帰りしないで、家事それぞれをどのようにするか…は考えたほうがいいと思う。お金と準備が必要だし、こちらから断るのなら、親から孫とルンルンしたい欲望をぶつけられても、スルーするスキルとかも必要里帰りしないことにしたあと、我が家は夫と長女の預け先でもめました。夫は、義両親のところに預けるつもりでいました。私が義両親のお世話になるのは無理でも、孫ならと思ったようです。でも、結局は、上の子は保育園 [続きを読む]
  • 里帰らない、けどいつもがそうな訳じゃない
  • 里帰らない出産について書いてるけど、普段から疎遠とか、嫌とかではありません。どちらの実家も、むしろ毎日のように連絡とってるし、毎日のように孫写真送ってるし、行事は大体いつも義実家で一緒にしてる義実家は、そもそも行事にはあまり積極的ではなく、結婚式でさえやらなくていい派。ただただ真面目なんだと思う。そして、控えめなのかな?でも、こちらが用意していくと、楽しんでもらえているので、伝統行事や季節の行事 [続きを読む]
  • おもちゃを捨てたーい!!!
  • 私はおもちゃが好きです。が、長女はおもちゃじゃないものが好きです。ままごとも、どんぐりとビー玉しか使いませんいや、見立て遊びって素晴らしい!!そんな娘を幼児教育の専門家は褒めてくれるだろうし、だからおもちゃの与えすぎは良くないと説くのでしょう。でも、可愛いおもちゃに囲まれた子供部屋って憧れませんか??IKEAの子供部屋の展示とかウキウキが止まらないのです。おもちゃ屋さんで、これ買って喜んでもらえたら [続きを読む]
  • 里帰らない出産、嫌われる勇気!?
  • 里帰らない出産、お見舞いも帝王切開当日は断りました当日は、夫のみ付き添い、出産が無事終わったら電話で報告しますと伝えました。お見舞いは、当日翌日は遠慮して欲しいこと、来る人は◯日、何曜日の何時以降で短時間でとお伝えしました病院には、もし誰かきたら、お部屋には通さず、新生児室で窓越し面会のみ可と伝えました。ただ!これは、誰だったらokとすると、多分角が立つので、全員そうしました。パパのみ、出産当日は [続きを読む]
  • 習い事をする時。お金のかけどころ、海外留学を視野に入れた教室選び
  • 我が家は、習い事は、1人1つ特技を作る為にさせてやりたいなーと思ってます。で、最近色々と検討しています。特技にさせてやれるかどうかは、本人の興味や向き不向き、そして、最高いくらくらいまでお金がかかるのか、など大人目線で考えるところもあるなと。候補の習い事については、始める前に褒められる要素増やしておくにも、関連することを本などで勉強して、少しだけ予習させてる。予習というか、基礎はプロである先生に [続きを読む]
  • ミヤネ屋で出てきた七田式教室
  • 今日はミヤネ屋に、七田チャイルドアカデミーでてた!やっぱり教室によって全然違うカリキュラムが同じでも、やる人が違うだけで別ものに見えるのは私だけでしょうか??まずは、こどもが楽しく通えるかどうかだと思うけど、こういうの見るとよその教室にも行きたくなる母です。ちなみに、我が家は新年度から講師の先生が変わった。それだけでも全然違う娘は今でもこれまで2年習った先生に手紙書いたりしてる。でも、私は今の先 [続きを読む]
  • 不愉快な漫画の広告
  • 全然育児とも関係のないことなのですが、最近インパクトのある漫画が流行っているのでしょうか??そして、それをネット広告に出すことで、儲かっているってことなのかな??でもね、子どもがいる私からしたら、その子どもが虐待されてるようなシーンをいくら広告とは言え否応無く見せられるのって不愉快だなー。選べないじゃない。選べないのに、暴力的な広告があるのは、不愉快なんだけど、無料ユーザーだったら仕方ないのかな [続きを読む]
  • できない時に、触れられるような環境作り
  • 2人目妊娠で、かなりばらつきが出た我が家の取り組み。1人目でのハイリスクからかなり慎重になっていた妊娠初期。その後、出生前診断から起こった夫婦のイザコザ…色々な不安がありすぎて、2人目妊娠は経過は順調(小さめとか障害あるかもとか色々ありつつも、緊急性はなかった)なのに、私が精神的に色々やられてしまいましたおかげで、長女の赤ちゃん返りが凄まじく。それなのに、私も彼女にはテレビ見せて休んでしまったり [続きを読む]
  • 里帰らない出産、保育園について
  • 里帰らない出産を選んだ我が家。そうは言っても、ダンナは保育園お金かかるじゃん!と渋ってました。で、旦那の実家も、長女の面倒を見ると言ってくれましたが、これも回避!私は、前回里帰りや、家に手伝いに来てもらった時に懲りたので、次から絶対イヤだと、長女が一歳すぎた頃から一時保育を利用し始めました。その為に貯金したと言っても過言ではない!!娘も、時々習い事のようにいく保育園を楽しんでました。そして、「お [続きを読む]
  • 里帰らない出産、病院について
  • 里帰らない出産、それぞれの母が、私の出番!とばかりに張り切っていたので、断るのもなーと思ったけど、断りましたよー。だって、妊娠して、出産して、おまけに母と姑の攻撃交わすなんて無理ゲーうちは、父が母を黙らせることもできない。義実家も義父は義母を黙らせることができない。つまり、回避するには、空間と時間を共有しない他ないんです!!今は里帰りしない人も多いと聞くけど、ほんっとに気が楽でオススメしますあ、 [続きを読む]
  • 里帰らない出産、あえての大部屋入院
  • さて、2人目の妊娠出産の記事が、殆ど存在しないことに気が付いたので、1人目とは違う、里帰らない出産について書こうと思います里帰りしなかった理由は、どっちの親も、口うるさくて、嫌だったからどっちも母親たち、面倒くさいタイプだと思う。口うるさい、しかもその通りにしないと腹をたてる、意見しようものなら、母親にむかって!とキレる…姑が旦那の意見を聞くというわけでもないし、母も娘の私に言われるとムキになる [続きを読む]
  • 外遊びが良いからって、放り出しておけば良いわけじゃない。
  • 例えば頭が良い子は外遊びをよくしているとはいうけれど、だからって、『遊んでおいでー』と外に放っておけばいいわけではないし、頭が良い子は、音楽をやっていた!というのは、ただ音楽教室に突っ込めば良いというものでもなく、自立している子は、いつも自分で選択してきていたというのも、『お前のやりたいようにしなさい』とただ言っていれば良いというものでもない。のびのび、自由にさせてもらえた。と、こども自身が思え [続きを読む]
  • いよいよ、暗唱が本格的に始まった!親が大変!
  • 七田、2歳のクラスになって、なんだか幼児教室っぽくなってきた!七田では、胎教からって言われてるから、その時期から通うのが良いのかも知れないけど…私の通ってみた感触では、2歳までは、やっぱり家でいいかも…うちの子は、特に春生まれで、女の子だから、どこに行っても習い事では物足りなさを感じることが多いです。これは七田じゃなくても、リトミックとか、他の幼児教室とかでも同じで子ども自身もどこに行っても一学 [続きを読む]
  • 私のブログは理想論。現実は、現実として受け止めよう
  • 家族がみんな寝て。1日を振り返りながらポツポツ書いているブログ。だからかなー、こうしたい!って想いが先行していて記録というよりも、希望…私は、子どもは絶対3人か、それ以上と決めていて、その理由が、子どもは3人くらいいないと、1人にプレッシャーを与えてしまいそうだから…もう、日々を過ごすので精一杯で、自分のことは自分でやってくれるこどもに育ってー!!と悲鳴をあげるくらいじゃないと、育児にのめり込むタ [続きを読む]
  • 公文のカードと悩んだけど、こっちにした
  • 歌が好きな長女本人が手に取れるものを探していた今日この頃童謡のCDがついてる公文のカードと迷ったんだけど、この絵本にしましたみんなでうたおう どうようえほん〈1〉 https://www.amazon.co.jp/dp/4564003658/ref=cm_sw_r_cp_api_pV18yb09DYW7Bこちらにしたのは、歌詞といっしょに、楽譜が載ってるから。たぶんまだまだ先だけど、いつか楽器を習ったりして楽譜が読めるようになった時に、また今とは違う形で使えるのかもしれ [続きを読む]