悟道 さん プロフィール

  •  
悟道さん: 悟道の道
ハンドル名悟道 さん
ブログタイトル悟道の道
ブログURLhttp://shotaiji.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文牛川のお寺、真宗高田派 正太寺(しょうたいじ)と申します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/06/18 09:53

悟道 さんのブログ記事

  • 引っ越しました
  • この度、こちら「悟道の道」は地元志向を重んじ引っ越すことにしました。新しいURLを登録していただけると嬉しいです。新しいフィールドはこちらです。http://shotaijiblog.dosugoi.net/preview [続きを読む]
  • 報恩講にお参りください
  • 正太寺報恩講 1月28日(土)・29日(日)午後1時30分より勤行、そしてお説教(29日は朝事が8時より勤まります)ご法話は安藤傳融師です。お寺の法座は誰にでも解放された場です。どなたでもお気軽にお参りしていただけます。じっくりと法話に耳を傾けるのもよし、お勤めに合わせて唱和するもよし、それぞれの楽しみ方でお寺をご利用いただきたいと思います。駐車場もあります。途中からの参加、途中で帰られても構いません。 [続きを読む]
  • この週末は高田本山へ
  • 高田本山では只今、報恩講(お七夜)が勤まっています(16日お昼まで)12日、13日と行って参りました。平日ではあれどなかなかの人出でしたよ。門前の露天商もいくつも並んでいましたし、週末には人出も露店も増えることでしょう。もちろん法要が大切です。若い僧侶の姿も増え、世代交代を感じます。境内の案内も様々に工夫を凝らしています。その一つが日に二回、御堂裏手の庭園(安楽庵)の見学ツアーの実施、そして宝物館には親 [続きを読む]
  • 行き先がわかれば・・・
  • 行き先がわかれば 行き方がわかる 往き先がわかれば 生き方がわかるこの修正会の時にお話しさせていただいたことを簡略にご紹介します。この法語、なんか語呂合わせのようで面白いのですが、内容はなかなか深いものだと思います。年末にSNS(facebook)で見つけそのまま掲示板に書かせてもらいました。「行き先」によってその準備や心構えが変わってくるものです。山の頂上を「行き先」とするならば、靴や服装、そして体調も整え [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 2017年となりました。年末から元旦、二日とずっと晴天続きで助かりました。正太寺では元旦、二日と「修正会(しゅしょうえ)」を朝8時より勤めています。写真は内陣の荘厳を京都の法然院さんを真似て庭の寒椿であしらってみました。元旦は7時半頃から人が集まり始め、8時直前が下の写真です。このあと満堂となり、椅子はもちろん、並べた座布団も足らないほど。修正会お参りの最高人数でした。正信偈をみんなで声を合わせて勤め、 [続きを読む]
  • 今年一年、お世話になりました。
  • 快晴の大晦日でございます。毎年、自分は年を取って行くのですが、いくつになっても「余裕」というものを身に付けられません。今年もあたふた、ドタバタの毎日だったように思います。来年は酉年ということで、更にせわしなくなるのではと案じております。さて、明日は元旦です。天候も穏やからしいです。正太寺では朝の8時より修正会(しゅしょうえ)を勤めます。正信偈のお勤めで新年をスタートさせようという法要です。毎年、ご [続きを読む]
  • 松元ヒロin豊橋
  • 先週のこと、とよはし芸術劇場プラット・アートスペースにて松元ヒロのソロライブが開催された。相変わらず軽快なノリで世相を皮肉って笑わせます。笑わせながら、大事なことに気づかせてくれます。政治も経済も、強いもののために変えられてしまっていること。太平洋戦争は終わったけれども、その傷はまだほったらかしであること。沖縄のこと。戦時中、日本人に殺された多くの沖縄の人々がいたこと。永六輔さんのこと。一本筋の通 [続きを読む]
  • 松阪の常教寺
  • もう一週間も経ってしまいましたが、松阪の街中に佇む常教寺さまへと出かけました。ナビに従ってお寺に近づくにつれて道は狭く、入り組んできます。古い街並みのあちこちにお寺が建っている寺町に常教寺もあります。この日は報恩講ということでお話しに招かれました。本堂の中はとても荘厳で永い歴史を感じます。一日目は午後からのお勤め、そして二日目は朝事とお説教というちょっと変わった勤まり方でした。お汁粉がふるまわれた [続きを読む]
  • 成道(じょうどう)
  • 今日、12月8日はお釈迦さまがお覚りをひらかれた日といわれております。一国の王子であったシッダールタは29歳の時に城を出て、ひとりの沙門(修行者)となり、修行に打ち込まれました。修行は厳しさを極めシッダールタの心も体もやせ衰えてしまったのでした。そんな時、一人の娘から施された乳粥を口にすると生気がみなぎり、やがて覚りが目前であると感じられたシッダールタは大きな樹のもとに座り深い瞑想に入られました。やが [続きを読む]
  • 綿引明浩展 ILLUSION
  • 綿引明浩展 ILLUSION 透明な絵画 2016年12月1日〜20日ギャラリーサンセリテにてご覧のように鮮やかな色彩で摩訶不思議な世界が描かれています。16世紀北方ルネッサンスの画家ボッシュを思い起こさせますが、こちらはカラリと晴れ渡っています。とにかく会場に入るとまぶしいほどその色彩が目に飛び込んできます。それは鮮やかな絵の具が使われているということだけではありません。その技法にも特徴があるからです。こちらは等 [続きを読む]
  • 久居の妙華寺
  • 二日続けての寺院紹介です。三重県津市久居の妙華寺(みょうけじ)さまです。こちらも報恩講であります。山門左手に妙華寺会館という建物があり、そちらでお非時(食事)を頂戴しました。昔ながらの飛竜頭、ぬた、里芋の煮物、なます・・・そしてお味噌汁。このお味噌汁の味がなんとも甘い初めていただく風味。味噌と甘酒をブレンドしてかのような甘さ。体をほんのりと温めてくれます。このお非時の支度に前日から大勢の人が働いて [続きを読む]
  • 浜松の光福寺
  • 毎年報恩講に寄せていただいている光福寺さまです。ご覧いただいている通り、本堂も山門もピカピカの新築です。住職、お檀家さん一丸となって境内整備もいよいよ完成されました。本堂内部の写真はございませんが、その美しさとともに、設備面や収納など隅々まで細やかに配慮がなされ、今建てるとしたらこれ以上の内容はあり得ないと思えるほど充実していました。沢山の参詣の方々と共に報恩講のご縁を嬉しくお勤めさせていただきま [続きを読む]
  • ほっこり
  • 12月に入り、いよいよ寒さも本格的になってきます。本堂でお参りしていても、ひんやりとするようになってきました。ストーブの用意もありますが、天井の高い本堂ですのでぽかぽかというわけにはいきません。そこでひざ掛けを用意しました。椅子でお参りされることが多いので膝に掛けていただくと足元からほっこりしていただけると思います。(よそのお寺の真似ですけどね。坊守にはとても褒められました。女性の目線は貴重です) [続きを読む]
  • 山本一樹展・・・・あと一日
  • 山本一樹展  風の記憶 −金属造形−2016.11月5日(土)−27日(日)ギャラリーサンセリテ会期末での紹介で申し訳ありません。氏の作風がとても好きなので印象を記しておきたいと思います。作品は 鍛金(たんきん)といって、鉄や銅の板を叩いて丸みを作り出し、溶接をしてつなぎ合わせ、凝った塗装をして作品にしてゆかれます。(塗装というよりも女性のお化粧に近いかもしれません。それほどデリケートなものです。)鋭角な脚を [続きを読む]
  • 消しゴムはんこ教室at正太寺
  • 正太寺で「消しゴムはんこ教室」を開催します。ご案内は勿論、私住職です。日程は12月8日(木)・9日(金)・10日(土) いずれも午後2時〜4時まで三回とも内容は同じです。都合のよい日をお選びください。各回定員8名。必ず予約をしてくださいね。参加費は1,000円(材料費含む)カッターナイフなど道具も全て用意しております。手ぶらでお越しください。申し込み、お問合せは、メールshotaiji@gmail.comまたは住職携帯090-8137-6 [続きを読む]
  • ヨガとクリスタルボウルの夕べat冬の夜
  • ヨガとクリスタルボウルの夕べを開催します。日時:12月9日(金)PM7:00〜8:15(受付は6:30より)参加費:2500円持ち物:動きやすい服装でお越しください。    ヨガマット    毛布(クールダウンの時、静かに横になります。体を冷やしすぎないようにします)申し込み:メール  shotaiji@gmail.com 住職携帯 090-9137-6011必ず予約をしてください。定員は20名です。先着順です。今年最後のヨガクリ( [続きを読む]
  • みんなで高田本山
  • 11月10日のことです。豊橋仏教会・仏教奉賛会の日帰り旅行がありました。三年ぶりの同会の旅行ということで、募集当初は集まりも芳しくなかったのですが、結果は41名で大型バスがほぼ満車という状況でした。行き先は三重県は高田本山です。(私は先日の納骨堂法会の団参で出かけたばかりでしたが・・)仏教会と奉賛会は色々な宗派の僧侶とその檀信徒で構成されています。私たち僧侶は自分の宗派の本山以外に足を運ぶことはあまりあ [続きを読む]
  • 東海寺
  • もう半月も前になってしまいましたが、津市白塚の東海寺へとお邪魔する機会がありました。白塚というのは高田本山からまっすぐ東に向かい海岸に面した町。昔の街並みそのままに細い道が縦横に伸びています。車で通るには冷汗が出るほど。この白塚というところは本山の報恩講お七夜の時に「通夜講(つやこう)」といって1月15日の晩、御影堂で聖人の和讃を一句一句繰りながら皆で声を合わせてお勤めを行っているのです。そうした講 [続きを読む]
  • 真宗四派合同シンポジウム
  • このところ、いくつもの行事が続いていて、こちらでの紹介が滞っています。ひとつひとつ遅ればせながらUPしてまいります。先週のこと、高田本山にて「真宗四派合同シンポジウム」が開催されました。テーマは「これからの寺院のあり方と寺院運営」今日、急速に寺院を取り巻くというか、私たちの暮らす社会そのものが変化してきております。この先の予測、見通しなどを含め話し合いましょうと、浄土真宗十派の中から東西本願寺と福井 [続きを読む]
  • 78円の命
  • 本堂の本棚に新しい絵本が並びました。『78円の命』この表紙のネコは「キキ」といいます。キキはノラ猫です。キキが子猫を産みました。近所に住む谷山千華ちゃんはとってもその子猫たちが好きでした。ところがある日、子猫たちは保健所に連れていかれてしまいました。千華ちゃんがインターネットで調べてみると、やがてその子猫たちはその多くが殺されてしまうことを知り、深い悲しみにくれます。当時小学校6年生だった千華ちゃん [続きを読む]
  • 本山団参2016
  • 昨日、11月3日豊橋、豊川の高田派のお寺そろって高田本山へと団体参拝に出かけました。総勢140名ほどでバスに分乗。快晴の空のもと少々の渋滞などなんのその、私たち正太寺は45名も参加くださったので、一車貸し切り。一日本当に楽しく過ごすことができました。高田本山は3日・4日と納骨堂法会と勤まっており、境内も賑やか。御法主の御廟へと歩まれる厳かな行列を拝見。我々参拝団で御堂でお勤めをしたり、お昼は本山名物ちょうち [続きを読む]
  • 教学院研究発表大会2016
  • 先日、高田本山にて「教学院研究発表大会」が開催されました。これは私も所属しております。真宗高田派教学院の各部会から一名ずつが登壇し、それぞれの分野での研究内容を20分間で発表するというものです。当日、登壇された方をご報告申し上げます。第一部会・金信昌樹氏・「回心をめぐって」第二部会・白井融光氏・「今の心」第三部会・鷲山了悟氏・「金子みすゞ「私と小鳥と鈴と」考」第四部会・清水谷正尊氏・「愚禿鈔の成立 [続きを読む]
  • 豊川の明光寺にて「ワタシ☆キラリ」
  • 先日、私は豊川伊奈の浄土宗明光寺(みょうこうじ)へとお邪魔してきました。それは当日、明光寺で開催されているイベント「ワタシ☆キラリ」を見学するためです。明光寺は旧東海道に面したこじんまりとしたお寺です。境内も、本堂も正太寺と比較すれば狭く、小さいのですが、そこへいくつものテントが設えられ、本堂から廊下、座敷まで使って沢山のお店が展開されていました。こちらが山門をくぐったところ。パンを売るお店、スー [続きを読む]
  • 東京浅草・覺音寺
  • 先日、東京へ行った本来の用事をご報告申し上げます。山手線御徒町駅から東へ少し歩いたところに高田派の寺院がいくつかございます。周辺には日蓮宗や他派の真宗寺院もあり、江戸時代の大火を経て一か所にお寺が集められたそうです。そのひとつ覚園寺(かくおんじ)さま。ご覧のように道路から即玄関となり、階段を上がり二階に本堂がございます。報恩講をお迎えになられるということで、派内のお寺さんも一緒にお勤めされていまし [続きを読む]
  • 鈴木其一は30日(日曜日)まで
  • 先日、東京に出講した折にサントリー美術館へ立ち寄り「鈴木其一(すずききいつ)」を観てきました。展覧会は六本木のサントリー美術館。六本木なんて30年振りじゃなかろうか。巨大なショッピングモールの中にある美術館なので、やや会場は狭め。そして日曜日ということもあり、入場するやそのまま行列の最後尾となる。鈴木其一は江戸琳派の旗手といわれ、あの酒井抱一の一番弟子であったという。鮮やかな色彩、そして丁寧に写実さ [続きを読む]