Kite さん プロフィール

  •  
Kiteさん: 凧と浜風
ハンドル名Kite さん
ブログタイトル凧と浜風
ブログURLhttp://kite31.blog81.fc2.com/
サイト紹介文日常の中で出会える素敵な風景を言葉と写真で記憶しておきたい、そんなブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/06/18 18:56

Kite さんのブログ記事

  • 雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【後編】
  • 雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走  最終章となる【後編】は、十二ヶ岳山頂 → 金山 → 鬼ヶ岳 → 雪頭ヶ岳 → 根場駐車場  標準CT:約四時間の下山の記録です此処は初めての下山ルートですが、今回の登山の「核心部」となる山歩き、苦労した様子を纏めてゆきたいと思いますPhoto-1鬼ヶ岳山頂(標高:1738m)からの景色「鬼ヶ岳」の名前の云われと云われる鬼の角に似た奇岩、そして美しい霊峰富士、 [続きを読む]
  • 残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【前編】
  • 残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【前編】では、西湖の西にある根場(ねんば)駐車場に到着後、バスで十二ヶ岳登山口のある桑留尾(くわるび)へ移動其処から「十二ヶ岳山頂」に至る登山記録を纏めてみました昨年1月に「毛無山から十二ヶ岳」を歩いた際、この十二ヶ岳からルートを下ってきた筈なのですが登山と下山、目にする景色の印象が随分違った様に感じましたPhoto-1十二ヶ岳山頂から見る富士山何も遮るもの [続きを読む]
  • 残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【速報版】
  • 早春のお天気は落ち着きませんね先週末は「憧れの雪山登山」を計画していたのですが、「北関東の山岳部」は早春の嵐で大荒れとの事で断念しましたで、 Plan-B は晴れ予報の山の中から「富士山が美しく見られて適度に登り甲斐のある山」をと云うことで、御坂山塊の「十二ヶ岳〜鬼ヶ岳」縦走を選びました雪の残る難度の高い縦走コース、結構厳しい冬期登山でしたが.......  素晴らしい景色を楽しむことができました御坂山地の難 [続きを読む]
  • 雪山への憧憬 .....  前哨戦は久しぶりの丹沢・鍋割山
  • 山の魅力に染まって三度目の春を前に..... 二月末までに「今年の登山計画」の概要が纏まりそうですが、春山シーズン前にどうしても出かけてみたい「雪山」と云っても、軽アイゼンで登れるレベルの「雪山」ですから、余り選択の余地はありませんが先月から色々と調べて、漸く目標の雪山が決まり、入山の準備に入りましたその準備の一環としての前哨戦の場に選んだのは、昨年美しい雪山の風景に酔いしれた「鍋割山」横浜にも雪が降 [続きを読む]
  • 梅の香りに誘われて..... 早春の古都鎌倉
  • 梅の季節と言うと2月でも、今年は2月中に小田原の「曽我の梅林」には行けそうもないので北鎌倉の東慶寺・浄智寺・明月院を巡ってき参りました早いところでは河津桜も咲き始めたようで..... 桜に終われるようにして「梅の香りに誘われて 早春の古都鎌倉」です Photo-1余りに有名な..... 明月院の丸窓 「悟りの窓」この丸窓を通して後庭園の四季折々の景色を眺める事ができます紅葉の頃はとても見事ですが、静かな冬枯れの景 [続きを読む]
  • 冬日の横浜 夜景巡り 「汽車道編」
  • 凄い寒波が来ているようで、横浜地方は夕刻まで雪が随分降っていましたさて、冬日の横浜 夜景巡り 前編の「大桟橋編」に続いての「汽車道編」となります赤レンガ倉庫からクイーンズスクエアに向かう途中にある「新港中央広場」にて、この後のコースを暫し検討少し先にある臨港公園で気になっている撮影スポットがあったのですが、この日の強風で海沿いは諦めましたそこで、Plan-B(笑)MM21人気のプロムナード「汽車道」、そしてそ [続きを読む]
  • 冬日の横浜 夜景巡り 「大桟橋編」
  • 昨年末、クリスマスイルミネーションを見る機会を逸してしまい、何処かで冬の夜景撮影に出かけてみたい.....と機会を探っていましたが、漸く横浜のみなと周りの夜景撮影に行く事ができました当日は他の都合との兼ね合いで重たい三脚を持参できず..... 冷たい海風の吹く冬日、手持ちで何処まで行けるか?結構無謀な撮影となってしまいましたこの日の散策コースは、夕暮れ時の大桟橋から始めて、象の鼻パーク、赤レンガ倉庫、ワール [続きを読む]
  • 寄(やどりき)、蝋梅の香りに包まれて
  • 「厳冬の西丹沢・丹沢湖へ」の続編となりますロウバイ祭りで賑わう松田町・寄(やどりき)散策の写真と記事を纏めてみましたPhoto-1名前の由来である「蝋細工のような花」確かに... アップにしたファインダーに現れた花からは、蝋のような光沢と脆さを感じました.................................................................................................................... [続きを読む]
  • 厳冬の西丹沢・丹沢湖へ 
  • 先週二ノ宮町の吾妻山公園にて、最盛期の「菜の花と水仙」を見る事はで来ましたが楽しみにしていたもう一つの花「蝋梅」に出会う事ができませんでしたそこでこの週末は、最近話題になっている松田町「寄(やどりき)」の「ロウバイ園」まで出かけてみましたで、折角東名で大井松田まで行くので、朝一番には西丹沢まで足を伸ばす事にしました寄・蝋梅の郷を訪ねて(前編)は、厳冬の西丹沢・丹沢湖 ですPhoto-1丹沢湖・千代の沢園 [続きを読む]
  • 新春の吾妻山公園へ
  • 大寒も過ぎましたが、寒い日が続きますねでも早春の花の話題を目にすると、季節はゆっくりと春に向かって進んでいることを感じますここ数年この時期の恒例行事となった「二宮:吾妻山の菜の花巡り」、今年も春を感じに行って参りましたPhoto-1穏やかな陽射しを受けて暖かくなった石垣に腰をかけ、菜の花越しに眺める西湘の海と富士山二宮町・吾妻山はもう春の気配濃厚でした................................................... [続きを読む]
  • 憧れの冬景色を求めて 江川海岸:海に続く電柱(2)
  • 憧れの冬景色を求めて 江川海岸:海に続く電柱後編では、夕暮れ時の電柱をモチーフにしつつ、琥珀色に染まってゆく海辺の空と干潟の様子を撮影してみましたPhoto-1:暮れゆく空に海鳥達の群れ飛ぶ姿、最近は余り目にする事のなかった景色海に続く電柱群の背景にピッタリでした.................................................................................................................... [続きを読む]
  • 憧れの冬景色を求めて 江川海岸:海に続く電柱(1)
  • 憧れの冬景色を求めて 木更津:江川海岸の海に続く電柱此処は初めての場所だったので、昼頃に撮影現場の確認をした後、夕暮れから夜に撮影する計画を立てました先ずは本編の(1)にて、江川海岸とのfirst contact  から続編の(2)で夕暮れ時の景色をアップしたいと思いますPhoto-1本気で狙った景色を撮りたいならば、天候、日没時間だけでなく、汐の満ち引きまで調べてくるべきでした干潟を広く見渡す事のできた今回の景 [続きを読む]
  • 憧れの冬景色を求めて・・・  木更津・江川海岸へ
  • 一昨年、昨年と山に費やす時間が想定以上に増えてしまい今まで季節毎に訪れていた素敵な景色を見逃してしまう・・・・ そんな失敗がかなり有りました今年は心機一転、山を含めた四季の景色のスケジュール管理を確りやることに致しました今回のブログはその一環、寒い冬に訪れたかった場所の一つに行って参りましたこの日出掛けたのは房総半島、木更津の江川海岸久しぶりにアクアラインを通り、「海ほたる」から東京湾を行き来する [続きを読む]
  • 昨年の積み残し写真から
  • 年が明けてから、寒い日が続きますねこの週末も凄い寒波に見舞われていますが、この冬は昨年から一転、厳しい寒さと雪を覚悟するようかなそれもまた一興、冬らしい冬で始まる年、これから先、美しい四季に出会えると良いですね昨年の末、「2016年の山の記憶」の整理に忙殺されて、積み残しとなってしまった写真達ここらで少し棚卸しをしておきます箱根・ガラスの森美術館箱根ガラスの森美術館は中世ヨーロッパ貴族が熱狂したヴェネ [続きを読む]
  • 2017 第一座目は・・・ 富士を正面に仰ぐ「三ツ峠山」
  • 天気予報の通り、三連休後半は雨、所によっては雪に見舞われた様ですね家から見える「丹沢の山並み」、山頂付近は昨晩からかなり雪が降った様子で真っ白でしたさて2017年最初の登山は、その山頂からの眺望に恵まれ、通年人気の「三ツ峠山」に決めましたそして、山頂から三ツ峠山ご自慢の「美しい富士山」に出会ってまいりました三ツ峠山山頂から河口湖に向かって1時間ほど下った所にある「鉄塔」からの眺め山頂からの眺めでは一部 [続きを読む]
  • 新春の横浜山手 西洋館巡り
  • 「木枯らし」と云うのは初冬の季語なので、この日の冷たい風は「寒風」でしょうか・・・年明け後初めての横浜みなと周り、海からの冷たい風に身を震わせながらも、冬らしい景色に惹かれてぶらりと散策して参りました横浜 外人墓地を臨む山手の丘にある小さな洋館 山手十番館日本に初めてビール醸造所がつくられたのは横浜・山手、夏にはこの十番館のビアガーデンに沢山の人が集います........................................... [続きを読む]
  • 2016年 30座目の登山記録 十里木高原・越前岳
  • 横浜地方、2017年は風もなく穏やかなお正月を迎えましたこのお正月のお天気のように、今年も穏やかで健やかな1年になって欲しいですねさて、2016年最後の登山となったのは、冬の十里木高原・越前岳(標高:1504m)年越しになってしまいましたので、早めにアップしておく事に致しました越前岳の十里木高原側の登山路は北側となっているので、冬はかなり冷え込みます駿河湾から昇って来る霧が見事な霧氷となって山頂を覆っていま [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます旧年中は「凧と浜風」、暖かく見守っていただき感謝です本年も宜しくお願い致します                   by kite [続きを読む]
  • 山の記憶 2016(4)  4rd Quarter
  • 今年も残り3日、この記事は何とか今日中にアップしたいと思いますさて、4編に渡って綴ってきた山の記憶2016、長らくお付き合い頂きましたが漸く最終章です4th Quarter は10〜12月、晩秋・・・ 山々が冬の眠りに着く前、最後の輝きを見せてくれる季節錦に染まった山の美しさ、その山毎に個性があることをとても感じました雨上がりの至仏山中腹から見る「尾瀬が原」草紅葉、そして空を写す池溏とのコントラストがとても美しかった.. [続きを読む]
  • 山の記憶 2016(3)  3rd Quarter
  • 山の記憶 第三章は、7,8,9月、待ちに待った夏山シーズンの開幕この季節を振り返ると、日帰りの登山は全くせず、アルプスや八ヶ岳にて山小屋泊かテント泊山に恋焦がれての三ヶ月(笑)、とても中身の濃い、思い出深い夏を過ごせました                           7月: 山開きを待って「南アルプス 甲斐駒ヶ岳」へのテント泊登山                 そして・・・ 「憧れの北アルプス [続きを読む]
  • 山の記憶 2016(2)  2nd Quarter
  • 山の記憶 2016  1st Quarter では今年の1月〜3月、冬山の景色が中心でした山の記憶 第二章となる「 2nd Quarter」は4月〜6月、季節は新緑から初夏へ、本格的な登山シーズンの開幕です先のブログに記した今年のチャレンジ3テーマのうち、(1) 「軽アイゼンで登れる雪山登山への挑戦」の実践に引き続き(2) 「テント泊登山への挑戦」を始めたのがこのシーズンのTOPICSとなります※ 尚三番目にして最大のチャレンジ「憧れの [続きを読む]
  • 山の記憶 2016(1)  1st Quarter
  • 今年もあと二週間となりました12月に入ると、その年の写真を整理しながら1年の出来事を振り返るのがここ数年の年中行事となっています特に山を本格的に始めた昨年からは、年の瀬に写真で蘇る情景がずっと深く、濃いものになった様な気が致しますと云うことで、今年も写真から登った山の記憶・記録を紐解きながらブログを纏めてみようと思います山の写真と言うだけで膨大な量の写真となるので、厳選しながらQuarter毎に纏めることに [続きを読む]
  • 今年の29座目は・・・  紅葉の終わった箱根・金時山
  • 寒さはこれから本番ですが、今週に入って日没の時間は少しずつ遅くなり始めたそうです季節の移ろいは何とも複雑ですねさて、先のブログに記した通り、今年の山歩きは此処までで【28座】今年も残すところ3週間足らず、スケジュールを確認してキリの良い【30座】を目指す事に致しましたそしてこの日登った【29座目】は、冬模様の箱根・金時山天気予報では晴れとの事なので、山頂から眺める富士山に期待し、早朝箱根を目指しました金 [続きを読む]
  • 今年最後の紅葉狩り  鎌倉・獅子舞の錦秋 
  • 9月後半から南下を始めた今年の紅葉前線そろそろ列島縦断が完了したのではないでしょうか・・・ 例年、12月中旬まで楽しめる鎌倉の紅葉ですが同じ鎌倉でも場所によって見頃の時期がずれてしまうので、出かけるタイミングが中々難しい今年最後の紅葉巡りは、鎌倉の天園ハイキングコースの一角にある「獅子舞」に致しました昨年と同じ時期を狙ったのですが、今年は少し盛りを過ぎていました古都鎌倉 獅子舞の錦秋をお届けします獅 [続きを読む]