すぴか さん プロフィール

  •  
すぴかさん: 女神の水瓶 〜すぴかの星子シリーズな毎日〜
ハンドル名すぴか さん
ブログタイトル女神の水瓶 〜すぴかの星子シリーズな毎日〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/spica_rius
サイト紹介文懐かしの山浦弘靖先生著「星子ひとり旅シリーズ」について語るブログ。二次創作を含みます。
自由文ふとしたきっかけで懐かしの「星子シリーズ」熱が再燃して三年目。駄文の整理と主に宙太さん萌えを書き綴っておりますw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/06/18 19:48

すぴか さんのブログ記事

  • パーティのそのあとで。
  • *「すまなかったな、警部。結局、主役の君を一番働かせてしまった」右京が声をかけると、カウンターに掛けたエプロンをとりあげながら宙太、ウインクした。「あはは、せっかくみんなが来てくれたんだ。ホストがもてなすのは当然さ」原宿の宙太のマンション。普段はほとんど、旅先でしか会うことのない面々だけれど、先日、星子がたまたま連絡のあった小次郎に宙太の誕生日のことを話したところ、いつの間にかメンバー勢揃いでの誕 [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜11
  • *疲れた……。のどかな田園風景の中を金沢で借りたレンタカーで走りながら、宙太、深ーいため息をついた。ゲンさん、風邪でも引いたのかな?カフェテラスで星子を見送ったあと、宙太、報告のため手配のため捜査一課に連絡を入れたのだが、ゲンさんは不在だった。仕方なく一課長に現在の状況を報告し、金沢県警への捜査協力を申請したのだが、予想どおり、先方からの依頼もなしに動けるかと一喝され、ついでにどうしてそんなところ [続きを読む]
  • 忘れ得ぬ人
  • *異変に気付いたのは、久しぶりの出張の帰り、すでに北海道の早い夕暮れが始まる頃だった。フォグランプが点かない。借りた時から整備不良気味だったレンタカーの交換を申し出なかった自分の見通しの甘さに舌打ちしつつ、宙太はチラリとダッシュボードの文字盤にタレ目を走らせた。午前中の豪雨のせいか、道路には乳を流したような霧が立ち込め、行く手を遮る。空港までの道のりはほとんど一本道とはいえ、5メートル先も見えない [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜10
  • 10悶々としながらも、さすがに一昨日からの怒濤の展開に疲れていたのだろう、いつの間にか寝落ちていた宙太、目を覚ますと時計は既に7時を回っていた。やっべ。慌ててシャワーを浴び、着替えながらテレビをつけると、ちょうど昨日の事件のことをやっていた。現場で争っていた若い女性がいた、というところまでもうニュースに出ているようだ。まいったな。昨日の段階では県警もまだ友美チャンのことは特定していないようだったけれ [続きを読む]
  • オトナの甘さ
  • 「ふー。やっとついたな」予定していたリゾートホテルに辿り着く頃には、もう外は暗くなっていた。連休初日、例によってひとり旅に出ようとしていた星子さんを首尾よく捕まえたまではよかっものの、折からの渋滞とお邪魔ムシの襲撃に巻き込まれてすっかり遅くなってしまったのだ。「ごめんよ、星子さんも疲れたろ?」長距離ドライブに疲れたのか、どこか元気のない彼女に声をかけると、星子さんはソファに座ったまま、我にかえった [続きを読む]
  • オトナの甘さ
  • 「ふー。やっとついたな」予定していたリゾートホテルに辿り着く頃には、もう外は暗くなっていた。連休初日、例によってひとり旅に出ようとしていた星子さんを首尾よく捕まえたまではよかっものの、折からの渋滞とお邪魔ムシの襲撃に巻き込まれてすっかり遅くなってしまったのだ。「ごめんよ、星子さんも疲れたろ?」長距離ドライブに疲れたのか、どこか元気のない彼女に声をかけると、星子さんはソファに座ったまま、我にかえった [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜9
  • 9石川県警を出る頃には、古都・金沢はすっかり雪に埋もれていた。呼んでもらったタクシーにホテルの名前を告げ、ぐったりとシートに沈み込む。星子の確保に失敗したあと、宙太、今まで石川県警で被害者……モモコちゃんって言ったっけ……の身元確認に協力をしていたのだ。「モモコ……どうして、そんなところで……」捜索願も出していなかったくせに、とも思わないではないけれど、電話口の向こうで絶句する父親の様子を思い出す [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜9
  • 9石川県警を出る頃には、古都・金沢はすっかり雪に埋もれていた。呼んでもらったタクシーにホテルの名前を告げ、ぐったりとシートに沈み込む。星子の確保に失敗したあと、宙太、今まで石川県警で被害者……モモコちゃんって言ったっけ……の身元確認に協力をしていたのだ。「モモコ……どうして、そんなところで……」捜索願も出していなかったくせに、とも思わないではないけれど、電話口の向こうで絶句する父親の様子を思い出す [続きを読む]
  • 「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」
  • 2017年3月10日(金)〜12日(日) 山浦先生所属の劇団わが町の公演「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」が上演されます。公演の詳細はこちら→ http://our-town.jp/?cat=2うっかりしてましたが、チケット販売は1/27から。もう始まってます〜行こうかな?と思われた方はお早めに!今回は山浦先生は舞台には立たれず、10分ほどの短編の台本をご担当されているとのことですが、先生は今回をご自身の「卒業 [続きを読む]
  • 「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」
  • 2017年3月10日(金)〜12日(日) 山浦先生所属の劇団わが町の公演「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」が上演されます。公演の詳細はこちら→ http://our-town.jp/?cat=2うっかりしてましたが、チケット販売は1/27から。もう始まってます〜行こうかな?と思われた方はお早めに!今回は山浦先生は舞台には立たれず、10分ほどの短編の台本をご担当されているとのことですが、先生は今回をご自身の「卒業 [続きを読む]
  • cherryblossom & sunflower
  • 十文字右京は不機嫌だった。 殺人的な日射しがアスファルトを焦がす。 この辺りは緑地が多いせいだろうか、聞こえてくる蝉の大合唱が余計に神経を苛立たせる。 今日は実家にいる時に急に連絡を受けたため"実家の車"を使うのもどうかと思い、散歩がてらに歩くことにしたのだが。 ……やはり、車にするんだったな。 ひまわりの咲くゆるい坂道を登りながら、右京は汗を拭った。 右京が向かっているのは、実家の近くにある赤坂警 [続きを読む]
  • cherryblossom & sunflower
  • 十文字右京は不機嫌だった。 殺人的な日射しがアスファルトを焦がす。 この辺りは緑地が多いせいだろうか、聞こえてくる蝉の大合唱が余計に神経を苛立たせる。 今日は実家にいる時に急に連絡を受けたため"実家の車"を使うのもどうかと思い、散歩がてらに歩くことにしたのだが。 ……やはり、車にするんだったな。 ひまわりの咲くゆるい坂道を登りながら、右京は汗を拭った。 右京が向かっているのは、実家の近くにある赤坂警察署 [続きを読む]
  • 「死神の時刻表はスペード色 」another side 〜美空警部「補」の事件簿〜8
  • かなざわ〜 かなざわ〜どなた様も、お忘れ物のございませんように……爽やかな朝に似つかわしくないダミ声で、車掌のアナウンスが流れた。ホームに出た宙太、2人の様子を見ていると、ねぼすけの星子チャンが準備に手間取っている間に、友美はさっさと改札に向かっていく。さて、どうするか。とりあえず、友美のあとをつけていくと、ホームの外で待っていた背の高い男が友美に近づき、声をかけた。一瞬ナンパか?と思ったけれど、友 [続きを読む]
  • 「死神の時刻表はスペード色 」another side 〜美空警部「補」の事件簿〜8
  • かなざわ〜 かなざわ〜どなた様も、お忘れ物のございませんように……爽やかな朝に似つかわしくないダミ声で、車掌のアナウンスが流れた。ホームに出た宙太、2人の様子を見ていると、ねぼすけの星子チャンが準備に手間取っている間に、友美はさっさと改札に向かっていく。さて、どうするか。とりあえず、友美のあとをつけていくと、ホームの外で待っていた背の高い男が友美に近づき、声をかけた。一瞬ナンパか?と思ったけれど、友 [続きを読む]
  • たびのたね 
  • ちょっとおもしろいサービスを見つけました。旅行の際、なにかとお世話になる旅行ガイド。まあ最近は観光地への行き方や乗り換えはスマホがあればなんとかなっちゃうもんですが、旅の準備をしながらガイドブックながめてあそこも行きたい、ここも行きたいって悩むのも楽しみのひとつですよねー。 この たびのたね というサービスは旅行ガイドの「行きたい地域」や女性誌の「旅行特集」など欲しいところだけを電子書籍 [続きを読む]
  • たびのたね 
  •  ちょっとおもしろいサービスを見つけました。旅行の際、なにかとお世話になる旅行ガイド。まあ最近は観光地への行き方や乗り換えはスマホがあればなんとかなっちゃうもんですが、旅の準備をしながらガイドブックながめてあそこも行きたい、ここも行きたいって悩むのも楽しみのひとつですよねー。 この たびのたね というサービスは旅行ガイドの「行きたい地域」や女性誌の「旅行特集」など欲しいところだけを電子書籍 [続きを読む]
  • 〇〇GO!
  • ご多分に漏れずはじめてみました。ポケモンGO(笑) 運動神経も反射神経も動体視力も、母親のお腹に置き忘れたままきちゃったのでザコキャラ捕まえるのも一苦労だけど、近所にポケストップがあるのでボールは補給し放題…ムダ玉をバラまいてますw ゲーム自体はポケモン世代では(残念ながらw)なかったので、ふうん〜って感じなんだけど、お隣の中国では中国の妖怪を使ったパチもんアプリとかもあるとかないとかw 妖怪かー。それなら日 [続きを読む]
  • 〇〇GO!
  • ご多分に漏れずはじめてみました。ポケモンGO(笑) 運動神経も反射神経も動体視力も、母親のお腹に置き忘れたままきちゃったのでザコキャラ捕まえるのも一苦労だけど、近所にポケストップがあるのでボールは補給し放題…ムダ玉をバラまいてますw ゲーム自体はポケモン世代では(残念ながらw)なかったので、ふうん〜って感じなんだけど、お隣の中国では中国の妖怪を使ったパチもんアプリとかもあるとかないとかw 妖怪かー。それなら日 [続きを読む]
  • 分かってます。ブログに政治と野球の話は持ち込んじゃダメだって(2回目)
  • あーまた友達減らすかな?私wこういうのがお嫌いな方は回れ右、、とは、今日は言いません。民主主義の危機なんて大袈裟だよ、とか人権とかまともに生きてれば関係なくない?とかこちとら王道カプのいちゃいちゃのためにおまえのヘボブログ来てやってんだよ。娯楽に政治を持ちこむなよ、とか。もちろんご意見は色々あると思います。だけど、お願いです。どうか一読を。なんで与党に?議席取られちゃダメなの? ー4つのポイントhtt [続きを読む]
  • 分かってます。ブログに政治と野球の話は持ち込んじゃダメだって(2回目)
  • あーまた友達減らすかな?私wこういうのがお嫌いな方は回れ右、、とは、今日は言いません。民主主義の危機なんて大袈裟だよ、とか人権とかまともに生きてれば関係なくない?とかこちとら王道カプのいちゃいちゃのためにおまえのヘボブログ来てやってんだよ。娯楽に政治を持ちこむなよ、とか。もちろんご意見は色々あると思います。だけど、お願いです。どうか一読を。なんで与党に?議席取られちゃダメなの? ー4つのポイントhtt [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜7
  • 7星子さんだ。。彼女にあったら、最初になんて声をかけよう?下北沢へ向かう時からずっと考えていたはずなのに、思わぬタイミングで出くわしてしまった宙太、完全に浮き足立ってしまった。思ったより小柄な後姿にドキリとしながら立ちすくんでいると、顔を洗い終えた星子、ちょっと困ったように手をとめてあたりを見回した。どうやらハンカチを忘れてきてしまったらしい。とっさに持っていたハンカチを差し出すと、「すみません」 [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜7
  • 7星子さんだ。。彼女にあったら、最初になんて声をかけよう?下北沢へ向かう時からずっと考えていたはずなのに、思わぬタイミングで出くわしてしまった宙太、完全に浮き足立ってしまった。思ったより小柄な後姿にドキリとしながら立ちすくんでいると、顔を洗い終えた星子、ちょっと困ったように手をとめてあたりを見回した。どうやらハンカチを忘れてきてしまったらしい。とっさに持っていたハンカチを差し出すと、「すみません」 [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜6
  • 6キャーッ!深夜の車内に若い女性の悲鳴が響いた。なんだ!?あてがわれたB寝台に潜り込んでいた宙太、ハッと飛び起きて様子をうかがった。悲鳴が上がったのは隣の車輌。星子のいるあたりのようだ。まさか、星子がチカンにでも遭ったんじゃないだろうか。……クソッ!だから女のコのひとり旅なんて危険だってのに!宙太が隣の車両に飛び込もうとした瞬間、あわてたようなわめき声が聞こえてきた。「うわっ、ヒョウだ!」ん?……オ [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部「補」の事件簿〜6
  • 6キャーッ!深夜の車内に若い女性の悲鳴が響いた。なんだ!?あてがわれたB寝台に潜り込んでいた宙太、ハッと飛び起きて様子をうかがった。悲鳴が上がったのは隣の車輌。星子のいるあたりのようだ。まさか、星子がチカンにでも遭ったんじゃないだろうか。……クソッ!だから女のコのひとり旅なんて危険だってのに!宙太が隣の車両に飛び込もうとした瞬間、あわてたようなわめき声が聞こえてきた。「うわっ、ヒョウだ!」ん?……オ [続きを読む]
  • 死神の時刻表はスペード色 another side 〜美空警部『補』の事件簿 5〜
  • プルルルルル……発車ベルが鳴り響き、宙太、焦ってあたりを見回した。星子に気を取られている間に友美は既に列車に乗り込んだのか、姿が見えない。ゴンベエを無事(?)ナップザックに詰め込んだ星子が列車に乗り込むのと同時に、発車ベルが鳴り終わった。どうする、オレ?……なんて迷っている暇もない。ええい、ままよ!宙太が列車に飛び乗ると同時に、ドアが閉まり、ガタンと列車は動き出した。*列車に乗った宙太、まずは星子の [続きを読む]