nabejuku さん プロフィール

  •  
nabejukuさん: なべのおしらせブログ Powered by なべブロ
ハンドル名nabejuku さん
ブログタイトルなべのおしらせブログ Powered by なべブロ
ブログURLhttp://nabejuku.net/nabeblo/
サイト紹介文福岡県豊前市八屋のわたなべ学習塾のお知らせブログです。受験情報も掲載していきます。
自由文塾内のことだけではなく、高校入試や大学受験などのいろんな情報を更新していこうと思っています。
塾を検討されている方だけでなく、たくさんの人のお役に立てればと思いますので、ぜひご覧になってください♪

Twitterにも対応していますので、気軽にフォローしてみてくださいね!
https://twitter.com/nabe_juku
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/06/20 10:02

nabejuku さんのブログ記事

  • 読書感想文の対策本
  • 先日、北九州の大型書店に行くことがありました。いつものように学習参考書のコーナーに行くと、普段は直接見ることが出来ない書籍が数多く並んでおり、ついつい興奮してしまいました。まあ、参考書コーナーで興奮する人はそうそういないでしょうが(笑)さてその時に、子供と一緒に子供向けの書籍のコーナーに行ってみました。そうしたらそのコーナーの一角に、大きく読書感想文関連の本だけのスペースが作られていたのです。確か [続きを読む]
  • 受験校のレベル
  • 「このレベルの大学だったら、行っても意味がない」・・・こういうことを口にする受験生は、未だに少なくありません。確かに学力レベルの低い学校を軽視する風潮があるのは否定しませんが、私はものすごく大きな違和感を感じてしまうのです。と言うのも、考えてみたらこういう言葉が出て来るという時点で、周りから「そういうレベルの大学しか手が届かない」と言われているわけです。それを否定するのであれば、レベルをどうこうと [続きを読む]
  • 分数の復習
  • ある中1生に、現在小学校でやる分数の計算をやり直しています。恐らく「そんなに時間をかけなくても」と思う人が出てきてもおかしくないくらい、その子にひたすら分数の考え方や計算を教えています。確かにもう中学生なのですから、早く中学校レベルの数学の指導をすべきかもしれません。けれども私はまだまだその子には分数を教えこんでいこうと考えているのです。通分や約分をし、分数の加減乗除がスムーズに計算できたら中学レ [続きを読む]
  • ロードランナーの自作面
  • 皆さんは子供の頃、友達とクイズを出し合ったりしませんでしたか。最初はちょっとした内容から始まるものの、だんだんと「誰が一番物知りなのか」みたいな雰囲気になり、少しでも”自分以外の誰も分からない問題”なんかを考えたり、探したりしませんでしたかね。それが進んでいくと、今度は「自分はこんなことも知っている」とか「自分はこんなことも出来るんだ」みたいな競争になっていくものです。そこから”歴史にやたら詳しい [続きを読む]
  • やはり「英単語」なのか?
  • 唐突ですが、今日は次の英文から。It allows the heat from the sun to enter the earth's atmosphere but prevents heat from going out into space.※ちなみに主語のItは、前文からの繋がりで"the greenhouse gas"です。ここのところ数人の高2〜3年生にこの文章を訳させたのですが、残念ながら一人も出来ませんでした。そこまで難しい文章では無いと感じるのですが、なかなか生徒にとっては厳しいようなのです。さて、生徒に「 [続きを読む]
  • 思考のプロセス
  • 学校の授業を聞いただけ、とか、参考書を少し見ただけで内容がすぐに把握出来る生徒がいます。そういう子を見るとつい「あの子は頭のデキが違う」と思ってしまいませんか?人間そこまで頭のデキは違いません。違っているのは「思考のプロセス」です。なぜすぐに理解出来るのか・・・これは見たり聞いたりした内容を、自分の言葉・自分の考えで組み直し、それに納得しているのです。そういうプロセスを小さな単位で、短いスパンで行 [続きを読む]
  • 自分で問題に取り組む
  • 昨年は計算自体がおぼつかなかった現中2生。今日の授業では1次関数において、『グラフから傾きを読み取ってごらん』『同じく切片を読み取ってごらん』『それから1次関数の式を作ってごらん』という3つの指示だけで、新しい単元の問題を解けるまでになりました。もちろん扱っている内容はものすごく基本的なものではあるのですが、一つ一つのプロセスを具体化して説明するのではなく、ポイントを示すだけで自分で問題に取り組む [続きを読む]
  • 能ある鷹は爪を隠す
  • 「能ある鷹は爪を隠す」・・・才能や能力を持っている人は、軽々しくそれを見せびらかしたりしないという、日本に古くからある美徳の1つです。しかし最近のように、だんだんと日本に”秀でたもの”が無くなってきている中においては、果たしてこの考えを固持するのは如何なものでしょう。爪を隠し続け、その能力を発揮する機会を失うような事があっては、元も子もありません。秀でた能力を磨いていくのは当然です。しかしそれをう [続きを読む]
  • 英語も積み重ね
  • 情報ソースが見つからなくなってしまいましたが、先日とあるネットニュースで「いつ英語が分からなくなったのか」というアンケートが紹介されていました。数ある英文法の項目の中で、最も多くの票が集まっていたのが「関係代名詞」でしたね。その後「比較」「現在完了形」と続いていたのです。確かに関係代名詞は、中3英語の山場の1つかと思います。整理をしてしまえば何ということは無い内容なのですが、なかなか生徒たちにその [続きを読む]
  • 効果は低いんじゃないですか?
  • 先日の夏期講習の一コマ。『xメートルの道のりを、分速60メートルで歩いた時にかかった時間をxで表すと?』「・・・(分からない)」『じゃあまず、数字を小さく”分速20メートル”にしよう。分速20メートルで3分間歩いたら、道のりはどうなる?』「60メートルです」※即答『そう。じゃそれが5分では?30分では?(それぞれ答えさせて)・・・ではこれを逆にしてみよう。120メートルの道のりを歩くには、何分かかることになる?』 [続きを読む]
  • エントリーシートの相談
  • 今日はとある受験生から、AO入試のエントリーシートの相談を受けました。事前に受験校にしている上で「この内容で大丈夫ですか」というものだったのです。私は前職の時に、何度か推薦入試の書類を書いたことがあります。一時期はその予備校の校長を任されていたので、まさに受験生たちを推薦する立場だったのです。自分の性格上、こういう書類に雑なことを書きたくありませんでしたし、またテンプレート化した”決まりきった文章” [続きを読む]
  • お盆期間のお休み、と・・・
  • 今年の例年通り、お盆の期間については8月13日(日)〜15日(火)までがお休みになります。そこで連休後は8月16日(水)からになりますので、よろしくお願いいたします。・・・とまあこれだけでは何なので。昨年から自宅で飼っているメダカが、どんどん孵化していっています。この稚魚がとてもかわいいのです!昨年は初めてということもあり、育てることがうまくいかなかった稚魚も多数出てしまいました。しかし今年はそう [続きを読む]
  • 更新が・・・
  • 昨日のブログ記事と日付的にはつながっているのですが、実質昨日はブログの更新が出来ませんでした。まあ、更新出来なくてもそれほど困ることがあるわけではないのですが、今までずっと続けてきたことが途切れてしまうのは残念な気持ちになってしまいますね。けれどもその分、昨日の一日はとても”濃い”ものでした。朝からの準備、実際のイベント、その後のお父さん連中との語らい・・・一日中動きっぱなしでとても大変ではありま [続きを読む]
  • 保育園の夏祭り
  • 明日はこちらのイベントに参加します!元気な子どもたちに会いに行こう!保育園コラボの夏祭り!合同夏祭りヽ(* ‘ー’)ノうちの娘の通っている保育園の夏祭りなのですが、今回はとても大きな規模での開催になっています。きっと楽しめる内容になっていると思いますので、お近くの方はぜひ足を運んでみて下さいね。ただ残念なのは、うちの娘は先日から体調を崩しているため、今回はお休みをさせてもらうのです。娘がいないのは寂し [続きを読む]
  • 今年の第一回高卒認定試験
  • 昨日と今日の二日間、全国で平成29年度第一回高卒認定試験が行われました。受験された皆さんは、本当にお疲れ様でした。最近は高校受験や大学受験のことばかりで、高卒認定試験に目を向ける機会が随分と少なくなっていました。しかし高卒認定試験の持つ価値であったり意義であったりは、今の私も、必要な人には強く推したいものであります。だからもしうちの塾に受験希望者が来たら、私も喜んで指導をすることでしょうね。ちなみ [続きを読む]
  • 物理の印象を変える
  • 私立高校に通うとある生徒。文系なのに学校のカリキュラムの関係で、2年生で”物理基礎”を受けているとのことなのです。文系で物理なのですから・・・まあ、言わずもがなです(笑)物理の視点から見ると、力学の基礎中の基礎なのですが、生徒から見たらチンプンカンプン。そこで学校の課題を使って、基礎から理屈を組み立てていっているのです。身近な物理現象から始めて、等加速度直線運動の式を感覚的に導出します。その上で一 [続きを読む]
  • 休んでしまった受験生
  • 風邪を引いてしまって先週塾に来れなかった受験生。確かに体調を崩したのでしょうが、最近ずっと詰めて勉強をしていたので、その気持ちの張りが失われないか心配していました。今日ようやく姿を見せたので「久しぶりやね、体調は大丈夫?」と聞くと、なんともバツが悪そうにしていました。ところが、次にこの生徒から出てきた言葉に驚いてしまったのです。「(体調が悪く)家にいたので、この一週間で学校の課題を全部終わらせまし [続きを読む]
  • 勉強したい、と感じる
  • 生徒にはなかなか通じない気持ちかもしれませんが、最近ふと生徒のことが羨ましく思うのです。それが「これから大学生になり、これから勉強をすることが出来る」ということなのです。もしも今、私が高校時代に戻り受験勉強をするなら、過去に経験したそれよりももっと多くもっと深く勉強することが出来るでしょう。早々に諦めてしまった物理を自分のものにして、専門の数学をもっと幅広く学ぶことが出来たでしょう。受験をなんとか [続きを読む]
  • 密度の説明
  • 物質の重さ比べをしたいとしよう。例えば今ここに、発泡スチロールで作った玉と鉄で出来た玉があると思ってね。そうしたらどちらが重いと思う?・・・そう、多分ほとんどの人が”鉄の玉”って答えると思う。けれどももし、発泡スチロールの玉がものすごく大きくて、また鉄の玉がすごくちっこいものだったら、発泡スチロールの玉の方が重たいかもしれないよ。大きさが違っていたら、そんなことがあってもおかしくないんだ。でもね、 [続きを読む]
  • 連立方程式を教えながら
  • 先日から何度か書いている不登校の生徒。今日もその子の授業がありました。相変わらず連立方程式の計算を続けているのですが、おおよその流れは掴めているものの、まだまだ計算ミスなどをしてしまうことで「安定して正解する」という状態では無いのです。それもそのはずで、まだこの生徒は、小学校で学ぶ算数レベルですら理解出来ていないことがいくつもあるのです。分数や小数を処理することは(形式的に)出来てきたものの、まだ [続きを読む]
  • 理科の語呂合わせ
  • インターネットで「ナホコさん ナツコさん」などで検索をすると、全国のいろんな塾で”炭酸水素ナトリウムの分解”の語呂合わせが紹介されていることが分かります。個人的に、化学反応の中身を見ない化学反応式の暗記は意味がないと思っているので、こういう指導は反対です。しかし多くの塾でやっている現状を見ると、ある程度ニーズがあることは否めないことでしょう。それにいちいち、他の塾でどのような指導をやっているか、な [続きを読む]
  • 上手に取り入れて
  • 私はSNSなどで「お、これはいい教え方だなあ」と思うものがあれば、すぐに自分の指導に取り入れます。もちろん、著作権的に問題があるレベルはダメだと思いますが、より良い指導法を教わり、それを自分の指導に取り入れ、生徒にきちんと還元出来れば、結果として幸せになる人が増えると感じるのです。特に最近は、英語の指導に力を入れています。しかしいくら英語を勉強したとしても、それを専門として学び、ずっと英語と向き合っ [続きを読む]
  • どうしてそうなるかは分からないが、その気持ちはよく分かる
  • どうしてそうなるかは分からないですが、その気持ちはとても良くわかる一件。以前、小学校レベルの算数も苦手だった生徒に、数学を教えていたときのことです。「2m低いことを-2mと表すと、9m高いことは( )mと表される」という問題に対して、生徒が答えていたのが「5m」というもの。さてこういうときに、私の勝負が始まります(笑)この解答に”不正解”という結論を突きつけるのは簡単なことです。しかし指導としては「この生徒 [続きを読む]
  • ここのところ感じていること
  • 塾でいろいろな科目を教えているくらいなので、私は比較的勉強が好きだと感じます。そういう私でも、勉強よりももっと楽しいと感じることはたくさんあります。そこで他のことに比べると、勉強は「つらく・厳しい」ものだと言えますね。だからどうしてもやりたくないのであれば、やらなくてもいいと思います。「どうしても勉強がやりたくない」と言っている人に勉強を押し付けても、それをやってくれるとは思えませんし、やらせたと [続きを読む]
  • 生徒との会話
  • 『もしかしたら、今までの算数とか数学で、”このやり方であってるかなあ・・・先生の顔を見ていたら違うような気がするなあ・・・じゃ、他のやり方だったらどうだろう・・・これも違うかなあ、だったらよく分からないけど他の計算をしてみようかなあ”なんて考えて、先生の顔色を見ながら問題を解いてなかった?』「うん、まさにその通りなんよ」『実はね、先生から○をもらったり×をもらったりするのって、それほど大事なことじ [続きを読む]