苅谷麻呂 さん プロフィール

  •  
苅谷麻呂さん: レーシックなら新宿の眼科専門医 苅谷麻呂
ハンドル名苅谷麻呂 さん
ブログタイトルレーシックなら新宿の眼科専門医 苅谷麻呂
ブログURLhttps://ameblo.jp/sbcmaro/
サイト紹介文レーシックなら新宿の眼科専門医 苅谷麻呂(SBC新宿 近視クリニック)LASIK、ラゼックによる視力回復が評判
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/06/21 13:57

苅谷麻呂 さんのブログ記事

  • レーシック Q&A よくある質問⑦
  • こんにちは、星野です。 当院へ寄せられるご質問の中から比較的多いものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。 レーシックを受けると老眼が早まってしまいますか? レーシックを受けたことにより老眼が早くなってしまうことはありません。老眼とは、加齢に伴い、調節力の低下や水晶体が硬くなってしまうことで近くにピントが合いづらく手元が見えにくくなる現象です。屈折異常とは関係なく40代になれば誰でも進 [続きを読む]
  • 外国人の手術
  • こんにちは、苅谷です。 本日は、外国人の方のICLの手術があります。 患者様は日本語がしゃべれず、私も英語が苦手なのですが、 当院には、眼科の知識の豊富な専門の通訳のスタッフがいますので、 日本語がしゃべれなくても、全く問題ありません。 この通訳のスタッフ、帰国子女なので、微妙な英語のニュアンスも問題なく伝えてくれて、非常に重宝しております。 手術の時にも、一緒に手術室に同行して、こちらのアナウンスを [続きを読む]
  • レンズは他の人から見える?
  • ICL治療に用いられるレンズは虹彩(茶目)の後ろ側に入れられるので治療後は自分はもちろん、他の人からもレンズが入っていることはわかりません。眼科での専門の検査器械を使用することでレンズが入っていることが分かります。 [続きを読む]
  • レーシック Q&A よくある質問⑥
  • こんにちは、星野です。 当院へ寄せられるご質問の中から比較的多いものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。 感染症の心配はありますか? 手術室の空調装置には除塵・除菌機能のある高性能フィルターを使用したクリーンルームとなっております。手術用機械についても1例ごとに滅菌・消毒しており、スタッフの手洗いを遂行し感染の予防に努めていますのでご心配はいりません。 [続きを読む]
  • 幅広い範囲
  • ICL治療は幅広い範囲の近視を矯正することが可能です。ICLの度数は-3.0〜-18.0まで用意されていますので、ほとんどの近視の方が受けることができます。 以前は角膜が薄かったり、強度近視のため、レーシックが受けられなくてICL治療を選んでいた方がほとんでしたが、最近はレーシックを受けることができる方でもICL治療を選ぶ方が増えています。 [続きを読む]
  • レーシック Q&A よくある質問⑤
  • こんにちは、星野です。 当院へ寄せられるご質問の中から比較的多いものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。 手術の安全性は? レーシックは視力矯正手術の中で最も安全な手術方法です。これまでに眼科専門医が行ったレーシックで失明したという報告はありません。当院では経験豊富な眼科専門医が検査・手術を行っておりますので安心して手術をお受けになることができます。 [続きを読む]
  • 9月
  • こんにちは、苅谷です。 夏休みも終わり、今日から9月ですね。 例年、7月、8月は若い方が手術を受けれる件数が多かったですが、 9月以降は、老眼および白内障治療を受ける患者様が増えてきます。 今年も、同じような傾向で、すでに今月は、白内障手術のご予約が 何件かすでに入っております。 当院の老眼治療および白内障治療は、すべてレーザーで行っておりますので、 従来の白内障手術に比べて、手術の安定性が飛躍的に向上し [続きを読む]
  • 会議
  • こんにちは、苅谷です。 クリニックでは月に一回、事務の方々とマーケティングについて会議があります。 各月毎の手術の症例数や、術式別の手術件数が報告されますが、 昨年からICLがドンドン伸びてきており、 8月のICLの症例数は、実に全体の5割以上になりました! 今までは、近視が強い方向けというイメージでしたが、 そうでない方にも見え方の質が非常によいので、 この手術を受けれれる患者様が増えてきていますね [続きを読む]
  • レーシック Q&A よくある質問③
  • こんにちは、星野です。 当院へ寄せられるご質問の中から比較的多いものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。 仕事はいつから可能ですか? 室内作業は翌日の診察終了後から可能です。ただし、パソコンを使用するなど眼を酷使する仕事やハードワーク、屋外での作業は2〜3日後からにしてください。職種により異なりますので医師にご相談ください。 [続きを読む]
  • レーシック Q&A よくある質問②
  • こんにちは、星野です。 当院へ寄せられるご質問の中から比較的多いものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。 手術は誰でも受けられますか? これらの方は受けられません。 矯正する近視の度数に対して角膜の厚みが足りない方糖尿病や膠原病の治療経過が不安定な方妊娠されている方18歳未満(保護者の同伴をお願いしております) 他、手術が適しているか詳しく検査をした上で判断いたします。 [続きを読む]
  • 日曜日
  • こんにちは、苅谷です。 本日は、手術枠は比較的余裕がありましたが、 昨日行ったICL、リレックススマイルの術後検診と、 新規の手術希望の適応検査でバタバタしておりました。 静岡からわざわざ手術の希望にお越しいただいた方もいらっしゃいまして、ありがたいことです [続きを読む]
  • レーシック Q&A よくある質問①
  • こんにちは星野です。 当院へ寄せられるご質問の中から比較的多いものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。 どのくらい視力は回復しますか? 手術前の視力の状態や個人差もありますが、ほとんどの人が1.0以上回復しています。目安としてメガネやコンタクトでの矯正が最大の視力とお考えください。 [続きを読む]
  • リスクはありますか?2
  • リスク 2 全ての手術的治療法には、外科的な侵襲を伴い、感染症のリスクが生じます。非常に稀ですが、感染症により治癒が遅れたり、重度の場合は眼に重篤な悪影響を与える場合があります。感染症のリスクを低減するため清潔な滅菌された器具を使用し、最小限の切開から治療を行い、術野は消毒薬で清潔に管理します。 また術前、術後には抗菌点眼薬を使用しますので、指示通り点眼してください。 [続きを読む]
  • お盆休み中の手術
  • こんにちは、苅谷です。 お盆休み中で、道路が空いてますね 笑 でも、このお休みを利用して、手術をお受けになられる方が非常に多く、 一昨日から今週の末までは、ご予約がほとんど埋まってしまいました。 まだほんの少しだけ空きがありますので、もしこの時期に受けたいという方がいらっしゃいましたら、お早目のご予約をオススメいたします [続きを読む]
  • ホールの役割
  • 現在のICLはレンズにホール(小さな穴)があいています。 以前のICLにはホールがなかったため、房水循環(眼の中の水の流れ)を保つためにレーザーや手術で虹彩に穴をあける必要がありました。 ホールのおかげで虹彩に穴をあける必要はなくなりました。 [続きを読む]
  • EVO+ Visian ICL
  • ICLの視力矯正は進化しています。 レンズ全体の大きさはそのままに、光学部がより大きくなりました。 このため、グレアやハロー、高次収差の原因となるレンズ効果のないゾーンを通過する光を低減することが期待されています。 [続きを読む]