四十代 さん プロフィール

  •  
四十代さん: 酒興日和
ハンドル名四十代 さん
ブログタイトル酒興日和
ブログURLhttp://10yondai.blog67.fc2.com/
サイト紹介文飲むと楽しくなるお酒がいいですね!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/06/20 20:53

四十代 さんのブログ記事

  • 外ヶ濱 Micro Bubble 生
  • 外ヶ濱 Micro Bubble 生 発泡清酒青森県産酒造好適米「華吹雪」を55%まで精米し醸された『純米吟醸造』ですが、炭酸ガスを注入した為『純米吟醸』とは明記できません。「田酒 純米吟醸 白 生」を進化させた発泡清酒だそうです。ちなみにラベルの真ん中下辺りの"JUN"の下に記載されている”Aspergillus kawachii”とは(アスペルギルス・カワチ)白麹菌の学名です。開栓に気を付けましたがトラブルなく簡単に開きました。グラス [続きを読む]
  • 林 純米吟醸 雄山錦
  • 林 純米吟醸 雄山錦先代杜氏が引退された時、生産量は150石程度だったそうです。廃業も考える酒蔵もあるような規模です。平成24年に蔵元杜氏として後を継いだ林秀樹氏は「このままでは生き残れない」と思い、手間を惜しまず洗米を限定吸水、麹蓋で麹造りを行うなど量より品質を重視した酒造りを始め自らの名を冠した限定酒「林」に夢を賭けました。関東でも徐々に特約店を増やし、入荷次第売り切れという状況が続いているようで [続きを読む]
  • 酒肴 表六玉
  • 酒肴 表六玉先週の土曜日、カミさん方のご先祖様のお墓参りを兼ねて飯山市に一泊旅行に出掛けました。そして夜のお楽しみは、昨年の同時期に初めて訪問させて頂いて以来、4度目になる”酒肴 表六玉”さんへ伺いました!※店主に掲載許可をもらってないのでクレームついたら即消します(笑)まずは”エビス黒のハーフ&ハーフ”と”エビス”お酒はこんな感じで注いでくれます(1合以上あるし)。頂いたのは、十六代 九郎右衛門 [続きを読む]
  • 志賀高原ビール
  • 志賀高原ビール 飲み比べ清酒『縁喜』を醸す酒蔵さんが、2005年にホップを栽培(蔵のある志賀高原は昭和30年代後半まで日本一のホップの産地だった)され、自分たちで原料づくりから関わってみたいと思い、畑つくりからはじめられたのがきっかけだとか。コンセプトは、小規模で非効率であっても「この地だからこそできる味」「自分たちが飲みたいビール」を、楽しみながら真剣に追求することなのだそうです。限定品、準定番を除き [続きを読む]
  • 青蜻蛉 純米 
  • 若波 青蜻蛉(とんぼ) 〜純米うすにごり酒〜季節シリーズ(黒・青・赤〜とんぼ)とは、同じ酒米・酵母・製造方法で醸したお酒が、月日と共にどのような熟成を織りなすか、日本酒の醍醐味である季節感を味わって戴きたいとの願いから誕生しました。若き女性杜氏である今村友香さんが愛情を込めて醸した純米うすにごり酒です。適度な酸味がきいていて、飲み易く、飲み飽きしない、どんなお料理にも合う青とんぼです!原料米 米、 [続きを読む]
  • 聖 袋吊り斗瓶囲い 純米吟醸 無濾過原酒 山田錦50 限定 28BY
  • 聖 袋吊り斗瓶囲い 純米吟醸 無濾過原酒 山田錦50 限定 28BY先日、観音さまに会いに高崎市に行ってきました。その際、とても素敵な酒屋さんの前を通り立ち寄らせていただきました。地酒屋さんというよりはワインに力を入れておられる感じでしたが、厳選された日本酒の中から、群馬県内ではこの酒屋さんしか取り扱っていないというPOPに惹かれて手に取ってしまいました。酒の名を 聖と負ほせし いにしへの 大き聖の 言の宣しさ [続きを読む]
  • 石背 純米
  • 石背(いわせ) 純米新酒鑑評会などで高い評価を受ける「廣戸川」を輩出する福島の松崎酒造店が醸す酒で地元産のコシヒカリを原料米に造られています。飯米と酒米には色々違う点があるのですが、大きな違いは大きさと硬さ。飯米の方が酒米より小さく柔らかく削ろうとすると米が割れてしまう恐れがある等、酒米と同等に加工するのは難しいのです。つまり、飯米での酒造りは簡単ではないということ。また含有するタンパク質の量も違 [続きを読む]
  • 咲耶美 純米吟醸 夏囲い 無濾過生原酒
  • 咲耶美 純米吟醸 夏囲い 無濾過生原酒 仕込み11号「観音さまに会いに」高崎市に行って来ました。その途中でブティックのような酒屋さんを見つけ、帰りに寄ることに・・・。折角だから群馬のお酒を買おうと物色。群馬泉、町田酒造、水芭蕉は近所でも買えるのでパス。今後紹介する予定の某酒とこの咲那美を買いました。蔵は、草津のお隣中之条から高山村方面に向う日本ロマンチック街道(国道145号)沿いの清らかな水と緑豊かな山 [続きを読む]
  • 和田龍 登水 純米 山田錦 無濾過生
  • 和田龍 登水 純米 山田錦 生この時期に、どうしても呑みたくお酒があるのですが、この登水もその中の一つです。色はやや黄味掛かっています。上立ち香は、華やか過ぎない心地よい吟醸香が漂います。含むと、米のやわらかな甘味が感じられ、次第にキレイな酸が口中に広がります。甘味と酸味のバランスがちょうど良く、柔らかさと透明感のあるお酒です。本当に旨い酒というのはこういうお酒なんですね!原材料 米、米麹使用米  [続きを読む]
  • 本金 純米 雨あがりの空と
  • 本金 純米 雨あがりの空と雨上がりの爽やかに晴れ渡った空のような酒を、と想いを込め醸しました。<裏ラベルより> 2012年当時は、使用米は美山錦49%磨きの吟醸酒としてリリースされていました。本金の文字には「本当の一番(金)の酒を醸す」という想いが込められています。「一番」の酒とは何か、日々の中で「本金の金」を追求しながら酒造りをされています。色はキレイに透きとおっています。上立ち香は、使用酵母由来から [続きを読む]
  • CHATEAU LA GARDIE 2015
  • シャトー・ラ・ガルディエ 2015色は輝くルビー色、立ち香は熟したフランボワーズやプルーン、ブラックベリーの凝縮した果実に、甘いハーブやスパイスのニュアンス。口当たりは柔らかく、味わいには弱めなタンニンを感じさせ、口の中でも果実香が広がります。白カビタイプのチーズよりもウォッシュタイプの少し匂いのキツイチーズとマッチします。 [続きを読む]
  • CORAZON DEL INDIO 2012
  • コラゾン・デル・インディオ2012あまり、グダグダとは申しません。自宅で、牛肉を焼いてウォッシュタイプのチーズとの相性バッチリでした(^_-)-☆原産国 チリ地域 マイポヴァレー生産者 ヴィニャ・マーティ(VINA MARTY)ぶどう品種(栽培比率) カベルネ・ソーヴィニョン、カルメネール、シラー [続きを読む]
  • 開當男山 純米原酒 生貯
  • 開當男山 純米原酒 生貯関東ではあまり知られていませんが、国権や花泉と比較的近いところに蔵はあります。創業は享保元(1716年)。創業者は3代目渡部開当(はるまさ)の”開当”がそのまま銘柄となり、以来現在までで14代、300年に渡り寒冷地独自の酒造りに取り組んでいます。蔵元の全ての方が地元民であるため、昼夜を通してより一層丁寧な造りとなっています。「全国新酒鑑評会」においては、多数の金賞を受賞しています。 [続きを読む]
  • 本金 純米吟醸 美山錦
  • 本金 純米吟醸 美山錦 28BY本金の味のコンセプトは「 すっと飲みやすい 」「 程よく味と香りが膨らむ 」「 主張しすぎない 」あくまでも食事の、そして生活の脇役としての存在を目指します。色は僅かに黄味掛かっています。少し冷やし過ぎのため、上立ち香はあまり感じません。穏やかな果実香という程度、含むと優しい口当たりとコクがあるのに酸がしっかりしています。軽くもなく重くもなく、バランスの取れたお酒です。温度が [続きを読む]
  • 御慶事 純米吟醸 雄町 限定生酒 28BY
  • 御慶事 純米吟醸 雄町 生酒 28BY今や入手困難な銘柄の一つとまりました、御慶事。”茨城県産ひたち錦”、”茨城県産ふくまる”と2つの純米吟醸が主軸でした。IWCで金賞を受賞して以来、需要と供給のバランスが完全に崩れ、お酒が足らない状況に・・・。そもそもこの2種類のお米は、収穫量のあまり多くない品種であることも増産出来ない理由の一つだったと思われます。それらを踏まえ、今季より岡山県産雄町が加わって3本柱 [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦28BY
  • 而今 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦28BY久々に而今を家呑みしました。初めて呑んだのは19BYの純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦でした。伝説の日本酒ブロガー『而今児』さんのブログを拝見したのがきっかけです。当時は、東北某県某市に在住していてのですが、偶然にも特約店があったので比較的買いやすい時代で入荷の度に電話連絡をもらっていました(今や夢のような話ですが・・・)その後、自宅に戻り”鰻と地酒 稲毛屋”さん [続きを読む]
  • 第252回 稲毛屋日本酒の会
  • 土用丑の日の会鰻屋さんにとっては一番忙しい土用丑の日。”だからこそ”の日本酒の会!プライベートで蔵元さんも参加され、一緒にお酒と料理を楽しみます!今回参加されたのは、①英君、②櫻川(辻善兵衛)、③正雪、④志太泉、⑤奈良萬、⑥流輝、⑦御慶事、⑧結の各蔵元さん。超豪華! 出品酒1階の画像出品酒2階の画像仕込み水仕込み水仕込み水仕込み水仕込み水仕込み水仕込み水いつものように三代目さんの挨拶。料理の説明と [続きを読む]
  • 若波 TYPE-FY2
  • 若波 純米吟醸 TYPE-FY2「暑い夏の日に、爽やかに呑める日本酒」をテーマに「白ワインの様にドライで酸味のきいている日本酒」をイメージしたお酒です。FY2とは、リンゴ酸を通常の2〜3倍生成する「ふくおか夢酵母2号」を使用していることから。色はわずかに黄味掛かっています。上立ち香は、バニラとほのかに白い花を連想させる酸の香りがします。含むと、上立ち香で感じた酸そのものが口中いっぱいに広がってきますが、すぐ [続きを読む]
  • 廣戸川 特別純米
  • 廣戸川 特別純米松崎酒造店のある福島県岩瀬郡天栄村は、湖や川など水に恵まれた土地柄です。南会津とはすぐ隣り合わせで酒造りにはもってこいの環境です。郡山市に住んでいた頃、松崎祐行氏が杜氏として就任する以前のお酒を呑んだことがあります。色はクリアでキラキラしています。上立ち香は穏やかで、しばらくスワリングした後じっくりと嗅ぐとメロンや熟れた白桃のような甘い香りを感じます。含むと、派手さはありませんが、 [続きを読む]
  • 今年2回目の訪問です(^_-)-☆
  • 某日本酒の聖地に伺ってきました!酒友さんご夫妻にお誘いいただき2月以来約半年ぶりの訪問でした。その間にシステムが変更になっており、人数は4名マックスで2階席は閉鎖。つまり1階テーブル席のみだから、フルで24名?で定員になりますね。まずは料理から。枝豆キュウリとわかめの酢の物筍煮物お刺身子持ちニシン酒友さんが捌いてくれましたコロッケもつ煮お吸い物サイドオーダーした焼うどん野菜たっぷりで美味しかったで [続きを読む]