ジョージブルー さん プロフィール

  •  
ジョージブルーさん: 春麗を負かせチャイナ
ハンドル名ジョージブルー さん
ブログタイトル春麗を負かせチャイナ
ブログURLhttp://chunlipinch.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヒロピン・リョナといった類のマニアックな内容です。中でも格ゲーヒロイン春麗をメインに扱います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/06/20 22:07

ジョージブルー さんのブログ記事

  • スーパーストⅣアニメ②
  • ワンパンKOでダウン。仰向け状態ですと、かなりの巨乳ですね。重傷の自分よりも、他人の心配をする優しい春麗姉さん。映画に続いて、二度目の病院送りの姿。映画を踏襲しているような印象があります。さらし巻いているようなセクシーな格好です。 [続きを読む]
  • スーパーストVアニメ①
  • youtubeでも見れるアニメ。商品としてのアニメでなく、ゲームに附随してるんで、クオリティーとしてはちょっとイマイチな気もします。というよりも好みの問題ですかね。このスパⅣの方はまだいい方ですが、ストⅣの特典アニメはかなり絵酷いと思う。貴重なチャイナコスでのバトルシーン。しかし、MOVIE同様、暗がりでのシーンはもったいない。見どころの春麗vsジュリ。ジュリかなり強いです。不意をつかれた春麗、胸に蹴りを食らう [続きを読む]
  • 小説『映画 ストリートファイターⅡ』②
  • 小説という事もあり、貴重なカット。マンガ版同様、坂井孝行先生がイラストを担当しているということで、個人的には残念だが、この絵自体は悪くないかな。ただ、服装がやっぱりマンガ版仕様になってるのはダメでしょ。良点としては、マンガ版には無かった露出があること。胸チラ・肩の破れ・太もも。これくらいのピンチシーンをマンガ版でも披露してほしかったものです。小説は当然文字でしか表現できないが、状況を詳しく表現する [続きを読む]
  • 映画原作ストリートファイターII ③
  • 前回までに紹介したやつとは、別売りのやつだったか?おそらく別売りの作品のはず。『映画原作ストリートファイターII シャドルー壊滅大作戦』となり、こちらはアニメ映画の方ではなく、同時期の実写映画の方のやつです。そう、あのジャン=クロード・ヴァン・ダムが主演をつとめたあれです、あれ。実写映画は、昔一度だけ観たけど、このマンガの方もある程度踏襲してるデキです。ベガのもとへ潜入して、単独でベガを倒してしまお [続きを読む]
  • 映画原作ストリートファイターII ①
  • 映画のマンガ版。坂井孝行先生の作品だが、個人的感想として絵がうまいとは言い難いです。映画の内容を元に描かれているが、一部オリジナルの内容になっている。要となる春麗については、シャワーシーンからのバトルもちゃんと再現されているが、満足いく内容とまではいかなかった、作画の件もありますが。とりあえず、シャワーシーン。残念ながら真正面はありません。これでもよくやったほうかもしれませんな。ドアを突き破って、 [続きを読む]
  • さくらがんばる!
  • コミックゲーメストに掲載された、さくらが主人公の作品。あくまでメインはさくらだが、春麗も登場しており、さらに、中平正彦先生の前作にあたる「ストZERO」では当然のごとくジャージコスであったが、この作品ではチャイナコスで登場してくれるという快挙を成す。ピンチも若干ながらあった。ゲンとのバトルで一方的にやられ敗北する。殺し屋の一突き。流血を見せるのは珍しいパターンで、よりやられが引き立ちます。最後に必殺技 [続きを読む]
  • やられシーン
  • これといってお気に入りシーンがあるわけではないけど、数少ない貴重なやられシーン。ベガにやられたシーン、こんだけですが。服の破れサービスありです。悲鳴で「きゃあっ」ってのは、あまり好きじゃないな。「あぁっ」系が好みだ。ダウンシーン。この絵もアップシーンではやけに顔が長く、好みの絵とは言えないけど。 [続きを読む]
  • カプコン美少女戦士アンソロジー ④
  • だったかと思う。とあるストーリーで、モリガンと闘う春麗。特にやられシーンはこれといって無かったんだが、結果的にやられていてのこのシーン。うずくまっての後ろ姿シーンも珍しくていいです。パンストの破れてる姿は美しい!!こういう姿を見るたびに、チャイナコスでの本格的な格闘シーンを見てみたかったものです(アニメ・マンガ・実写問わず)!! [続きを読む]
  • ドリマガ
  • CAPCOM VS SNKシリーズの第二弾。懐かしのドリームキャスト誌の表紙。森気楼先生の美女2人作品。森気楼先生といえばSNKの印象が大きいが、この頃にはCAPCOMに移籍していたはず。やっぱ森気楼先生の絵は別格ですよ。色気ムンムンの大人の女性的な絵に仕上がります。キリッとした春麗の表情が素晴らしい。あと舞のおっぱいも実にけしからん。似たようなポーズとして、カプエスシリーズ第一弾となる公式イラストでは、森気楼先生の春 [続きを読む]
  • ゲーメスト ②
  • ストⅢ3rd時代のゲーメスト表紙。同時期の餓狼伝説作品と重なり、カプコンとSNKの二大看板娘のコラボ。どちらもグラマラスに描かれており、きっちり見てみたい絵です。そして、のちにやってくる本当のコラボが待っています。 [続きを読む]
  • なんかのストⅡコミック
  • 初期ストⅡのコミック。歴史が浅い頃のため、絵が確立していないので違和感ある作品が多かった。春麗が紅一点ということもあり、目立った存在感はあったけど、前述のとおり、絵がイマイチなんだよなぁ。そのうちの一枚。おっぱいに波動拳が炸裂してゆがむというナイスリョナシーンなんだけど、いまいち熱くならない。お二方とも絵が変。 [続きを読む]
  • ガールズパレード
  • 我らが春麗が表紙のコミック。ゲームキャラ等のアンソロジーとなっているシリーズ作品。ということで春麗は1作品のみ。目的はピンチ系を期待してはいたんだが、これはエロマンガ集なんで、過度の期待はしてはいけないとは分かっていたが、やっぱ期待してしまい、そして裏切られるという当然の結果でした。時期的にはストⅢ3rdネタになっていました。ただ、3rdでチャイナコス春麗復活というだけで、春麗モノをかき集めたくなるとい [続きを読む]
  • 春麗vsマァム ③
  • 仰向けでおっぱいの山を眺めるシーン、絶景です。ここはマァムに軍配。空中戦から。春麗のくっきりおっぱいもいいが、マァムタイプの胸の方が自然な感じだと思う。自分のおっぱいを掴む。今回はすべておっぱいに関わるシーンでした。 [続きを読む]
  • 春麗vsマァム ②
  • 第二弾もフェチっぷりをお披露目。吹っ飛ばし攻撃を食らう。ローアングルからの視線のため、盛り上がる胸に目が行きます!春麗は飛び散る汗、マァムは飛び散る血。パンツをすごい角度から堪能できるシーン。ダメージ箇所を抑える趣味のシーン。春麗は脇腹を抑えているが、マァムみたいに腕抑える方が好きだなぁ。 [続きを読む]
  • 春麗vsマァム ①
  • かねてより、シーン的に似てるような比較をしたいと思ってまして。マァム紹介が済んだのでやります。春麗はいやらしく大股、マァムは内股気味で女らしく。どちらも目を閉じて艶めかしい表情がイイ。横からの顔パン。斜め気味のキック&パンチ。歪んだ表情がイイ。 [続きを読む]
  • ダイの大冒険③
  • 前半のピンチを鎧化してしのぎ、更には形勢逆転となるかと思うマァムだったが、そうはさせないのが素晴らしい。パンツ丸出し装備になるのもエロいけど、やられっぷりもエロい!!大股で壁に叩き付けられる。腹パンからの顔パンの連続攻撃。 [続きを読む]
  • ダイの大冒険②
  • くっきりおっぱいに目が行きます。この傷だらけのマァムは美しい。こっちのおっぱいも素晴らしい。全体像で見せてほしかった。こういう腕や肩を手で押さえる仕草が好きだ。ダメージを受けてる描写が分かりやすくていいですからね。 [続きを読む]
  • ダイの大冒険①
  • 漫画のリョナシーンで、これは絶対外せないでしょう。闘う女戦士として、武道家に転身したマァムのリョナシーンは有名どころ。格好も春麗に似ており、春麗リョナラーにとってはリンクするのではないでしょうか。終盤のvsアルビナスは、ピンチ〜反撃〜再ピンチと理想的な流れを作っており、見応えありました。マァムが武道家としての初戦となったvs超魔生物ザムザもなかなか良かったですが、絵が少しおぼこい印象受けた。アルビナス [続きを読む]
  • カプコンフレンドリークラブ ①
  • 昔、カプコンのファンクラブが存在してた。入会したのが、99年ごろ。ファンクラブの存在は既にありません。2000年代前半に終了したかと。とりあえず、最後まで会員で締めくくれました。入会のきっかけは春麗、ストⅢ3rdのタイミングあたりだったかなぁ。と言いたいところだが、同時期頃のジョジョも可能性あり。いまいち記憶があいまいなってます。ま、それは余談です。ストⅢ3rd関連ページでのお美しい春麗様。豊満なおっぱいにピ [続きを読む]
  • ストリートファイターⅡMOVIEコミック③
  • このページはバルログ大活躍。春麗のブラを引き裂くお馴染みのファンサービス。そしてこのページもなかなか選択がいい。2コマ目、これだけで掲載だとホントにおっぱいを蹴りつけてるように想像できてしまいます。そして3コマ目。数年前の本編のブログ記事でも記載した記憶ありますが、唯一の胸ポチシーン。このセレクションはなかなかセンスあります。2コマ目と4コマ目の擬音語邪魔!!ここだけじゃないけど。ピンチシーンとしては [続きを読む]