和食おかもと さん プロフィール

  •  
和食おかもとさん: 和食おかもと 旦那ブログ
ハンドル名和食おかもと さん
ブログタイトル和食おかもと 旦那ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/washokuokamoto/
サイト紹介文店主が、料理やレシピに特化せず日常の思う事を書き綴ります。新宿四谷三丁目にて接待向き個室有り。
自由文ご予約を戴きましたお客様の為に仕入れをし調理を致しております。
心づくしの一品一品で皆様をお待ち申し上げております。
アメブロでは、季節折々の素材・メニューのご紹介や料理人としての様々な想いをつづって参ります。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2011/06/22 10:08

和食おかもと さんのブログ記事

  • 山法師の剪定(2017年9月19日)
  • 地元のお客様からご紹介された植木屋さんに先日 弊店入り口の山法師の手入れをして頂きました。私が看板が見える様に下部分を剪定をしたと伝えたら「分かりました」と黙々作業をして山法師の全体を美しく整えて頂きました。“流石一流” です素晴らしい仕上がりになり感謝。 [続きを読む]
  • 酒屋さんのイベント(2017年9月16日)
  • 先日 お取り引きを頂いてる酒屋さんからイベントのご案内を頂き参加しました。第一線の蔵元さんビール会社さん洋酒メーカーさんと会話をして“酒に対する” 熱い想いを拝聴しました。お土産も沢山頂いて 感謝後で酔いが覚めてよくこんなに持ち帰ったと感心 笑(写真のお酒はほんの一部) [続きを読む]
  • 粟麩の蒲焼き(2017年9月15日)
  • (2012年9月15日ブログ加筆再掲載)煮物の中にお麩の蒲焼きが入ってますと初秋を感じさせてくれます本日は、そのお麩の蒲焼きについてです。細長い生麩を一口大に切り分けて一つ一つに小麦粉をまぶして油でさっと素揚げをします。一回り位大きくなりましたら直ぐに油から上げて余分な油を取ります。次に麩の両面に軽く切込みを入れて串に刺して焦がさないように両面を焼き台で素焼きします。両面に薄らと焦げ目が付き始めたらタレ [続きを読む]
  • 重陽の節句(2017年9月9日)
  • (2013年9月9日ブログ加筆再掲載)暦は早くも五節句の一つ 重陽の節句になりました。弊店では床の間に手付きの駕籠で小菊を生けたり料理に秋草を添えて風情を出します。もちろん菊の花の形をした器も活躍をします食材もそうですが、秋が近づいて来るのを演出していきたいですね。 [続きを読む]
  • 獺祭 焼酎(2017年9月8日)
  • 獺祭 焼酎 を仕入れました酒粕から生み出された焼酎単式蒸留焼酎アルコール分 39度ながら実に口当たり良く 上品な香りがお店中に漂いました稀に見る焼酎です。(後日 お出ししましたお客様から大絶賛を賜りました。) [続きを読む]
  • 再興第102回院展 (2017年9月1日)
  • 本日より秋の恒例 芸術展再興第102回 院展が始まりました。会期 9月1日(金)〜9月17日(日)      ※ 4日(月)は休館日入場時間 9時30分〜16時30分 (17時閉場)     ※ 最終日は正午までの入場 (13時に閉場)場所 東京都美術館 ロビー階1・2・3・4展示室芸術美の世界をお楽しみ下さい。 [続きを読む]
  • 深大寺そば
  • 築地場外にある『深大寺そば』さんへ今月で暖簾を降ろすと聞き久々に立ち寄ました。料理人と一般客相手に“夢ある事”“楽しい事” “辛らい事”一杯あったんだろうなと…感謝の蕎麦を頂きましたご馳走様でした。 [続きを読む]
  • 蝉の鳴く頃
  • 何時もの場所へ地面に落ちずに木にしがみ付きながら生き絶えた蝉を発見…。 [続きを読む]
  • 美酒とお料理
  • 先日は某所で開催されたお酒 山廃の勉強会に参加をしました 山廃と生酛に情熱を込めてたずさわる杜氏さんのお話しを拝聴して目から鱗で美酒に感激。その後は別会場にてお蕎麦と天麩羅の相性等のお食事会に参加をしました。上品な美酒を飲んだ後に美味しい一品を頂く流れ真に至福な事です。我々も“真心で”料理道に励まなくてはと学び有る一日でした。 [続きを読む]