三日月の爪 さん プロフィール

  •  
三日月の爪さん: ねこまた別邸〜猫ばか〜
ハンドル名三日月の爪 さん
ブログタイトルねこまた別邸〜猫ばか〜
ブログURLhttp://nory21.blog111.fc2.com/
サイト紹介文我が家の猫自慢メイン ねこにまつわるエトセトラ  猫グッズや扱いのショップの紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2011/06/22 18:18

三日月の爪 さんのブログ記事

  • 【おくすり】NHKの「72時間」くらい粘ってほしい。
  • 膀胱の腫瘍を小さくするためのおくすり中のぷっちー。いつの間にか18ちゃい。3日に一回飲ませればいい、という、効果が長持ちする粉くすりを服用中。初回20日は病院から帰ってきてすぐのお昼ころ、3日間効くならば次は23日のお昼ころ。と思っていたのに。22日の夜中あたりから頻尿が始まり、ぷっちーも辛そうだったので、薬の効き目が切れてるならあと数時間待つ意味はない!と独断によりおくすり投与。結局この時は60時間弱しかお [続きを読む]
  • お粉くすり投与とぷっちーの様子
  • 血尿から膀胱炎の疑い&検査で膀胱腫瘍が発見されたぷっちー。現在は処方された消炎剤を3日に1回飲む治療中です。おくすりガンバ! 写っているヤジ猫はぷっちーではない。初日。病院から帰ってきたその日に初の粉薬投与チャレンジ。まずは確実そうなおかかマジックを使う。小皿に薬をあけて、その上から鰹節を振りかけたものを与えてみると…  食べた。ただし粉がお皿の底に残りがちなので、なくなるまでおかか追加を繰り返す。 [続きを読む]
  • 【リニューアル】猫タワーの人気スポットを。
  • 我が家の猫タワーのこの部分ですが。一応スポンジの壁の猫ベッドが備わっていたのだけれど、ごらんのようにただのお皿みたくなっています。ぼろいしばっちいし、かといってこの部分だけお取り寄せって… どこに?この猫タワーは、引き出物カタログみたいな、そういうカタログで商品選ぶプレゼントでもらったので、いったいどこの何だったのかもとうに不明。なので家庭内DIYです!できた。乗せただけだと危険なので、土台を作って [続きを読む]
  • 【がっかり三唱】ぷっちー血尿再発<帰ってきたお薬チャレンジ>
  • ぷーさん、血尿再発しました。おとといの夜中、頻尿より血尿 → 家中血痕祭り再演。「明日病院行こう…(がっかり)」と決め、あるだけの血痕片づけて就寝。夜中にぷっちーが布団の上に乗ってきたので、朝の血痕布団を覚悟していたけれど… 朝、何もない。床のそこかしこにスプラッタ状態を想像していたけどそれほどでもない。 というか血尿もおさまっている。ので、その日は病院はやめて様子見。それが昨日。そして今朝、ぷー [続きを読む]
  • ぷっちー血尿編<一応最終回>
  • 我が家の黒猫ぷっちーが突然大量出血してから本日でちょうど1週間目。2日間は注射で乗り切った抗生物質の投与も、以降5日間は錠剤の薬を飲ませないといけませんでした。3日目までの死闘はこちら。本日は昨日今日のお薬チャレンジ編をお送りいたします。このようにでか猫にマウスを圧迫されて非常に書きづらい環境ですが。<4日目>・前日指に穴が開いて流血して痛みひかず、なんとからくちんな方法はないか試行錯誤・「ねこのきも [続きを読む]
  • ぷっちー大量出血続々報〜お薬チャレンジ編。
  • ぷっちーが突然大量出血してから本日で6日目。出血の翌日・翌々日は病院に行って検査&注射。薬飲ませるくらいなら毎日通って注射、のほうがはるかに楽ちん。…なのですが、翌日は病院休みなので、致し方なく抗生物質を処方され自力でお薬を飲ませなければいけなくなりましした。こんなにちびっちゃい薬なのに…!はっきり言って自信はまったくありませんが、ぷっちーを早く治すためにはやり遂げねばならぬ。1日1錠で5日分、たった [続きを読む]
  • ぷっちー大量出血続報。
  • これはほぼ半年くらい前の写真ですが、18歳という高齢ねこのぷっちー。今まで肛門腺破裂があったくらいで、病気らしい病気、けがなどしたこともなかったのに、数日前突然大量出血しました。尻かと思ったけど尿道からのようです。歩けばポタポタしたたり、横たわればそこに真っ赤な血だまりができ家中スプラッタホラー映画のようになりました。あわてて動物病院に駆け込みエコー検査、膀胱炎らしいということで抗生物質の注射をして [続きを読む]
  • ぷっちー突然大量出血。あわてる飼い主。
  • これは3年前の写真ですが。我が家の黒猫「ぷっちー」が突然出血です。昼前に出かける用意をしていたら、床に血痕発見。また喧嘩で誰かがケガしたのかと思い、ケガしてそうなやつを探していると、別のところにも血だまりが。ちょっと切ったにしてはシャレにならない量の血痕が、よく見ると家のあちこちに落ちているのに気づき、それが猫トイレの入り口からトイレの中や外にも続いているのを見つけ…そこにトイレに入りに来たぷっち [続きを読む]
  • はたらくねこさん「救急車を呼んだ猫 トミー」
  • 2006年1月、アメリカオハイオ州でゲリー・ローズハイゼン氏はピンチでした。車椅子で生活していたローズハイゼン氏は、さらに糖尿病と骨粗鬆症を患っており、バランスを崩して倒れた後、起き上がることも助けを呼ぶことも出来なかったです。折悪しく、いつも身につけている緊急連絡用のネックレスは付けておらず、枕元の緊急連絡用コードにも手が届かない…。パトリック巡査によれば、ローズハイゼン氏宅から緊急電話がかかってき [続きを読む]
  • 「ちびのあの頃特集」…もっと写真撮っておけば…っ
  • 昔のケータイの解像度は今と比べ物にならないくらいだったので、 拾われてお腹パンパンで寝るねこ1〜7日目くらい画像が荒いのは仕方ない。拾われて洗われた猫目の開かない芋虫状態のころに我が家に持ち込まれた姉妹ねこ育児ノイローゼになりそうなほどのキーキーギャーギャー期間を乗り越え… 目も開くころには、頭から丸のみしてしまいそうなほどのプリティちびすけに育ち。芋虫時代目が開くまではキャリーかご内で育った三毛姉妹 [続きを読む]
  • 「ねこのきもち」2017年9月号。ふろくの処遇について考え中。
  • 「ねこのきもち」2017年9月号「そごう横浜店」で岩合さんの写真展があるという案内も入ってた。8/9〜21マデ。お盆期間中にトーク&サイン会もあるようです。フードのサンプルはいいとして… 分厚いふろくの正体は段ボールハウス。正直もうこの手の段ボールふろくにはかかわりたくないが…イヤイヤ組み立てるかまたしてもオークションに出しちゃうかほんのちょっぴり迷い中。このふろくが欲しい場合、8/31までに申し込むとこれ以外 [続きを読む]
  • 「変なとこに入ってますね」特集。
  •   猫箸いれ。テーブルに乗れるようになったこねこは無双。 炊飯器たんす ピオーネほかお取り寄せスリッパ(*''▽'') とにかく箱 大小問わず。猫トンネル? 新聞袋 秩序タイプと暴れんぼタイプ みかん入れたりお菓子入れたりする鉢入ってるところは変じゃないけど、入り方が変なみっちり猫ベッド。とりあえず今日のところは、さらすのはここらへんで勘弁しておいてやります。にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • 夜中のふみふみ監視
  • さあいい加減寝よう、と思った夜中。キュッキュッ… という音がひそかに聞こえてきて…寝てるのか 起きているのか 寝ぼけているのか…。ちょっとかけておいてあげたお布団から、足までピーンして出てきた。いよいよ身を乗り出してきて…。まるでキーボード奏者のごとく、本格的にふみふみクッションを奏で始めた。時刻は4時半。もう間もなく夜が明ける…にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • はたらくねこさん「南極に行ったオスの三毛猫 タケシ」 
  • 第一次南極観測隊で、悪天候のために置き去りにされ、奇跡的に生き残った犬「タロ」「ジロ」の名前はあまりにも有名ですが実は同じ観測船で、猫も連れて行ったのはあまり知られていないでしょうか。第一次南極観測隊が、観測船「宗谷」で日本を出発したのは1956年11月のこと。晴海埠頭を出る時、川崎市から見送りに来ていた女性が、名前も告げず「オスの三毛猫は縁起がいいから連れて行って下さい」と、生後間もない子猫を隊員に渡 [続きを読む]
  • 天へ飛び立つのか変身か
  • 夏の七不思議のひとつ。「暑いけどくっついて寝ちゃう兄弟ねこ」このままふたりでくるくる回転しながら飛んで行って、上空で何かに変身しそうである。ネロとパトラッシュの周りを飛んでいた天使に見えなくもない。お腹ぽってりな感じが。にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • ねこ紹介3「ぷっちー」
  • 私が実家を出てから手に入れた3番目の猫 ぷっちー最近は白髪が混じって毛づやも悪くなってきましたが、全盛期は見事に真っ黒つやぴかの黒猫です。 ぷっちーとむーちゃんのショット「ねこ紹介2 むーちゃん」のむーちゃんの姉妹が実家の庭で生んだ子で、むーちゃんとぷっちーは叔母と姪の関係です。黒猫は不吉なイメージがあるようですし、昔ヨーロッパでは魔女狩りのとばっちりで、黒猫が虐殺されたという歴史も。しかし日本で [続きを読む]