三日月の爪 さん プロフィール

  •  
三日月の爪さん: ねこまた別邸〜猫ばか〜
ハンドル名三日月の爪 さん
ブログタイトルねこまた別邸〜猫ばか〜
ブログURLhttp://nory21.blog111.fc2.com/
サイト紹介文我が家の猫自慢メイン ねこにまつわるエトセトラ  猫グッズや扱いのショップの紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2011/06/22 18:18

三日月の爪 さんのブログ記事

  • もっさあああああぁぁぁぁ
  • ブラッシング大好きねこ。目の周り拭くのとか逃げ回ってる時でも、このブラシをチラッと見せれば「にゃーーーーー!」言いながら寄ってくる。我が家では、いろいろ試した結果このスリッカータイプが一番人気。ただしブラッシング中、もじもじしつつガッツンガッツンブラシにアタックしてくるので、別の意味でやりにくい。しかしやたらめったら抜ける。今は三毛猫がものすごく抜ける。ものすごく抜けるのが白多め三毛猫であって、ほ [続きを読む]
  • 本日のテーマは「ねこのうえのねこ」
  • 本日も現時点で室温31度突破中ですが、まだもうちょっと暑くなる見込みです。そんな中ですが暑苦しい特集をお送りいたします。「猫の上の猫」  下敷きになってる子は、なんとなく下敷き率高いような… 下敷き気質とでも申しましょうか。暑い。体感温度が2度上がった。にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • 毛むくじゃら集合
  • 入れ替わったり立ち代ったり。なぜ目の前に来て暑がる(フリをする)のか。ちなみに名誉のために言わせてもらえれば、こういうときは室温26〜28度なのでそれほど暑くはない。真に暑いときはこうなる。にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • 暑いな。
  • 暑いな。午前中なのにもうすぐ32度なんだな。茶白男子ーズはたいてい目の届くところにいるけれど…この時期、家庭内でも夕方まで全然見かけない猫がいる。自分だけの秘密のひんやりスポットがあるらしい。あっ。  32度突破した。にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • 悲劇のはたらくねこさん「警察猫 ルーシク」
  • 2001年のある日、ロシアでキャビアの密輸を取り締まる検問所の係官が、オスの捨て猫を拾いました。猫はルーシクと名付けられ、押収されたキャビアのおすそ分けを食べて育ったそう。(記憶がおぼろげだけどキャビアしょっぱくない?)そのせいかルーシクは前任の警察犬より鼻が利き、1歳になったころから積み荷の中からキャビアの匂いを嗅ぎつけられるようになったとか。その能力を知った検問所はルーシクを、ロシア唯一の「キャビ [続きを読む]
  • 「ねこのきもち」2017年8月号は袋がまたぶ厚かったので
  • 「ねこのきもち」2017年8月号の中身今回もポストの中で分厚く、ほかのスペースを圧迫していたので「あれ?今回も食器かなんか入ってるのかな?!」とちょびっと期待しました。 重さもわりとずしっとあったし。しかし正体はこれでした。モンプチかよ! いやうれしいけどさ!というわけでサンプル?で珍しく缶詰が入っていました。たいてい今どきはパウチですよね。 私は断然缶詰派ですが。だってパウチって開けるとき、最後 [続きを読む]
  • 【要注意】タワーの上のねこ
  • 中くらいの猫タワーのてっぺんで寝るねこ。ねこたちの人気スポットだけど、飼い主的にはあんまりここで寝ないでほしい。かわいいねー、って言われるの待ちの薄目。足と手がばってんでかわいいねーーー!そうそう、柵も壁もないんだから、うねうねしてると落ちるよ!…って、ここで寝るねこらに何度言ったことか。今回も案の定、熟睡ののち寝返りで、どすっ と落ちてびっくりして逃げてった。猫が無防備に落ちると、ほんとにどすっ [続きを読む]
  • 完全にあきらめるとき。
  • 人間のベッドの下に引き出しがついていて、そこに靴下やタイツなど、小物をしまっているのですが。…このように引っ張り出されることがままあり。対抗策として、引き出しが開かないようにするストッパーを噛ましたりしているわけですが。仕舞ってある上の階からわざわざ下の階へ運んでくるのは力を誇示しているのでしょうか?ストッパーをはずして、引き出しの中身をモリモリそとに引っ張り出していることもあればこのように単体で [続きを読む]
  • 「ねこのきもち」2017年7月号はかさばる割に期待はずれ。
  • 「ねこのきもち」2017年7月号といろいろまたポストの中でぎゅーぎゅー他の物を圧迫するほどのかさばりぶりだったので、「お?今回も大型ふろくか?」と期待が持たれました。別のとこでも何度かもらったことがあるフードの試供品とかさばりの原因、フードボウル。今までも何度かフードボウルのふろくはあって、現在もなお重宝している。期待が高まったところで…「早食い防止機能付き」とか書いてあるのを見てがっくり。犬は一瞬で [続きを読む]
  • ねこの目ってヘビと激似。
  • 本日はねこのお目目について。子猫って目が青っぽいですよね。1歳から1歳半までに、メラニン色素の量で眼の色は決定するとか。キトンブルーと言われるきゃわわ現象ヒトとの大きな違いは瞳(瞳孔)が縦長、ということ。ここがヘビとそっくりポイントです。光が当たると瞳が細くなりまぶしさを感じないそうです。夜行性の動物、猫ならではの特徴ですが、ヘビもそうなんでしょうか?我が家のねこはたまーにどすんどすんやってますが、 [続きを読む]
  • 初夏なのに。(デジャヴ)
  • 関東はひんやりした、雨の先日。当然のようにグイグイほじって場所を開けさせ、おひざ猫。お膝にいるときはつま先立ちしていないと猫がずり落ちるので地味に筋トレ。(ずり落ちるときモモにグッと爪を立てるので)あと数センチ長いひざ下が欲しい。一方椅子の後ろの隙間利用。ただし余ってるところじゃなくて譲り渡している場所。ここにでかい猫が来ると、人間は軽い空気椅子混じりになる。それが同時。寒い冬は割とあるシーンだけ [続きを読む]
  • ニャコム警備隊(へっぽこ)
  • 窓の外、隣の家との間で何かがうごめく怪しい物音が…!(電気工事の人)ガサっつ ゴソッつニャコム警備隊出動!(窓 閉まってる)(窓まで2m)・怪しいものには近寄らない。・いつでも逃げられるよう臨戦態勢・なるべく人のうしろにいるニャコム警備隊3カ条。にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • ねこ紹介2「むーちゃん」
  • 私が実家を出てから2番目に手に入れたねこ  むーちゃん  早いもので5年前の「猫の日」、2月22日に次のステージに旅立ちました。「むーちゃん」は実家の庭に出入りしていた猫が、何匹か産み落とした中で一番毛色がいい子。乳離れしたあたりの、元気いっぱいなやんちゃ子猫のときにさらってきました。先住猫びびりの「ちよ」のちいさいお友達として。母親は三毛猫なのに、むーちゃんはシルバーコートで、どう見てもロシアンブル [続きを読む]
  • アレルギーの話
  • 20年以上花粉症なので、やっと春の花粉のシーズンが終わりほっとしています。でもまあ数年前からこの時期だけ薬を服用してますので鼻の穴が無くなったんじゃないかという鼻詰まりも、怒涛の鼻水もくしゃみもかなり抑えらるようになりました。まあ外出時はマスクもするし。でもマスクって気候のいい春先は暑いんですよね!で、人間はまあ自分で何とかするからいいけど猫のアレルギーですが。その原因となるのは、食物・ノミ・蚊・ハ [続きを読む]
  • 現在のお掃除スプレーは原点回帰&ケチケチ作戦。
  • もう買うものないよ〜〜〜…と思うころに、新しく商品を見つけるお掃除スプレーの旅。今回もそんな感じ。10年くらいの重曹ブームのとき買った、「生協の宅配パルシステム」の重曹。当時はパルシステムだったけど、現在は「おうちコープ」のわが家です。引っ越しを機に、配送料がかからないおうちコープに乗り換え。(当時は配送料かからなかったけど、時代の波で現在は1回100円かかるようになった。)1,2回使って、流しの下の奥の [続きを読む]
  • 出会いさまざま。
  • みなさんのお宅で暮らすねこちゃんワンちゃんうさちゃんおトリさまねずちゃんその他もろもろどのように出会い、今にいたっているのでしょう。 むかーしはよく落ちてたし、野良犬野良猫も多かった…(昭和のかほり)野良犬は劇的に減った、というかいなくなりましたね。自分が小学生低学年くらいの頃は、市街地でも野犬の群れというかグループが生息していた記憶がありますが。野良ねこはまだ見かけますけどね。でも野良ネコと見せ [続きを読む]
  • これから先どうなるのか。
  • 廃墟のような猫タワー。(だがしかし現役)柱に巻いてあるロープはほぐれ階段は外れ猫ベッドだったところはペチャンコのなんかになりだがこんなんなっても愛用者も多く見るからにゴミなんだけど、この先どうすればいいのか…とりあえず今日も明日も先延ばし。にほんブログ村-PR- [続きを読む]
  • 【世界の猫】豪華な長毛種の代表格「ペルシャ」
  • 野生のネコ科動物は、全て毛は短いか、中くらいの長さです。イエネコも短毛の方がほとんど。ではなぜ長毛のネコが誕生したのか?ロシアのような、気候が寒冷で暑い被毛が必要な土地で発達したとか突然変異によって自然発生したとか、色々言われているようです。ペルシャ猫の正確な起源については今も分からないということですが一般的なものは、名前からペルシャ(現アフガニスタン)が原産と考えられています。古くからいた土着の [続きを読む]