現状打破.com さん プロフィール

  •  
現状打破.comさん: 経営の現状打破
ハンドル名現状打破.com さん
ブログタイトル経営の現状打破
ブログURLhttps://ameblo.jp/genjyoudaha-keiei/
サイト紹介文中小企業経営者の現状打破ツール!現状打破.com
自由文中小企業経営者の為の現状打破ツール 現状打破.comブログ
運営サイト 
現状打破.com
http://www.genjyoudaha.com/
中小派遣会社はこうやって生き残る
http://www.sap-c.jp
株式会社ソリューション アンド パートナーズ
http://www.sap-c.co.jp
  
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/06/22 16:42

現状打破.com さんのブログ記事

  • 保育士の派遣求人2割増 時給、都内で100円上昇
  • 保育士の派遣求人2割増 時給、都内で100円上昇日経新聞  保育士の派遣求人が増えている。求人情報大手の案件数は前年に比べて2割以上多く、時給も上昇している。派遣労働は短時間の勤務も選べるため、結婚や出産で退職した保育士の円滑な再就労につながっている。 求人大手エン・ジャパンによると、同社のサイトに掲載する保育士の求人件数は7月時点で前年同月に比べ27%増えた。保育士の有効求人倍率は6月に1.94倍と、全 [続きを読む]
  • ネオキャリア 45歳以上に限定した派遣サービス
  • ネオキャリア 45歳以上に限定した派遣サービス 2017/8/17日経新聞 人材サービスのネオキャリア(東京・新宿)は8月中にも45歳以上に限定した派遣サービスを始める。職種は事務職を中心に警備や清掃など。人手不足を背景に人材確保のニーズはますます高まっており、同社は中高年層の活用に潜在需要があると判断した。 同社は2010年より派遣事業に参入した。これまでは20〜30代の人材が求められていた。しかし、事業を展開して [続きを読む]
  • 派遣社員 無期雇用に パソナやヒューマンHD
  • 派遣社員 無期雇用に パソナやヒューマンHD 日経新聞 パソナやヒューマンホールディングスなど人材派遣会社が相次ぎ派遣社員を無期雇用契約に切り替える。勤続年数5年超の有期雇用契約の社員は、2018年4月から無期雇用を会社側に申し入れることができるようになる。人手不足や働き方改革の加速で人材派遣需要が堅調ななか、貴重な人材を囲い込むことで競争力につなげる。 パソナは専門職として派遣する社員の対象職種を、1 [続きを読む]
  • 人材ビジネス ビジネスモデル報道
  • 先日の以下の記事ニーズの有無は別にして 業界内で話題にもなっていますが、記事を読む限り違法要素がありますね。新聞報道が常に正しいとは限りませんね。読む側に知識も必要ですね。――――――――――――――従業員を転籍、元の職場に派遣 リンクトブレイン 2017/8/5 日経新聞 人材派遣のリンクトブレイン(東京・千代田)は顧客企業の従業員を部門やプロジェクト単位で転籍させ、派遣社員として元の職場に送り込むサー [続きを読む]
  • Google、人材サービス市場を押さえる狙いか
  • Google、人材サービス市場を押さえる狙いか2017年08月03日 Ecommic News Googleの検索ボックスは日々進化している。商品の価格や旅行情報などが専用サイトよりもシンプルで的確に表示されるようになって久しいが、求人に関する検索についてもテコ入れを始めた。Googleが先日米国でリリースした「Google For Jobs」は、LinkedIn、Facebookなどのサイトに掲載されている求人情報をインデックス化し、シンプルなGoogle検索ボックス [続きを読む]
  • 均等・均衡へ作業部会 派遣業者ら参画し 大阪労働局
  • 均等・均衡へ作業部会 派遣業者ら参画し 大阪労働局労働新聞 大阪労働局(田畑一雄局長)は、「大阪労働局働き方改革推進本部」の下に、派遣労働に関する作業部会を設置した。派遣労働者の均等・均衡待遇確保に向け、処遇改善を図る。 同部会には、パナソニックエクセルスタッフ㈱などの管内の事務系派遣業の有志企業3社と連合大阪など3労働組合が参画している。 このほど開催した第1回会合では、均等・均衡待遇について [続きを読む]
  • トヨタ、裁量労働を実質拡大 一定の「残業代」保証
  • トヨタ、裁量労働を実質拡大 一定の「残業代」保証 2017/8/2 日経新聞日経新聞  トヨタ自動車は自由な働き方を認める裁量労働の対象を広げる方針を決めた。法律が定める裁量労働制の業務よりも幅広い事務職や技術職の係長クラスを対象とする新制度案を労働組合に提示。残業時間に関係なく毎月45時間分の手当を支給するほか月45時間を超えた分の残業代も支払う。政府で議論が進む「脱時間給」の要素を現行法の枠内で先取りする [続きを読む]
  • 正社員求人倍率、初の1倍超え=失業率2.8%に低下―6月
  • 正社員求人倍率、初の1倍超え=失業率2.8%に低下―6月日経新聞 厚生労働省が28日発表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント上昇の1.51倍となり、4カ月連続で改善した。1974年2月以来、43年4カ月ぶりの高水準。正社員の求人倍率は0.02ポイント上昇の1.01倍で、集計を始めた2004年11月以降初めて1倍を超えた。緩やかな景気回復を背景にパートら非正規社員だけではなく、正社員の人手不足感も急速に強まっ [続きを読む]
  • 違法残業1万272カ所 厚労省が是正勧告
  • 違法残業1万272カ所 厚労省が是正勧告産経新聞 厚生労働省は26日、月80時間超の時間外労働が疑われる2万3915事業所のうち、43%に当たる1万272事業所で違法な時間外労働を確認し、是正勧告を行ったとする平成28年度の監督指導結果を発表した。月100時間超の時間外労働が疑われる事業所を対象にした前年度に比べ、監督指導の数は大幅に増えた。 厚労省によると、違法な時間外労働があった事業所のうち [続きを読む]
  • 無期派遣 見極めて選択を
  • 無期派遣 見極めて選択を毎日新聞 派遣会社が無期雇用契約で労働者を採用し、企業へ派遣する「無期雇用派遣」が広がっている。登録型と違い同じ派遣先で長期間働けるうえ、派遣先企業との契約が終わっても、派遣会社から給料が払われるメリットがある。その一方で、派遣会社の説明や支援が不十分で退職につながるケースも。どんな働き方なのか。 人材派遣会社のアデコ(東京都港区)は昨年7月、事務系の無期雇用派遣「キャリ [続きを読む]
  • 非正規 雇用期限なしに・・・
  • 非正規 雇用期限なしにベルシステム24が2.2万人/高島屋3200人 人材つなぎ留め 日経新聞契約社員やパート・アルバイトなど期間を定めて雇用する非正規社員を、無期雇用の契約に切り替える企業が増えている。2018年4月から勤続年数で5年を超える非正規社員は無期雇用を申し入れできるようになり、対象は400万人以上に上る。4月を待たずに無期雇用を認めることで有能な人材を囲い込む動きが加速してきた。 13年4月に施行され [続きを読む]
  • 三井物、米国の医療人材派遣会社を100億円超で買収
  • 三井物、米国の医療人材派遣会社を100億円超で買収時事通信三井物産は5日、米国で看護師を中心とする医療人材派遣サービスを展開しているアカウンタブル・ヘルスケア・ホールディング(フロリダ州)を買収すると発表した。買収額は非公表だが、100億円を超えるとみられる。社会的ニーズが強い医療分野の派遣ビジネス拡充が狙い。----人材ビジネス専門コンサルティング株式会社ソリューションアンドパートナーズhttp://www. [続きを読む]
  • 「派遣」の社会保険適正加入 促進へ指導監督強化
  • 「派遣」の社会保険適正加入 促進へ指導監督強化2017年7月10日 大阪日日新聞 大阪労働局は派遣労働者の社会保険適正加入を促進するため、派遣元への指導監督を強化している。一部の事業者が派遣料金を低く抑えるために未加入にしているケースがあるためで、非正規労働者の処遇改善を目指す働き方改革の一環。2016年度は前年度比3倍の文書指導を実施し、本年度はさらに目を光らせていくという。 社会保険未加入の文書指導 [続きを読む]
  • 事務職派遣の時給が上昇、専門知識必要な分野が寄与
  • 事務職派遣の時給が上昇、専門知識必要な分野が寄与2017/6/28日経新聞 事務職派遣社員の時給上昇が続いている。人事やマーケティングなど専門知識が必要な分野の補充人員としてニーズが高い。企業の働き方改革の取り組みで一般事務職求人も増えてきた。受け入れ企業の人件費負担がさらに拡大しそうだ。 派遣求人広告大手のエン・ジャパンが運営する求人サイト「エン派遣」に掲載した5月の募集時平均時給は1529円と、前年同月か [続きを読む]
  • 最低賃金20円超上げへ 2年連続、脱デフレ促す
  • 最低賃金20円超上げへ 2年連続、脱デフレ促す 人件費増、中小は慎重姿勢 日経新聞 2017年度の最低賃金は、2年連続の20円超の引き上げとなりそうだ。昨年度の上げ幅は過去最高の25円で、これを上回るかが焦点となる。引き上げによって幅広い地域や業種で時給が上向く。一方で都市部ではアルバイト・パートの募集時平均時給が最低賃金を大きく上回っている。 厚生労働省は27日、中央最低賃金審議会を開き17年度の最低賃金の引 [続きを読む]
  • “外国人材”という成長分野、ビジネスチャンス獲得企業を追う
  • “外国人材”という成長分野、ビジネスチャンス獲得企業を追う<株探トップ特集>kabutan―人手不足深刻化で浮上する新分野、人材サービス企業に新局面― 少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少が続くなか、外国人材への関心が高まっている。厚生労働省の調査によると、2016年に日本で働く外国人は「専門的・技術的分野の在留資格」だけでも20万人を突破。政府の骨太の方針でも、「労働市場改革」の一環として、外国人材の大胆な [続きを読む]