石野 琢也 さん プロフィール

  •  
石野 琢也さん: 人材ビジネスブログ
ハンドル名石野 琢也 さん
ブログタイトル人材ビジネスブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/xtwu5z7s2
サイト紹介文中小派遣会社はこうやって生き残る 人材ビジネスブログ
自由文中小派遣会社はこうやって生き残る
HP http://www.sap-c.jp

中小企業の現状打破ツール 現状打破.com
http://www.genzyoudaha.com
株式会社ソリューション アンド パートナーズ
http://www.sap-c.co.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/06/22 16:56

石野 琢也 さんのブログ記事

  • コンビニに無人レジ 大手5社
  • コンビニに無人レジ 大手5社流通業を効率化 ICタグ一斉導入 日経新聞 セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートなど大手コンビニエンスストア5社は消費者が自分で会計するセルフレジを2025年までに国内全店舗に導入する。カゴに入れた商品の情報を一括して読み取るICタグ(総合2面きょうのことば)を使い、販売状況をメーカーや物流事業者と共有する。深刻化する人手不足の解消を狙うとともに、流通業界の生産性向上 [続きを読む]
  • 働き方改革 正社員が担う業務引き受けるサービス拡大
  • 働き方改革 正社員が担う業務引き受けるサービス拡大4月9日 NHK企業の間で労働時間の短縮を目指す動きが相次ぐ中、人材派遣会社などは専門知識を持った人材の派遣など、これまで正社員が担ってきた業務を引き受けるサービスなどを拡大しています。東京・新宿区にある主婦専門の人材派遣会社「ビースタイル」は、データ入力や営業支援などを行う人材に加えて、4年前からは高度な専門知識や経営能力を持つ人材を派遣する事業を始め [続きを読む]
  • ローソン、全国に人員派遣 今秋メド
  • ローソン、全国に人員派遣 今秋メド 2017/4/5 日経新聞  ローソンはコンビニエンスストアの加盟店に従業員を派遣するサービスを今秋メドに全国展開する。加盟店の要請に応じ研修を受けた従業員をローソンが派遣する。都内1カ所だった従業員を派遣する拠点を全国17カ所に増やす。人手不足感がコンビニ業界にも波及するなか、加盟店が従業員を安定的に確保できる体制を整える。同業他社も対策を講じ始めた。 グループの人材派 [続きを読む]
  • 『いわゆる事前面接』認めるべきと経団連
  • 『いわゆる事前面接』認めるべきと経団連エコノミックニュース 日本経済団体連合会は労働者派遣法で労働者派遣(紹介予定派遣を除く)の役務の提供を受けようとする者は派遣契約の締結に際し、派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならないとしている規定について「入職後のミスマッチを防ぐため、派遣契約の締結にあたり、派遣先が派遣労働者を特定することを目的とした面接等を行えるようにすべき [続きを読む]
  • 無期雇用派遣広がる テンプHDなど、法改正に対応
  • 無期雇用派遣広がる テンプHDなど、法改正に対応2017/4/4 日経新聞テンプホールディングス(HD)は3日、業務経験のない人を対象に契約期限のない無期雇用の派遣サービスを始めた。まず1年で300人弱を採用する。中堅のネオキャリア(東京・新宿)も4月から無期雇用派遣を開始。2015年9月末施行の改正労働者派遣法で派遣期間の制限が強化されたのを受け、無期雇用型のサービスが広がっている。 無期雇用派遣は派遣会社が派 [続きを読む]
  • 働き方改革実行計画案 報道記事
  • 2017/03/29長時間労働に法規制 派遣も同一待遇 政府決定毎日新聞2017年3月29日 政府は28日、「働き方改革実現会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、2017年度から10年間に実施する施策を盛り込んだ「働き方改革実行計画」をまとめた。政府は秋の臨時国会に関連法案を提出し、2019年度施行を目指す。 同一労働同一賃金では、時間外労働の割増率や各種手当に関しては同一の支給を求めた。一方、基本給では業績や能力 [続きを読む]
  • 派遣業界における2018年問題
  • 派遣業界における2018年問題・・・・年問題! どの業界でもよくつかわれるよく使われる言葉ですが、派遣業界においては・・・2018年問題!です。*労働契約法における有期契約社員の無期雇用義務化が2018年4月1日以降始まります。 派遣業界以外の有期契約社員を雇用する会社は全てその対応、対策が必要です。 まだまだ有期雇用社員が多い派遣業界はその代表例です。 無期雇用化に伴う様々な雇用責任! 持ちたくはないけど、人 [続きを読む]
  • 正社員との待遇格差、説明を義務化 働き方改革の骨子案
  • 正社員との待遇格差、説明を義務化 働き方改革の骨子案朝日新聞 政府の働き方改革実現会議が17日開かれ、月内にまとめる「働き方改革実行計画」の骨子案を示した。非正社員の待遇改善を図る「同一労働同一賃金」の実現に向けた関連法の改正案に、正社員との待遇格差について働き手に説明する義務を企業に課すことが盛り込まれた。 政府は今月末に開く実現会議で実行計画をとりまとめ、計画の内容に沿った労働契約法、パートタ [続きを読む]
  • NTT、正社員向けを非正規にも 4月に手当新設
  • NTT、正社員向けを非正規にも 4月に手当新設2017/3/15付日本経済新聞 朝刊 NTTは正社員に限定していた手当を非正規社員にも広げる。正社員向けに支給していた月3500円の食事手当を廃止し、フルタイム勤務の非正規社員も対象に含めた「サポート手当」を4月に新設する。月額は3500円。約4万人の非正規社員が受け取れるため会社側の負担は年60億円程度増す。 KDDIも非正規の契約社員に支払う賞与を積み増す。 両社が [続きを読む]
  • 残業上限 繁忙期は「100時間未満」 首相要請で労使決着
  • 残業上限 繁忙期は「100時間未満」 首相要請で労使決着2017/3/14付日本経済新聞  政府が進める働き方改革(総合2面きょうのことば)の柱である残業時間の上限規制を巡り、繁忙月に例外として認める残業を「100時間未満」とすることが固まった。安倍晋三首相が13日、首相官邸で経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長と会談して要請。労使ともに受け入れる方針で、政府は月内に非正規の待遇改善策なども盛り込んだ実行計画 [続きを読む]
  • UTグループ、労働者派遣事業のタイト・ワークを約18億円で買収
  • UTグループ、労働者派遣事業のタイト・ワークを約18億円で買収 関西地域拡充へM&Aタイムス製造分野へのエンジニア・設計開発技術者の派遣・請負などを行うグループの持株会社であるUTグループ【2146】は、関西地方で人材派遣を手掛けるタイト・ワークの全株式を取得し、 子会社化すると発表した。なお、取得金額は約18億円。UTグループは、主要顧客である国内製造メーカーを中心に派遣及び請負事業を行うことにより、良質な雇用 [続きを読む]
  • 富士通、全社員3.5万人に在宅勤務制度 回数制限なし 4月から
  • 富士通、全社員3.5万人に在宅勤務制度 回数制限なし 4月から 日経新聞 富士通は28日、自宅などオフィス以外でIT(情報技術)を使って仕事ができる「テレワーク制度」を4月に導入すると発表した。本体の全社員3万5000人が対象。上司の許可があれば何回でも利用できる。国内では最大規模の導入となり、働き方改革が企業の間で一段と広がってきた。 4月21日に導入する。営業やシステムエンジニア、管理系部門など本体の全社 [続きを読む]
  • 雇用保険の対象を拡大 厚労省、週合計20時間勤務で適用に
  • 雇用保険の対象を拡大 厚労省、週合計20時間勤務で適用に 2017/2/21日経新聞 厚生労働省は雇用保険の適用を受ける人の範囲を広げる。いまは1つの会社で週20時間以上働く人が対象だが、複数の会社に勤務していても失業手当をもらえるようにする。兼業や副業で仕事を掛け持ちする労働者の安全網を手厚くして、柔軟な働き方を後押しする。来年にも国会に関連法の改正案を提出する。 雇用保険の失業手当は、働く人が職を失った場合 [続きを読む]
  • テンプHDの16年4〜12月期、純利益18.6%増150億円
  • テンプHDの16年4〜12月期、純利益18.6%増150億円 2017/2/13 日経新聞 テンプホールディングスが13日に発表した2016年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比18.6%増の150億円となった。売上高は前年同期比14.3%増の4295億円、経常利益は前年同期比22.8%増の257億円、営業利益は前年同期比21%増の252億円だった。 派遣・BPOセグメントにおいては、利益面で、業容拡大に伴う人件費の増加や派遣労働者及び従業員の社会保険料に [続きを読む]
  • 人手不足 シニア、外国人活躍 定年後再雇用/実習生受け入れ
  • 人手不足 シニア、外国人活躍 定年後再雇用/実習生受け入れ毎日新聞2017年1月27日   スーパーマーケット各社がシニア層や外国人雇用を拡大している。パートなどの人手不足が深刻化しているからだ。シニア雇用では健康条件などをクリアすれば75歳まで働けるスーパーが登場。外国人雇用では技能実習制度を活用し、東南アジアや中国からの人材受け入れが活発化している。【浜中慎哉】 「人手不足が進んでおり、シニア層は貴 [続きを読む]
  • 入社初日から有給休暇を 法改正提言へ
  • 規制改革部会 入社初日から有給休暇を 法改正提言へ毎日新聞政府の規制改革推進会議の人材作業部会は24日、有給休暇を勤務開始日から取得できるようにすることを会社に義務づけるよう労働基準法を改正すべきだとの意見をまとめた。近く推進会議で正式に決定し、厚生労働省に提言する。  現行法では「使用者は6カ月継続勤務した労働者に対して10日の有給休暇を与えなければならない」と規定しており、会社は入社半年未満の社 [続きを読む]
  • <残業>「月80時間」上限、政府調整 19年度導入目標
  • <残業>「月80時間」上限、政府調整 19年度導入目標毎日新聞  政府は、長時間労働の是正策として検討している残業時間の上限規制について「月80時間」を軸に調整に入った。1カ月単位だけでなく半年や1年などの期間でも規制を設け、この場合は「月平均45時間」などとする案が出ている。政府の働き方改革実現会議の労使メンバーらの意見も踏まえて今国会か今年の臨時国会に労働基準法改正案を提出し、2019年度から [続きを読む]