ぽー さん プロフィール

  •  
ぽーさん: いつも感謝で
ハンドル名ぽー さん
ブログタイトルいつも感謝で
ブログURLhttps://ameblo.jp/poe921/
サイト紹介文アトランタ在住。未亡人、子どもは一姫二太郎。韓国ドラマ、家族のことが主な内容。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/06/22 21:20

ぽー さんのブログ記事

  • 幸運な娘と幸運な母
  • 私の娘は今年で28歳になる。彼女に出会ったのは、彼女がまだ3歳の時だった。3歳のわりには背が高く、おとなしい女の子だった。 私にとっては初めての子育て。だから最初はどうしてよいかわからなかった。 息子が生まれてからも、更にどうやって育ててよいか、わからなくなってしまった。 そんな情けない親なのに、娘は私の言う事をよく聞き、反抗期はあったが、それでも子ども達の中では、一番手のかからない子だった。 [続きを読む]
  • 幸運な娘と幸運な母
  • 私の娘は今年で28歳になる。彼女に出会ったのは、彼女がまだ3歳だった。3歳のわりには背が高く、おとなしい女の子だった。 私にとっては初めての子育て。だから最初はどうしてよいかわからなかった。 息子が生まれてからも、更にどうやって育ててよいか、解らなくなってしまった。 こんな情けない親なのに、娘は私の言う事をよく聞き、反抗期はあったが、それでも子ども達の中では、一番手のかからない子だった。 娘は [続きを読む]
  • 36回目の想い
  • 土曜日の夜10過ぎに、私と末っ子は他州から帰宅。この日は精神的肉体的に、二人ともボロボロだった。 翌朝8時半過ぎには起き、ドッグシッターの所へ預けられている愛犬を引き取りに行く。 愛犬を家に降ろし、そのまま食料の買い出し。よく食べる息子達のため、数日分カート一杯に買う。 家に帰り洗濯をしながら末っ子の様子を見るとベッドに寝ていたはずの彼が、床の上に寝ていた。 体調が悪そうだったから、熱を測るが平 [続きを読む]
  • ぽーおばちゃんの8月近況報告
  • 長い間のブレイク。ブログを更新しなかったのは、理由がある事にはある。それは以下の通り。 末っ子は足の怪我で、テニスの試合に出ても負け、試合もあまり出なくなる。仕事も毎日残業続きで、帰宅も就寝も遅くなった。 私生活でも上手くいかない。婚活は誰と会っても長続きしない。それは私がMSが好きだからだ。だから他の人に会っても、気持ちが傾かないのは当たり前。 だから結局はMSと細々とまだ付き合いを続けている。な [続きを読む]
  • 生活の変化
  • 現在息子達は、我が家から八時間以上離れた遠くの州へ試合遠征でいない。だから家へ帰っても私と愛犬の二人ぽっち。 一人だから夕食は何でもいいし、誰にもあれこれ言わなくてもやりたい事をやればいい。 いつかはこんな日がやってくるんだろうなとじみじみ思いながら、いっそう身を固めたくなる。 上の息子が帰って来て、やはり生活が少し変わった。朝は前より早めに起きて、三人分の弁 [続きを読む]
  • 慣れと普通のデート
  • いつもMSはご近所さんから頼まれ事がある。数週間前はテレビの取り付け。工具が合わなくて時間がかかった。それで彼は待ち合わせの時間に遅れ、おかげで私は長時間待たされた。 今回はご近所さんを電車の駅まで迎えに行き、彼らの家まで連れて帰る事を頼まれていた。そしてまた私は1時間以上スタバで待ったわけ。 飛行機の到着が遅れて、帰ってくるのが遅くなったらしい。いつものように私に連絡な [続きを読む]
  • 家族との初対面
  • 今日はいつもの土曜日。とりあえずいつものように、MSとデートの予定。初めてスタバを離れて、二人でダウンタウンへ行く予定。やっと付き合っている感じになると嬉しいんだけどな。 数週間前にMSが家族に会った。平日だったから彼は仕事で、約束の時間より10分遅れて来た。それでもいつもより早め。遅刻魔の彼だけれど、やはり彼なりに気を使っていた。 彼からテキストがきたから、レストラ [続きを読む]
  • 息子の成長
  • 上の息子が帰ってきた。最低でも後約1年間、我が家で過ごす予定だ。 彼はとても頼りになる。何でも直してくれるし、車のメンテもしてくれる。そして母子家庭の中に大人の男性が一人いる事は、安心して生活する事ができる。 彼は私の若い頃と違う。数日前の週末に家族でニューヨークの街を歩いてた時、川縁に船舶しているボートで、若い男女のパーティーが行われていたのを見る。 多くの [続きを読む]
  • 一区切り
  • 人生の一区切り。また一人、子育てが終わる。息子が五年間の大学生活を終えた。 長いと思った五年が、あっと言う間だった。年を重ねる程、そのように感じるのだろう。 何かを得たような、でも何かを失ったような、複雑な思いがある。それでも感慨無量と感じるから不思議だ。 彼は本当に良く頑張ったと母は思う。遊ぶよりも学業に多くの時間を費やした。 この良い経験が、彼のこれからの糧 [続きを読む]
  • 7ヶ月
  • 昨日もMSをスタバで待った。私の待ち時間記録は伸び、今は1時間半を越える事もある。 週末以外に連絡しないは、会う度に長時間遅刻をするは、他の人からみると付き合うのを止めた方が良いと言われそうだけど。 これまでいろいろな話を彼と長時間にかけてしてきたが、それは多方面に渡っての話だった。でも最近は自分たち自身の話を多くしている。 彼は一つの事を話始めると、その事につ [続きを読む]
  • 少し解ってきた
  • MSと出会って、六ヶ月と半月経った。婚活を始めてから、三ヶ月以上続いた事がなかった飽きっぽい私が、今回は良く続いていると思う。 理由は二つある。 一つは彼は私にとって、初めて惚れ過ぎてしまった人物。俳優に惚れ過ぎる事はあっても、飽きっぽい私は実際に、この二年間で長くて三ヶ月。 出会った時の激惚れは、このブログにも載せている。あの時は感動したものだ。 それから何度も [続きを読む]
  • 耳掃除は愛情表現
  • どこから耳掃除の話なんて・・・。と思うだろうけど、これって愛情表現の一つだと、私は思っている。 私は人を好きになると、その人の耳掃除をしたくなる。 アメリカ人の夫にとって、私と結婚してからが耳掃除は初めての経験。 三度の食事よりも、夫婦の愛情行為よりも、彼は耳掃除が好きだった。 二人が喧嘩をしている最中、私が耳掃除をしてくれないと、友達に電話で愚痴っ [続きを読む]
  • 出会えた奇跡
  • 先々週の日曜日にMSに会った時の事。 幼少時代の話を聞いた。彼は妹と二人で、母親の自殺未遂を目の当たりにしていた。 彼はそれを飄々と私に言い、何事もなかったように話を続けたのだった。 いつもそうだった。彼の傷付いた時の話を聞くと、自分の中で彼は解決をしてしまい、傷付いてないかのように振る舞う。 そんな彼の性格を知ってしまったから、その話しを聞いて余計に私の心は締め [続きを読む]
  • ラビリンス
  • <ラビリンス(迷路)>1. 迷いやすい道。入り込むと迷って出られなくなるような道。 私はラビリンスに迷い込んでしまった。同じところをぐるぐる何度も回っているようだ。 先週の土曜日のこと。午後からは何もなく、家で料理をしたり、韓ドラを観たりしていた。 午前中の新しい出会いにあまり満足していなかった私は、出会いサイトを見始める。そしてそこでなんと見つ [続きを読む]
  • 無名俳優の正体
  • 日曜日の朝に会うのは、マーカスの案だった。誰もいないレストランの駐車場で、私は待ち合わせ時間前に到着。彼はそれから40分して、黒い大きなベンツでやってきた。酷い渋滞だったのは良く知っていたから、私は怒ってはいなかった。でも初めて会う日だったから、もしかして来ないかもと思っていた。電話とテキストだけの関係で、二週間以上も続いていた。濁声で何を言っているか聞こえ難く、会話の流 [続きを読む]
  • ぽーおばちゃんはどこへ
  • 最初にメッセージを送ったのは、これで人生三度目の私からだった。マーカスは随分前から、出会いサイトの私のお気に入り欄に、入れていた人だった。 メンクイの私が選んだのだから、もちろん見た目は良い方(たぶん)。でも実は私の好みではない。それは顔の部品がはっきりし過ぎだから。彼の顔は簡単に絵にかけるだろう。 身長は183cmで普通。体型もがっしりだが普通。性格はコメディアンのよう [続きを読む]
  • 私は何をしているのだろう
  • 自分のブログを読んでみて、私は一体何をやっているのか、自分自身が良く理解できない。本当に情けなくなる。結局は相手に流され、複雑化させてしまっている。 さてMSとは前回の記事を最後に、あれから未だ会っていない。会っていないならまだしも、連絡も何も無い。 二十年来の友達数人と、旅行に行くのは知っている。帰ってきたら連絡をすると、彼は電話で言い残した。私はそれを待っ [続きを読む]
  • 振り出しに戻る
  • 土曜日に三週間ぶりに、MSにいつものスタバで会う。先週末にも約束をしていたが、息子が試合に勝ち続け、帰りが遅くなり会えなかった。 この時は結構疲れていて、彼の話にも集中できず、彼自身も普通のおっさんに見えた。こんな時もあるのだろう。「僕は君を退屈にさせている。」と彼は悲しんでいたが。(笑) だから早めに話を切り上げた。と言っても午後2時から10時まで、スタバで話をしていた [続きを読む]
  • 五十代の混乱恋愛劇
  • この半月の間、私の五十代恋愛劇は、また混乱状態に陥った。とりあえず一通り落ち着いたから、記録しておこう。 私が返信してこないでとテキストで送ったから、もちろんMSからは何もなし。彼はそう言う事はキッチリ守る人。そう言うところが良いところでもあり、嫌いなところでもある。 さて彼氏に決定したマーク。13日の夜に電話がかかってきて、その翌日から音信不通になった。理由が全く [続きを読む]
  • 別れ
  • 結局土曜日は、私が連絡をしなかったから、MSは友達の家へ行ったらしい。彼自身からは私には連絡はなかった。それで私は決めた。日曜日の朝に、私は彼にテキストを送る。「やっと貴方を手放す決心をしたの。貴方の気持ちに気付くまで、時間がかかってごめんなさい。もう次に進む事にしたわ。これまでいろいろありがとう。返信は必要ないから。」私の人生で自分から言って男性ときっぱり別れるのは、これが初めてかもしれない。で [続きを読む]
  • いつもとは違う土曜日
  • いつもの土曜日。今日も私はスタバにいる。いつものように抹茶ラテを飲み、いつものようにパソコンに向かう。でもいつもと違うのは、今日は誰も待っていない事。先週の決断でその意思を貫こうと、とりあえず今日会うのは止めた。昨日遅くまで起きていたのに、どうしても早く目が覚めてしまう。先週観始めた韓ドラを2時間くらい観ただろうか。昨夜作った青梗菜と豆腐の炒め物をたんまり食べながら、韓国ドラマを観てピュアな愛に [続きを読む]
  • とりあえず決断
  • いつものように土曜日がきた。そしていつものようにMSとスタバで会う。しかし今回はいつもと違う。何故かと言うと、いつものスタバが満員だった。二人でそこから5分離れた他のスタバへ移動する。会うまで緊張していた気持ちは、スタバを移動した事で和らぐ。そしてこの日の話はこれまでにはないダンスの話。彼は高校生の時に、ダンサーまたはアクターになりたかったらしい。卒業する時には、その年のベストダンサーと皆に呼ばれ [続きを読む]
  • 決断の日
  • 今週の火曜日に、マークからのテキストで「会いたい」と入ってきた。日曜日に会えなかったから。水曜日に会おうと返信したがどちらの日も仕事が忙しく、結局昨日の金曜日に会う。どのように彼を表現するとよいのだろう。大きな柔らかいシーツ。温かくも寒くもない、丁度良い5月の陽気。まだ付き合い始めて、一ヶ月も経っていない。だから顔を見つめられると、未だに恥ずかしくなる。だけども何もしなくても、気持ちが落ち着く人 [続きを読む]
  • 友達になれるように
  • MS = 友達マーク = 彼氏この設定に確定させた私。金曜日に仕事が終り、マークに会いに行った。三時間後くらいに、彼の職場から電話が入り、上司の彼は仕事に行く事になる。日曜日に映画を観に行く事を約束し、私達は別れたのだった。翌日の土曜日に歯科へ行き、顔半分が麻酔でしびれたまま、午後2時にいつものようにMSとの待ち合わせのスタバへ。ちょうど妹と電話の途中に、彼がスタバへ入ってきた。軽くハグを済ませて、コーヒ [続きを読む]
  • 三ヶ月の恋
  • 婚活を初めてそろそろ2年。何人の人と付き合ったのだろう。ブログを読み返すと結構な人数がいたような気がするが、数回だけ会った人を除くと6人の男性と付き合った事になる。 そしてその6人は、皆三ヶ月で終っているのだった。そしてその6人目には、MSが入っている。彼との場合は途中で、最低でも3回は別れようと思った。 そして私達の別れはお互い相手への気持ちが残ったまま。だから全て中途 [続きを読む]