MOTO さん プロフィール

  •  
MOTOさん: 3Dアクアテラリウム
ハンドル名MOTO さん
ブログタイトル3Dアクアテラリウム
ブログURLhttp://moto184.blog10.fc2.com/
サイト紹介文立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ
自由文広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/06/23 20:55

MOTO さんのブログ記事

  • 京都の新しい顔
  • 本格的に暑い季節がやってきた。晴天の休日も出掛ける意欲が失せてしまう。幼い頃は、夏は大好きだったが、歳を重ねる度に受け入れられない条件が増えてくるものである。出来れば、冷房を完備した設備の中で過ごしたいので、適度な距離の京都に足を延ばし、冷房の利いた屋内施設である「京都水族館」に嫁さんと出掛けることにした。水族館は昔から結構好きで、過去に「アクアパーク品川」「海遊館」を訪れ記事したこともある。京都 [続きを読む]
  • 青丹よし 紫陽花とお地蔵様の寺
  • 梅雨の季節になり芳しくない天候の日が続く。憂鬱な季節であるこの時期に出掛けるのは億劫ではあるが、一昨年は城北菖蒲園の花菖蒲、昨年は宇治市の三室戸寺のあじさいを観に出掛けた。【城北菖蒲園】(交差法)(平行法)【三室戸寺 アジサイ庭園】(交差法)(平行法)この時期だからこそ満喫できるものもあり、梅雨から真っ先にイメージされるあじさいの色彩は、滅入った気分を払拭してくれる。今年は、昨年と同じくあじさいを観に出掛 [続きを読む]
  • 天空の聖地
  • ゴールデンウイーク期間中、天気予報で晴天の日を選んで、以前から訪れたいと思っていた高野山に嫁さんと出掛けることにした。ゴールデンウイークには毎年日帰りでどこかに出掛けており、一昨年は大学最終年度の息子も一緒に伊勢神宮を訪れたが、昨年は“ギックリ腰”でどこにも行けなかった。ゴールデンウイーク期間はどこでも人が多くてごった返すものだが、高地で涼しい高野山で日頃の運動不足を解消するべく、ウォーキングの絶 [続きを読む]
  • 近江商人発祥の地の“まちづくり”
  • ゴールデンウイークを直前に控えた快晴の休日、嫁さんと滋賀県近江八幡市に出掛けようと決めた時、既に午後の時間帯になろうとしていた。思いつきで決めた場所なので、いつもの如く殆ど予備知識も無いまま、大雑把なガイド紙だけ持参して出掛けた。JR大阪駅から新快速に乗車して運良く座席に座ることができ、京都を通り過ぎて滋賀県に至り、琵琶湖に近づく地域に達すると刻々と景色が変化することに気付く。山に囲まれた平坦で広 [続きを読む]
  • INDOORな春の日
  • 季節の変わり目に風邪を引いてしまった。休日の天気の良い日でもなかなか外出する気になれない。少し体調が良くなった休日には天候が悪く、結果的に花見日和としても京橋方面に出掛けた際、大阪城公園の桜の花を堪能する程度に留まった。大阪城公園には散り際の桜を観る人で賑わっていたが、雨が降ったり止んだりの生憎の天気で、昨年の須磨や一昨年の桜ノ宮の通り抜け、二年前の吉野など、桜の名所の探訪記を記事にしてきたが、例 [続きを読む]
  • 馳走に舌鼓
  • 伯父(父の兄)が描いた尾道風景水彩画 ※画の真中方面に私の実家がある。父は入院中、枕元にいつもこの画を飾っていた。先日、故郷の尾道で、父の七回忌の法事を催した。三回忌の際には、「千光寺山荘」で尾道市街地を見下ろす絶景を堪能しながら食事した。千光寺山荘では、その後、母の喜寿の祝いに我々夫婦と息子と共に四人で宿泊したこともあった。この度の七回忌では、尾道に住む親父の兄夫婦と昨年一緒に広島東洋カープの優 [続きを読む]
  • 歴史巡礼 天王寺七坂
  • 昨年の秋頃、大阪の中心部を南北に走る上町台地に位置している歴史跡地や古戦場を巡り、真田丸をメインにした記事に纏めた際、機会があれば、真田信繁が最期を迎えた天王寺口の戦いの場所周辺も是非とも訪れてみたいと考え、いつものように健康のためのウォーキングも兼ねて、天王寺七坂を巡るコースを散策することにし、休日の午後、嫁さんと地下鉄で谷町九丁目に向かった。上町台地の西側、天王寺区の谷町筋と松屋町筋の間にある [続きを読む]
  • 魅惑のアート「神の手●ニッホ゜ン展」
  • 正月休み期間にあべのハルカス近鉄本店 ウイング館近鉄アート館で、1月2日〜9日の期間で開催された「神の手●ニッホ゜ン展」を訪れた。人間技とは思えない“神の手”を持つといわれる日本人アーティストの合同展覧会は、現代のセンスとフィールドで意欲的に創作活動を行ってきた作家たちの作品が一堂に集められ、アーティストの高度な技術に裏打ちされた作品群に、日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさが感じられる展覧 [続きを読む]
  • 歴史巡礼 上町台地
  • 休日の午後、嫁さんと一緒に大阪市内の森ノ宮〜玉造界隈にある歴史の跡地を巡る散策に出掛けた。現在、NHKの大河ドラマ「真田丸」は、私は観ていないが、“時代劇”好きで特に戦国時代に詳しい嫁さんは、毎回欠かさず録画して観ている。私の方は昔から連続ドラマを観ることが苦手で、大河ドラマのように一年で完結する番組など、なおさら観る習慣が無い。一方で、歴史解説番組などは興味深く観ることが多い。街を実際に歩いて探 [続きを読む]
  • 魂の伝承
  • 先日、広島市街地で催された優勝パレードを訪れた。一昨年、マツダスタジアムで一緒に観戦した安佐南区の住む叔父さんと待ち合わせし、平和記念公園の平和大通り沿いでパレードを見守った。優勝パレードは、西観音町電停東交差点東側から鶴見橋西詰までの約3kmをオープンカーとパレードバスで走行する。晴天の青空に中継のヘリコプターが7機飛び交い、地元のすべての民放テレビ局がパレード生中継番組を放映すると云う。想像を [続きを読む]
  • 晴れの暁
  • 我が広島東洋カープが1991年(平成3年)以来25年振り7回目の優勝を果たした。独立採算企業としてカープを経営する株式会社広島東洋カープは、マツダの創業一族の松田元氏が42.7%を保有する筆頭株主としてオーナーを務め、マツダ本社も34.2%の株を保有するが経営には携わっていない。特定の親会社を持たず、セ・パ12球団で最も優勝から遠ざかっていた“市民球団”は、様々なハンディを乗り越え、四半世紀振りに悲 [続きを読む]
  • 安芸の夏(世界遺産編)
  • 我が広島東洋カープが25年振りに悲願の優勝を達成しそうな気運が高まり、前回の記事の通り、有給休暇を取得して野球観戦をメインに広島を訪れ、嚴島神社のある宮島と原爆ドームのある平和記念公園という二つの世界遺産を巡るコースを計画することにした。まずは計画の軸となるマツダスタジアムでの野球観戦は、8月5日(金)対 読売ジャイアンツ戦のチケットを予約し、8月4日(木)宮島に宿泊し、8月6日(土)の71回目の [続きを読む]
  • 梅雨の宇治花巡り
  • 宇治市は京都府の山崎地方にある都市であり、宇治川の風情ある渓流と、河川敷の織り成す新緑と文化財の美しさは、京都とは違った趣きが感じられる観光スポットである。以前、宇治を訪れた時は、平等院 鳳凰堂が平成修理期間だったので入場することを諦め、宇治上神社や琴坂と称する参道が美しい興聖寺などを散策した。今回、梅雨の花である紫陽花を観るために“あじさい寺”で知られる三室戸寺と前回の宇治訪問で鳳凰堂を観ること [続きを読む]
  • 悠久の刻が流れる法隆寺
  • 休日に未だ訪れたことのない奈良の法隆寺を嫁さんと一緒に訪ねることにした。自宅から徒歩20分所要のJR放出(関西以外の人には判り難いと思うが、“ハナテン”と読む)から、おおさか東線を利用すれば、1時間内にJR法隆寺駅に着くほどの近さにあるということが意外であった。普段から放出駅は滅多に利用しないが、折角の機会なので、駅近辺の店で昼食を食べることにし、テレビでよく取り上げられる「お好み焼き 陽風み」を [続きを読む]
  • “第二の心臓”の活性化
  • 自宅のパソコンは和室に設置しており、ブログ記事を作成するときなどは、同じ姿勢で座椅子に座り、かなり長時間過ごすことも多くなっている。購入後3年以上経過した座椅子は、相当形が崩れてきており、座り心地も思わしくないので新しく買い換えることにした。一方、以前から肩が凝る傾向があり、最近、顕著に酷くなった気がする。長時間、座椅子で同じ姿勢では、更に悪影響を及ぼすと考え、買い換える際、座椅子に取り付けること [続きを読む]
  • 海と花の景勝地
  • 4月の休日に花見の計画を立てた。昨年は近場の「造幣局 桜の通り抜け」を訪れ、その前年は、奈良の「吉野山」を訪れた。どちらもその場所でしか味わえない、実に印象的な花見であった。さて今年は、大阪から西の方面に出掛けてみよう、ということになり、嫁さんと一緒に神戸市須磨区を訪れることにした。須磨には過去に何度も訪れたが、訪問目的はすべて「神戸市立須磨海浜水族園」であった。大阪から、山陽電鉄 須磨浦公園駅を目 [続きを読む]
  • 歴史浪漫 江戸〜東京
  • この4月から社会人となる一人息子が都内で引っ越ししたので、先般、嫁さんと一緒に現地を訪れ、身の周りの生活用品の購入などを手伝った。息子の新天地となる江戸川区の船堀には、1999年(平成11年)3月にオープンした「タワーホール船堀」がある。高さ115mのタワーの展望室からは、都内全域が一望できる360°のパノラマを堪能できる。(交差法)(平行法)(交差法)(平行法)(交差法)(平行法)(交差法)(平行法)(交差法)( [続きを読む]
  • 聖地巡礼 球場物語
  • 広島出張での前回の記事に続き、広島市内中心部、原爆ドームから路面電車が通る相生通りを挟んだ向かい側に位置する旧広島市民球場跡地を訪れた。球場跡地と相生通りの間に、“勝鯉の森”という一角があり、セントラルリーグ優勝記念碑と日本選手権シリーズ優勝記念碑が並び、その右側には、衣笠祥雄 世界新記録(2131試合連続出場)達成記念碑が佇む。(交差法)(平行法)(交差法)(平行法)優勝記念碑には、優勝年月と勝敗戦績が [続きを読む]
  • 復興と平和のシンボル
  • 先日、出張で広島を訪れた。広島駅新幹線改札から南口に続く通路が新しく開発され、改札口近くの真っ赤なカラーのマツダのロードスター(MAZDA ROADSTER S Special Package)の展示が広島に到着したことを実感する。南口を出た風景は、駅前Bブロック再開発「シティータワー広島」、東側のCブロック再開発「グランクロスタワー広島」が各々工事中で、嘗てない建設ラッシュの様相を呈している。中区大手町の取引先を訪れた後に時間 [続きを読む]
  • MOTO's Museumの見どころ
  • 風邪を引いてしまった。熱はないのだが、鼻水と喉の痛みが長引いて、何処にも出掛ける意欲がない。従ってブログ記事も滞り、挙げ句の果てにブログ更新が一ヶ月を超過し、ペナルティーの広告が貼り付いてしまった。昨年、ページネーションを設定して以来、プラグイン(当ブログ左側のブロクパーツなどの設定)が不安定になり、記事の下側に位置する不具合が生じている。この状況を打破するには、ブログ記事をアップロードするしかな [続きを読む]
  • 至福の播磨国探訪記(赤穂温泉・明石海峡大橋編)
  • 午後3時過ぎに姫路から宿泊地である播州赤穂へ向かうため、大手門通りを戻り姫路駅に到着すると駅構内は騒然としていた。切符の自動販売機は使用不可となっており、駅員を囲むようにして大勢の人が足止め状態にあった。何があったのかは判り得ないが、対応する駅員自身も詳細を把握していない様子で、次々と浴びせられる質問には「情報が判り次第、お知らせします」と繰り返すだけだ。果たして播州赤穂まで辿り着けるかどうかも判 [続きを読む]
  • 至福の播磨国探訪記(姫路城・好古園編)
  • 旧年中は当ブログへご訪問戴きましてありがとうございました。本年も宜しくお願い申し上げます。昨年の3月に兵庫県赤穂市を訪れた際に食べた牡蠣の味が忘れられなく、次回赤穂を訪れるときには赤穂温泉に一泊して心行くまで牡蠣を食べようと心に誓った。その際は、平成の大修理が完了して美しい姿が再現された世界遺産の「姫路城」を訪れてから赤穂入りするよう計画を立てることにした。姫路城は週末では著しく混雑することも予測 [続きを読む]
  • 中之島リバーサイドレビュー
  • 先般、大阪の巷で話題の「中之島漁港みなと食堂」がテレビで放映されていたのを観て、一度訪れてみたいと思い、休日の朝に嫁さんと一緒に訪れてみることにした。「中之島漁港みなと食堂」は大阪市営地下鉄 中央線の阿波座駅から徒歩11分の川沿いに位置する場所にあり、阿波座駅は毎日の通勤路の最寄駅である本町から一駅先の駅なのだが、奇しくも下車するのは今回が初めてとなる。(交差法)(平行法)(交差法)(平行法)私の勤務地で [続きを読む]
  • 倭は国の真秀場
  • 休日に仕事の都合で朝の7:00に所用ができ、すぐに用件は完了した。せっかくの早起きで天気も良かったので、嫁さんに電話してこのまま一緒に出掛けることにした。待合せた場所でコーヒーとモーニングサービスの朝食を済ませ、そのまま近鉄大阪線で奈良県桜井市を目指し、近鉄 桜井駅からはJR桜井線(万葉まほろば線)に乗り換え、一駅目の三輪駅で下車した。ここから、山の辺の道のスタート地点と設定し、約15kmの道程を [続きを読む]