narimichi さん プロフィール

  •  
narimichiさん: 第27代目陰陽師・安倍成道
ハンドル名narimichi さん
ブログタイトル第27代目陰陽師・安倍成道
ブログURLhttp://onmyozi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文水を司る若き陰陽師・安倍成道のブログです。日々、悩める方々からのご相談を受けております。
自由文正統な陰陽道を継ぐ、陰陽師、安倍成通です。

私は水の家を継ぐ陰陽師。
得意な術は、結界を張ること、式神を操ること、
除霊、先読みなどです。

皆様からの相談を受けたり、先読みをしたり・・

そんな日々の活動と、陰陽師について綴ってまいります。

相談などは随時受け付けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/06/25 19:16

narimichi さんのブログ記事

  • 秩父の三社で龍脈・地脈の御度をいただきました【第1回】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。今回は、ブログをお読みいただいている方々に、一つご報告をしたいと思います。かねてから多くの方々にご要望をいただいていた神地(パワースポット)へのバスツアーを、先日、実施いたしました。二十四節気でいうと「小暑」の節気にあたる7月12日、関東地方の梅雨明けも間近に迫った季節に、お申込みいただいた44名の参加者とともに行ってまいりました。始めにお [続きを読む]
  • お盆の迎え火と送り火には特別な意味があります
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。今年もお盆休みの時期がやってきました。11日が祝日ということで、帰省される方のピークもその日になり、企業によってはその日から次の週の日曜までの大型連休のようです。私の実家は京都ですが、関西地方はもともとお盆がこの時期でした。しかし、お盆の時期はその土地によって異なり、関東では7月に行事を行う所も多いようです。とはいえ、最近では公のお盆 [続きを読む]
  • TVドラマ『ハロー張りネズミ』で除霊の取材を受けました
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。先日、TV番組の取材を受けました。と言っても、出演をするわけではございません。お話は時折いただくのですが、顔をだしての露出はお断りしているので、監修という形で落ち着くことが多いのです。さて、今回取材を受けたのは、弘兼憲史さん原作コミックを実写ドラマ化した『ハロー張りネズミ』(TBS/毎週金曜・夜10時放映中)です。主演は探偵役が瑛太さんで [続きを読む]
  • 陰陽師の除霊は人生を邪魔する霊を消し去ります
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。今回はお問い合わせの多い、除霊についてお話をいたしましょう。鑑定時は、先読みをしていますが、その時、私の眼には鑑定している方の御度、そして守護霊やその副霊など、あなたを見守っている霊、そして人によっては取り憑いている死霊や生霊がハッキリ観えています。実は、大半の方は多かれ少なかれ、守護霊以外のなんらかの霊に取り憑かれています。その霊 [続きを読む]
  • 結界を張ってもメンテナンスが必要な方もいらっしゃいます
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。水の家系は、もともと、守護を得意としています。そのための術として、除霊、結界といった陰陽師の術があり、結界は土地はもちろん、鑑定した方を包むように張ることもできます。希望される方には、結界内に悪意をもった霊が入らないよう、まず除霊をいたします。憑いていなければ、清めの手順を踏んでから結界を全身に張り巡らします。この結界は、張れば幸せ [続きを読む]
  • 霊との交流会?
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。祖先の魂を迎える行事、お盆がもうすぐやってきます。そこで今回は死者の魂(霊)について、お話してみることにします。霊と交信する会――交霊会(降霊会)というものがあります。これは19世紀にアメリカで始まって、たちまちヨーロッパでも大流行になりました。日本でも有名な大学の学者たちが立ち会って、真剣に交霊会が開かれていた時代があったのです。こ [続きを読む]
  • お子さんの進路が心配な親御さんへ
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。最近は受験も様変わりして、教育熱心なご家庭では幼稚園から、大学や専門学校では一般受験に先がけてAO入試や推薦入試などもあるようです。お子さまの受験で悩んだ親御さんが鑑定に訪れることも多いため、わたくしにも現在の受験も、方法こそ変わったものの、どこを選ぶかで親子ともども悩み、意見がぶつかるのは昔と同じということはわかります。受験をするの [続きを読む]
  • 穢れた土地でも安心して住むことはできます
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。森友学園の問題が世の中を賑わせていましたが、私は"忖度"がどうこうよりも、陰陽師として気になっていることがあります。それは、この土地に大量のゴミが埋められていて、最終的には生活ゴミまでが埋まっているということが分かったことです。この土地の地歴を調べたわけではありませんが、ゴミが捨てられる土地として使われていたことを考えると、最悪の場合" [続きを読む]
  • 決断力を高める心のリセット法があります
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。恋愛、人間関係、仕事、金銭問題、霊的な事象に関すること……。私の鑑定室には、日々、様々な悩みをもつ人が訪れます。抱えているトラブルは十人十色ですし、問題に対する処し方も人それぞれではありますが、大まかな傾向がみられることもあります。たとえば、進むべき方向を「決断できない」という相談をされる方のなかに多いのが、「自分の問題を、客観視でき [続きを読む]
  • 陰陽道とリーダーシップ
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。今回は少し趣向を変えて、陰陽道とリーダーシップについて、お話してみたいと思います。みなさんは、占いがお好きでしょうか?血液型占い、星座占い、四柱推命、タロット占い、姓名判断……。雑誌やテレビで紹介される気軽な一日の運勢まで含めると、世の中には占いがあふれかえっているようにも見えます。一方、昨年はパク・クネ(朴槿恵)元大統領をめぐり、大 [続きを読む]
  • 生命力の源「御度(気)」を、元気にする方法
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。5月も後半に入りました。今月21日からは、二十四節季の「小満(しょうまん)」となります。陽気が満ち、万物がしだいに成長し、大きく育つ時期です。風が爽やかで、緑も鮮やかなこの時期は、野外を歩くととても気持ちいい季節です。ランチを持って山や海辺、木々が茂る公園などに出かけてみてはいかがでしょうか。日常をしばし忘れて自然のなかに身を置くと、心身 [続きを読む]
  • 報われない恋をしているあなたに
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。鑑定所においでになる方で恋愛に関する相談をされる方は珍しくありません。いちばん多い悩みは何だと思われますか?不倫関係、同棲が長く事実婚をしているが結婚をしてほしい、片思いが続いているが相手の気持ちがわからず悩んでいる……。たしかに、いずれも多い質問です。結婚している相手に不満はあるけれど、さまざまな状況から別れたくない、という方もいら [続きを読む]
  • 陰陽師の鑑定についてお教えします【第二回】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。前回の続きをお話しします。今回は、陰陽師の知恵と術を使って、私の鑑定室ではどんなことをできるのかということについて紹介いたしましょう。安倍晴明の血脈を継ぐ六つの家系、宗家と木の家系、火の家系、土の家系、金の家系、水の家系には、それぞれに課された役割があり、得意とする術も異なります。要人の守護という役割を担う、私たち水の家系の陰陽師が得 [続きを読む]
  • 陰陽師の鑑定についてお教えします【第一回】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。京都で水の家系・第26代陰陽師として活動している父のもとを離れ、市井の方々に鑑定室の門戸を開いてから数年が経ちました。現在は東京・新宿に鑑定室を構え、老若男女を問わず様々な方々の懊悩や不安などに耳を傾け、皆様の人生がより良き方向に向かうためのお手伝いをしています。「陰陽師ってどんな人!?」と興味本位で鑑定室に来られる若い世代や、主婦、会社 [続きを読む]
  • 陰陽師の術について【第二回】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。「陰陽師の術」について、前回の続きをお話しいたしましょう。以前、私がまだ京都で父の仕事を手伝っていた時のこと。関西地方のある県に住んでいたAさんから、所有する土地にある沼について、相談を受けました。その件については父の代わりに私が担当することになったため、ご本人にお会いして話しを伺ってみると、次のようなご相談でした。Aさんが所有する広 [続きを読む]
  • 陰陽師の術について【第一回】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。私たち六家(木の家系、火の家系、土の家系、金の家系、水の家系)の陰陽師が、1080種類の術を使うことができるということは、このブログで何度かご紹介しました。そうしたことを読んだ方のなかには、鑑定の際に様々な術を使うことを想像する方がおられるかもしれませんが、決してそんなことはありません。鑑定の際には、まず悩まれていることを伺い、その後、先読 [続きを読む]
  • 出会いを引き寄せる「恋愛力を高める色」
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。以前、このブログで恋愛に効果がある色を紹介したことがあります。それはどんな色かというと、ピンク(桃色)、紫(藤色)、レモンイエロー(淡黄色)などの色です。陰陽道でこれらの色は、「人とめぐり会う力」「人との縁を強める力」が高まる色とされています。いわば、「恋愛力を高める色」だといえるでしょう。人よってどの色が合うかということは異なります [続きを読む]
  • 金運を上げるなら金色を身に着けましょう
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。鑑定所においでの方で、いきなり「金運上げたいんです!」とすがるようにお聞きになる方は、まずいらっしゃいません。ただ、ブログでは金運記事は好評ですし、金運を上げる陰陽字の待受け も多くの方が使われているようです。ところが、鑑定になると、金運にこだわる方は意外に少ないのです。ご自分の金運がこの先どうなるのか、気にならない方はいないと思いま [続きを読む]
  • たくさんの人が集まる”お花見”に秘められた意図
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。いよいよ、日本人が大好きなお花見のシーズン真っ盛りです。まるで生命が爆発したかのように咲き誇り、その後ははらはらと生命を少しずつ削るかのように美しく、それでいて儚げに散る桜の鼻は、日本人の死生観を写しているとも言われています。外国人観光客もお気に入りのようで、日本を代表する風景・行事であると同時に、人間の心に訴える景観でもあるようです [続きを読む]
  • 名前と音霊(おとだま)の秘密【第二回】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。間に別記事をはさみましたが、前回は、ご両親があなたの幸福を願い、名前にかけた呪(しゅ:呪術のこと)について説明しました。今回は、せっかく名前にかけられた呪の力を、日常生活で活かすための方法をいくつか、考えてみましょう。いちばん簡単なのは、大切な人に対しては、できるだけ名前で呼ぶようにするということです。そのときには音霊を意識して、はっ [続きを読む]
  • 先々の運気の流れや、人生の転機を知っておきませんか
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。人生には良かれ悪しかれ、転機というものがあります。ある時期を境にして運気が変わり、病気や事故によく遭うようになる。逆に、ある時から急速に周囲との人間関係がとても良好になったり、仕事が好調に転じたりする……。そのような運気の節目を、実際に感じたことがある人は少なくないはずです。人生の節目となった時期や出来事、または人物などが思い出される [続きを読む]
  • 名前と音霊(おとだま)の秘密【第一回】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。先日は、インターネットの世界で飛び交う悪意にあふれた言葉の恐ろしさについてお話しました。 そのときにも少し触れましたし、またこれまでに何度もブログで書いていることですが、日本には古くから言霊(ことだま)という考え方があります。言葉には霊(たましい)が宿っているのです。ですから、悪い言葉を使えば使うほど、その場のエネルギーも悪くなってし [続きを読む]
  • 恋をするとキレイになる。それには理由があります
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし御存じ、在原業平によって詠まれた歌です。「この世の中に桜というものがなかったならば、穏やかな気持ちで春を過ごせるだろうに」という意味ですが、もちろん業平は本気で「桜などない方がいい」と思っていたわけではありません。桜の季節になると心が千々に乱れてしまうほど、その美しさの惹かれてしまう [続きを読む]
  • 雛人形は願いを受け止めてくれる媒体です
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。もうすぐ3月3日。といえば、桃の節句「雛祭り」の日ですね。女の子がいるご家庭では、すでに雛飾りが居間を飾っていることでしょう。特に、お子さんが生まれて間もないご家庭では、おじいちゃんやおばあちゃんが奮発して豪華な段組みの雛飾りを新調してくれたかもしれませんね。雛祭りに飾るこの人形たちは、主役である女雛と男雛を支え、讃える様子を表わしたも [続きを読む]
  • 心身の活力を高める陰陽道の術「御度入れ」とは【その2】
  • こんにちは、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師第27代・安倍成道です。前回のお話の続きです。最近の若者は男女問わず“草食化”している人が多く、そのよう人たちは、御度(気)の色が薄くなっている傾向があると、前回のブログで述べました。多少薄いくらいであれば、そう大きな支障はありません。ですが、御度=生命の根源的なエネルギーが甚だしく薄い状態になっているという場合は問題です。心身が極度に弱った状態であるため、落 [続きを読む]