柊 与一 さん プロフィール

  •  
柊 与一さん: 社会保険労務士 楠瀬労務管理オフィス
ハンドル名柊 与一 さん
ブログタイトル社会保険労務士 楠瀬労務管理オフィス
ブログURLhttp://www.rohmkanri.jp/
サイト紹介文埼玉県さいたま市のソリューション型社会保険労務士事務所。労務相談、就業規則作成、助成金申請など。
自由文埼玉県さいたま市の社会保険労務士 楠瀬労務管理オフィスは、労務管理の改善のための労務相談、就業規則の作成・見直し(変更)、助成金の申請などを専門とし、さいたま市・上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・川越市など、埼玉県の経営者の皆様と共に知恵を出し合い、ご一緒に諸問題の解決に当たらせていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/06/26 17:36

柊 与一 さんのブログ記事

  • 『社会保険労務士 楠瀬労務管理オフィス』の経営理念
  • 中小企業様の 労務管理支援に生きる! 長年の夢であった社会保険労務士としての開業に当たり、近隣特に埼玉県域の中小企業をめぐる労務管理、労働・社会保険の管理、労働紛争などの現況に思いをいたし、上に述べたような経営理念を確立するにいたりました。 以下その概要を申し述べます。 中小企業経営者の中には労務管理に秀でた方もいらっしゃいます。 ですが、優れた労務管理を実践するために企業経営を行う経営者は一般に少 [続きを読む]
  • ご挨拶
  • はじめまして!社会保険労務士の楠瀬貞義(くすのせさだよし)と申します。 このたびは、私どものホームページにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。 当楠瀬労務管理オフィスは、『あなたの会社の社外人事部』を標榜するソリューション(問題解決)型の社会保険労務士事務所です。 中小零細企業の経営者や労務管理担当者の悩みや問題を現地で伺い、御社の実情に適合した解決策を共に考え、企画し、これを実行に移 [続きを読む]
  • 主なサービスのご案内
  • 総合顧問契約 就業規則の作成 労務管理サポート → 総合顧問契約労務管理の指導や各種手続きを、社労士にアウトソーシング!社長も社員も本来業務に集中、助成金ゲットの確実性増大 → 就業規則の作成優れた就業規則は、勝ち組企業のキー・ストーン!万全の就業規則でリスク管理+助成金GET → 労務管理サポート労務管理何でも相談!禍の種は小さなうちに解決労使円満、健康経営は、助成金Getの道しるべ労働 [続きを読む]
  • 管理職や給与担当者の指導/埼玉県さいたま市の社会保険労務士
  • Ⅲ−3 管理職や給与担当者の指導管理職の指導自部課の成績を良く見せかけるため、部下に明示又は黙示の圧力をかけ、部下に正確な労働時間を申告させないようにする管理職がいるのも事実です。 これは、労働時間の自己申告制を採用している場合に多いのですが、タイムカードを採用している場合にも業務終了前に打刻させることがあるようです。 これは自己の職務に熱心なあまり、ツイツイそうしてしまうのでしょうが、 [続きを読む]
  • 会社側の言い分と対応策/埼玉県さいたま市の社会保険労務士
  • Ⅳ−2 会社側の言い分と対応策会社側の言い分就業規則で残業は事前承認制(止むを得ない場合に限り事後承認可)を採用している。当該従業員は、過去において残業を申請したことがなく、また、「早く来る必要はない」「終業後は速やかに退社すること」など、残業をしないよう指導しており、残業代の請求は認められない。人事考課において“量的成果:劣る”と評価されているなど、当該従業員の仕事は一般に遅い。始業前 [続きを読む]
  • 設例2「是正勧告事例」/埼玉県さいたま市の社会保険労務士
  • Ⅴ 設例2「是正勧告事例」 会社の労働者が労基署に駆け込みを行い、残業代の未払いを訴えたため、「申告監督」が行われ、「是正勧告書」が交付されたという事例(フィクション)です。 この事例を通じ、是正勧告への対応を検討してみましょう。 是正勧告の概要貴事業場における下記労働基準法違反については、それぞれ所定期日までに是正の上、遅滞なく報告するよう勧告します。 ① 労働基準法第37条(時間外、休日及び深 [続きを読む]
  • 残業に関する規定の整備/埼玉県さいたま市の社会保険労務士
  • Ⅲ−1 残業に関する規定の整備残業に関する規定の整備は、リスクマネジメントの第一歩です。 労働時間は、週40時間以内、1日8時間以内とするのが法の定める労働時間の原則です。 この法定労働時間を超えて労働させる場合は、就業規則・労使協定などにその根拠を定めなければなりません。 そうしなければ、従業員に残業を行う義務が生じないからです。 その根拠規定の一環として、残業を行う基本ルールを定めてはいかがでし [続きを読む]
  • 労働時間の適正な把握/埼玉県さいたま市の社会保険労務士
  • Ⅲ−2 残業時間の適性な把握労働時間の適正な把握は、サービス残業をなくすための最重要事項です。なぜなら、サービス残業(未払い残業)問題の争点は、残業の有無とその時間数に関わるものであることが多いからです。 そして、労働時間の把握は、使用者の責務とされています。このため、労働者側が業務日誌などを根拠として未払い残業代の存在を主張し、企業側がこれに有効な反証をできない場合、労働者側の主張が認められる [続きを読む]
  • 「労働時間制度の設計・運用診断」序説
  • 「労働時間制度の設計・運用診断」序説モンスター社員、問題社員などと揶揄されるクレーマー社員は、辞め際にいろいろと問題を起こしてくれます。 社会保険労務士として経験する限りでは、社員が問題社員であるケースも多いのですが、事業主側の労働時間制度に関する設計・運用上のミスが問題の生起を助長していることも少なくありません。次のような問題行動やクレームに直面したことはありませんか。① 36協定など見たこ [続きを読む]
  • 社会保険調査への対応
  • ■ Ⅲ 社会保険調査への対応1 社会保険調査対応の基本的態度社会保険調査を通告された企業から、よく次のような質問を受けます。「調査を受けるにあたり、指定された書類の準備以外に、何か事前に準備することはありますか?」この会社は、“調査でどんなことが指摘されるかもわからないまま、無準備(出たとこ勝負)で調査に臨む”おつもりなのでしょうか。勿論、それでも結構です。調査員も鬼ではありません。少な [続きを読む]