Suomiのおかん さん プロフィール

  •  
Suomiのおかんさん: Suomiのおかんの湖畔会議
ハンドル名Suomiのおかん さん
ブログタイトルSuomiのおかんの湖畔会議
ブログURLhttp://suomi-no-okan.seesaa.net/
サイト紹介文極北フィンランドで関西人らしく笑って暮らそう! ユバスキュラ発の無造作日記から何でも屋稼業の小噺まで
自由文森と湖の狭間に人々がつつましく暮らすフィンランド中部の中核都市・ユヴァスキュラの大学院で学生生活を送りながら、フリーランスでライター・コーディネーター・通訳翻訳者として生計をたてています。(推敲なしに)書きだすことは、日々の一番のストレス発散方法。とりとめのない長文ばかりで恐縮ですが、どうぞお付き合いください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/06/27 18:10

Suomiのおかん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • わたしの道程
  • 前回の日記からの間に日本に一時帰国し、そしてフィンランドに帰ってきました。日程的には、関西や関東ではぎりぎり桜も散ってしまっているか…というタイミングでの帰国で半ば諦めつつも、今年は桜前線の到来が例年より遅い…と報じられていたので期待も残していたのですが、帰り着いたら、地元神戸はまさに今がピークといったベストタイミング。こうしてめでたく6年ぶりの(日本の)桜を拝むことができたのでした。さらにその後 [続きを読む]
  • アレグロ・ノン・トロッポ考
  • フィンランド独立100周年ということで、クラシック音楽界では、このあいだ生誕150年を各地で盛大に祝福されたばかりのシベリウスが、フィンランドの独立機運を支えた国民的作曲家として再び演奏されまくる一年となりそう。奇しくも古巣である日本のシベリウスオケ、アイノラ響でも、それから今年のシベリウス音楽祭のラハティ響でも、今年は「報道の日」祝典のための音楽が演奏されるらしい。これは、言わずと知れたフィンランディ [続きを読む]
  • 2016年を振り返って
  • もう今やこうしてすっかり、ブログという媒体が、単なる節目節目の挨拶&近況総まとめのためだけに更新される場になってしまいました…。昔は一体どれだけ時間が有り余ってて、どういうモチベーションで毎日あんな長文を綴り続けていたのか、私事ながらもはや不思議でなりません(苦笑)24時間ほど前に、新しい一年が始まりました。いつもは新年最初のブログなどには賀状がわりのメッセージ写真を載せていたのですが、喪中につき、 [続きを読む]
  • 夏、おわる
  • 今年もまた、短い夏が巡ってきて、そして去ってゆきました。夏は、フィンランドで暮らす人々にとって、一年という大きなバイオリズムのうねりのなかの「躁」の期間です。そのことを、この地で夏を過ごすたびに強く実感します。そしていまや自分自身が、その軌道に見事のせられてしまっていることも。今は季節が秋に交替して、いちばん冷静かつ穏やかに日々や自分自身を振り返ることのできる時期です。そして間もなく、辛いこと、耐 [続きを読む]
  • 終わりと始まりを迎えた春
  • なんと、湖畔会議ブログをぱったり書かなくなってしまって、はや四ヶ月あまり…。お久しぶりです、Suomiのおかんです。この数ヶ月、活動報告や日常便りの場がすっかりFacebook公式サイトのほうに移ってしまったというだけで、パソコンに向かえないような重大事件があったわけでも健康を損なったわけでもありません。弁明ばかりも心苦しいので、ざっとダイジェストで、この数ヶ月私の身にどんなことが起きていたのかをさらってみた [続きを読む]
  • パーソナルなことを根掘り葉掘り、のお仕事
  • あっという間に、2月。1月はとにかく例外的に寒かったのもあり(笑)、もっぱらデスクワークばかりでした。おかげさまで卒業も決まったし、これから誰に必須単位や科目を強要されることもなく、自分の手でどうとでも自分の毎日や未来の舵を切っていける(堕落のストッパーもない)自由を噛み締め、にわかにワクワクしながら、ここ数年で一番深く一息ついているところです。昼間はマイペースに、書き物仕事や、今年から始まったと [続きを読む]
  • 涙なしに語れない卒業までの道のり(2)
  • 前回の続きのお話です。「苦節4.5年、どうやらようやく、私のユヴァスキュラ大学院修士課程での修了・卒業が内定したらしい!!」…いろいろワケありで自力だけで導いた修了とは言いがたいんだけど、それでも修了は修了ですっ(嬉涙)…という、その「ワケあり」部分の暴露日記の後半戦です。賄賂で単位を買ったとかそういうきな臭い話ではないので、ひょっとしたら今後フィンランドに正規学生として留学する方々の参考になる情報が [続きを読む]
  • 涙なしに語れない卒業までの道のり(1)
  • さて突然のご報告ですが、苦節4.5年、どうやらようやく、私のユヴァスキュラ大学院修士課程での修了・卒業が内定したみたいです!ここに来てまで「どうやら」とか「したみたい」とか、さも他人事のような頼りない書き方をしているのは、フィニッシュの仕方が、自分でちゃんと人並みにすべての要件単位を揃えてこれみよがしにゴール!したのではなく、これまで取得した単位内訳では本来なら修了資格はないはずなのだけど、いろいろ [続きを読む]
  • 新年こんな感じで始まりました
  • 新年明けましておめでとうございます〓たまには「おめでとうございます」の語尾にふさわしい絵文字でも挿入してみるか…と登録されているアイコンをざっと見たのですが、ツリーはあっても新年らしい絵柄が見当たらなかった。。久しぶりにフィンランドで過ごす年末年始。大学友達とわいわいホームパーティをして、花火打ち上げて、カウントダウンセレモニーに行って、ばっちり昼間で寝正月…の何の例外もない典型的な年末年始でした [続きを読む]
  • Suomiのおかん業務実績2015 & 大晦日のご挨拶
  • それでは年末恒例となった、Suomiのおかん 業務実績の2015年度報告をさせていただきます。連載■生活情報総合サイトAll About(海外旅行>フィンランド)こちら■Sauna on Valmis(株式会社メトス公式サイト内サウナ関連コラム)こちら■北欧じかん(フィンランド関連記事)こちら書籍の取材執筆■玄光社『カウニステのデザイン 北欧テキスタイルブランドの新しいかたち』(7月)新聞・雑誌・書籍媒体への原稿執筆および取材コーデ [続きを読む]
  • <br />メリーキノコクリスマス&地球の声
  • 20151227_20151227_のんびりするほどあっという間のクリスマス休暇が終わり、ユヴァスキュラへと帰ってきました。今年はユヴァスキュラやレイヴォンマキでもまさかまさかのブラッククリスマス。窓の先の景色も、相変わらず美しいのだけど、なんだかちっともクリスマス感の湧いてこない平凡な光景…。まあ実際、どうせ日中も大半の時間が薄暗いし寒いし、クリスマスはとことん室内で食っちゃ寝して過ごすわけですが。。実はミッコの [続きを読む]
  • Hyvää joulunaikaa!
  • 明日からいよいよお待ちかねの、クリスマス休暇。この間は何が何でも休む!という日の直前は、怒涛の事務処理メール処理などで毎度涙目になりながら夜更かしするはめになるのですが、今回は、先ほど最後のメールも送り、記事執筆も終わりはしなかったけど一区切りはでき、HPの達成業務の更新もようやく終えられて、まずまずゆとりをもって収めることができました!!この余裕、とてーも嬉しい。。昨年は熊本城にのぼったあと博多行 [続きを読む]
  • 己の努力の限界を知る
  • 上の写真は、スーパーのフィンレイソン・ムーミンファミリーバスタオル売り場で思わず二度見して隠し撮りまでしてしまった衝撃ワンシーン。。ただでさえ破廉恥な出で立ちのムーミンママのチラリズム(←まだこんな言葉あるのか?)を、さらにここまで恥じらいなく拡大トリミングし陳列するとは。ムーミンパパもこれには赤面しちゃいそう。。商魂たくましいと讃えるべきなのか、なんなのか…(全体像のデザインは左下のイラストです [続きを読む]
  • 冬の主役は保存食
  • 昨日はとなり町で小さな撮影取材があり、身体も休みたがっているところをなだめ鞭打って、カメラと三脚かついで外出。家に帰ってきたら写真整理に手をつけるまもなく一眠りしてしまって、次に目を覚ました時には、家中に香ばしいいい匂いが充満しているではないか!正体はもちろん上の写真の、ミッコ作キノコパイ。キノコには、秋に採ってから冷蔵庫で塩漬け保存をしてあったムスタロウスク(和名ウグイスチャチチタケという見た目 [続きを読む]
  • 遠く 近く
  • ふう。ともに一週間を超える北方ロケ帯同2連発を無事に終えて、ユヴァスキュラに戻ってきました。体力気力が持つかな…と心配していたけれど、なんだかんだでロケ中のほうが睡眠時間が規則正しくなるし、パソコン前に向かわなくていいし、毎日ちゃんと食べて、適度に飲んで、気分よく母国語で喋って笑って、出発前に最悪だった肩こりもお通じもすっかり良くなって帰ってきました(笑)さて、もう公式番宣も出ているので暴露してし [続きを読む]
  • 生き方への小さな手応え
  • ロヴァニエミ、クーサモ、ルカ、そしてヴオカッティとフィンランド国内のスキージャンプ名所のオリエンテーリングのようなロケ帯同の旅から戻ってきてはや3日。報道でご存知の方もいるでしょうが、スキージャンプ、ノルディック複合のW杯ルカ大会は、2日とも風が強く、まさかの途中中止となってしまいました…ランキング順に飛ぶため、練習飛びも力温存のためにスキップした葛西選手は結局まったく飛ばずして強制終了…無念の結末 [続きを読む]
  • 最終試練は暗号解読?
  • こちら、先日近所の湖畔でとらえた逆さオーロラ。こんな絶景が手軽に楽しめる初冬もいいけれど、そろそろ湖も凍り始めて、雪も降り始めて、もう少し冬らしい気候に落ち着いてくれてもいいのにな。。なんていいつつ、実は今年も残すところあと50日にして、年内にはあと3往復、ラップランド出張が入っております(笑)先月の今頃論文執筆が一息ついて以来、自分でも鬱憤を晴らすように出張仕事をじゃかすか引き受け続けてしまった [続きを読む]
  • 文化と文化の境界のあいまいさ
  • 先々週は、住宅建築を扱う専門雑誌の取材コーディネートでヘルシンキとユヴァスキュラを往復。先週は、(私のお得意様でもある)夫の勤める会社のウェブコンテンツ最新作のため、エストニア南部のヴォルというエリアに住む、独自言語を喋る民族の生活文化の取材撮影にサポート帯同。修論初稿提出からまったく間を空けられずにこのダブル出張…という過密スケジュールだったので、今週はまた次なる任務や締切り迫るレポート課題に追 [続きを読む]
  • 移住後もっとも苦しかった一ヶ月
  • もはや最近のブログ更新の枕詞となっておりますが、「皆さまご無沙汰しております」。いきなりタイトルの内容に突入しますが、実はこの一ヶ月間、すなわちタンザニアから帰郷後から昨日までの日々は、初めて推進力&鈍感力だけが売りのこの私が心身ぽきっと折れる寸前まで苦しみもがくことになりました。なんとか寸止めですみましたけど(笑)要因はただひとつ、修論のファイナルアプローチです。それに加えて出張こそなかったもの [続きを読む]
  • タンザニアにて、人生の気分転換。
  • 相変わらず、ブログにはなんの帰国報告もせぬまま2週間がたとうとしていますが…、おかげさまで、9月頭から半月ばかりユヴァスキュラを飛び出しての夏休みは、毎日本当に充実していて、出会いだらけ、刺激だらけで、今でもほぼ毎晩夢の中では異国の中をさまよっています。メインはタンザニアで過ごした二週間だったのですが、初めてのアフリカ旅を経て考えることは多分にあるものの、とりわけ強く強く感じたのは、人がどこでどん [続きを読む]
  • 遅めの夏休みは南半球で
  • 先日、夜中に仕事をしていたら書き物部屋の窓の外に鮮やかなオーロラ出現!今年はお盆明けくらいからオーロラ活動絶好調のようです。さて9月に入り、気候もすっかり涼しくなってきたところですが、Suomiのおかんは本日より約半月ほどバカンスをとらせていただきます。ですので、その間のお仕事依頼に応じられないほか、メール返信が滞ってしまう可能性が高いです。ご不便をおかけしますが、現地でメール確認さえできれば、すぐに返 [続きを読む]
  • ハーフ人観察記つれづれ
  • ユリアーノというフィンランド人とイタリア人のハーフの友達がいまして、先日大学仲間とのBBQパーティで久々に再会した時に、うちにすでに今夏収穫したぶんの乾燥キノコがたっぷりあるよという話をしていたのがきっかけで、昨晩はわざわざうちにイタリアンな晩御飯を作りに来てくれました。水で戻したハペロやオラカスをたっぷり使ったトマト風味のソースの絶品パスタ。私は冷凍庫のコルヴァシエニを一袋回答してクリームスープと [続きを読む]
  • 過去の記事 …