探偵新聞編集長 さん プロフィール

  •  
探偵新聞編集長さん: 探偵新聞
ハンドル名探偵新聞編集長 さん
ブログタイトル探偵新聞
ブログURLhttp://ameblo.jp/tanteishinbun/
サイト紹介文札幌で浮気夫を絶対に許さない!! 弁護士の度肝を抜く“場外戦”マニュアル
自由文弁護士・医師・先生・警察官etc.浮気をするのは今や男性だけではありません。絶対に浮気相手を許さないそんなツワモノのをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/06/29 19:05

探偵新聞編集長 さんのブログ記事

  • 悪質探偵社の懲りない抵抗!!
  • 探偵新聞WEB版は警視庁に公開され、行政処分を受けた探偵社について昨年、一部掲載をしておりました。最近、都内の探偵社から探偵新聞WEBでの掲載の削除依頼が殺到。もちろんしっかり反省し、改善されているところは削除させているところもあります。ところが、先日弁護士を通じ削除依頼を要請してきた探偵社が。後ろめたくて探偵社からは削除依頼できないのか?それとも未だに悪質な行為を続けているのか・・・・削除依頼を受任し [続きを読む]
  • 増殖する?不倫相手
  •  職務上、よく見る他社の調査報告書。あの    もあれば、悪名高き日本○○サービスもある。調査日数からしてかなりの料金を支払っているはずである。8冊・5社の調査報告書を見ると月を重ねるごとに不倫相手と思われる女性が増えている。「調査会社の煽られたのか?」この依頼者の調査目的は「夫に女性関係を突きつけて即座に離婚したい」数年前に一度調停で協議離婚寸前まで進み、夫に謝罪文を書かせている。元の関係に戻っ [続きを読む]
  • 浮気の原因はなに?
  •  探偵社の中には、依頼者の話をよく聞かずに「まず、調査してみましょう。」と日時を設定して調査を開始する探偵社がいる。反面、依頼者の中には「それ、本当に浮気しているの?」と疑いたくなる相談もある。これはある依頼者に小生が「ご主人が浮気をする可能性は0です」と言わしめた案件である。それは休日である弁護士事務所からの電話から始まった。「紹介したいご婦人がいるんだがご対応をお願いできないだろうか?」「実は [続きを読む]
  • 不倫相手の呆れた交友関係
  •    探偵社がバレバレの尾行調査をした後の継続調査。しかし、彼らが突き止めた中には彼女の立ち回り先があった。彼女が立ち寄ったスーパーの駐車場が3箇所。いずれも大型スーパーの駐車場でなぜか出入り口からは離れている。しかも、少し見えにくいところに停車している。不倫相手が不倫していたのは一人ではなかった。複数の男性関係が判明した。しかも、彼女が身につけていたものはおよそその関係を結んだ男たちからのプレゼ [続きを読む]
  • 弁護士が探偵になる時代が来た・・・続編
  • 探偵社が弁護士事務所内に存在することは、弁護士活動として適切なんだろうか?札幌弁護士会に問合せをしてみた。質問の内容は以下の通り1.全国に弁護士が経営する調査会社は存在する。2.しかし、探偵社の事務所所在地と弁護士事務所が 同じ表記なのは例がない。3.弁護士事務所は札幌弁護士会の重鎮が経営しており、 他の同様の探偵社とは知名度が明らかに違う。4.弁護士職務規定によれば、非弁護士に自己の名義を 利用させては [続きを読む]
  • 最悪、弁護士が探偵になる時代が来た・・・・
  •  全国に数社はある弁護士事務所が運営する探偵社。弁護士が下衆な探偵業を!信頼実績のある弁護士事務所が、探偵会社に必要に応じて、調査を委託するのが本来の姿。弁護士の記章(バッジ)には、ひまわりと秤がデザインされているのをご存知か?ひまわりは自由と正義を、秤は公正と平等を追い求めることを表している。ご存知だろうか?弁護士職務基本規定 第1章 第8条にこんなくだりがある。弁護士は、その使命にふさわしい公 [続きを読む]
  • VS.対象者? 探偵の勘!
  • 不貞行為とは見解の違いはあるものの一夫一妻制の貞操義務に忠実でない行動・配偶者以外の者と性的関係を結ぶ行為と考えられるならば、既に一度は関係を確認しているものがある。さらに推認できる動画もあるのだ。スタッフが見つけた面白いもの動画の鏡越しに映っていた手製の携帯ストラップ。動画ではベットの枕元に並べて、しかも色違いのお揃い。肉体の一部以外にも動画と調査上に判明した女性が合致したことを受け、弁護士は女 [続きを読む]
  • 2対象者の”身元”をついに特定
  • 調査料金は高め、調査力は3流、広告宣伝は1流の   探偵社の後ろ姿画像には2対象者の特徴と合致する内容の箇所は確認できない。対象者が持っていた動画画像から浮かび上がった2対象者の特徴と合致する箇所は・・・・受件後の2対象者の動向を監視していたスタッフが通勤時に左足の小指のタコを確認。また、首にあるほくろも確認した。ついに特定した“2対象者の顔の特定”。しかし、どうやって彼女に認めさせるか・・・・数 [続きを読む]
  • 探偵、不審者としてTVに??
  • 本日、HTB 「イチオシ」”シリーズ こども白書 「どう守る?子どもの安全」”にて当編集長が ”不審者”として出演します?いいえ、探偵目線で見た不審者の行動についてコメントします。チャンネルは ”6 ” 放送時間は 18:30〜からです。 [続きを読む]
  • まるで、ドラマのような調査?
  •     さんの返金を前提に受件した調査は、意外に安易な形で身元が判明した。受件した3日後に、対象者と2対象者と思しき女性はラブホテルへ。そのまま、尾行し、自宅の割り出しに移行。マンションの部屋の割り出しと氏名の判明までに3日を要した。   さん、運も調査力の一つなのか(笑)しかし、調査目的は動画の一致である。「動画見せて、貴女ですか?」 とは聞けないだろう。翌朝、事務所でただひたすらアダルトビデオの [続きを読む]
  • 調査料金、私のお金はどうなるんです?
  • 「顔も確認してないのに、この調査報告書は証拠になるの?貴方も家庭問題○○のカウンセラーなんだろ?   さん。探偵歴10年以上だろうあんた、無理だよなぁこれじゃ。」「はい・・・・」「先生、局部結合しかないんじゃアダルトビデオでしょ。大丈夫ですか?」「ん・・・・・」「追加調査じゃなくて、調査のやり直しだよね。」「ん・・・・・」「うちは調査は無理です。もうばれています・・・」「そんな!高い調査料金支払った [続きを読む]
  • 証拠になるの?顔のないS◯X動画は!
  • 画像はなんとなく男女のような気がする二人。全く顔は判らない。「他には何かありますか?」 「これ、証拠なの?」の質問にすら答えなかった弁護士がおもむろにタブレットにある画像を見せた。「これだ」時間にしておよそ20分余り、対象者が2対象者と思われる女性とベットで関係している様子を隠し取りしたものであった。弁護士事務所のある部屋で、弁護士と30代の女性相談者と共にその画像を20分余りの鑑賞?「どこから入手した [続きを読む]
  • 対象者は幽霊?
  • “裁判に勝てる!!” と豪語した弁護士から「追加調査を小生に依頼したい」と連絡があり、「他社が行った調査の引き継ぎには1.他社がどんな調査をしたのかわからず難易度が高い。2.調査報告書まで作成した調査会社の方が対象者の特徴を 把握しており、割安で受件してくれるのではないか?」などと弁護士に返答すると、「浮気調査に対しての受件方法が貴社と違う。まずは手元にある調査報告書を見てほしい」と云われ、「その調査報 [続きを読む]
  • 裁判に勝つ !?
  • 朝霞市の少女監禁事件、23歳の犯人である千葉大生は少女に声かけをする際に偽装したのは“弁護士”であったらしい。ご存知のように”法曹三者”(裁判官・検察官・弁護士)の一人であり三者の中で一番人気であり、一般的に高収入を期待できる唯一 民間人である。数年、どこかの弁護士事務所に在籍し、のちに独立を目指すのが一般的だと云われています。しかし、昨今弁護士の中にも色んな方がいる。妻の不倫に激怒した男性が起こし [続きを読む]
  • 賞味期限切れにはご注意を!
  • エントランスに残された二人、プラス(小生は眼中にないようだが)セ・フ・レにまでフラレ、怒り心頭の愛人はまさに  そのもの。 “私がなんであんなこと言われなけならないの?、これからどうするの私の事!パパは私の味方よね!”一方、別な女性と今頃は  の予定だった浮気夫も・・・  “パパ  早くあんな嫁なんとかして〜”すると、浮気夫   は“お前の賞味期限は切れたんだろ!写真のもう一人の男にも云っておけ、 [続きを読む]
  • 愛人の価値が下がるのは
  • “セ・フ・レの彼氏が期限切れだとさ!”“少なくとも貴女は、愛人としての価値が下がったの、わかる?”言い訳のもならないセリフを吐き、夫の愛人が目の前で彼氏にフラれ高笑いする依頼者。“あんただって前妻からパパを取った愛人じゃん! そんなことまで知っているんかい ?と思っていたところ、“だから何?私は今、正妻なの、わかる?貴女がいくら頑張っても5年は結婚できないの。私、離婚届にサインしないから。”捨て台詞 [続きを読む]
  • 女の賞味期限?男の賞味期限?
  • “そろそろ、いい時期かなぁと思ってたんで。お前の賞味期限も近いだろ。”そう、愛人に告げると代理店の男は、そのまま振り返る事も無く立ち去った。表情一つ変えない愛人。“誰だ、あいつは!”と未だ状況を把握せずとも、愛人である女性に問い詰める夫。“彼は私のセ・フ・レ! その写真もセ・フ・レ!そろそろ、私も期限切れかなぁ思っていたから。大丈夫よ、パパはそんなことないから、安心して!”“・・・・・・”依頼者を [続きを読む]
  • 浮気夫はカメレオン?
  •  真っ赤な顔でエントランスホールに響き渡るような大声で依頼者の名前を叫んでいた対象者。“何をしたんだ〜お前は!”と叫ぼうとしたにもかかわらず、言葉になったのは“なに・・・・・”まで紅潮した顔は既に少し青白く見えている対象者・・・まして、その場所に自身の愛人がいる。対象者の女性も“何故この場所に?”と不意をつかれたような表情。対象者が、視線をそらした先には、愛人の上司である社長までがエントランスホー [続きを読む]
  • これぞ修羅場!の第一歩(不倫を正当化する女性はいい女?16)
  • ここで登場人物の整理を依頼者(以前当社に調査された経験を持つが本人は知らない)対象者の女性・・・依頼者とは別に男性二人と身体も部屋もシェアしている         マンションがある。この日は代理店の男性と入るところで                  依頼者と遭遇。依頼者の仲人をした社長・・・対象者の女性の上司でもあり、マンションには              他の若い愛人といるところで彼女等に遭 [続きを読む]
  • 不倫を正当化する女性はいい女?part 15
  •  既に怒りの沸点を超えていた依頼者。“社長も社長なら従業員も最低 !”“一体、どんな社員教育してるの?”ついには社長にまで飛び火したか。“あんたに社長の事をとやかく言われる理由は無いでしょ”なぜか、一番小さく見える社長さん。事態は収束を迎える事ができるのか?依頼者はしきりに時間を気にしている。上京の為、移動中の対象者(夫)にSNSで連絡した依頼者。その内容は“今日の飛行機・銀座のホステス・赤坂のホテ [続きを読む]
  • 不倫を正当化する女性はいい女?part 14
  • “ど・ど・どちらさん?声が裏返っている社長。“○○の嫁です。”いつの間にか、社長の愛人もシェアしている彼も居ない。エントランスホールには4名。先程までの勢いは何処へ消えたのか、社長。しかし、2対象者である彼女は上司の前であっても元気だ。“社長は黙ってもらえます?私のプライベートに口出すなら、ここに奥さんを呼びますか?私、社長のプライベートに興味ないんで!”さっきまで上機嫌でふざけていた社長を一喝。“ [続きを読む]
  • 不倫を正当化する女性はいい女?part 13
  •   “何やってるんだ?こんなところで大きい声出して!!”“あ、社長!”そこにまた遭遇したのは彼女が依頼者の夫と密会しているマンションでも遭遇した人物。彼女の会社の社長だ。もちろん?ひとりでない・・・しかも酔っているのかこの社長。“おまえもお盛んだなぁ〜”“彼氏か? こちらが彼女?”“浮気ばれたの?そりゃ気の毒だなぁ〜”極めつけが・・・・依頼者に向かって“彼女、あきらめな!こいつ、うちの社員だけど美 [続きを読む]
  • 不倫疑惑の議員辞職
  • ◎自民・宮崎氏、議員辞職を表明自民党の宮崎謙介衆院議員(京都3区)は12日午前、衆院議員会館で記者会見し、女性タレントとの不倫が報..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]“不適切な関係”ってどんな関係ですかね〜小生もよく使用した事があります。小生は浮気した夫やその相手が“不貞・不倫ではありません。そんな関係ではありません”と否定をした際に“二人の関係が少なくとも不適切な関係であった事は認めるのか [続きを読む]
  • 不倫を正当化する女性はいい女?part12
  • “何をこそこそと人のプライベートを嗅ぎまわってるんだぁ!”キレたのは彼女。“私が誰と関係を結ぼうが私の責任、寝とられる女が悪いんだ!”確かに貴女の責任。彼女の暴言に唖然とする依頼者。さらに“貴女の旦那は貴女といると不幸になるの! わかる?私は貴女の旦那を貴女から守ってあげてるの!サッサと別れなさい!”って、別な彼氏の前ですが・・・その一部始終は「シェア」しているマンションのエントランスホールで行わ [続きを読む]
  • 不倫を正当化する女性はいい女?part11
  • ○○さん?依頼者が声をかける。明らかにふたりとも顔が引きつっている。はい?と云いながら彼女は誰だか既にわかっているようだ。△△の嫁ですが、貴女一体どういうつもり?うちの旦那以外に彼も含めて何人の男性がいるの?・・・・・誰だ?このオバサン? 隣にいた男性が彼女に尋ねる。すると、用意した写真を取り出し、依頼者が貴方もほら、遊ばれてんのこの女に、ここのマンションにはほれ、ほかの男もつれ込んでるのよ、この [続きを読む]