アラレちゃんの付き人 がっちゃん さん プロフィール

  •  
アラレちゃんの付き人 がっちゃん さん: Orcaのデイトレード:FXブログ
ハンドル名アラレちゃんの付き人 がっちゃん さん
ブログタイトルOrcaのデイトレード:FXブログ
ブログURLhttp://fx.gakuisgenie.com/
サイト紹介文デイトレーダーが、ポジションや外国為替で稼ぐ為の投資手法などリアルな感想をのべる実録デイトレブログ。
自由文はじめまして♪
Dr.スランプアラレちゃん、の付き人
がっちゃんです。
普段は、吉祥寺をブンブン飛んでます。

なんとアラレちゃんに
 

”内緒”で
デイトレードしてるんです。
http://fx.gakuisgenie.com/

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/07/01 00:41

アラレちゃんの付き人 がっちゃん さんのブログ記事

  • 0508 前週、FOMC・日銀据え置き後の米国雇用まで
  • 5月1週、国内連休。その直前からの流れ確認。まず4月末のFOMC、前回4回利上げが2回のみこみ(ドットから)に変化し発表前コンセンサスは無風。結果は据え置き。続いて日銀、こちらは追加策可能性大の予想大。結果は据え置きで、マーケットはやや大きく円高株安。【一時間チャート】 下ドル円□左日銀、上ユーロドル左□はFOMC。FOMC値動き初動はドル買い、いずれもすぐに戻し。■FOMC声明・9:1で決定・成長減速兆候も労 [続きを読む]
  • 0426 前週、ECB政策据え置き
  • 先週は、週中にドラギ&ECB政策。前回に追加緩和策、16年1月に公言通り実施。月額800億ユーロ、政策金利0.05から0%、下限が―0.3が―0.4に、上限0.3が0.25%に。事前予想通り今回は追加なし。ユーロは政策発表後やや買い、ドラギ発言前半ニュートラルで推移し後半一旦上もゆっくりとユーロ売基調。【ユーロドル ドル円】ドラギ発言・金利は長期間現在の水準かより下・インフレは今後数か月でマイナス・政策が効果発揮する時間を [続きを読む]
  • 0417 前週、九州地震・米国小売り・G20
  • 先週は国内で地震、米国は決算発表中心。ダウは18000レベルで高値圏戻りに。小売りが予想プラス圏にならず結果―0.3。ドル円は先々週の下落ショックからは一旦上に。【ドル円 ユーロドル】週末のG20でルー財務長官が「日本の通過切り下げ回避を」発言。今週は中頃にECB会合とドラギ発言あり。  [続きを読む]
  • 0411 前週、FOMC議事録
  • 先週は週中にFOMC議事録、この結果公表前後からドル円110円割れ。ユーロドルほぼレンジ、ドル円での円買いドル売り攻防が主。【ユーロドル ドル円】週初めごろの110円割れでは、nyタイムに50pip急進も。介入・介入予想などでややドル円動きはあった週。FOMC議事では時間足でコマ。3月のFOMCでこれまで年4回利上げが2回のみこみ(ドットから)になったが、内容は・多くはつぎの引き締めの前に待つことが懸命と判断な [続きを読む]
  • 0404 前週、イエレン講演&雇用統計
  • 先週は月末相場に金曜から新月で米国雇用。日足でドル売りの1週間、雇用統計ではドル買い初動も踏み上げ踏み下げタイプ。反応はそれでもいまひとつ。【ユーロドル ドル円】20.5万予想が21.5万の結果、3月失率、4.9予想で結果5%。シカクはイエレン、○は雇用統計でドル円の方が踏み下げやや顕著。それでも発表前レベルで止まり。今週はFOMCとECB議事録が材料になるか。 [続きを読む]
  • 0313 前週ECBは追加緩和策&これまでのECB政策
  • 先週はBOC、ECB政策発表、前者は据え置き。これまでのECB政策は、2014年にマイナス金利開始、3か月後利下げ、15年10月には「これ以上は引き下げなし」としてきたのに突然「引き下げ協議」ドラギ発言でユーロ売り基調、15年12月のECBで晴れて・マイナス0.2をー0.3に下げ・QE半年延長・地方債も購入対象に追加緩和策。今回のECBの前にも16年一月に「次回政策を再考」ドラギ発言、【ユーロドルドル円】今回16年3月ECBでは・QE毎月購入 [続きを読む]
  • 0307 前週米国雇用統計は予想以上
  • 先週は3月入り、米国ISMや雇用などが中心。アメリカは選挙モード、週末には中国全大会。株先進国一旦は戻り、新興国も下げ止まりの流れ。ダウは今年の下値域からは半分以上の戻り状態。ユーロドル週末まではユーロ買い基調の場面も材料閑散、ISM製造は予想以上も50未満ドル買い。週末雇用では良い結果に初動はドル買い、ややゆっくりめ戻しでその後はドル売りに。【ユーロドルドル円】4.9%は同じ、増数は24.2(19.5万)で予 [続きを読む]
  • 0229 前週、英国国民投票実施日決定・週末G20
  • 先週は、イギリスEU離脱懸念再熱でポンドやや目立つ動く場面、他は静観ぎみ。ドル円マイナス金利話題もゆるやか。【ドル円ユーロドル】□は日銀、ユーロドル下落も週末・G20上海開催頃。ダウは16000サポート少し上までゆるり上。IMMドル円で円買いやや増し、ユーロドルは売り偏向半減のまま。今週米は国雇用、中国人民大会は週末。■その他メモカーニー総裁・国民投票が決まってポンド動き鮮明にルー米財務・世界経済は現在危機 [続きを読む]
  • 0222 前週FOMC議事、EU首脳会議・英国離脱関連
  • 先週は中国新春休み明け、FOMC議事。サウジロシアなど原油国会合。英国EU離脱案件トピックス。ドル円では先々週に一時下がった111割れゾーンからは一旦回復、それでも115円までの戻り。IMMではドル円・円買い増ひきつづき、銀行見通し漸減観測、ゆうちょなど外債枠に関する憶測など。IMMユーロドルはユーロ売りも引き続き減少傾向で値位置も難解。【ユーロドルドル円 時間】週初めのドラギ発言では再度「3月の会合で政策再考の可 [続きを読む]
  • 0215 前週イエレン議会証言・中国連休
  • 先週は雇用明け、メインはイエレン議会証言。直接感の材料反応は少な目、かわりにリスクオフ継続の週。【ドル円 ユーロドル時間】三角は日銀・□が前週雇用で116円手前キープ、ドル円では先週116割れて一時111円も割れ。ドイツ銀行赤字で欧州株下落、日本もマイナス金利から銀行株下げ。イエレンは原稿発表、上院発言・下院。・金融状況はこれまでより支援的でなくなった。・金融引き締めが長期化すれば見通し圧迫も・経済は多く [続きを読む]
  • 0208 前週 米国雇用増予想以下、MPCは全会一致で据え置き
  • 一月末の日銀会合明けで週末に雇用統計。4日ISM非製造でユーロドルが1.1上抜け。日足で昨年からつづく1.05から1.15(夏に一時1.15抜け)レンジで真ん中が1.1。ややインパクト残す動きに。つづく欧州タイムのドラギ発言でドル売り圧力増す展開。【ユーロドルドル円一時間】ドラギ・低インフレが永久につづく理由ない・追加緩和は副作用あってもひつようなら実行週中にはポンド政策、いままで反対も一人あった金利ん全会一致で現行。 [続きを読む]
  • 0201 前週FOMC現状、日銀はマイナス金利導入
  • 先週は月末FOMCと日銀。FRMは予想通り今回は利上げなし、ひきつづきゆるり利上げ計画。ペースに注視したかった市場でドル安反応も小さ目。週末には日銀政策、サプライズマイナス金利決定。直前には日経報道がらみで円安反応でもどりの荒目。2.5円程急騰後、かなりもどりの値動き。欧州米国タイムで高値ゾーンに再び。【ユーロドルドル円】ユーロチャート▽がFOMC、日足でも1.1000レジスタンスの領域、ドル円は日銀声明。FOMC声明・ [続きを読む]
  • 0125 前週 ECB現行もドラギ発言ではいったんユーロ売り
  • 先週はダボス会議、ECB政策発表。ECB金利は現行のままだが、続くドラギ総裁が将来の金利引き下げ示唆でユーロ下落も。【ユーロドル ドル円】   金利はしばらくの間現行かそれを下回る水準で推移 新興市場の不透明感で下振れリスクは増 政策姿勢について次回委員会で再検討も丸枠1.077下値まで下落その後ゆっくりと戻しも、翌日からはその値むけてゆるり下落。前回の大荒れユーロ戻しと比較では小さ目だが、一旦下落 [続きを読む]
  • 0118 前週 日銀黒田・追加なし発言、MPCは現行
  • 先週は、雇用後の週、原油続落・中東不安ただしイラン経済制裁解除で経済見通しは改善見込み。日本株は17000円割れ、ダウ16000ドル。香港も続落。台湾選挙で政権交代は親欧米。【ユーロドル ドル円時間、ダウ30日】円買い117円付近、IMMは引き続き買いより2週目(先週までで)黒田氏浜田氏共に追加策なしの発言も。ユーロドルのIMMも隔たり縮小になったのか?MPCが政策現行0.5%で金利維持も一人のみ反対で一緒。今週は、株の流れ [続きを読む]
  • 0111 前週米国雇用は予想以上の結果、反応は一時的
  • 先週は米国FOMC議事録、雇用統計。northコリア爆実験に、中国サーキットブレイカ―変更など。為替より株下落に注目された一週間。FOMC議事では内容には目新し合なしでもその後ゆるりもどりありもドル売りの流れに。・12月利上げほぼ全員が条件みたしているとで一致・複数のメンバーは12月利上げ5分5分と判断・インフレに対するリスクには原油やドル高含まれるなど。【ユーロドルドル円】週末雇用統計こちらは5%そのままでもプラ [続きを読む]
  • 0104 上海・先進共に株下落スタート
  • 2016年入り、サウジ・イラン外交関係断絶報道と中国で導入したサーキットブレイカ―作動の株下落スタート。原油がテーマ性ある材料か。今週は中頃FOMC議事、週末雇用統計。チャートは先週までの位置確認、□が日銀▽がFOMC。手前ユーロドル急騰はECB。○は週の範囲。【ユーロドル ドル円】利上げ開始を経てユーロは日足で、おおきなレンジ1.05と1.17辺りの真ん中より下レベルである1.10が現在。もう少し簡素なレベル感では1.05か [続きを読む]
  • 1221 前週FOMCは利上げ、日銀補完措置
  • 先週は、週中に注目のFOMC、予想通り初回利上げ実施。注目はドットつまりは利上げスピード・年末の平均予想率。連銀メンバーの2016年予想が1.375%平均でこれが前回ドットと同じ。17年末は前回2.625でこれが2.375%に。18年は3.25%で同じレベル。FOMC予想とは違いあるものの、前回予想よりゆるやかな利上げ見通し。【ユーロドル ドル円】ユーロドル図しかくがFOMC、ドル円はしかくが日銀。ユーロドルで時間で赤コマ上下ひげ長型 [続きを読む]
  • 1214 前週、原油安相場・円買い場面もFOMC前調整か
  • 先週はドラギ会見と米雇用後の週。原油が再び安値基調で報道にも多。付随か今週のFOMC前調整かでドル円中心のやや長めドル売り場面あり。【euro d yd】同じくユーロドルでも追加緩和だしたドラギ会見高値超える1.10越えにも。それでも材料難。スイスは据え置き。英国中銀は。相変わらず8:1据え置き金利、買い取りは全員維持。一応ポンド売りも戻しに。今週はFOMC利上げかどうか、日銀も週末に。IMMはドラギ前で建て数最高レベル [続きを読む]
  • 1207 前週ECB追加緩和策、ユーロ買戻し相場
  • 先週はECB政策と米国雇用。ECBは事前から追加ありの予想強め。2度目のマイナス金利発表の際にドラギ総裁がこれ以上の引き下げはないとしてたが、10月に「預金金利引き下げ協議」。直前までに中銀預金を―0.2から―0.3にという予想。【ユーロドル ドル円】結果は予想通り。ただし買い取り増額を見込んだ人には失望。半年期間延長あっても、値動きはユーロ買戻し大。直前にも戻し大、発表直後に一回は↓値もすぐに買戻し [続きを読む]
  • 1130 前週、ECB預金に対する2段階の課税観測報道
  • 先週は週末サンクスギビングで米国休暇、それに向けての調整など。週初めに米国GDP7-9月改訂、こちらは予想と同じ2.1%。その他カーニー英国中銀の発言、「金利引き上げが消費にどう影響を与えるか注視」など。週中には、ECBが次回会合で預金に対する2段階の課税かもしくは債権追加購入との観測報道。これでユーロは売られ基調に。久しくややトレンドになった値動き。ただし観測。【ユーロドル ドル円】NYタイムには半分戻り [続きを読む]
  • 1123 前週 FOMC議事録、12月利上げに向かう内容、日銀は無風
  • 先週は国内GDPに米国CPI、週中にはFOMC議事。GDPは7−9月で前期比―0.8%(予想は―0.2)米国CPIは予想と同じ0.2%プラスで結果は初動ドル買いただしこれはつずかずの戻り反応。続いてFOMC議事録では、次回会合で決定の方向性が強めと解釈でき初動はドル買い。これも戻り早くコマ的。【ドル円 ユーロドル】1.064ユーロドル付近で停滞の時間コマ、その後はゆっくりとアジアでドル売り基調。週末に向けては再度1 [続きを読む]
  • 1115 前週、ドラギ議会証言・週末仏テロ
  • 先週は雇用統計の後週、週中にドラギとイエレン発言。議会証言では、ユーロ圏に統一された預金保険計画必要といったドラギ発言も。イエレンは特に金融発言なし。【ドル円 ユーロどる】他には・必要なら2016年9月過ぎてもQE実施・12月の理事会でQEの度合いについて検討するなど。現在のコンセンサスは12月ECB追加、FOMC利上げ。週末に起きたフランス同時テロで一時的リスク回避のスタート。今週は日銀政策、FOMCと [続きを読む]
  • 1109 前週米国雇用統計予想以上
  • 先週は、ドラギ講演・MPCインフレレポートに米国雇用統計発表。週初めに中国のGDP成長目標報道、2020年に2010年の倍。為には毎年6.5%成長が必要とか。週真ん中はドラギ講演、「これまでのQEは疑いようなく効果的」など現行内容。注目はあと1回FOMCがある12月にむけての材料となる雇用統計。【ユーロドルドル円】結果は予想以上の良いもの。ユーロドルではドル全面高。1.085上から1.07まで下落。1.08にそれまでの大き [続きを読む]