サンデーソウザンス さん プロフィール

  •  
サンデーソウザンスさん: SOZANSUの駄作写真館
ハンドル名サンデーソウザンス さん
ブログタイトルSOZANSUの駄作写真館
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sundaysozansu
サイト紹介文北海道の四十過ぎのおっちゃんが撮影した「駄作」鉄道写真を載せて気ままに更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/07/01 06:33

サンデーソウザンス さんのブログ記事

  • 夕焼けと四季島
  • 久々に撮影に行けました^^僅かな時間でしたが2度目の『四季島』を狙ってみました。撮影した日は好天で、ただ行動開始が遅く撮影場所が限定されたのは少し残念であります…実はこの画像…オリジナルはこのような雰囲気ではありませんでした…回送区間の撮影なんですが、撮影場所に悩みに悩んだ結果ここにした訳です。直前に雲がたち込め逆光でも『イケる?』かなと思いここにしましたが再び太陽が出始めた時に四季島はやって来ま [続きを読む]
  • 蝦夷富士
  • 『羊蹄山』…別名を『蝦夷富士』と呼ばれる郷土富士の一つである。北海道を代表する山の一つと言ってもいいと思います。室蘭本線と羊蹄山はあまり関係無い様に思いますが、この場所からはその2つが見事に絡みます^^5月2日に営業運転としては初の道内入りを果たした『トランスイート四季島』は…頂に雪の残る羊蹄山をバックに軽やかに駆け抜けて行きました^^冬と春が同居する一幕を新型車両を被写体に良いカットが写せたと思っ [続きを読む]
  • 季節は進む…
  • 前回に四季島の試運転を島松沢で撮影した時は『真っ暗』でした(苦笑)それからひと月と少し経ちました。前回と撮影場所は異なりますが、季節は進んだと実感、だってISO1600でSS1/1000程度で写せるから^^下り四季島は登別で乗客を降ろした後に手稲まで回送されます。その回送を千歳付近で写したカットです。乗客は居なくともその存在感は変わらずです。何時か新千歳空港の展望デッキからこの列車を狙ってみようかな…?以下に参 [続きを読む]
  • スーパー北斗…
  • 昨日は久々の撮影だった…前日の雨模様とは異なり綺麗に晴れ渡っていた^^昨日は前日に上野を出た『トランスイート四季島』が営業運転としては初めて道内入りする日、沿線には多くの方々が撮影に出かけたようだ。おっちゃんもその中の1人であった^^幾度の試運転を経ておおよそのスジが判ってきたらしく『羊蹄山』が綺麗なこの場所も多くの方で賑わっていた。さて…本命の少し前に『スーパー北斗』が通過します。おっちゃんがこ [続きを読む]
  • タイムマシーンがあるならば…その6
  • 今月初めに『京都鉄道博物館』に行ってきました。その事は前回の日記でも少し書いてあります。日本の『鉄道史』に残る貴重な車両をたくさん見てきました^^その中にコイツも居ました『トワイライトエクスプレス』数々の『名シーン』を見せた24系ブルトレ、その中でも異色の『グリーン色』纏った寝台特急。4月2日、トワイライト色の『EF81-103号機』は特別なHMが付いていました…個人的にはEF81+TESは1度も見た事が無かったので『 [続きを読む]
  • つばめマーク
  • デフの『つばめマーク』はエース機の貫禄、自分はそう思ってます。ただ、お世辞にも現役時代の彼は『体調的』には良くなかったようです…。その事は知り合いからのお話しやウキペディアなんかにも記載されています。しかし、このマークがある為に彼は今もその姿を21世紀に伝える事が出来ているのだとうとも自分は思っています。C62‐2号機がバリバリに働いてた時を自分は全く知りません…しかし、彼ほど人を虜にする機関車も無いか [続きを読む]
  • 関西の春
  • 所用がありこちらに出向き、そのチャンスを活かさない訳にはいかないという事で少し足を延ばして有名撮影ポイントの『加島陸橋』に出かけてみました。全く土地勘が無く、しかも初めて行く場所なので無事に着けるか不安でしたが迷う事もなくたどり着けました^^(ここは初めてでも本当に判り易いです!)JR東西線の加島駅から線路沿いに大阪方面に戻ります、程なく線路を跨ぐ高速道路が見えてきます。(ゆっくり歩いても2.3分)す [続きを読む]
  • タイムマシーンがあるならば…その5
  • JR北海道『夏の風物詩』散水列車、この一幕も過去のモノとなりました…この列車が走る基準として…一説にはその日の予想最高気温が『32℃』を超える予想ならば走る可能性が有ったと記憶しております。ただ、その基準になったとしても100%走る訳ではなく本当に神出鬼没だったと思います。事実、おっちゃんも撮影出来たのは添付画像を載せた日『のみ!』この画像は過去にも載せました…真夏の撮影活動は正直に言って好きではありま [続きを読む]
  • 暗闇で写す『トランスイート四季島』
  • カシオペアに変って彼が5月より道内入りする…その名は『トランスイート四季島』その豪華さは一部報道で知っている方も多いと思います。その試運転があると聞きつけ撮影に出かけました。正直、スジは全く判らず…行き当たりばったりで待ってました。そして彼が現れたのは陽も暮れて完全な『闇夜の中』でした(苦笑)こんな中での撮影は本望ではありませんでしたが…せっかくの機会なので『未熟な腕』で精一杯の勝負をしてみました [続きを読む]
  • タイムマシーンがあるならば…その4
  • 今日の日記はタイトルの趣旨とは少し異なると思いますがご容赦頂ければと思います。平成23年5月27日にキハ283系の『スーパーおおぞら』から火災が発生し死者こそ出なかったものの悲惨な事故が起こりました…。それ以降のJR北海道の不祥事や事故は鉄道に興味のある方ならば記憶にある事と思います。さて、石勝線の高速化に大いに貢献した『キハ283系』は気動車ながら在来線TOPレベルの車両であった事は間違いないと自分は思ってます [続きを読む]
  • タイムマシーンがあるならば…その3
  • 以下に載せる画像は『初公開』になります、本来ならば失敗作なのでお蔵入りです。自分の中で『タイムマシーンがあるならば』最も撮影したい被写体は間違いなくコレになります!準定期時代の上り『トワイライトエクスプレス』は札幌を14時過ぎに出発、五稜郭に19時少し前に着くダイヤでした。夏至の前後一月程度はこれを道南屈指の名所『駒ヶ岳バック』で狙う事が出来ました。しかし、おっちゃんはこれを数多く狙うもまともに撮影出 [続きを読む]
  • タイムマシーンがあるならば…その2
  • この画像、過去にも載せたかもしれませんが…次世代のDLとして登場した『DF200』その試作機『901号機』この機関車と自分の相性は最悪でした…本当に巡り合わせが悪く、まともに撮れたのは『この1回』と言っても良いほど…タイムマシーンがあるならば本当に撮りたい機関車です!彼は一応今も『現役』です。しかし、その姿を見る事がほぼ不可能?な状態みたいです。ごく稀に函館貨物駅での運用に就いているという事もあるみたいです [続きを読む]
  • タイムマシーンがあるならば…
  • この頃に戻りたい…撮影地でよくお会いする方がブログで懐かしい画像を公開されておりました^^その方や撮影地で出会った方々との思い出が鮮明に甦って来ました…自分の大好きな『DD51』との出会いに一喜一憂したあの頃にもう一度戻りたい…その方に刺激されて今日は過去画像を載せて更新したいと思います。この頃は…凸凸の寝台特急も数多く走り、また凸牽引の貨物列車も現役でした。そんな中からこの2枚を…カシオペアが週3往復 [続きを読む]
  • ドS^^
  • 通称『宇宙軒S字』と呼ばれるこの場所…単線で『ドS』な構図が見る者を引き付けます^^自分がここで撮る場合は縦構図で『ドS』を強調したいです^^ただ、縦構図では十数両連なる寝台特急や貨物列車では編成が切れてしまい、個人的にはここでこれらを撮る事は殆どありませんでした。その点で7,8両の特急列車は収まりが良く自分にとっては格好の被写体であります^^画像はキハ261系の『スーパー北斗』ダイヤ改正で基本が8両から7 [続きを読む]
  • JR北海道ダイヤ改正の目玉??
  • 去年は北海道新幹線の開業という事がありましたが、それと比較して地味?な今年のダイヤ改正ですが、そんな中、旭川と稚内、網走を結ぶ特急が新設された事と789系0番台を使用した『ライラック号』の名称が復活した事が話題でしょうか?ほぼ道南地区限定で見られた『789系0番台』が近場を走るという事で早速撮影してみました^^大きな違いと言えば…スーパー白鳥時代はHMが幕でしたが、これが『フルカラーLED』に変更になってます [続きを読む]
  • 最後の来道
  • 2月26日は自分の中では奇跡に近い『日曜日』の休みであった^^カシオペア紀行最終日に休みが当たった事で自分の腹は決まっていた!この日、自分の大切なカメラ同志と撮影に出かけていた、自分の他4名もの方々が同行下さってくれました、本当にありがとうございました!あの日、当初はもっと南で撮る予定だったのだが、厚い雲に視界を遮られロクに車両が見えない状態…少しずつ北上し長和で写す事に決めたのです。曇る前提でここに [続きを読む]
  • 少し指向を変えて更新
  • 先月の下旬に丸井今井札幌本店で『全国うまいもの大会』が開催されていました。同店で定期的に開催される催事で、おっちゃんはこういう催事に行くとテンションが上がるタイプです^^(ちなみにデパ地下も好きです^^)全国各地の名産品や有名品、スイーツなんか数多く購入出来ていつ行っても大変混雑しています。そんな中…おっちゃんが興味を持つのが『お弁当』である^^ご当地お弁当や人気の『駅弁』なんかも買う事が出来て… [続きを読む]
  • これも忘れてはいけない…
  • たった6両編成ながら、そのカラーリングから存在感抜群のこの列車^^(北海道なら6両は長大編成になるかもしれませんが、ここでは短編成です…)晴天ならば文字通り『金色』に輝くのだろうが…この日は曇り…でも、その走りは目に焼き付けましたよ^^余談だが、この位置からの『6両編成』って凄く撮り易いし収まりが良いなぁ〜と思いました!以下に参加しています、気が向けば「1ポチ」お願いします。にほんブログ村鉄道写真 ブ [続きを読む]
  • 自分にとっては『一生モノ』
  • カシオペア紀行の機関車の運用は上野発で下った機関車がトラブル等が無ければそのまま帰って来る運用になります。自分としては27日に『ヒガハス』に行くと決めてから…81号機もしくは95号機が25日に入ってくれないかな?と思い続けていました。25日は仕事が2時間程残業になり、帰宅したのは夕方…早速『貨物チャンネル』を見る…そこには下りカシオペア紀行は『EF81-81号機』と出ていました。あとは機関車にトラブルが無い事と…26 [続きを読む]
  • 露払い…その2
  • EF210とタンクトレイン…これでも『真打』に敵わずやはり露払いです、この日は。北海道で見れなくなって久しいタンクトレイン、コキとは違う重厚感があるんです。EF210も爽やかな感じで自分から見ると新鮮です^^よく見ると最後尾にコキが『1両だけ』付いているんです。大昔は様々な貨車が連なった貨物列車をよく見ましたが、最近はご無沙汰でした。また、北海道でも自分の記憶がある限りタキとコキの混結は無かったと思います。 [続きを読む]
  • 露払い…
  • 2月26日はカシオペア紀行の道内ラストラン…同じ趣味を持つ方々は多くの方が撮影に出かけた事と思います。ただ『上り』に関しては残念な思いをされた方も結構いらっしゃると思われます…。しかし、天気ですし『運』ですからこれは諦めるしかありませんね。上りのカシオペア紀行の少し前に『スーパー北斗20号』が通過します。今や北海道の定期列車としては『最長』の8両編成です(増結なしで)。カシオペアの機関車込み13両と比較す [続きを読む]
  • 尻切れカット『多発』
  • 全ては『本命』の為…引っ切り無しに来る彼には『犠牲』になって貰った…15両の普通列車なんて北海道では絶対に見れない被写体なのに…今日のヒガハスはここに数多く行ける方にとっては絶好の条件ではなかったと思うが…北海道民の自分にはそんな贅沢は言っていられない…ここで『EF81-81号機』の牽くカシオペア撮れただけで『もう十分』なのである^^以下に参加しています、気が向けば「1ポチ」お願いします。にほんブログ村鉄道 [続きを読む]
  • 1月29日『茅沼駅にて釧路行』
  • ここでSLを狙う場合どうしても『欲』が出てしまう…ただ単にSLと鶴が一緒に写るだけでは満足出来ないのです…丹頂鶴という生き物はやはり『羽を広げて飛ぶ姿』が絵になると思います。しかし、そのカットを1度の撮影でモノにするにはかなりの『強運』が必要…結局は去年と同じ様なカットとなった訳です。実は…このカット写す直前に丹頂鶴が飛び去ったのです!しかも、SLの進行方向に!この時にもしも、もっと縦位置で待っていたら [続きを読む]
  • 1月29日『早朝』
  • 丹頂鶴の撮影スポットとして有名な『音羽橋』この日『1月29日早朝』も多くの方が来られていました。この日は晴天でしかも放射冷却で気温は『氷点下15℃』を下回っていました。そんな好条件?悪条件?の中写した1枚です。逆光が生み出した幻想的な一瞬を切り取る事が出来たのかな?と思っております^^この日寒さからか?鶴の動きは鈍かったです…(苦笑)そんな中…ファインダー越しに一瞬を狙ったつもりです、俗に言う『鶴の舞』 [続きを読む]
  • 1月28日『標茶行』
  • スーパーおおぞら1号でこの日釧路に着いたおっちゃんはレンタカーを借りて、すぐさまSLを追いかけました。この日…運転初日にも関わらず『強風』の為か?沿線の撮影者は去年と比べて少なく感じました。この日、往路最初で最後の撮影場所に選んだのは…去年の撮影でお気に入りとなった、標茶駅近くのここでした。やはり強風の影響で煙は理想とは程遠い感じですが正面を『ドカン』と写せるアングルはやはり魅力です、またHMも非常に [続きを読む]