ボンゴ広場 さん プロフィール

  •  
ボンゴ広場さん: コテージ&ゲストハウスボンゴ
ハンドル名ボンゴ広場 さん
ブログタイトルコテージ&ゲストハウスボンゴ
ブログURLhttp://www.bongoniseko.com/bongoblog/
サイト紹介文北海道ニセコ町で手作りログハウスによるコテージとゲストハウスを運営しております。
自由文ニセコでコテージとゲストハウスを運営しております。コテージとゲストハウスはすべて手作りログハウスです。夏にはBBQやラフティング、冬にはスキー、スノーボードが楽しめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/07/02 18:06

ボンゴ広場 さんのブログ記事

  • ニセコ冬キャンプ
  •    今シーズンから本格的に始めた冬キャンプ。寒いイメージしかなかったのですが、ちゃんとしたテント、寝袋を使えば夏以上に快適なキャンプが体験できることがわかりました。冬は虫が出ないので、テント内が暖かければ虫を気にすることはないし、汚れることもあまりないのでとても快適です。 また、冬キャンプはまだまだ知名度が低いので、特別な体験をした感じにもなります。 ギアの使い方や冬キャンプの [続きを読む]
  • 朝日
  • 冬の朝日は何とも言えない特別感があります。 先日は素晴らしい朝日が見れました。 新しく来たcanvascampのテントと合わせると何とも言えない風景に。 [続きを読む]
  • ニセコ雪中キャンプ
  • 今回"canvascamp"のsibley 500 ultimate pro を使用した雪中キャンプを試みました。 結果としては問題なくいけることがわかりました。 テントの問題はないのですが、断熱をしっかりするためにテントフロア下に何かをおく必要性と、 寝床のフロア部分を柔らかさの改善の必要性がわかりました。 テント内でストーブを利用することはベンチレーションシステムがしっかりしているので問題はなく、 ス [続きを読む]
  • サステイナビリティー グランピング
  •  最近注目を集め始めているグランピングと呼ばれる高級感(グラマラス)な キャンプスタイルが流行り始めています。時代の流れというのか、なぜ最近この グランピングが流行り始めたのでしょうか?  もともとはイギリスが発祥のこのグランピング、ヨーロッパでは結構前から広まっていたようです。 もともと、富裕層の人たちがキャンプをするようになり、富裕層のスタイルなのでキャンプも 高級感のあるグラマ [続きを読む]
  • シェア経済と宿泊施設の動向
  •  最近よく聞くキーワードの一つにシェア経済というものがあります。 あらゆる要因から現代社会において少しずつその存在感を現し始めているシェア経済ですが、 私が個人的に思うにそれは景気問題だけではなく、人々の心の変化や、価値観、グローバル化が進む中で 変化しつつある日本の文化が背景にあると感じます。 所有や消費ではなく、共有することや、なるべく自分の力で作り出す、また物資的な買い物よ [続きを読む]
  • 冬の訪れ
  • 一段と寒くなってきたニセコです。 ボンゴ広場からは雪で白くなったアンヌプリが見えます。 山の下部は最後の紅葉で色づいています。 ボンゴ広場では冬に向けて色々と作業をしております。 今年から始めてみようと考えている雪上キャンプは 面白い企画が進んでおります。 リサーチを進めているとグランピング用のテントを販売しているブランドが多いことを知りました [続きを読む]
  • 秋のアンヌプリ登山
  • 今日は朝から快晴でした。 午前中にコテージの掃除を済ませて、お昼ご飯を食べてからアンヌプリを眺めていたら なんだか急に天気も良いし登りたいなと思ってきました。 明日から天気も怪しいし、もう一気に寒くなって紅葉も今しかないと思ったので ささっと準備してアンヌプリを登ってきました。 風がひんやりと冷たく、ナナカマドやハイマツの色合いがとても綺麗。 [続きを読む]
  • ストーブ点火
  • こんにちは。 羊蹄山にも雪が積もり始め寒くなってきました。 もうストーブを焚かないと寒いのでさっそく火を点火しました。 ボンゴ広場の母屋にあるログハウスにはノルウェーブランドのjotulのストーブがあります。 見た目もとてもオシャレで、火がつくととても美しいです。 マキストーブは匂いも良くて、木の種類にもよりますがなんとも言えない安心感を感じられます。 また、マキストーブを使っていると [続きを読む]
  • ボンゴ広場から望む羊蹄山
  • こんにちは。 10月に入りニセコは一段と寒くなってきました。 羊蹄山も初冠雪し、冬の訪れを感じています。 秋のニセコは四季の中ではお客さんの少ないシーズンではありますが、 紅葉や温泉めぐり、とれたての秋野菜を使ったBBQは秋ならではの楽しみです。 ボンゴ広場では冬に向けて庭の木々の冬囲いなどをしております。 作業の合間に羊蹄山を眺めたり、コーヒーを楽しんだりと ゆっくりとした日々を過 [続きを読む]
  • Cottage Stay ニセコ
  • ”ただいま”と言いたくなるようなコテージ。 ボンゴ広場ではそんなアットホームな宿を目指して運営しております。 また、新たな構想としてキャンプサイトの設置や、グランピング系の内容も検討しています。 自然とのつながりが注目され始めており、より自然を感じられる空間をボンゴ広場に作りたいと思っております。 私はガーデニングが好きなので、敷地内にはナチュラルな庭づくりをして心安らぐ空間作りをして [続きを読む]
  • ボンゴ広場からの星空
  • ボンゴ広場に泊まったら是非体験してもらいたいのがこの星空です。 天気が良い日ならコテージの外から綺麗な星空が眺められますよ。 コテージヘムロックには大きな天窓がついており、星空を見ながら眠りにつけます。 以前宿泊されたお客さんも天窓からずっと星空を眺めていましたと満足してくれました。 コテージの裏のスペースはあまり付近のライトの影響を受けないので、綺麗に星空を眺めら [続きを読む]
  • ニセコでグランピング
  • 最近グランピングって言うキャンプスタイルをよく耳にするようになりました。 今まではふ〜んという感じで聞き流していた感じだったんですが、 最近妙に気になるようになってきました。 いろいろ調べてみると10人ぐらい入れるような大きいもので 中でストープが使えたりとかなり機能性の高いテントがあり 雪が多い北海道ニセコでも冬のキャンプができそうな可能性を感じています。 TentipiやNordiskといっ [続きを読む]
  • 秋のニセコ
  • 昨日からニセコは一気に朝晩冷え込むようになり、秋の訪れを感じ始めました。 夕焼けも綺麗で、秋が来たな〜と感じております。 9月のニセコは晴れるとからっとしていてとても過ごしやすく、ハイキングなどがオススメです。 また、収穫の秋でもあるので食べ物が美味しく、温泉なども楽しめる季節です。 [続きを読む]
  • 陶芸体験 ニセコボンゴ広場
  • ボンゴ広場には実は陶芸ができるスペースが備わっています。 陶芸スタジオはあるのですが、教えられる人が常時いないので 先生はいないけど陶芸やってみたいという人なら誰でも利用することができます。 たまにニセコの陶芸家さんに講師としてきてもらおうとは思っていますが、 基本は体験です。 スタイルとしては粘土があり、手びねりスタイルあるいは、その他の方法で好きなようにやっていただ [続きを読む]
  • ニセコ有島記念館
  • ニセコ大学の企画として考えているニセコの歴史を学ぶ講座に向けてニセコの歴史情報を学ぶならここ有島記念館に行ってきました。こちらに勤務されている学芸員の方がニセコ在住の人に聞き取り調査を行っており、そのお話を聞くために行きました。 ニセコが本格的に開拓を始めたのは明治三十年ごろと言われています。 そして、当時地主として入ってきた一人に有島武郎の父、有島武がいます。 当時は原生 [続きを読む]
  • ニセコ百年史
  • ニセコの歴史、経済、文化、行政、産業などの情報が集約されたニセコ町百年史上巻、下巻を読んでいます。 実は、ニセコ大学の企画でニセコエリアの歴史を学ぶ講座を企画しようということがきっかけで読み始めた ニセコ町百年史。 どうやらこのニセコエリアのほとんどは和人が本格的に開拓を始めるまではほとんど原生林だったようです。 今では広々とした畑の風景が広がっているので、当時人力で開拓をした人たちの [続きを読む]
  • ニセコらしさとは
  • 冬のパウダースノーで認知されているニセコであったり、夏のラフティングなどを含めたアクティビティーができる場所として認知されているニセコ町ではありますが、その本質的な実態というものは現時点ではあまり知られていないのが現状です。 そうした現状を把握し、新たに発信していこうという動きがニセコエリアの若者を中心に動き始めています。 例えばニセコには様々なジャンルに特化した多様なプロフェ [続きを読む]
  • ポートランドとニセコ
  • 僕がポートランドに留学をしたのは、別にポートランドが今人気だと知っていたからではなく、単純にポートランド出身のスキーヤーを尊敬していたのでポートランドに行ってみようと思ったのがきっかけだ。 だからこそ僕はその後体験したポートランドの先進的なまちづくりやデザイン性に、運命的なつながりを感じました。 ニセコとポートランドではとくにこれといった共通点はないように感じますが、ニセコ出身の僕には [続きを読む]
  • ニセコから近い海岸
  • ニセコから1番近い海岸は隣町蘭越町の港と呼ばれる場所です。ボンゴ広場からですと車でおおよそ40分ほどでつけます。簡素なビーチですが、人がほとんどいなくてプライベートな時間を楽しめます。僕は海岸で流木とかを拾ったりするのが好きです。西海岸なので夕日が海に沈んで行くのも見れますよ。結婚穴場スポットではないかなと思っています。 [続きを読む]
  • ニセコ大学 看板作り
  • 先日ニセコ自給自足研究所にてニセコ大学開校に向けた看板作りを行いました。 ニセコ大学とは ニセコ大学とは自然豊かなニセコで、自然に優し暮らし方、働き方、遊び方を学ぶ場です。人と人がつながりながら、この土地でより豊かに暮らして行くにはどうするかを追求し続ける学校です。ニセコ大学は自然に恵まれたニセコ地域における「地球にやさしい生活術」として、暮らし方、働き方、遊び方につい [続きを読む]
  • ガーデニング
  • ニセココテージボンゴ広場ガーデン ニセコ コテージ "明日より無料コーヒースタンド始めます!!"と言うのは半分冗談で、僕が4年ほど前からコツコツと作成しているガーデンをいろんな人に見てもらおうということでオープンガーデンをやることにしました。 まだまだガーデナーとしてはど素人ですが、ワイルドさとナチュラルなエッセンスを取り入れながらコツコツやっています。ガーデナーの方なんかにも来てもらって [続きを読む]