ミッティー さん プロフィール

  •  
ミッティーさん: 広島の視線
ハンドル名ミッティー さん
ブログタイトル広島の視線
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mitokosei/
サイト紹介文広島平和公園のボランティアガイドが送るヒロシマと原爆の情報、花の写真
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1752回 / 365日(平均33.6回/週) - 参加 2011/07/03 06:06

ミッティー さんのブログ記事

  • 核なき世界への鍵 オバマ訪問から1年
  • 現職の米大統領としてオバマ氏が初めて被爆地を踏み、27日で1年。国内外の関心を集めたが、「核兵器なき世界」への具体的な行動は乏しいまま、大統領の任期を終えた。核増強も辞さないとするトランプ政権が誕生し、北朝鮮問題で国際情勢は緊迫度を増す。いま「5・27」が持つ意味を、被爆者や市民たちの声を基に考える。 (中国新聞新聞)<上> オバマ効果 廃絶署名は熱気欠くhttp://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=7 [続きを読む]
  • 擬声語(4)
  • chatter [チャター] ペチャクチャ  Cutthe chatter, boys, and listen to me. 君たち、おしゃべりをやめて私の話を聞きなさい。 mutter [マター] ブツブツ Thetaxi driver chattered about the bad traffice. タクシーの運転手は道が込んでいることでぶつぶついった。 zzz [ジー] グーグー(いびき) [続きを読む]
  • 名言 (ダライ・ラマ14世)
  • 腕と足は違う役割のものです。しかし、足に不具合が生じれば、自然と手がその役割を補うものです。同じように、この社会のどこかで不具合が生じたら、私たちは助けにいかなければなりません。なぜなら、私たちは皆で一つの命を生きている存在だからです。共命鳥 (ぐみょうちょう) の教え 佛説阿弥陀経という経典の中に六羽の鳥の名前が出てきます。 その一羽が共命鳥(命命鳥)と言われる鳥です。 その鳥は、胴体が一つで首か [続きを読む]
  • 5月26日 14歳以上の女子学生の動員実施
  • 1942年、14歳以上の女子学生の動員実施計画決定。日中全面戦争・太平洋戦争期に,中等学校・高等学校・大学の学生や生徒を強制的に工場などに動員し労働させたこと。1938年(昭和13)6月の文部省〈集団的勤労作業実施に関する通牒〉により,学生・生徒は長期休業中に3‐5日勤労奉仕することが義務づけられた。それを恒常化したのが39年の木炭や食料の増産運動であり,生徒らは正課として作業に参加することになった。41年には年間30日の [続きを読む]
  • インドのウラン採掘地で何が起きている?
  • ウラン採掘と核廃棄物投棄で周辺の先住民に深刻な被害 “ブッダ生誕の地”ともいわれるジャドゥゴダは、インドのビハー ル州南部シンガハム地方にあり、先住民が多く住む地域。インド で唯一のウラン鉱山があります。ウランを採掘・製錬する国営の ウラン公社(UCIL )は、廃棄物を野ざらしのまま投棄、近隣の住民 のあいだにはガン、白血病、流産・死産、奇形、先天異常、皮膚 疾患など深刻な病気が広がっています。ウラン鉱山で [続きを読む]
  • 語源 in-, im-(1)
  • in-, im-は「中」や「内」を意味する inside 「内側、内側の、内側に」  The door is locked from inside. ドアは内側から鍵がかけられている。indoor 「屋内の」   indoors は副詞で「屋内で」  He stayed indoors all day. 彼は一日中家に閉じこもっていた。inner [イナ] 「内部の、奥の」 心の内部のから、「精神の」という意味もある もともとはin の比較級であっ [続きを読む]
  • 名言(バージニア・ウルフ)
  • Women have served all these centuries as looking-glasses possessing the magic of reflecting the figure of man at twice its size.女性はここ数百年もの間、男性の姿を実際の大きさの二倍にうつす魔力を持った鏡の役割をしてきた。(「実際の大きさの二倍にうつす」とは、「実際より2倍偉いようにうつす」こと)Virginia Woolf(イギリスの女性小説家) [続きを読む]
  • 5月25日 米核砲弾の実射試験を実施
  • 1953年、アメリカが、史上初かつこれまでで唯一の核砲弾の実射試験を実施。核兵器の小型化が進んでいない時代にアメリカ合衆国で最初に作られた核砲弾は、1952年より配備が進められたW9核砲弾である。口径が280mmもある巨大なものであり、専用のアトミックキャノンと呼ばれるカノン砲により発射されるが、その巨大さ故に運用が困難であった。W9核砲弾はW19核砲弾に更新されたりしたが、核兵器の小型化とともに1957年には203mm砲向 [続きを読む]
  • 5月24日 「売春防止法」公布
  • 1956年、「売春防止法」公布。1958年4月1日より罰則規定を施行。売春防止法とは、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照らして売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする日本の法律である。施行は1957年(昭和32年)4月1日、完全施行は1958年(昭和33年)4月1日から。この法律の施行に伴い1958年(昭和33年)に赤線が廃止された。 [続きを読む]
  • イギリス連邦軍の駐留はいつから?
  • イギリス連邦軍の駐留は中・四国地方だけ、しかも翌年になってからだったようです。「イギリス連邦占領軍とは、第二次世界大戦後の1946年〜1952年まで日本に駐留したイギリス軍、オーストラリア軍、ニュージーランド軍、英印軍から成るイギリス連邦の日本占領軍を指す。最も多い時には、兵力は約4万名に達した。これは当時同じく日本各地に駐留していた連合国の1国であるアメリカ占領軍の兵力の25%に相当する兵員数であった。イ [続きを読む]
  • log は「話す」
  • colloquial col(=together)+loqu(=speak)+ial(形容詞語尾)で、「共に話す」から、「口語(体)」 a colloquial expression 口語表現 eloquent e(=ex)+loqu+ent(形容詞語尾)で、「話し出す→言葉がよく出て来る」から、「雄弁な」  an eloquentspeaker 雄弁家 elloquence 「雄弁」 prolog(ue) pro(=before)+log で、「前もって話すことば」から、「(劇の)前口上」   catalog(ue) c [続きを読む]
  • 名言(むのたけじ )
  • 敵の銃砲を奪って敵を倒すことはできる。それがゲリラの極意だ。しかし敵の思想で敵を倒すことはできない。足は山麓にあって口は山頂の美観を語る、それがこの国の政党・政治家の「公約」というやつだ。鏡を割っても顔の汚れは消えない むのたけじ(戦時中、中国戦線やジャワ戦線の悲惨さを目撃し、戦後は反戦運動で活動。最期まで反骨を貫いたジャーナリスト。戦争を「狂い」と表現し、平和の大切さを訴え続けた。) [続きを読む]
  • 3月24日 南京事件,ライシャワー米大使、日本人少年に刺される
  • 1927年、蒋介石の北伐軍が南京を占領。軍の一部が暴徒化し外国人を襲撃。南京事件は、1927年(昭和2年)3月、蒋介石の国民革命軍の第2軍と第6軍を主力とする江右軍が南京を占領した際に起きた日本を含む外国領事館と居留民に対する襲撃事件。1927年(昭和2年)3月24日早朝、国民軍総司令蒋介石の北伐軍が南京に入城した。その軍長は程潜であった。当初は平和裏に入城していたが、まもなく、反帝国主義を叫ぶ軍人や民衆の一部が外国 [続きを読む]
  • メキシコの家族にヒロシマを伝える
  • スペイン語の資料を大きな声で読んでいる若い女性。メキシコの高校3年生でした。なんと、メキシコの家族に内容を伝えているのです。私をお兄さんに紹介してくれたので、手を振って挨拶しました。日本語は一年しか勉強していないのに、実にうまい。大学に入学したら、日本に交換留学生としてもう一度日本に来る予定だそうです。また会える日を楽しみにしています。 [続きを読む]
  • 「会話」とは?
  • 会話とは.「二流どこの連中が、お互いに自分の頭脳の中身を陳列し合う共進会。ただし、誰も彼も自分自身の商品を並べ立てるのに忙しくて、隣人が並べて見せる商品を眺める余裕など、全然ないのが普通」。ビアスの「悪魔の辞典」 [続きを読む]
  • 語源 en- (1)
  • en-は「〜にする make」の意味で、他動詞をつくるenable  ableは「〜する能力がある」なので、「できるようにする」 The money enabled him to buy the house. そのお金で彼は家を買うことができた。 Her help will enable me to do the job sooner.   彼女が手伝ってくれれば、もっと早く仕事が済ませられるのですが。反意語は disable The traffic accident disabled him from playing basebal [続きを読む]
  • 中国人の原爆被爆及び中国から見るヒロシマ・ナガサキ(2-2)
  • 広島にいた中国人留学生の原爆被爆(後編)](中国人留学生、王大文さんの被爆証言の続き) そのとき突然、飛行機が急降下する音が聞こえた。警報も出ていないのになぜだろうなあと不思議に思い、窓を押し開けて、頭を出して様子を見てみようとした瞬間、ピカッと雷のような光が射し、反射的に頭を抱えて身を伏せ、そのまま意識を失った。崩れた壁の穴を通って逃げるマレーシア人留学生の身体が触れ、意識を回復した。大きな机の [続きを読む]
  • 5月23日 ハインリヒ・ヒムラーが自殺
  • 1945年イギリス軍に拘束中の元ナチス親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラー自殺。1939年から第二次世界大戦がはじまるが、1942年に部下のハイドリヒとアドルフ・アイヒマンが「ヴァンゼー会議」という高級の政治家・軍人を集めてユダヤ人の対処を語り合い、方針が決定された。 敗北寸前の1945年、ヒトラーの誕生日にベルリンへ赴くが、すぐさまヒトラーの元を離れてしまう。 負けて滅びそうなので連合国と和平交渉し [続きを読む]