ミッティー さん プロフィール

  •  
ミッティーさん: 広島の視線
ハンドル名ミッティー さん
ブログタイトル広島の視線
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mitokosei/
サイト紹介文広島平和公園のボランティアガイドが送るヒロシマと原爆の情報、花の写真
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1814回 / 365日(平均34.8回/週) - 参加 2011/07/03 06:06

ミッティー さんのブログ記事

  • 語源 re- (1)
  • re- = back(後ろへ)return は turn back で、「帰る、返す、返礼」」 I have just returned home from a trip to London. ロンドン旅行から帰国したところです。 repay 「払い戻す」 When did you repay her the money you borrowed? 彼女に借りた金をいつ返済したの。 recede cedeは「行く」なので、「後ろへ進む」から、「退く、遠ざかる」  The flood receded. 洪水は引いた。  反意語はproceed「進む」 retreat treat [続きを読む]
  • 「広島・長崎」原爆の複製爆発、50年前に米で検討?
  • 米エネルギー省の前身、原子力委員会が約50年前に、1945年8月に広島・長崎に投下された原爆の複製爆弾を爆発させて、被爆状況を再現する実験を検討していたことが、読売新聞が同省の公文書館から入手した当時の機密文書や書簡でわかった。検討は60年代初めまで続けられたが、63年に米国などが部分的核実験禁止条約に調印、地上での核実験ができなくなったこともあり、実施に至らなかった。広島・長崎への原爆投下時は測定技術が開 [続きを読む]
  • 名言(ロバート・シャーウッド)
  • The happiest miser on earth ― the man who saves up every friend he can make.地上で最高に幸福なケチとは ― 自分がつくりえる友人をみんな貯えてしまう人のこと。stingy けちな (反意語)generous 気前のよい                      Robert E. Sherwood アメリカの劇作家ロバート・シャーウッドと「哀愁」http://shisly.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-c3f7.html [続きを読む]
  • 9月25日 「帝国在郷軍人会令」公布
  • 1936年、「帝国在郷軍人会令」公布。私的機関だった帝国在郷軍人会が陸海軍所管の公的機関となる。在郷軍人会は、現役を離れた軍人によって構成される組織のこと。一般的な用語としては、「退役軍人会」という言葉と混用して用いられるが、在郷軍人会は予備役にある人によって構成される。1910年(明治43年)11月3日、予備役・後備役軍人の軍人精神向上、傷痍軍人・軍人遺族の救護等を目的に伏見宮貞愛親王を総裁として発足した。 [続きを読む]
  • 燈火管制規則とは?
  • 1938年、「燈火管制規則」施行。灯火管制とは、戦時において民間施設および軍事施設・部隊の灯火を管制し、電灯、ローソク等の照明の使用を制限することである。それにより、敵が状況を把握することを防ぎ、また夜間空襲もしくは夜間砲撃などの目標となることをなるべく防ぐことを目的としている。民間施設における灯火管制としては、特に第二次世界大戦におけるイギリス、ドイツ、日本などの例が知られている。主に都市への夜間空 [続きを読む]
  • 名言(イングリッド・バーグマン)
  • Happiness is good health and a bad memory.幸せとは健康で記憶力の悪いこと。I have had a wonderful life. I have never regretted what I did. I regret things I didn’t do.私は素晴らしい人生を過ごしました。私は自分がしたことに後悔したことはありません。私は、やらなかった物事に後悔するのです。Seem to be yourself. The world praises the original.自分らしくありなさい。世界はオリジナルを称賛するのです。Yo [続きを読む]
  • 9月24日 原子力空母「エンタープライズ」進水
  • 1960年、アメリカ海軍の世界初の原子力空母「エンタープライズ」が進水。エンタープライズ (USS Enterprise, CVAN/CVN-65) は、アメリカ海軍の航空母艦。世界初の原子力空母であり、アメリカ海軍の戦闘艦船として最長の就役年数を持ち、半世紀にわたって同海軍の象徴となっていた。バージニア州ノーフォークにあるノーフォーク海軍基地を母港とした。同名を冠する艦としては8隻目であり、先代のエンタープライズ (USS Enterprise, [続きを読む]
  • 日米原子力協定延長へ
  • 来年7月に期限を迎える日米原子力協定について、アメリカ、トランプ政権の高官は、協定を自動的に延長する考えを初めて明らかにした。その一方で日本が核兵器の原料にもなるプルトニウム47トンを保有する現状に懸念を示し、米国務省は日本に明確な削減計画を示すよう求める方針。(注)プルトニウム47トンは原爆6千発分に相当する 日米原子力協定は、国際原子力機関(IAEA)の保障措置とともに、原子力の平和利用と核不拡散を両 [続きを読む]
  • 人体を表す単語(3)
  • head 「頭」 「壷や鉢の形をしたもの」が原義 ten heads of cabbage 「キャベツ10個」(キャベツは頭に似ているからです)hair 「毛、体毛、頭髪」 do one's hair 「髪を結う、調髪する、髪の手入れをする」face 「顔、顔面」 「彼は顔色が悪い」は He looks pale. (顔色にはblueは使いません) The hotel faces the sea [the south]. ホテルは海[南]に面している。 (日本語でも顔のことを「面」と言いますね) [続きを読む]
  • 核禁止条約の署名開始 被爆国の役割を今こそ
  • 今回の条約は、保有や使用はもちろん、核兵器による脅しまで違法化する、踏み込んだ内容となっている。核兵器がいかに非人道的か、廃絶の必要性を長年訴えてきた被爆地の努力の成果と言えよう。  課題は、米国など条約に否定的な保有国と、日本を含む「核の傘」の下にある国々をどう巻き込んでいくか、である。北朝鮮の脅威が高まる中、日本や韓国では、核には核で対抗するしかないという核抑止論が声高になっている。とんでもな [続きを読む]
  • 9月23日 第五福竜丸の久保山さん死去
  • 1954年、ビキニ水爆実験で被爆した第五福竜丸の久保山愛吉無線長が放射能症で死去。第五福竜丸は、1954年3月1日に、アメリカ軍の水素爆弾実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びた、遠洋マグロ漁船の船名である。無線長だった久保山愛吉さんがこの半年後の9月23日に死亡した。1954年3月1日、第五福竜丸はマーシャル諸島近海において操業中にビキニ環礁でアメリカ軍により行われた水爆実験(キャッスル作 [続きを読む]
  • 名言(ウィリアム・ワーズワース)
  • A deep distress hath humanized my soul.深い悩みによって、私の魂は人間性を与えられたのである。         She was in distress about the matter. 彼女はそのことで悩んでいた。I felt great distress over his death. 彼の死に心を痛めた。hath = has の古い形humanise = humanize 「〜を人間らしくする」 human 「人間の、人間的な」人の一生における最善のもの、それは、誰の目にも触れない、誰の記憶にも残らな [続きを読む]
  • 色のイメージ red
  • red炎・血の色から日本語と同じくしばしば「情熱・革命・危険・幸運・怒り」などを表す。red revolution「暴力革命」「赤の他人」 は a total [complete] stranger で red は用いない「紅一点」は the only girl in the group「真っ赤なうそ」は a complete [downright] lie 「緋色」は scarlet「深紅色」は crimson「朱色」は vermilion [続きを読む]
  • 核兵器禁止条約の展望 廃絶こそ国際社会の声だ
  •  核兵器の使用や威嚇などを違法とする核兵器禁止条約の発効に向け、賛同国の署名が20日始まる。ただ保有国は条約に全く参加しておらず、実効性を疑問視する声もある。先例となった対人地雷とクラスター(集束)弾の禁止条約の制定経緯に詳しい中央大大学院教授の目加田説子さん(55)に、この条約の展望や課題を聞いた。(中国新聞) ―核兵器禁止条約の今後をどう考えますか。 10年、20年かけて育てていかないといけま [続きを読む]
  • 9月21日 室戸台風
  • 1934年、室戸台風が大阪を直撃。死者行方不明者3036人。全半潰9万3千戸。室戸台風(むろとたいふう)は、1934年(昭和9年)9月21日に高知県室戸岬付近に上陸し、京阪神地方を中心として甚大な被害をもたらした台風。死者2,473人、行方不明者1,283人を出した枕崎台風(1945年)、死者 4,697名、行方不明者 401名を出した伊勢湾台風(1959年)と並んで昭和の三大台風のひとつに数えられる。9月21日午前5時頃に高知県室戸岬西方に上陸 [続きを読む]