トーマス さん プロフィール

  •  
トーマスさん: ガイカの夜明け
ハンドル名トーマス さん
ブログタイトルガイカの夜明け
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/thomasfxfxfx
サイト紹介文FXを楽しみながら、無理なくコンスタントに資産を増やす為には…。為替の世界での日々の計画と気付き。
自由文外貨証拠金取引FXで生き残れる個人投資家は少数! FXを楽しみながら、無理なくコンスタントに、資産を増やして行くには…。ガイカの夜明けの案内人、FXトレーダー トーマスの計画と気づきの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/07/03 09:57

トーマス さんのブログ記事

  • 3月6日からの計画   米連銀総裁の発言によりドル高基調に転換か?
  • リスクオフに向かうかのような嫌なチャート形状でスタートした先週であったが、米連銀総裁の利上げに言及する発言をきっかけにして、ドルが上昇する1週間となった。今回の発言により、マーケットは3月の利上げをどの程度まで織り込んだか…?果たして3月15日の利上げは?、並びにその後の利上げの見通しはどうなるのか…?今週は、短期ドル高基調に転じた流れをそのまま引き継いで上値を拡大できるか?、否か…?に注目したい。USD [続きを読む]
  • 2月6日からの計画   トランプ・トランプ・トランプ
  • トランプ米大統領の発言や決定事項に全世界が揺れる日々が続いている。加えて先週は、日銀の国債買い入れオペ(公開市場操作)も行こなわれ、良く動いてくれた。総じてドルが先導する相場が続いていて、米時間の前半には大きく動くので目を離せられない。来週も、色々なニュースが飛び込んでくる事を前提にしたトレードスタイルを心掛けたい。USDJPY (日足)先週月曜は窓開けスタートとなり、窓を埋めることなくそのまま下落が継 [続きを読む]
  • 1月30日からの計画   ドル円の動きに注目
  • トランプ米大統領就任式以降の明確なトレンドはまだ発生していない。新大統領の発言や決定事項に全世界の注目が集まっていて、来週も何が起こるのか注目である。ドル円には底打ち感も出ているが、決め付けるのは時期尚早であろう。ドル円の変動率が高く、トレード対象通貨ペアに適している状態が続いている。USDJPY (日足)先週の火曜日には、前回安値112.55とほぼ同値の112.51まで下落した。その後、112.51から反発したことから [続きを読む]
  • 1月23日からの計画   イベント直後の週初の動きに注目
  • トランプ米大統領就任式は何事もなく無事に執り行われ、マーケットiに波乱は無かった。就任式前には短・中期の各ポジションは巻き戻されていて、現在のポジションは軽い状態であると考えられる。1月第2週までの3週連続で海外投資家が買い越していた日本株について言えば、果たして買いが再開するのかに注目。ドル円の動きも連動し易く、どちらの方向に動き出して行くのか…、に注目したい。大きなイベント直後の週初の動きは、 [続きを読む]
  • 12月5日からの計画   日足陰線が出始めたドル円
  • シカゴ先物市場のドル円建て玉のネット残高を見ると、パンパンに積みあがっていた円ロングは直近の6週間で急速に減少し、コントラクトはほぼニュートラルの状態。円ロングの手仕舞いがドル円の上昇を誘発し、ドル円の上昇が更なる手仕舞いを促進させた形。注意したいのは、現在のシカゴ筋のネット残高は±ゼロの状態にあるという事。つまり、今後円ショートを仕掛ける余力が充分にあるという事。シカゴ筋がクリスマス休暇前までに [続きを読む]
  • 11月28日からの計画   日米金利差拡大が止まらず
  • 米長期金利は一時2.4%まで乗せて、選挙前のレベルから0.55%も上昇し、ドル高の勢いが止まらない。ドル円の中長期波動は6-7年先へのドル高に向けての初動に位置していると考えられる。とは云うものの、短期的にはスピード調整があっても不思議は無く、上昇の勢いが止まればそこそこの押し目があるだろう。今週は30日のOPEC総会、金曜日には米雇用統計があり、これらのイベントによりドル買いの手仕舞いが出るリスクに注意したい。U [続きを読む]
  • 10月31日からの計画   進むドルインデックス高、長期金利上昇
  • ドル円は105円の大台に乗せて105.49まで、日経平均も17000大台に乗せてからじりじりと上値を切り上げて17461まで。ドルインデックスは99.09と大台100.00の手前まで上昇。しかし、ここから更に上昇するには幾多のチャートポイントを突破しなければならず、容易ではなさそう。債券市場では金利上昇が話題になっているようで、これは年内米利上げの思惑も影響しているのか?1日は米ISM、4日は米雇用統計、8日にはいよいよ米大統領選開 [続きを読む]
  • 10月17日からの計画   動意づいてきたユーロ・ドル
  • 雇用統計明けの先週はチャート形状からして下方向リスクが高いと考えていたが、下げることなく高値揉み合いになっている。100.07からの上昇途中には、101.82-102.80にギャップが残されている状態。今後、高値104.30を明確に更新して行くにしても、このギャップを埋めるような押しが欲しいものである。その押し目ではスイングロングの買い増しを考えたい。一方、先週はユーロドルがサポートを割り、大きく下げ始めている。スイング [続きを読む]
  • 10月10日からの計画   いよいよ動き始めた円安、ポンド安
  • 膠着状態が続いていた相場は、いよいよ動き始めた?ドル円は週初から強含んで、ストップを巻き込みながら目立った押しも無いままに104円台にタッチするまで上昇。ポンドドルは1.2795のサポートを4日に、ポンド円は128.75のサポートを7日に割り込んでポンドが弱い。しかし一方で、WTI原油は逆ヘッド&ショルダーズのネックライン52.2の手前まで上昇しているが足踏み。ドルインデックスは94.00-97.58で高止まりの状態でもみ合いが続 [続きを読む]
  • 9月26日からの計画   日銀とFOMCを通過しても膠着状態から脱せず
  • 注目していた先週の日銀金融政策決定会合とFOMCのビックイベントは、21日の水星逆行明けと重なっていた。よって大きな動きがあるかもしれない…と密かに期待をしていたのだが、今の所、膠着状態から脱する事ができていない。注目のドル円も大台100円の手前でのもみ合いが続いている状態で、その他のマーケットも明確なトレンドを示していない。殆どの通貨ペアに於いて、この数か月間はもみ合いを示している。スキャル以外にトレー [続きを読む]
  • 9月5日からの計画   ドル円の下降トレンドラインに注目
  • 先週からトレードに復帰したが、為替と株式市場の相関性が乱れているようで、各市場の動きがバラバラ。かつ明確なトレンドがある通貨ペアが見当たらず、次なる動きを模索しているような状態か?先週の1週間に限れば、円安の動きが見られたが、今後も継続していくのかどうか?水星は8月30日から9月21日まで逆行入りしている。各通貨ペア共に明確なトレンドが発生するまでは、無理は禁物。USDJPY (日足)長い揉み合いによってトラ [続きを読む]
  • 金色に輝く3.5?ほどの物体、これはなんでしょう?
  • 現在は殆ど動きませんが、時々、ブルブルと震えます。沖縄などに分布するオオゴマダラチョウの蛹。。オオゴマダラの幼虫が食べる葉には毒があり、毒を体内にため込む。そして、他の動物から捕食されることを防いでいる。目立つ金色に輝く体色は毒をもっていることを周囲に知らせる警戒色といえる。先程、ドル円は1月29日高値121.70から降りてくるトレンドラインにタッチ。価格は103.98-99で大台104の手前で、一応の達成感もあり、 [続きを読む]