rick papa さん プロフィール

  •  
rick papaさん: 趣味の園芸談話室
ハンドル名rick papa さん
ブログタイトル趣味の園芸談話室
ブログURLhttp://apple789.blog113.fc2.com/
サイト紹介文趣味と道楽で果樹・野菜・草花栽培を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/07/03 10:09

rick papa さんのブログ記事

  • 庭に咲く 梅雨時の花
  •  毎年、我が家の庭できまって梅雨時に花を咲かせる常連です。 アジサイはこの季節になると何処でも見掛ける花ですが、梅雨時の代表花でもありますね。 このネジバナも何時頃から来たものか分かりませんが、芝生の中であちこちで咲いています。                                                ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 ポッチンと [続きを読む]
  • グリーンカーテン2種
  • 照り付ける日差しを避ける日除け対策に、植物を有効利用したグリーンカーテンがあります。昔から知られたものでは、朝顔がそれの代表的でしたが、我が家ではパッションフルーツを毎年植え付けています。 今年は植え付けが遅かったので、やや成長が伸び悩んでいます。それでも今年は80個位収穫出来そうで、赤く熟すのを楽しみにしています。パッションフルーツは、夏果と秋果と二度花をつけ実を付けますが、受粉し結実した後から熟 [続きを読む]
  • カボチャの日除け
  • 南側に面した物置小屋に、カボチャ3本を植えてグリーンカーテンを作りました。 カボチャは著しく成長が早く、毎日10?近く伸びています。 則枝が伸びてくるともっと葉で覆われます。カボチャの品種は「東京カボチャ」ですが、ホクホクしたカボチャのはずがそうでもありません。日除け代わりの副産物だと思って、味の方はあまり期待はしていませんが良く生りますね。  カボチャは虫が飛んでこないと受粉し難い性質があるので、 [続きを読む]
  • 自家菜園の様子
  •  今年は天候にも恵まれどのトマトの生育も順調で、既に4段目の花が咲き始めています。5種類のトマトは、昨年自家採取した種を蒔き苗を作りました。キュウリはやや短めで、実の生りは少ないが美味しいと言う品種 「八町キュウリ」 2本といぼいぼが多くシャキッとした 「四川キュウリ」 6本の2種類が生育中です。ナスも昨年自家採取した種を使った苗を育てました。 「千両2号」3本と「庄屋長ナス」2本です。ちなみに、種子の保存寿 [続きを読む]
  • 落花生2種
  •   「落花生」とはまさに名前の字のごとく、花を咲かせた後に子房柄と言う子房の下部が伸びて、地中に潜り込んで土の中で実が育ちます。 調べれば落花生にも色々な種類がありますが、我が自家菜園では、毎年千葉県特産で、大粒種の「おおまさり」だけを毎年栽培してきました。「おおまさり」は大粒で煎るより茹でて食べる方が美味しいようです。 今年も既におおまさりを 植え付けてあります。 以前から落花生の別品種を植えた [続きを読む]
  • 丈夫なサボテン
  •  毎年の今頃、何の手入れもせずに半ば放任のサボテンで、種類や名前は分かりませんが、それでもゴージャスな花を咲かせてくれます。 バラ園が閉鎖する時に、ごみ穴に廃棄処分され埋められる運命のサボテンでした。 親指ほどの小さな株を貰ってきたのが始まりです。                                                     ☆ 最後までご覧戴き感謝します。        [続きを読む]
  • トマトの誘引作業
  • トマトは毎年欠かさず植え付けていますが、露地栽培は毎回病気による失敗が多く難しいです。トマトを本植えしてから16日が経ちました。 順調な生育で一段目には実が付き始めています。高さも仮の支柱の背丈に達しているので、いよいよ本支柱を立て、そこへ誘引作業です。 トマトの木をわざわざ曲げ倒して支柱に縛り直すには、それなりの訳があるのですが、理由は背丈をずり下げて低くすることが出来るのと、トマトの実付きが良く [続きを読む]
  • 河原ナデシコと虫取りナデシコ
  • 今年も我が家の庭で 「河原ナデシコ」 が、可憐な花を次々咲かせています。 秋の七草のナデシコがこれです。  可憐な花の様子から 「撫子」 と呼ばれ、河原ナデシコというのは、河原に良く生えるからだそうですが、河原だけでなく、広い範囲の山野などに自生します。当初、数年前に種を取り寄せ蒔いたものですが、今ではこぼれ種から自然に増えています。花の色も色々で、下のピンクのナデシコが花弁に特徴があり、私が好きなナ [続きを読む]
  • トマトの植え付け
  •    毎年恒例の我が菜園トマト栽培ですが、今年もやっと苗の本植えをしました。 3/20日に播種したトマトも成長し花芽が見え始め、何とか植え付けの時期になりました。 半月前に既に植え場所を確保し、黒マルチを掛け植え付けの準備は出来ています。 今年は色々と5種類18本のトマト植え付けです。 今年初めての新顔「黒トマト」とはどんなトマトが生るか形はどうか? 色はどうか? 味はどうなのか今から楽しみにしています。  [続きを読む]
  • エンドウ豆
  •  毎年栽培しているエンドウ豆ですが、その生育(収獲)期間は実に短く、僅かに10日前後で絹サヤとツタンカーメンのエンドウもそろそろ花も終わりに近づいています。 一度に沢山の実を付けるので食べ切れず、消費出来ないものは冷凍保存し、必要時に利用しています。    「ツタンカーメンのエンドウ豆」は、丈夫で育てやすいエンドウ豆です。 サヤが硬くなってから収獲するのですが、豆をご飯と一緒に炊き込んだりしていただき [続きを読む]
  • 牡丹園
  • 我が家から車で約20分も行くと、この牡丹園に到着します。 茂原牡丹園は上総の民家と山里を背景に、素朴で自然な庭園を演出しています。 当園の母屋は1730年に建造され国の登録有形文化財に指定されているそうです。 現在では250種(2500株)だそうです。園内には、西洋シャクナゲ・芍薬・ツツジ等も数多く植えられています。                                                 [続きを読む]
  • 杏と桃の幼果
  • アンズの接ぎ苗木を植えて3年目になります。 昨年、僅か1個初めて実を結び収獲しました。今年は、枝も伸び色濃い綺麗な花を沢山咲かせ、何と実も20個以上付け肥大中です。桃の花も終わり、ネクタリンと白桃の幼果が沢山付いています。 やがて摘果するようです。                                              ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                [続きを読む]
  • アケビの花
  • アケビを鉢植えで栽培して、かれこれ20年以上が経ちました。 昔、山で小さな苗木を採取し植えたのが始まりでした。 現在2鉢ありますが、葉が5枚のアケビと3枚のアケビの2種です。毎年放任栽培のため、実が付くときと付かない年があります。 独特の変わった花ですね。                                                ☆ 最後までご覧戴き感謝します。            [続きを読む]
  • 月桂樹の花
  •  この月桂樹を購入し、植え替えも含め10年以上が経ちました。 月桂樹は木の成長が早く場所をとるのが難ですが、葉を乾燥させては料理に重宝しています。 実に目立たない花で何時の間に咲いて散ってしまうようです。 花は余り見掛けることが少ないので珍しいです。花が咲き出したのは数年前からですが、花の香りは殆ど感じません。                                              [続きを読む]
  • 素人いちご栽培
  • 我が家の菜園で、いちご栽培を始めてから6年目になりますが、未だ満足のいくようなイチゴにお目に掛かったことがありません。 それなりに毎年工夫を凝らし植え付けてはいるのですが、実は小さいし酸っぱいし、それでも懲りずいちご栽培に今年も挑戦です。 昨年ランナーからいちご苗を作って植え付けたものですが、品種は入り混じり不明ですが、全部で18株あります。まだ朝晩は冷え込む日も多く、露地栽培で今からこんなに花が開 [続きを読む]
  • 根深ネギと玉ネギ
  • 昨年種を蒔いて、苗から育てて来た根深ネギが、大分太くなり背丈も伸びた現在の状況です。 これも昨年知人から戴いた下仁田ネギと、娘から送って貰った深谷ネギですが、来年の種取り用に、ネギ坊主にして花を咲かせます。 一本でかなりの量の種が採取出来ます。玉ねぎの生育も順調ですが、育ち過ぎてトウ立ちしないかと、逆に少々心配でもあります。                                      [続きを読む]
  • 真っ赤な夕日
  •  何時の時も夕暮れは寂しい。 ふと、西側の部屋から外の空を見やると、真っ赤な太陽が林の向こうに、今沈まんとしている瞬間でした。 人影もなく、ただ静寂に包まれたひと時です。普段見る夕日とは違って、いやに赤かったのが印象的でした。                                              ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 ポッチンと押して [続きを読む]
  • 蓮の植え替え
  •  綺麗なハスの開花を思い浮かべながら、毎年毎に寒いこの時期ハスの植え替えを行います。過去に蓮の栽培経験は無い素人ですが、観賞用ハス 「西湖紅蓮」 を、我が家で育て始めて今年で7〜8年ほどになりました。 蓮の開花時期は、種類によって異なりますが、6月下旬から8月にかけて色々な蓮を楽しむことができます。 栽培は誰にも出来て、思いの外簡単です。                                  [続きを読む]
  • 果樹の蕾
  • 今年は、我が家の果樹達は例年に比べ、現在寒さのせいか開花時期が遅くなっています。昨年の今頃は、ピンクの花を咲かせていました。 それでも後数日で開花が見られそうです。                                              ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花壇は春です
  •  我が家の花壇で、毎年春一番に咲くのがスミレ(こぼれ種)とビオラです。 其の後に続きクロッカスが次々に咲き出します。 チューリップやフリージアもやがて追いかけ咲きます。暖かくなる季節を待ちながら、寒さに負けず咲く花々を見ると、心が癒されますねぇ。                                              ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 [続きを読む]
  • 絹サヤとソラマメ
  •  毎年恒例の我が菜園で、 一時はヒヨドリに荒らされ見るも無残だったサヤエンドウでしたが、持ち直しまた伸び始めています。 その食害から守るためにネットを張って防いでいます。ソラマメは2本しか植えてありませんが、元気に成長して現在もう花を咲かせています。                                              ☆ 最後までご覧戴き感謝します。              [続きを読む]
  • ふきのとう(蕗の薹)
  • 我が家の生垣回りに植え付けたフキから、今年もフキノトウがあちこちで見られました。これが毎年の楽しみで、早速僅かばかりですが、春の息吹を今年もテンプラで戴きます。ふきの花のつぼみ(花茎)のことで、ふきの根茎から葉が出る前に地面に顔を出します。つぼみが開く前の状態のほうが食味がよく、つぼみが開くと少々苦味が強くなりますね。地域での違いはあれ旬は3〜5月頃で、天ぷらや味噌炒めなどにして食べるのが一般的です [続きを読む]
  • スズランスイセン
  •  「スノーフレーク」 (別名 スズランスイセン) と呼ばれ園芸品種として栽培されていますが、葉が比較的細いのでニラと間違え易いとの事、しかし有毒で食べると大変危険です。我が家の敷地横に植え付けたスズランスイセンが、今を盛りに今年も沢山咲いています。毎年球根が増えて、株が大きく連なり道行く人の眼を楽しませています。                                             [続きを読む]
  • ツグミとヘーゼルナッツ
  •  毎年寒いこの時期になると、我が家の庭に決まってこの鳥がやって来るのが楽しみです。ヘーゼルナッツやリンゴの木の下で、何か懸命に餌をついばんでいます。 癒されますね。  ヘーゼルナッツは、例年より花の数が付かず、僅かに数えるほどの雌花と雄花が見えました。これでは残念ながら、今年も実を生らせることはないでしょう。                                              [続きを読む]
  • イチゴの生育状況
  • 素人のイチゴ作りも今年で4年目、昨年ランナーから採った苗(18株)を育て植え付けました。今年から植え方を少々変えて、定植する畝を20?ほどかさ上げして植え付けてみました。寒さ除けに黒マルチを株全体に被せ、穴を空けてイチゴ苗を引っ張り出した様子です。これで根を霜の害から守り、まだ続く寒さから根の生育を助けます。写真右側に生えている緑色の草のような植物は、昨年の暮れに蒔いたライ麦の列です。これは麦を収穫する [続きを読む]