rick papa さん プロフィール

  •  
rick papaさん: 趣味の園芸談話室
ハンドル名rick papa さん
ブログタイトル趣味の園芸談話室
ブログURLhttp://apple789.blog113.fc2.com/
サイト紹介文趣味と道楽で果樹・野菜・草花栽培を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/07/03 10:09

rick papa さんのブログ記事

  • ワケギの植え付け
  • 保存してあったワケギの球根に芽が出始めました。 以前農家から借りていた30坪の畑で同じくお隣の畑で野菜栽培をしていた80歳を過ぎた (今は亡き) お爺さんから戴いたものです。毎年球根を6月頃掘り起こし乾燥保存、翌年 新たに植え付けを繰り返し10年以上になります。 ワケギはクセが少なく、香りもソフトでネギ独特の辛味も少なく甘みがあり、我が家では必要に応じて薬味やヌタにして利用しています。 身近な大変重宝なネギで [続きを読む]
  • ハスの種が発芽した
  •  ハスの栽培は、根茎を休眠期に根分けして増やすのが一般的ですが、初夏になり花が咲き其のあとに出来る種を発芽させ増やす事も出来ます。 今迄に種だけは採取して来ましたが今回初めて種からの発芽を試みました。 種の尻を僅かに削り、水に浸して一週間前後で簡単に発芽しました。 温度の関係か芽は日毎にどんどん伸びて行きます。  日数が経つにつれ、今度は種の中から根っこが他の芽と一緒ににょきにょきと出て来ました。 [続きを読む]
  • 落花生の試し掘り
  • 落花生の生育が順調です。 今年は大粒種の「おおまさり」と 小粒種の「ジャワ13号」を試しに5株を植え付けました。 上手く収獲出来れば、来年はこの品種を増やすつもりです。昨年は9月下旬に堀上ましたが、試し掘りして見ると、かなり粒が膨らんでいるようです。                                                ☆ 最後までご覧戴き感謝します。               [続きを読む]
  • みずほニューメロン
  • 数年前から栽培している 『みずほニューメロン』 ですが、今年は日除けを兼ねてゴーヤと同居、また別な場所に小さな棚を作りネットを張って栽培しました。 栽培はいたって簡単、地ばいにしても棚作りどちらでも実を良く付けます 『みずほニューメロン』 は固定種で在来種ニューメロンを、糖分含有量多く収量多く改良選抜したマクワウリです。                                         [続きを読む]
  • ササゲ豆
  •   ささげには大粒種と小粒種がありますが、通常はささげといわれるものは小粒種の方です。関東地方ではあずきに代わってお赤飯に用いられます。これは、あずきは煮たときに皮が破れやすいため、「腹切れ」→「切腹」という連想から武家社会で嫌われ、煮ても皮が破れないささげの方を用いるようになったのだと言われています。ササゲを植え付けから1ヶ月少々、成長が早く次々に花を咲かせ、同時に莢を付けています。       [続きを読む]
  • ゴーヤの種採取
  •  ゴーヤは取り忘れるとすぐ大きくなり、方って置くと写真のようなオレンジ色に熟してきます。  赤いぜリー状の被膜を良く落とし水洗い後、器に水を張り底に沈んだ種だけを選り分けます。2〜3日乾燥させて翌年の種用に保存します。                                               ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 ポッチンと押して戴けると [続きを読む]
  • 孫と最後の夏休み
  • 先日、泊りで遊びに来ていた孫達と最後の夏休みを、我が家近くにある「萩原交通公園」へ行ってきました。 住宅街の中にあり、普段から人も少なくのんびりと遊べる公園です。                                                ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蓮の種無料配布
  •  毎年庭の片隅に置いたタルで、綺麗なハスの花を咲かせ楽しませてくれています。 開花後に蜂の巣のような形の中に、黒々とした種が数粒出来ます。 ハスを増やす方法としては真冬に根茎を取り出して根分けするのですが、種からでも発芽させ増やせるとの事です。  まだ、種から発芽させたことはありませんが、実験的に私も試みています。 毎年ハス種を採取していますが、種が溜まってきましたので、ご希望の方に差し上げたいと [続きを読む]
  • 先祖返りか新種かな
  •  『網干メロン』 とは、日本古来のマクワ瓜(梨瓜群)と洋種メロンとの交雑で生まれたと言われる甘い露地メロンです。 兵庫県姫路地方ではお盆のお供物になくてはならない瓜だそうです。我が家では、数年前からこのメロン栽培をしています。 誰でも作り易く豊産生のメロンです。  黄色く熟して来ると、ヘタの部分から簡単に外れ食べ頃になり、小型で甘い柔らかメロンです。 後で調べてみると、種は開花中に他花受粉したらしく、 [続きを読む]
  • 庭で桃狩り
  •   昨年に比べ、今年は桃(白鳳)が大きさ糖度共に自己満足の出来でした。 肥大期に天気が続きかなりの甘さを実感できました。 大小はありますが、今年は30個くらいの収穫がありました。 夏休み期間で孫達が泊りで遊びに来ています。 低い枝に残った収獲最後の桃を大事そうに自分でもぎ取っていました。 冷たく冷やした桃の味は、孫たちにとっても大満足のようでした。                            [続きを読む]
  • キュウリとトマトの種採取
  •  来年用の八町キュウリ種を採種しました。 既に収獲を終えた後も種用に残したキュウリです。完全に熟し切っキュウリを二つ割にしてみると、ぎっしり種が詰まっていました。種を器にかき出し流水で良くもみ洗いし、浮いて来る種は捨て、沈んだタネねだけを残します。タネに付いたぬめりを良く洗い流したら、完全乾燥させてから保存します。  トマトの種採取もキュウリと同じ様に、トマトが軟らかくなってから潰して種を器に取り [続きを読む]
  • パッションフルーツ
  • 今年も日除け対策として、ネットに絡ませたパッションフルーツのグリーンカーテンの様子です。暑さや水枯れにも滅法強く、晩秋迄葉の緑を保ち、害虫さえ付きにくいと言うツル性植物です。パッションフルーツは、花(香り)も楽しめ、果実を生らせ美味しく戴ける、まさに一石二鳥ですね。6月頃迄に結実し2ヶ月経った今、次々に表皮に赤みが見えて来ました。 連日の暑さのせいか完熟の実が落下し始めています。 落果した実を、更に [続きを読む]
  • ツマグロヒョウモン
  •   「ツマグロヒョウモン」 の幼虫は毒々しいので、毛虫嫌いの方は見ないで通り過ぎて下さいね。ツマグロヒョウモンとの出会いは、遡る事10年以上になります。 埼玉県を流れる荒川の土手でツマグロヒョウモン蝶が確認されました。 元々が九州や沖縄で見られる南国育ちの蝶でしたが、関東の北限で見つかった珍しい蝶と、当時は思われていました。 やはり地球の温暖化によって住処を北上させたのではないかと言われています。  [続きを読む]
  • スイカの空中栽培
  • 前回6月24日に、スイカ空中栽培の記事を掲載してから、その後約1ヶ月が経過しました。現在、親ヅルから分岐した小ツルが伸び、また孫ヅルの先にもスイカが生り始めています。この先もスイカの数が増えて来そうです。 後半月もすれば、初どりが出来そうです。 かなり大きくなって来ましたので、重さで棚に負荷が掛かりややたわんで来ています。 地這いの栽培と違い、少々手間も掛かりますが、四方に陽射しを受けるので表皮むらが [続きを読む]
  • 小豆の栽培
  • 小豆を7月14日に、3号ポット(24個)に各々3粒づつ種蒔きをしました。 自家採取の種ですが、発芽率100%と好成績でした。 一昨日、ヒマワリの根元横に30?間隔で本植え完了です。ヒマワリはそろそろ花も終わりに近付き、日照の関係で下葉を3/2ほど取り払っておきました。                                               ☆ 最後までご覧戴き感謝します。             [続きを読む]
  • 三尺バナナの成長
  • 暑さが大好きの 「三尺バナナ」 、寒さには滅法弱いのも 「三尺バナナ」 そんな南国果樹を懲りずに毎年育てています。 何時か花を咲かせ、バナナの房を是非見たい一心からです。上手く冬越しさせて場所を確保できれば、決して夢ではないとは思うのですが…                                              ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 ポッ [続きを読む]
  • ハスの花に魅せられて
  •  観賞用蓮(ハス)の栽培は、素人には難しい植物だと思っていましたが、実際は手の掛からない易しい栽培植物で、狭い場所でもなるべく日が当たれば、誰でも簡単に容器栽培が可能です。私は、ホームセンターで見つけた45?入れのプスティック桶を利用しています。 毎年ごとの植え替えが必要ですが、その都度ハス根が増えて、太目の根茎先に花芽が付き開花します。       お釈迦様の台座にも飾られるハスの花は、美しくもあり [続きを読む]
  • あれこれ野菜の収穫
  •  我が家の菜園では、今年五種類の中玉と大玉トマトを植え付けました。 天候にも恵まれ例年なら立ち枯れ病等で悩まされた今頃ですが、今年はそんな被害もなく順調な生育で下段の房から順次赤くなり始め、完熟したものから毎日収獲しています。 梅雨の季節とは言え、連日の暑さと雨の少ない天気続き、どの野菜も収獲出来るほどに育ち毎日朝から順次収獲に追われています。 特にキュウリやナスは、採り忘れると僅か一日でバカでか [続きを読む]
  • ヒマワリの季節
  •  夏の代表花にも挙げられるヒマワリは、暑い季節の風物詩にもなっています。 今年は初めてサカタ種苗から取り寄せた、ヒマワリ 「サンゴールド」 が加わり、 今を盛りに咲いています。ヒマワリを畑周りに植えて置くと、害虫の侵入を食い止める役割もあるそうです。 飛来して来る害虫が花に引き寄せられて、中に入るのを忘れてしまうそうで、いわゆる塀の役目でしょうか… このヒマワリは、通常の咲き方とは違って、中心部まで [続きを読む]
  • おまけのトマト
  • 今年も我が家庭菜園で、畑には大玉トマトと中玉トマト合わせ各種類18本を栽培しています。 野菜苗の殆どは前年に自家採取した種を蒔き、それぞれの苗を作って植え付けていますが、何とも不思議な事に大鉢に植えてある「アロエベラ」の中で、何時しか発芽したトマトが成長し実が付き始めています。 自分でも鉢の中に種を蒔いた覚えがありませんが、生命力の強さ良くここまで成長したものだと感心しています。 現在、二段目まで結 [続きを読む]
  • キュウリとナス栽培
  • キュウリにも色々な種類がありますが、大まかに白いぼきゅうりと黒いぼきゅうりがあります。一般的に通常お店に流通しているキュウリの9割が、この白いぼきゅうりと言われています。  「八町キュウリ」は、長野県須坂市八町地区で昭和20年代ごろに育種され当地の名産でした。「四川キュウリ」は、四葉キュウリを改良したもので、見た目に多くのいぼがあるのが特徴で、今年、「四川キュウリ」 6本 「八町キュウリ」 2本、計8本を植 [続きを読む]
  • 梅雨に咲く花
  • 黄色とは、まさにこの花弁を指して言うのでは、と思うほど綺麗な色です。 夕方開花するので、一般的に 「宵待ち草」 とか 「月見草」 等と呼ばれ、花径は大きく、6〜8センチくらいあります。 花弁はハート形で4枚あり、花の真ん中には柱頭が4つに裂けた長い雌しべが1本見えます。その周りに8本の雄しべが囲うようにあります。昔は何処でも見られた「オオマツヨイグサ」ですが、最近は余り見掛けられなくなりました。私はこの [続きを読む]
  • スイカ 空中栽培
  •  スイカの栽培は、通常地面にツルを這わせて作るのが一般的な考えでしたが、一昨年から我が家庭菜園では、何とか狭い菜園を有効活用する意味で、スイカを棚で作る事にしました。棚にネットを張り そこにツルを這わせてスイカを生らせると、棚にかなりの重量が掛かります。当然、大玉のスイカは重くて吊るせませんので、小玉スイカに限定します。 小玉スイカでも10個以上生らせると総重量では相当な重さになります。 頑丈な棚を [続きを読む]
  • 庭に咲く 梅雨時の花
  •  毎年、我が家の庭できまって梅雨時に花を咲かせる常連です。 アジサイはこの季節になると何処でも見掛ける花ですが、梅雨時の代表花でもありますね。 このネジバナも何時頃から来たものか分かりませんが、芝生の中であちこちで咲いています。                                                ☆ 最後までご覧戴き感謝します。                 ポッチンと [続きを読む]
  • グリーンカーテン2種
  • 照り付ける日差しを避ける日除け対策に、植物を有効利用したグリーンカーテンがあります。昔から知られたものでは、朝顔がそれの代表的でしたが、我が家ではパッションフルーツを毎年植え付けています。 今年は植え付けが遅かったので、やや成長が伸び悩んでいます。それでも今年は80個位収穫出来そうで、赤く熟すのを楽しみにしています。パッションフルーツは、夏果と秋果と二度花をつけ実を付けますが、受粉し結実した後から熟 [続きを読む]