鮎の友釣りに克 さん プロフィール

  •  
鮎の友釣りに克さん: 鮎一番会 たかが友釣りされど友釣り
ハンドル名鮎の友釣りに克 さん
ブログタイトル鮎一番会 たかが友釣りされど友釣り
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tomokatsu373
サイト紹介文心は流れる水に溶け、釣心は天地自然の幽玄境に通う。HGは静岡県佐久間町浦川(大千瀬川)です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2011/07/04 20:38

鮎の友釣りに克 さんのブログ記事

  • 高原川に行くために
  • 今夜は職場の飲み会、でも明日から高原川へ遠征のため自粛、ビール🍻だけで我慢、9時前には帰宅しました。石垢の付き具合は良くないようですが、腕?でカバーしたいと思います。明日、明後日は高原からアップします。良い報告ができればな〜。https://fishing.blogmura.com/ayuturi/ranking.html [続きを読む]
  • 今回は水の引きが遅い
  •  一気に水が出て、一気に引いてしまう。ここ何年かの浦川の出水の印象でしたが、今回は水引きが遅いようです。どんな理由なんでしょう。 短期間に何度か出水が続いたから山がある程度の保水をしているのでしょうか。家の水槽の水も冬場と比べるとなかなか減りません。湿度が高い状態だと水の蒸発が抑えられます。川も同じなんでしょうかね〜。その辺のメカニズムはどうなっているんでしょうか。 まあ、梅雨明けしたので、これか [続きを読む]
  • 浦川、新橋上と下の違い
  •  三遠南信道路のための新橋が完成し、馬渡〜小田敷の川相が変わりました。 新橋上は比較的川底の様子は変わりませんが、新橋下は劇的な変化をとげています。 先入していた皆さんは、定番の小田敷橋下の瀬と開きで竿を出していました。下流新橋上が空いていました。瀬の中でパラパラ掛かります。型は大か小のどちらか、オトリとして最適な中型がなかなか掛かりません。 昼時に瀬肩のトロ場で入れ掛かりになりました。型が安定し [続きを読む]
  • 浦川、50匹オーバー、久しぶり
  • 入れ掛かりタイムが何度かあり、久しぶりの50匹越え。狙っていた新橋上が空いてました。静かにやればまだ釣れるかな。 よろしくお願いします           [続きを読む]
  • 浦川に来てます
  • まだ水が高いですが、HGに居ます。小田敷に入る予定、新橋の上下やりたいな〜。もう誰かいるでしょうね。 よろしくお願いします           [続きを読む]
  • バレはバレでも空中バレ
  •  ケラレ、底バレ、抜き上げる前のロケットバレ、ある意味仕方がないですが、空中で、それもタモの手前で「ポロリ」ほど悔しいことはないです。 なかなか釣れない状況の中、ようやく掛かったのにサヨウナラ、まあ掛かりどころが悪かったのでしょうが、なぜ途中までは落ちないのにタモに入る直前、0.0秒前に「ポロリ」なのでしょうか。抜き方、空中輸送の方法に問題があるのかな〜。抜かないで寄せ取りするか、掛かり鮎に近づき救 [続きを読む]
  • 高水温時の養殖オトリの扱い方
  •  川の水温がゆだるように高く、養殖オトリを放った瞬間に「プカー」なんて経験があると思います。 長年浦川でオトリ屋さんを営んでいたマスターから次のようなことを聞いたことがあります。 「川の水を生簀に引っ張っている場合は問題ないが、沢の水や湧き水を使っているお店が多い。なので、川の水温が高い時は、養殖オトリの水合わせが必要。まず、オトリカンの中に20分、そして川の水を半分入れ20分、その後川の中の流れがあ [続きを読む]
  • タモからよく逃げられる
  •  友釣りにはアクシデントがつきものですが、最近タモの中から鮎に逃げられるんです。 昨シーズン、中天B型上で超渇水の中、ようやく掛けたビンビン鮎に交換しようとした時、そいつがタモの中から消えてました。原因は不明、想像を絶するショック、再度養殖ちゃんに登場してもらいましたが、その後どうなったかは予想がつくと思います。今シーズンも2度、元気印野鮎に逃げられました。1度目はやはり逃げられた原因は不明、なぜか [続きを読む]
  • 「瀬の中を静かに釣る」???
  •  昨日の浦川TSで「瀬の中を静かに釣るのがいいようです」というコメントがありました。 渇水気味になり、バタバタと動き回ってはいけない。強引に引っ張ってはいけない。オトリは大切に扱う。そして、瀬の中をゆっくりと上に泳がせる。そんなことを意味しているんでしょうか。 「徹底して泳がせないと掛からない」元々浦川は女らしい??泳がせの川なんですが、渇水時は特にしつこく泳がせないと野鮎が反応してくれないんです。  [続きを読む]
  • 超渇水時は瀬ではない
  •  「超渇水時は水通しのよい瀬を狙う」鮎の数、川のスケールや形状にもよるんでしょうが、自分の中ではこのセオリーは逆なんです。 「超渇水時はトロ場」だと思います。 トロ場にたまっている、休んでいる鮎たちを刺激するのがいいんじゃないのかな〜。それと超渇水時は引っ張るとダメなんですよね〜。とにかく泳がさないと。 しかし、大河川では土用がくれ時に水通しのよい荒瀬に鮎が寄ってるってことあるんでしょうか、自分に [続きを読む]
  • 浦川、真面目にやっても釣れません
  •  今日のテーマ?は「強い瀬を引きまくる」です。 迷わずがら空きのキャンプ場裏最上流の瀬へ。養殖オトリに背バリを打ち、荒瀬に投入します。20cm級がヒット、しかし次はチビちゃん、その後もパラパラ掛かる程度でペースが上がりません。掛かる鮎はデカイかチッチャイのどちらか、オトリとして手ごろな中型が掛かりません。 M氏は吊り橋上を丁寧に泳がせ、良いペースで掛けています。昼飯後はキャンプ場裏最下流の瀬へ。しかし1 [続きを読む]
  • 明日、浦川
  •  浦川へM氏と。MZ氏も誘ったが海釣りから鮎釣りへの切り替えがまだできていない模様。平水で場荒れ気味??、明日も真面目に??釣ろう。 真面目にやれば掛かるだろう。 よろしくお願いします            [続きを読む]
  • 年齢層の高い大会
  • 久しぶりに東日本?狩野川の大会に出ましたが、年齢層が高いと言おうか、ベテランが多いように感じました。中部、特に長良川など岐阜県の河川で行われる大会は若手の出場者が目立ちます。まあ、大きな川なので参加者も多いし、流れが強い場所もあるので、年輩の方が出場を躊躇しているのかもしれません。自分も年輩の部類に入りますが、懲りもせず岐阜の大会に挑戦し続けています。体力にものを言わせガンガン瀬で勝負なんてできま [続きを読む]
  • トト・・イレのない大会
  •  何年かぶりに狩野川に行きましたが、松ヶ瀬には現在トイレがないんですね〜。前は近くのコンビニのトイレを借りられるようになっていたんですが、閉店してしまい、何とトイレがありません。女の方も何名か参加されていましたが、どうするんですかね〜。以前JPAのペーパーテストを近くの公民館?で受けたことがありましたが、そこを借りておくとか、大会主催者としてトイレの確保はやらなければいけないことだと思うのですが・・・ [続きを読む]
  • 浦川、下流部
  •  今日は釣行予定でしたが、昨夜予期せぬ宴会??が入り、明日の釣りは止めようと思っていました。たぶん二日酔いになるだろうと予想したのです。 AM4:30に目覚めると、「あれ、気持ち悪くない。これなら釣りに行けるかも」朝刊を取りに外に出ると、天気も良さそう。10分くらい悩みましたが、結局釣りは断念、川見をしながら浦川筋を走ることにしました。なので二度寝、AM8:45起床、ゆっくりと浦川に向かいました。 昼時の一番暑い [続きを読む]
  • 浦川、新橋周辺
  •  小田敷地区に架けられた三遠南信道路の橋周辺が掛かっています。 工事で川底が掘り返され、大きな石が出ています。人工的に作られた感は否めませんが、川底に大石が点在した状態です。砂がまだ流れてきてないためため石が安定していません。浮石が多いので、河原を歩く時には特に注意が必要です。新橋直下の河原は大石が斜めに積まれていますので、移動する際は細心の注意をしてください。怪我をしては元も子もないので・・・。 [続きを読む]
  • 浦川、増水
  •  山奥はけっこう雨が降っているんでしょうか。現在水位63cm、平水より40 cm高い流れです。またしても渇水ぎみになっていたので、良い出水かもしれません。 本日、馬渡に入川予定の一番会のMKさん、Sさん、Oさん、大丈夫だったでしょうか。朝の時点で雨が降っていたので、釣行してないのかもしれません。 濁りも出ている感じですね〜。ここ何日か天気が悪く新垢の付きは遅かったので、ある意味また増水して良 [続きを読む]
  • 目印つき鼻環
  •  鼻環に目印をつけ、タモの柄の近くのネットにセットしている釣り人をよく大会で見かけます。引き船の中の元気印オトリにその鼻環をつけておき、素早く見つけるための工夫だと思われます。 友釣りはローテーションの釣りなので次から次へと威勢の良いオトリを繰り出していく必要がありますが、なかなか思うようにはいきません。また、時として釣ったばかりのオトリに変えた途端に掛からなくなるということもあります。そんな時は [続きを読む]
  • リミプロ「TION」8.5m???
  •  14年間使ったリミプロ「COMPE EDITION」を浦川解禁日に強風で折ってしまいましたが、「TION」8.5mとして甦りました。 M氏から「ネオウレタンクリヤー」をいただき7番竿の根元に何度か塗りました。仕上げはサンドペーパーで整え、元竿と7番がしっくりと繋がるようにしましたが、0.数ミリ単位の微妙な調整が必要で不安はあります。50cm短くなったことで竿全体のバランスはくずれるだろうし、折れた部分に今まで以上の負担がかかる [続きを読む]
  • 午前6時前に
  •  土曜日の朝まだ6時前だというのに球児たちは始動している。 掛川西高の野球部員が 2名学校に向かい中町を歩いている。下俣を掛川西中の野球部員1名が自転車で学校に急いでいる。下垂木、桜が丘中の野球部員2名がユニフォーム姿で学校に向かっている。 朝早くから大変だな〜と思うが、彼らにとっては当たり前のことなのだろう。自分は野球をやる根性がなくこんな経験はない。 多くのスポーツの中で野球ほど時間に束縛されるも [続きを読む]
  • 浦川馬渡、悪魔の囁き
  •  「よりた」さんでのんびりしていると、浦川漁協TSのYさんから「馬渡、誰もいないです」と情報が入る。 出水後だからキャンプ場裏に入ろうと思っていたが、お錦橋から下流を見ると竿がズラーッと並んでいる。確かに上流の馬渡には誰もいない。因縁??の馬渡に入ることにした。 馬渡の瀬下流に一人、自分はその上の荒瀬の落ち込みに入る。小ぶりだが順調な立ち上がり、しかし4匹目が根掛かり、取りに行けないことはなかったが、2 [続きを読む]
  • え〜、浦川もう平水
  •  2m以上の出水にもかかわらずHGの浦川は平水です。 「渇水が続く、一気に水が出て、一気に下がる」ここ何年かこんなパターンが多いです。昨日の午後ライブカメラには既に釣り人が写っていました。たぶん地元の方だろうと思いますが、石垢は飛んでないんでしょう。石垢がすべて飛び、川底が綺麗な青色になることってここ何年かないんじゃないですかね〜。昔は出水があれば白川になるのが当たり前で、垢がつくのをしばらく待たなく [続きを読む]
  • オーダータイツのメンテナンス、GOOD
  •  2013年に「小林ゴム」さんでオーダータイツを初めて作りました。今シーズンで5年目になりますが、タイツの内側、尻の辺りの生地の繋ぎ目が剥がれかけました。外側はしっかりと縫製されているので問題はないのでしょうが、電話で事情を話したところ、「すぐ送ってください」とのこと。 メンテナンス後は写真の通りです。タイツ内側の繋ぎ目を全て黒のテーピング?で補強してくれました。メンテナンス料金は発生していません。気に [続きを読む]
  • BEEF POWER
  •  貰いものの松坂牛A4ランク、郡上八幡で食べた飛騨牛朴葉みそ焼き、どちらも美味しいですね〜。当然、ビール、焼酎を飲みながらいただきますが、和牛のきめ細かさを実感しながらゆっくりと箸をすすめます。 鮎釣り&焼肉、BBQ・・・、考えてみれば贅沢ですよね〜。BEEF POWERが釣りには発揮されませんが、NIGHT POWERにはつながっているのかも・・・。                      こんな証明書?がつ [続きを読む]