鮎の友釣りに克 さん プロフィール

  •  
鮎の友釣りに克さん: 鮎一番会 たかが友釣りされど友釣り
ハンドル名鮎の友釣りに克 さん
ブログタイトル鮎一番会 たかが友釣りされど友釣り
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tomokatsu373
サイト紹介文心は流れる水に溶け、釣心は天地自然の幽玄境に通う。HGは静岡県佐久間町浦川(大千瀬川)です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2011/07/04 20:38

鮎の友釣りに克 さんのブログ記事

  • 付知の鮎、美味しい
  •  冷凍庫にまだ30匹の天然鮎が残っていました。その中で付知川の大鮎を食べてみました。 昨年、8/23(火)24(水)と初めて付知川で竿を出しました。渇水で数は出ませんでしたが体高がある幅広の鮎が掛りました。冷凍にし8ヶ月あまりが経っていましたが、いや〜、美味しいですよ〜。幅があるのでIHグリルではなかなか焼くのが難しいですが、美味しくいただきました。 付知川、川相が良く、青色の石が多いですね〜。水も綺麗だし、や [続きを読む]
  • 浦川に今年も現れました
  • まずはイシガメ、このボックイには毎年乗ってますね〜。                  けっこうデカい、主かも・・・。 [続きを読む]
  • 今年も振草川からかな
  •  HG浦川の上流にあたる振草川が5/13(土)に解禁します。 同じ大千瀬川なのに振草は早く浦川は6月と遅いのです。どうも水温が理由のようです。振草川は岩盤底が多く、水温が浦川に比べ2〜3度高いようなんです。なので4月から放流を始めています。 ここ何年か解禁日に竿を出していますが、パッとしません。場所にもよるんでしょうが、やはり50匹オーバーはしないとね〜。 解禁日人だらけで思うような所には入れないでしょうが、ど [続きを読む]
  • 結局、出しっぱなし
  •  鮎シーズンが終わる11月、竿、タモ、ベスト、タイツ類は綺麗にし、ボックスの中に片付けます。本来なら、引き船、オトリカン、ベルト、タビ類も洗い、ボックスの中に仕舞わなければならないのでしょうが、ここ何年かは外に出しっぱなしです。そろそろ仕舞わないとと思っているうちに半年経ってしまい、シーズンインしてしまいます。 やはり出しっぱなしだと劣化が早いのでしょう。特にタビ類はもっても2年ですね〜。引き船やオ [続きを読む]
  • 浦川を盛り上げよう! 協力者、A.ナオミさん
  •  「浦川の解禁日、いつですか〜」とA.ナオミさんから電話が入りました。浦川の解禁日に竿を出したいとのこと。 A.ナオミさんはスポーツ新聞にたびたび登場している女性アングラーで、渓流や鮎の記事が多いんじゃないのかな〜。浦川を知り、素晴らしさ、ポテンシャルを理解してくれていています。また、閉鎖的な漁協運営を問題視しており、河川の未来像を真剣に考えてくれています。 6月に入り多くの河川が解禁される中、浦川を [続きを読む]
  • 森平かき氷店、まもなくOPEN
  •  4/22(土)、隣町の「森平かき氷店」が本年度の営業を開始します。 昨年度長〜い眠り??から復活した老舗です。 けっこう暖かくなっているし、初日にレモンミルクいこうかな〜。           昔の店舗の絵ですね〜。懐かし〜い。 よろしくお願いします       [続きを読む]
  • 川根徳山、枝垂れ桜
  •  遅めのお花見に行きました。場所は川根徳山、川根高校近くの枝垂れ桜です。桜祭り??は既に終わっていましたが、枝垂れ桜はまだまだ見応えのあるものでした。 町中の大衆食堂「あけぼの食堂」さんが何年か前に大井川沿いにリニューアルし、お洒落なお店に変身していました。昼から生ビール、帰りの運転は女房に押し付けました。 大井川、道路から川相がしっかりと確認できますね〜。鮎が居るのであれば、通い続けポイントを覚え [続きを読む]
  • 水槽のお掃除
  •  ようやく暖かくなりイシガメが動き出したので、3つの水槽の掃除をしました。表玄関外にある90cm、室内の60cm、ベランダのイシガメ用生簀??、どれも冬の間、手を入れてなかったので汚れがこびりついていました。 あと1ヶ月で鮎解禁です。水槽が綺麗になり、気分もリフレッシュ、来週から仕掛けづくり開始しないとね〜。もたもたしていると準備不足のままシーズンイン、なんてことになりかねません。 風邪、花粉症がようやくおさ [続きを読む]
  • 「木綿のハンカチーフ」
  •  昼休みにサッカーコートのトンボがけ(グランド整備)をやっている時に流れていた曲です。 高校時代、シタッパ(下級生)は貴重な昼休みにグランドの整備をやらなければなりませんでした。「せっかくの休み時間が、くそー」と思いながらイヤイヤやっていました。そんな時、太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」が校内放送で流れていたんです。グランドでも大音量で聞こえていたので、近所の住民は迷惑だったのかもしれません。今こ [続きを読む]
  • オモリ Weight
  •  友釣りを始めた頃、オトリを無理やり引き回し、そんなに強くもない流れでも浮き上がってしまうことがよくあった。そんな時オモリを付け沈ませると、よたよたオトリに野鮎が掛かってくれた。それがオモリとの出会いであり、その後も瀕死のオトリにオモリを背負わせることが多かった。 しかし、オモリには色んな使い方があることを知り、重さを変えて色んな場面で使ってみようと思い実行した。その後、瀬釣りから泳がせ釣りに自分 [続きを読む]
  • 早くも今年2度目の風邪っぴき
  •  今年に入り2度目の風邪、花粉症とのコラボ??で悪化しました。それにしても体の抵抗力がないです。1月に風邪をひき1ヶ月以上長引き、ようよく治ったと思ったら3月末にまた風邪とは。 1年間まったく風邪をひかない年もあるのに、今年は早くも2回目です。ランニングは欠かしてないのにね〜。ここ1週間は走ることができず、またしても体重増加です。体力作りもなかなか思うようにはいきません。 高原川の年鑑札が来年から25000円に [続きを読む]
  • 鮎釣り2017「砂虫」について
  •  「鮎釣り2017」が「砂虫」について取り上げてくれてました。 昨シーズン、HG浦川がこの「砂虫」の異常大量発生によって大打撃をくらいました。6月の解禁から9月まで大きな出水がなく、川がリセットされることがありませんでした。川底の状態は9月の大水まで変わることなく、最悪でした。 渇水が続けば石垢が付き過ぎの状態になり、垢腐れで真っ黒になるのが定番ですが、なぜか川底が綺麗に??白かったのです。そして石の表面が [続きを読む]
  • 今シーズンのハリ
  •  いや〜、毎年色んなハリが登場しますね〜。どれかいいのかわかりません。メーカーの宣伝文句や評判を耳にし、自分が選択使ったことのあるハリの中から数種類、これがいいんじゃないのかな〜程度の感じで使っています。なので確固たる自信はありませんが、自分が使い続けているハリに新しいものを追加するようにしています。 がまかつOF、オーナー一角、バリバスタイプ2、それにチラシ用の矢島型か新改良トンボ型を使い続けてい [続きを読む]
  • デリカ助手席未だにNO AIRBAGS
  •  リコールの雨嵐だった愛車デリカD5ですが、未だに助手席のエアバックは取り除かれたままです。タカタ製ですが開いた時に金属片が飛び散る危険性があるようです。なので助手席は目一杯後ろにスライドさせてあります。 助手席にエアバックがないまま事故ったらどうするのかと思うのですが、どうもエアバックが作動してしまう方が危険度が高いようです。 事故時にエアバックがなかったことによる怪我などの責任はメーカー側が負う [続きを読む]
  • 鮎釣れない時間のメンタルリセット
  •  『釣りをしていると釣れない時間帯が必ずあるもの。思うように釣れない、納得のいかない掛かり方をする。そんな時は引き舟に一旦オトリを入れて気持ちをリセットしてみよう。掛からない時間帯が長くなるほど、気持ちがあせる。オトリを操るテンションが強くなり弱ってしまう悪循環がよくある。しかも掛からない状態と分かっているのに釣り続けて時間のロス。こんな時はオトリを引き舟に入れ「ポイントは間違っていないか、 [続きを読む]
  • 浦川漁協、新組合長さん
  •  浦川漁協の組合長さんが変わりました。長年お勤めいただいた柴田芳弘さんが勇退され、広野勝也さんが新組合長に就きました。とても誠実な方のようです。 昨今の漁協運営には問題が山積みされていますが、一つずつクリアーしていってほしいです。浦川を愛する者として色んな提言、協力をしていきたいと思います。 稚鮎の放流ですが、現在500kgの海産鮎の確保待ちのようです。 & [続きを読む]
  • 大会チャレンジ予定
  •  今シーズンの大会へのチャレンジ予定が決まりました。 「がまかつG杯」への挑戦は小休止です。がまスペシャルV5の調子が良くなく使う竿がないことと、日程的に苦しいことが理由です。その他の大会には性懲りもなく参加します。 6/10(土)ダイワ長良大和、11(日)シマノ板取、7/6(木)オーナー狩野川、それから7月の終わりに開催される郡上杯はどうかなと考えています。 ダイワは1会場しかエントリーできません。今年は家から近い [続きを読む]
  • 昨シーズンの大会は渇水の攻略が
  •  「鮎マスターズ30」を読む限りでは、昨シーズンの大会は6.7月に雨が少なかったためか、渇水時の攻略が鍵だったんではないかな〜。どの河川も川底の石垢は付き過ぎの状態で、活性の低い野鮎をいかに掛けるかというテクニックが要求されたのだと思う。 高水の瀬が苦手な自分にとってはチャンスがあった筈なのに、いつも通りの撃沈続き、毎年の事ながら実力のなさを感じます。「渇水時は深場」と考えがちだが、深場にいるやる気の [続きを読む]
  • 昨シーズンの大会は渇水の攻略が
  •  「鮎マスターズ30」を読む限りでは、昨シーズンの大会は6.7月に雨が少なかったためか、渇水時の攻略が鍵だったんではないかな〜。どの河川も川底の石垢は付き過ぎの状態で、活性の低い野鮎をいかに掛けるかというテクニックが要求されたのだと思う。 高水の瀬が苦手な自分にとってはチャンスがあった筈なのに、いつも通りの撃沈続き、毎年の事ながら実力のなさを感じます。「渇水時は深場」と考えがちだが、深場にいるやる気の [続きを読む]
  • 巨人の星第36話「悲運の強打者」
  •  「センバツ」延長15回決着つかず再試合が2つ続くとはね〜、史上初でしょう。稀勢の里の逆転優勝も凄かったです。感動の多い1日でした。 「巨人の星」アニメ版第36話に「悲運の強打者」というやつがあるんです。マンガにはなくアニメ版に用意された話なんですが、これがけっこう感動的なんです。 星雲高校が夏の甲子園に初出場し、1回戦で愛知県代表、好投手大刀川を擁する三河高校に1-0で勝利した後の話だと思われます。 雨天 [続きを読む]
  • 巨人の星第36話「悲運の強打者」
  •  「センバツ」延長15回決着つかず再試合が2つ続くとはね〜、史上初でしょう。稀勢の里の逆転優勝も凄かったです。感動の多い1日でした。 「巨人の星」アニメ版第36話に「悲運の強打者」というやつがあるんです。マンガにはなくアニメ版に用意された話なんですが、これがけっこう感動的なんです。 星雲高校が夏の甲子園に初出場し、1回戦で愛知県代表、好投手大刀川を擁する三河高校に1-0で勝利した後の話だと思われます。 雨天 [続きを読む]
  • IN YOKOHAMA
  • 横浜に来てます。小僧達と焼き鳥屋さんへ。4人ともけっこう酒飲むし、食うし、大変です。都会だけあって、どの店も客いますね〜。 よろしくお願いします    [続きを読む]
  • IN YOKOHAMA
  • 横浜に来てます。小僧達と焼き鳥屋さんへ。4人ともけっこう酒飲むし、食うし、大変です。都会だけあって、どの店も客いますね〜。 よろしくお願いします    [続きを読む]
  • 鮎道具第一弾、引き船キタ〜
  •  通販で予約しておいた引き船が到着しました。色は当然イエロー、引き船はずっとシマノ専門でしたが、前の物はなぜかダイワ、久しぶりにシマノにもどります。 スルットINシステム、オートリターン、クイックオープンレバーなど色んな機能があるようですが、この引き船に決めた理由の一番は、クイックオープンレバーです。片手で蓋の開閉ができるところに注目しました。 早く実践で試してみたいです。 &n [続きを読む]