うさぎ さん プロフィール

  •  
うさぎさん: 楽園づくり〜わが家のチェンマイ移住日記〜
ハンドル名うさぎ さん
ブログタイトル楽園づくり〜わが家のチェンマイ移住日記〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jjdream1115
サイト紹介文日本での仕事をとるかタイの妻をとるか。迷わずタイへの移住を決意したお父さんと、その家族の物語です。
自由文このブログは小学生の息子が感じたことと、父である私の体験の複眼で綴ります。私たち家族のこと、チェンマイの家づくり、タイの医療や教育のことetc。チェンマイでの新しい生活をユーモアたっぷりに記録していきます。応援してくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/07/05 02:45

うさぎ さんのブログ記事

  • 格別に美味しい手作りイチゴ
  • わが家でも先月から苺を育てています。12月中にすでに実が出来ていましたが、年が明けていよいよ最盛期が近づいてきました。これが本日の収穫です。10個あります。小ぶりのものが多いですが、期待以上に美味です。ちょうどよい甘さです。酸っぱさはまったく感じられません。チェンマイの苺は、数年前までは酸っぱいのが多かった記憶がありますが、今は違います。これまでに取れたのは、まだ少なくて全部で30個くらいです。でも [続きを読む]
  • これはいい!トーク・センというマッサージ
  • タイで暮らしていてマッサージを受けたことのない人はまずいないと思います。でも「トークセン」というマッサージとなると、どれくらい経験者がいるでしょうか。今日は妻に勧められて、市内北部のメジョーにあるトークセンの施療施設を訪れました。妻も経験したことはないのですが、知り合いの女性がよく通っているので場所を知っていました。トークセンというのは、文字通り日本語にすれば「筋を叩く」ということです。タイマッサ [続きを読む]
  • 久しぶりに妻と二人の行楽でした
  • ブログをいつ再開しようかとタイミングを見計らっていました。昨日妻と2人だけでお出かけしたので、好機到来とばかり、今年最初のエントリーです。この年末年始、妻と2人の娘は恋人や2歳の赤ちゃんを同伴して妻の実家のあるカムペンペットへ行きました。その間、高校生の男の子と私、それに3頭(匹)の犬たちはチェンマイに残りました。私はどこにも行かず、ゴルフの練習などで時間をつぶしました。息子は、大みそかに街の中心 [続きを読む]
  • チェンマイは苺の季節
  • イチゴは日本で美味しいのを食べられます。南国フルーツではありませんよね。でも、最近のチェンマイのイチゴはなかなかの味になってきました。栽培技術が進歩したのでしょうか。今日はチェンマイ郊外のメーリムにあるイチゴ畑を訪ねました。チェンマイのイチゴは今月に入ってボチボチと出回り始めました。最盛期は1月、2月のようです。ですから、まだ少々高い値が付いています。今日の値段はワンパックで120〜150バーツ。 [続きを読む]
  • 高1の息子がバンドデビューしました!
  • 昨日、チェンマイ中心部、ナイトバザールの近くにある「パンティップ・プラザ」で、若者たちのバンド演奏のオーディションがありました。高1の息子は2か月ほど前に、同じ学校の5人の仲間とバンドを結成して、週末に練習を続けてきました。練習中の息子(左)この日は中学生から高校生までの、全部で10組のバンドがオーディションに参加しました。くじ引きの結果、息子のバンドは何とトップバッターでした。ヴォーカルのサラだけが [続きを読む]
  • チビが帰ってきた!!
  • 家出していたわけじゃないけど、帰ってきたという表現がピッタリです。昨日になって、やっと10日ぶりくらいにラッキーから離れました。先日書いた通り、チビ(オス3歳)はわが家の大型犬・ラッキー(メス4歳)にくっついて離れませんでした。ラッキーが“生理もどき”の状態だったからです。これは昨日のチビ。ラッキーに恋い焦がれて食欲もなくし、しかも睡眠不足だったのでしょう。昨日は部屋に入るなり、ぐっすりと眠りこけま [続きを読む]
  • 風邪引きさん
  • チェンマイも雨季がほぼ完全に終わって過ごし易い季節に入りました。今月は、先週まで週に3回くらいゴルフに興じていました。これから暫くはゴルフシーズンです。何でも今年は中国人の観光客が大幅に減っているそうです。チェンマイには中国人のゴルファーが大挙して押しかけるゴルフ場があります。このまま減少傾向が続く方がいいと個人的には思いますけど、商売している人にとってはかなりの打撃でしょうね。さて季節の変わり目 [続きを読む]
  • 激震?タイの10年ビザは謎だらけ
  • すでに色んなところで報道されたり、日本人のブログでも取り上げられていますので、概要はご存知の方が多いでしょう。敢えて私が書く必要もないのですが、自分の考えを書いておきます。(私のブログは報道目的ではないので、正確性は全然保証しませんので、悪しからず)今週の火曜日に「閣議決定された」という書き方もあるようですが、今のところは軍政のスポークスマンが記者発表しただけのようです。正しくは「政府筋によると」 [続きを読む]
  • ラッキー、避妊手術したのに・・・・
  • 1年ほど前に8匹の子供を産んだわが家のラッキー(ゴールデンもどき?)。ラッキーも一度は母親になりたいに違いないと勝手に考えて、あのときは自然の成り行きに任せました。でも、8匹の子犬を2か月以上も面倒見るのは結構大変でした。もちろん、子犬と遊ぶのはすごく楽しかったのですけどね。それで、妻と相談して8月に近所の獣医さんで避妊手術をしてもらいました。2500バーツでした。知り合いのピックアップトラックを [続きを読む]
  • イミグレに罰金払ってきました!
  • 今日はチェンマイのイミグレーションに2回も行ってきました。まず午前中は90日以上滞在する外国人に義務付けられている、いわゆる90日リポートです。午後は、最近突如として脚光を浴びているTM30という手続きのために、チェンマイ空港のそばのイミグレに久しぶりに行きました。90日リポートは、今日はなぜかガラガラで誰もいなくて、待ち時間はゼロでした。前回8月の90日リポートのときは、Foreign National Informa [続きを読む]
  • 100バーツの差をどう見るか
  • 日本円とタイバーツの為替レートのお話です。日本円とアメリカドルの為替レートに強い関心を持っている人は言うまでもなく山ほどいます。かつて50代のころ私が勤めていた某大学では、FXをやっている知り合いが一人、暇さえあればドル円の為替レートの推移をチェックしていたのが印象に残っています。タイバーツに関心がある人となると、タイに住んでいるか、頻繁にタイを訪れるか、タイと取引のある仕事にかかわっているか、その [続きを読む]
  • トランプショック(2)
  • 今日はおよそ1か月ぶりでゴルフをしました。日本人4人の仲間と。でも、心はアメリカにありました。トランプショックがまだ覚めやらないのです。まさかという結果でしたから。昨日のエントリーで、トランプ次期大統領の活躍を私が期待しているというふうに思った方がいるとすれば、それは全く逆です。昨年からの長い選挙戦を遠くの地からウォッチしていた一人の傍観者としては、トランプはまるで悪魔のように見えていました。こん [続きを読む]
  • トランプショック
  • こういうエントリーは番外です。でも、書かずにはおれないのです。トランプの勝利は、実はフィフティー・フィフティーと読んでいました。後出しですが、昨夜の段階で。でもやっぱり驚きました。トランプが勝つ方がいいかなという気が数日前からしていました。なぜなら、クリントンでは何も変わらないし、手に汗握るような国際情勢も生まれないような気がしたからです。とりあえずは、今日のお昼の段階で、手持ちの円をバーツに替え [続きを読む]
  • メーチェムのお寺へタンブンの旅
  • 先週末は3日間、メーチェムという高原の町へ行ってきました。町というより、村でしょうか。メーチェムは、チェンマイから南西へ150キロほど、タイの最高峰ドイ・インタノンの裾野にある小さな村です。寄り道せずに車を走らせれば2時間半くらいで行けます。メーチェムは織物の村として有名ですが、美しい水田が織りなす景観も見どころです。有名なお寺もたくさんあります。さて今回は、日本にいたときからの妻の知り合いのタイ [続きを読む]
  • 緑に囲まれたチェンマイの追悼式
  • 昨日の夜、チェンマイ市の郊外にあるラーチャプック花博記念公園で国王追悼行事が行われました。妻と私は行くするつもりでいたのですが、周辺の混雑ぶりを見て途中であきらめました。参加したのは、タイ軍がチャーターしたバスで会場入りした息子だけでした(残念)。タイ軍の先生が撮影した写真です。多分動画もあるはずですが、まだ入手できていません。バンコクの王宮での追悼式とは規模はちがいますが、チェンマイらしく緑に囲 [続きを読む]
  • 今日はチェンマイで追悼集会
  • タイでは雨期が終わったという人もいます。確かに好天の日が多くなったのですが、昨日は午後に30分くらい土砂降りがありました。予期せぬ降雨に洗濯物が濡れました。今日も、予報ではチェンマイは一時雨となっていて、雨期が完全に終わったとはまだ思えません。今日は、チェンマイのラ−チャプックという場所で、プミポン国王の追悼集会が夕方から夜にかけて開かれます。そこは有名なチェンマイの花博の会場になった所で、色とり [続きを読む]
  • 国王賛歌・完成版
  • 先日アップロードした「国王賛歌」の大合唱ですが、完成版が送られてきたのでアップしておきます。同じ10月22日、バンコクの王宮広場で演奏されたものですが、まず音声が格段によくなっています(前のは酷すぎでした)。そして映像は空撮を多用していますhttps://youtu.be/TtYAOF0f7FQブログランキングに参加しています。よろしかったら、お手数ですが引き続き をお願いします。      [続きを読む]
  • 妻もバンコクへ行きたがっています
  • 妻の目的はただひとつ。王宮へ行って、プミポン国王を追悼することです。3人の子供たちも連れていきたいと言っています。プミポン国王の葬儀は来年の今頃まで続くと思いますので、今すぐでなくても間に合います。妻は毎日のように国王のことを歌った歌を聞いて過ごしています。ここにアップロードした映像は、10月22日、バンコクの王宮広場に集まった人たちが「国王賛歌」を大合唱している光景です。広場とその周辺に15万人 [続きを読む]
  • 娘の子供が保育所に入りました
  • 娘の子供って、つまり私の孫ですよね。「孫」と書くのに躊躇するのは何故でしょう?血がつながっていないからかもしれません。それとも、「おじいちゃん」と言われるのに、今だに抵抗感があるからでしょうか・・・それはさておき、1歳10か月になる娘の子供が今日から保育所に行き始めました。保育所は、わが家から(直線距離では)たったの500メートルしか離れていません。今朝は高校生の息子を学校へ送ってから、妻と一緒に [続きを読む]
  • タイには無責任な男がゴロゴロいる
  • これはタイに限ったことではないのですが、私の身の回りだけ見てもゴロゴロいます。一昨日、妻の実家からT(22歳の女性)がわが家に遊びに来ました。10日くらいここに居るようです。Tは、妻の妹が産んだ女ですけど、戸籍上は妻のお母さんの娘になっています。深い事情は知りませんが、そういうことって、タイではそれほど珍しくないようです。それはともかくとして、Tには4歳になる男の子がいます。Tが18歳くらいのときに産 [続きを読む]
  • またまた出戻り!可愛い娘です
  • 昨日は1年前に起きた娘の交通事故のことを書いたので、今日はついでに、最近のじゃじゃ馬娘の行状について書くことにしましょう。つい最近撮影した妻と娘です。上の娘はもう20歳になっています。妻は一見すると元気そうに見えます。でも、右の腋の下に転移した乳がんを抱えていて、今後どうなっていくか、不安がないと言えば嘘になります。またしても出戻りというレッテルを貼ってしまった娘ですが、半年以上前から「結婚してく [続きを読む]
  • 噂話
  • この話を聞いて、私はとても複雑な気持ちになりました。何とも言えない気持ちです。ちょうど1年前のことでした。当時19歳だった一番上の娘が深夜にバイクの後部座席に乗っていて、車にはねられました。幸い命に別条はなかったのですが、顔面にかなりひどい傷を負いました。バイクに後ろからぶつかったのは、センターラインを大きくオーバーした乗用車でした。この記事に記憶のある方もいらっしゃるでしょう。娘の乗っていたバイ [続きを読む]
  • 夢枕に立つ
  • 「夢枕に立つ」とは、神仏や故人が夢の中に出てきて何かを告げることですね。そうそう頻繁には聞かないことです。私などは、一番上の兄、母、父を亡くしていますが、まだ誰も夢枕に立ってくれません。さて、近所に住む70代の日本人男性が亡くなったのは9月2日のことでした。翌日からお葬式(通夜)が始まり、遺体が火葬されたのは9月6日でした。前にも書きましたが、男性の遺骨は来月、バンコク近郊の海に散骨されることにな [続きを読む]
  • 近所の娘さんが自殺未遂
  • まさかの事が起きるんですね。最初に聞いたときは何かの間違いだと思いました。わが家の上の娘が高校に通っていたころ、とても仲良くしていた同級生の娘さんF(20歳)が自殺をしようとしました。わが家のすぐ近所なので、私もよく知っている娘さんです。一昨日の夜のことでした。Fの恋人の男性がわが家の娘に電話をかけてきたそうです。「Fが自殺するかもしれないから、家まで見に行ってくれませんか・・・」なぜかFの家族ではな [続きを読む]
  • 2年半ぶりに息子がゴルフボールを打った!
  • わが息子がゴルフをやめたのは2014年5月のことでした。この写真は、やめる少し前に撮影したものだと思います。2013年7月から、息子はほとんど毎日のように、約10か月間ゴルフスクールに通いました。でも先生が、当時13歳の息子に“喫煙”の濡れ衣を着せてしまい、すっかりやる気をなくしてしまったのでした。あれから2年半近くが経ちました。息子は私と一緒にパターとチップショットの練習をしたことは、この2年で [続きを読む]