管理人 TOMO さん プロフィール

  •  
管理人 TOMOさん: 解読 ☆ JRA競馬
ハンドル名管理人 TOMO さん
ブログタイトル解読 ☆ JRA競馬
ブログURLhttp://blue.ap.teacup.com/kaidoku/
サイト紹介文オペレートされているJRA競馬を当管理人構築の解読論で解読(会員制)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/07/05 12:41

管理人 TOMO さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 約束の世界
  • オペレーションは、その等式を次段に移項していると回想。施行→実施に換えてきているのも、その証。1・2・3 番人気決着とは、所謂、オペレーションにおける死に体だが、馬券を買う全ての人間を裏切らないとの言い訳で、お茶を濁す向こう側。つまりは、苦肉の策。1・2・3番人気決着の真理を理解しているならば、サトノ・キタサン決着に◎・◯を打ち、どうだ見たかと言う心理には、到底ならない。その決着背景もアリと言う事 [続きを読む]
  • カッコウの卵
  • オペレーションとは、カッコウの習性に似ている。他の鳥の巣に卵を産み、後を托す。所謂、托卵である。JRA競馬においては、カッコウの卵が、再びカッコウに孵化する事はない。キタサンブラックと言う名のカッコウは、JCと言う名の鳥の巣に卵を産み、シュヴァルグランと言う名の鳥に孵った。以下、JC2着サウンズオブアース→ゴールドアクター。同3着シュヴァルグラン→キタサンブラック。今年のグランプリ、当管理人の想定 [続きを読む]
  • オペレーションの深淵
  • 春季を終え、番組は、夏季に入った。前週の安田記念は、モーリスが勝った前走の香港G1と頭数を揃えての施行。結果、モーリスが、香港G1で、背負ったゲート番を継いだロゴタイプが優勝。今年の安田記念が、12頭で施行される理由の一つは、そこなのだろうが、オペレーションの深淵は、そこにはない。それは、前日の鳴尾記念で、波乱の立役者となったプランスペスカとて同様である。オペレーションの源流を解読するには、普遍的 [続きを読む]
  • 哀悼の意・天皇賞春
  • 今年の春天は、枠色が鯨幕による決着背景。JRA競馬のオペレーションとは、時世も配慮するのだ。それが、特に天皇盾を冠せられたG1競走ならば、尚更の事なのだろう。今年の春天は、所謂、『 祭り 』 などではなく、やはり、哀悼の意も醸すものだった事になる。カレンミロティックの2着激走は、昨年3着の功績が、その理由ではない。彼の激走は、同枠トーセンレーヴの暦と歴が、功を奏するのだが、無論、同馬の昨年グランプリ [続きを読む]
  • 神話の本質
  • マイルCS以降のG1解読予想を4連勝で迎えたグランプリ。当管理人のキーホースは、トーセンレーヴだった。その前週、朝日杯FS解読予想の最後に、これまでの流れから、トーセンが、グランプリ出走なら、当該馬配置枠の連対は、固いだろうと書いた。グランプリ解読予想の軸指名は、トーセン配置の5枠。だが、鞍上が、騎乗停止を喰らった以上、直接の目は、薄くなったとして、同枠サウンズが、やる可能性が高いと解いた。相手は [続きを読む]
  • Where & When
  • 2年目となった、グランプリ公開抽選は、昨年に続き今年も摩訶不思議だった。何処が、どうだとかは、野暮であり、言わないが、彼らにとって、大切なのは、無論、結果ではなく、過程である。Whereよりも、When。どこに入るかなのではなく、いつ呼ばれるかが、最重要なのだ。予め馬番が設定されたアルファベットを選択させるコンセプトが、介在するのも、その点を加味しての事だろう。女王杯以降のメール解読予想の結果を書 [続きを読む]
  • 怠惰なオペレーション
  • 前週、エリザベス女王杯。実につまらない決着背景である。オペレーションの妙などではなく、短絡的としか言いようがないだろう。だからこそ、6枠が勝つなら、相手は、1番人気だったりする。メール会員への解読予想では、軸を1・3枠、相手に2・8枠を指名。馬券を荒らしてくる事に期待。4・6枠は、1・3枠と同一線上である事は、メール解読予想でも触れた事。ヌーヴォレコルトは、来るなら2着以下なのは、重々承知している [続きを読む]
  • 決着背景におけるONとOFF
  • デイリー杯2歳Sは、当該会員には、4枠を押さえに3・6・8枠配置馬による決着背景を指名。当日のメール解読予想の中でも触れたが、8枠は、ある観点から、同じ類を持つ馬で構成された枠であり、流れを継承する枠でもあった。その背景を8枠2頭で蓋をした格好。武蔵野Sは、2・8枠を軸に、4・6枠の相手指名。筆頭軸に指名した8枠は、13番を1着としては、彼らは、OFFとしたが、4・6・8枠による決着背景として、O [続きを読む]
  • 暦と歴
  • JRA競馬解読に勤しむ日々である。オペレーションとは、暦と歴であり、その仕組みを解読する事。これに尽きる。その論理を根幹として、当管理人が、オペレーション解読において、追い求めてきたものとは、出馬表の一瞥(いちべつ)のみで、当該競走における出走馬の連対性を見出す事。オペレーションの基幹を成す、その普遍性=決着背景は、現在も何ら変わる事はない。だが、いかにもと言う当該馬の連対を出し入れする背景が、オ [続きを読む]
  • 過去の記事 …