limalima さん プロフィール

  •  
limalimaさん: 今を、気楽に、明日も気楽に
ハンドル名limalima さん
ブログタイトル今を、気楽に、明日も気楽に
ブログURLhttp://limalimalima.blog41.fc2.com/
サイト紹介文たわごとの類を書いています。
自由文過去の記憶から今の日常風景をランダムに書いています。
内容は、海外生活体験や、旅行先について。特に南米のペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリ、パラグアイなど。時にはニューヨーク、カナダの話も織り交ぜながら。
書くことは、衰えてきた脳味噌には効果があると信じて、一週間に一度は更新を心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/07/05 12:21

limalima さんのブログ記事

  • 遊び心
  • いつものようにPCを立ち上げたら、ネット遊びをするアイコンが消えていた。何もしていないのに、消えてしまった。慌てふためいて、いろいろ試したがうまくいかなかった。スマフォで調べてみたら、というので調べてもらうと、消えてはいなくて、こうすればいいと案内があった。その通りやってもらうと、ちゃんといつものPCに戻った。これって、勝手に使用者と遊んでいるのか、わからないがやれやれだった。女性宮家って、あいもかわ [続きを読む]
  • 素人には不明
  • 反日というか、日本が嫌いというか、皇統が連綿と続いていることをヨシとしないというか、とにかく、日本そのものが苦しむことに精を出す勢力が、政界にも、経済界にも、一般団体にも、あちここちにいることに、驚かさせる。動画などを見ると、大学の歴史の専門家などは、マルクス史観に固まっているので、かなり歪曲されているという。考えてみれば、つい最近起こった第二次大戦で、日本が起こしたのは侵略戦争なのか、自衛のため [続きを読む]
  • 清貧から離れると
  • 批判、というか悪口は書きやすい。動画には、TBSや朝日新聞の批判がたくさんある。しかし、よくまあ、調べるものだなと感心するが、これもまた、必要なことだろうと思う。昔、井沢元彦が朝日新聞の批判をした本を読んだことがあるが、まあ朝日ってヒドイ新聞だったなと思う。高校時代、大学受験のために社説を読んでいたが、それほどひどいとはつい考えが及ばなかった。当時は、なんでも活字になっていれば、信用してしまう傾向が [続きを読む]
  • 現実をみなくちゃ
  • 民進党の質疑を聞いていると、もっとも動画でしか知らないが、理屈で質問しているわけではなく、もっと感情的な部分、一言でいえば、想像を絶する嫉妬心だろうと思う。民進党に限らず、よくデモしている人々が叫んでいる、戦争法反対だとか、安倍を倒せとか、沖縄の基地反対だとか、あるいは、テレビなどで左翼的な主張を繰り返すコメンテーターなどの主張にも、同じ感覚を感じる。本当に左翼で、嫉妬心を感じない主張している人は [続きを読む]
  • 気が付いた時には
  • 戦争前の時代は、白人による世界植民地化だった。これは事実だろう。アフリカやアジアは軒並み占領され、搾取され続けた。この当時、有色人種は、武器をもって白人と戦わなったのか、それとも戦う前に相手の武器や、大きい体に降参したのか、戦いはしたが、一瞬で負けてしまったのか、歴史に詳しくないのでわからないが、どの国も戦々恐々としていただろうなと、思う。欧州列強は、食指をあちこちに伸ばしていただろう。ひとり、日 [続きを読む]
  • 治安がいい証拠
  • テレビや新聞でしか知りえないことでも、動画のお陰で、別の人の意見や考え方に触れることができる。ありがたいことだ。昔、著名であり人気も高い作家が、ノーベル賞をとった。だれだったか、日本をダメにした有名人を取り上げて、論評しているが、そのなかにこの作家が入っていた。著名であり、人気も高いなら、主張していることを、無闇に信じてしまうが、それも、すでに簡単には信じない時代になった。経済の話も、テレビから流 [続きを読む]
  • 反故にはできない
  • 千葉で起こった女児殺害事件の容疑者がPTA会長だったのは、驚きだ。日常生活を、普通に生き、ある日突然異常な行為に及ぶ。小学生には、普通の人だから、声をかけられても、自身の中の「警報」は作動しない。防ぎようがない事態だ。厄介なのは、このての性癖というか趣味というか、死ぬまで治らないだろう。さらに、人口に対してどのくらいかわからないが、一定数存在することだろう。日本は敗戦後、一度も外国と交戦していない。 [続きを読む]
  • 失いたくないもの
  • 朝鮮半島にかかわる問題で、武力衝突があるかもしれないという。おっかないことだ。ところで、共産党の委員長は、北朝鮮と話し合えと、叫んでいる。愚かな話で、これまでさんざん話し合ってきて、その結果が現在だ。話し合いは意味をなさことが証明されている。こんなことは、共産党委員長が理解できないはずがない。百も承知だろう。にもかかわらず、話し合いを主張するのは、別に意図があるからだろう。日韓合意の履行を求めるっ [続きを読む]
  • 生理的に
  • 皇居には、堀というか、外敵が侵入できないような措置がしてなかったそうだ。何かの本で読んだ記憶がある。大陸から来日した人々が一様に不思議がったという。民のかまどから煙が上がるまでは云々という話をよく聞く。それだけ、民衆のことを思っていたのだろう。こういったことを考えると、天皇陛下の存在は、他国の王様とか皇帝とか、根本的に異なるのだろう。父系をたどると神話に行きつく。これも、日本だけのシステムだ。父系 [続きを読む]
  • 説明してほしい
  • 海外からの労働者というか、移民というか、日本で働いている人が100万を超えたという。列島始まって以来、こんなにも多くの外国人がいるのは、初の経験だろう。対処を誤ると、禍根を残す。外国人労働者で、成功した国は存在せず、どの国も問題山積で、困っている。民進党って、おかしい。議員なら、頭脳明晰で、知識も豊富で、日本のことを考えている、と漠然と考えていたが、実はとんでもない話で、日本が困る事、現政権を倒す [続きを読む]
  • ぼやぼやしてると
  • 動画が面白い。日本転覆を狙っている、って意味がよく分からないけれど、左翼系の大手のマスコミはそうらしい。単に、日本が苦しむこと、困る事、貶めることだけに腐心しているのではないかと、思っていたが、転覆まで望んでいると解説している識者がいた。仮に、転覆に成功したとして、そのあと、どうしたいんだろう。それに転覆って、どのようになれば、転覆なのかよくわからない。共産党が政権をとることを転覆というのか、わか [続きを読む]
  • 蚕食ジワジワ
  • 北朝鮮やチャイナの軍事的な脅しは脅威だ。戦争放棄でも、とばっちりを喰らうのは勘弁してほしい。国会での質疑は、なんか、どうでもいいことだけにこだわっている。思い込みも時には大事だが、大所高所から日本をみてほしいな、と思う。民主党政権時の、あの大災害。ヒドイ対応だったと思う。教育勅語のどこがいけないのか、と主張する識者もいれば、批判するコメンテーターもいる。意見を聞いていても、批判の意見は、どこか間抜 [続きを読む]
  • ニオイは
  • ペルーにいたとき、熱心なクリスチャンがいた。彼に、生きる上で何が一番大切か、と聞いてみた。「神の愛です」と当然のごとく答えた。ペルーに行く前、注意されたのは、「政治の話と宗教の話」はしてはいけない、ということだった。なるほどと、思う。話し合いだとか、議論だとか、それが成立しないからだ。さらに、後味の悪さだけが残るし、下手すれば恨まれてしまうし、変人扱いされてしまう。しかし、よく考えてみれば、なにも [続きを読む]
  • 妄想の海
  • 動画を見ていると、偏向報道を指摘するものがある。TBSはよく取り上げられている。ホントかなと思うが、ちゃんと事実関係を示しているので、間違いはないだろう。報道しているアナウンサーやコメンテーターのなかには、意に反してしゃべていいる人もいるだろう。それにしても、ネットの威力というか、お陰というか、ちゃんと調べて情報を発信してくれるから、報道のとらえ方もいままでとはまるで違う。ありがたい。ある動画で、今 [続きを読む]
  • 恐ろしい
  • 文明や文化、よき習慣や味わい深い伝統などは、積み重ねの上に成立するもので、長い時間がかかる。文明は少し概念が違うが、これらに共通した条件は「時間の経過」で、その長さによる。人々に受け入れられないものは廃れ、いいものだけが次代に伝えられていく。最初は、誰かがはじめてのだろうか、それが流行になるのだろう。これまでに生まれた流行は数知れず、今日まで生き残って、文化になり、伝統になり、習慣になる。ミニスカ [続きを読む]
  • 放置
  • 沖縄の新聞二紙は、かなりヒドイということを動画知ったが、沖縄の人々は、これまでも、これからもそれを読むんだろうか。新聞とは名ばかりで、どこかセクトの機関紙のようだ、という。新聞は、読まなくとも、別に困らないが、単に一種、習慣なのだろうと思うが、沖縄県人はどう思っているんだろうか。韓国の反日憎悪教育、韓民族優越教育のヒドサは、動画でもかなり指摘されているが、これを何十年も続けていれば、狂ってしまうの [続きを読む]
  • 安心
  • 金正男が暗殺されたらしい。報道では、詳細は不明だが、ご本人は殺されると思っていたというから、注意はしていたのだろうが、そうそう四六時中緊張ばかりはしていられない。いつかは隙は生まれる。どこの誰がどんな理由で、いまどき暗殺だなんて、と思う。昔、ペルーで生活していたころ、強盗にあった。両替所、米ドルを現地通貨にかえるところだが、同じ場所をつかっていた。一度におおくはかえない。200ドル程度だ。両替所は、 [続きを読む]
  • 知恵
  • この頃の左翼知識人やコメンテーター、民進党の発言や行動には首をかしげる。以前は、好感のもてる主張もあったと思うが、最近は、論理すら言わなくなった。実態が白日化してきたのか、余裕がなくなってきたのか、あるいは国民がおいそれと、簡単には信じてくれなくなったのか、焦っているような印象がある。あるいは在日の反日、というか日本を批判する主張には、気の毒させ覚える。思想の柔軟性は、言葉では大事だが、それまでの [続きを読む]
  • 水に流す
  • 日本人は、おおかた、すべてとは言わないが、清潔な場所を好む。道路にゴミは少ないほうがいいし、食べ物は衛生管理が行き届いたものを欲する。他人に不快感を与えるより、好感を持たれるほうがいいと考えている人が多いだろう。お店の店員さんは、不愛想より丁寧なほうがお客だっていいだろうし、お客だからと横柄な態度はまずいだろうと、おおくの日本人が思ってるだろう。こういったことは、世界共通で、当たり前だと思いがちだ [続きを読む]
  • 不思議なこと
  • 絵画を描いているブログを時々訪れる。芸術って、人の心に伝わってくるのが早い。言葉は、通じないことが多いが、芸術は何かしらこっちに向かってくる。これは、しかし、見る側も精神や心を開いているからだろうと思う。これが言葉だと、一方通行が多い。つまり、言葉は役に立っていないことになる。在日韓国人や朝鮮人は、日本に長い間生活しながら、一部なのか大部分なのかわからないけれど、その主張では、事態はよくならないと [続きを読む]
  • 前にすすみたい
  • 30年以上も前だが、ペルーのリマに仕事で行ったときは、とにかく臭かった。ニオイは、オシッコが強烈だった。当時は大道商人が所狭しと店を並べ、公衆トイレがなかったので、その辺りで用を足すのだろう、とにかく異様だった。さらに、大道商人たちは、スーパーマーケットがそれぞれの分野に分かれての個人商店なので、食材を油で揚げて売っているお店も結構あった。その油が、日本のような植物から取り出したものではなく、魚由来 [続きを読む]
  • お腹いっぱい
  • 1月になって、初めて自分が自由にできる日曜日。のんびりしたい。韓国との関係がおかしい。テレビのニュースだけでは、面白いとは言ってられないが、ネットをみればバカみたいな話になっている。話し合いはおろか、条約や約束事まで成立しない隣国だから、駄々っ子とかわりないだろう。いくら面白くても、おかしくても、もうこれ以上は、韓国人や在日による犯罪や、税金をかすめ取られることのないよう、してもらいたいと思う。こ [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願い申し上げます
  • 2日から、友人知人に不幸があって、ちょっと元気もなかったのですが、今年初めてPCに向かうことができました。本年もよろしくお願い申し上げます。あわただしい新年となりましたが、感謝して日々生活をおくるのが、やはり大切だなと思います。国際情勢、というか、お隣の国も混沌としていて舌戦を繰り広げています。NHKで、どこのお寺かわかりませんが、仏像の年代が、江戸時代と言われていたのが、研究の結果、1000年ほど前の朝鮮 [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました。
  • この前、面白いことを聞いた。「朝」という感じは、10月10日と書く。とつきとおか、つまり妊娠期間を指す。朝を迎えれば、昨日の自分とは違って新しく生まれ変わるから、また新たな気持ちで、生きようということだ。これが事実かどうかは知らないが、なかなか言いえて妙な感じだ。どなたが読んでくださるのか、わかりませんが、今年もありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。どちらさまもよきお年をお迎えくだ [続きを読む]
  • ケロッと
  • 時間の経過は早い。あっという間に過ぎる。やり残したこと、なんていうほど真剣に生きてきたわけではないが、後悔は人並み感じている。あんなことしなきゃよかった、逆にやっておけばよかった、あの時謝罪しとけばよかった、など様々、このごろ考えることが多くなってきた。いいことも、悪いことも、これまで、そほど長くは続かなかった印象がある。かつては、つい最近までは、権威と言えば、マスコミだった。大学の教授だの、なん [続きを読む]