キタ さん プロフィール

  •  
キタさん: 感謝カンレキ雨あられ+3
ハンドル名キタ さん
ブログタイトル感謝カンレキ雨あられ+3
ブログURLhttp://makanangin.at.webry.info/
サイト紹介文島(地方)からの視点で大陸(中央)と自分自身を見据え、心に国境を設けない「アジア群島人」の日々。
自由文大阪に生まれて24歳から北海道へ。海外暮らしはソウル、シンガポール、モンゴルで計8年半。2013年10月、自伝的エッセイ集「アジア群島人、生きる」を亜璃西社から出版。元新聞記者。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/07/06 00:51

キタ さんのブログ記事

  • 最期まで学ぶ10年にしたい。
  •  いよいよ60代最後の1年に突入した。69歳というのと、70歳というのは数字がたった一つ繰り上がるだけで、ずいぶん気分がちがうのではないか、といまのところ思っている。あんまり変わらないかもしれない、まあ、なってみなくちゃわからない。 [続きを読む]
  • プライバシー権の保護と救済
  • 「当該法案のどこに、どの部分に、あるいは既存の他の法律のどの部分に、新しい法律が、私の書簡で示唆しているものと同等のプライバシー権の保護と救済が含まれているのか、または他の法律によりカバーされているのか示していただきたいです」 [続きを読む]
  • 楽しみな同窓会
  •  来月の最終土曜日、つまり6月24日の夕刻、ススキノの老舗居酒屋グランド富士で母校大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)同窓会「咲耶会」の北海道支部総会を開く。支部長を仰せつかっている手前、より多くの人に出席してほしいが、世の中忙しい人が多く、120数人に案内を出して、今のところ出席通知は自分やゲストを入れてちょううど1割の12人。そんな中、うれしいはがきが昨日届いた。 [続きを読む]
  • 憲法9条を空洞化させようとしているのはだれか?
  • 憲法が施行されてきょうで70年。現政権によって、世界に誇るべき平和憲法がひどい扱いを受けている。自分が38年間禄を食んだ北海道新聞の1面トップの大見出しは「首相在任中の改憲狙う」。これはまあその通りだからいいだろう。脇見出し「国民投票に現実味」の横に関連ニュースという小さな箱をみてぎょっとなった。「進む9条空洞化 3面」とある。すぐに3面を開いた。 [続きを読む]
  • ついに家庭内別居
  •  ついに家庭内別居しました。1972年秋に入籍してから45年半、旅行、単身赴任を除いて、大げんかして冷戦中でも、辛うじて、一つ部屋に布団かツインベッドを並べて寝てました。今回は話し合った末の円満協議別居です。 [続きを読む]
  • 冬の窮殿から夏の窮殿へ
  • ロシア帝政時代、冬の宮殿、夏の宮殿があったらしいが、我が冬の宮殿(実体は窮殿)である南向きの居間から昨日をもって夏の宮殿(日当たりのよくない勉強部屋)に移動しました。27日は15時半から道新文化センターの教養講座「現代8いま)を読む」第2講「明治150年と松浦武四郎」講じるため、復習しています。狭いながらもわが知性(痴性?)の牙城です。 [続きを読む]
  • サヨナラだけが人生だ
  •  あと2か月すれば、62歳で会社勤めを辞めて満7年になります。あっという間でしたね。最初の約3年は準備期間を含めたモンゴルでのボランティア教員。直近の2年間はパート(非常勤)の教員。真ん中の2年がぼやーっとした生活。やっぱり、なにかに打ち込んでいるときがシャキッとします。 [続きを読む]
  • なんでやねん!
  • 突然、だれかに納得できないことをされたら、誰でも標準語でなく、Mother Tongueで怒るやろね。キタなら河内弁で原級「なんでやねん」<比較級「われ、なんじゃい」<最上級「おんどれ、なにさらすんや」。 [続きを読む]
  • 共謀罪はダメ!
  • 「共謀罪」法案が国会で実質審議入りした。与党は数の力で押し切るつもりだが、ことこの「共謀罪」に関してはそれを絶対に許してはならない。▲朝日新聞4月20日付。我が家は朝日を購読していないので、Facebookから接写 [続きを読む]
  • バヤラーに送るもの
  •  モンゴルボランティア教員時代に無償のサポートをしてくれたバヤラーからの贈り物のお返しを準備しています。リクエストのあったナースが主役の小説のほかに三冊、チョコレート、おかき、キャラメルなどの菓子類。ところが、モンゴルからの包みに貼ってあった住所をどこかにしまい忘れ、困った。 [続きを読む]
  • 探しごとがふえたなあ。
  • 昨夜、寝る前にiPhoneの充電を思い立ったが、ない。久しぶりの登校から持って帰ったはずなのに。超深夜の家探し1時間。一度探索した積読の間から見つかった。最近1日の時間割り振りの中で「探す」行動が多くなったなあ。もともと多かったが。 [続きを読む]
  • 教育勅語は葬り去られたはずだ。
  • 「教育勅語 教材としての使用 否定されない」(4月3日 18時43分NHK)菅官房長官は3日午後の記者会見で、戦前などに使われていた教育勅語について、わが国の教育の唯一の根本とするような指導を学校で行うことは禁止されているとする一方、教材として使用することまでは否定されていないという認識を示しました。 [続きを読む]
  • バヤラーありがとう
  • モンゴルの若き友であり、2年間のエコツーリズムボランティア教員時代、ボランティア通訳としてサポートしてくれた恩人、バヤラーからさっき、素晴らしいプレゼントが到着した。たくさんのキャンディ類と珍しいモンゴル紋様ぬり絵帖。それに相変わらずうまい日本語レター。ありがとう、バヤラー。 [続きを読む]
  • 劇団四季劇場のトイレ
  •  けさの朝の食卓。韓恵進・駐札幌韓国総領事。さすが、京郷新聞記者の出自らしい見識。昨日ライオンキングを鑑賞したとき、男性用トイレも狭い空間は出入り双方向の列で満員状態だった。観客の8割以上が女性だからさぞや、ご婦人方はお困りだろうと思ったが、劇場側に細やかな配慮があったんですね。 [続きを読む]
  • 「共謀罪成立」は既定事実ではない
  • 新聞見出しで、「〜へ」とあるのは新聞の締め切り段階で、事実が現れていないが、おおむねそうなるであろうというときに使う伝統的特殊文法。昔も今も。北海道新聞の脇見出し「刑法体系変容へ」だと、新聞社が法案成立は既定の事実と受け止めていることになる。そんなへっぴり腰の新聞だったのか。 [続きを読む]
  • 著書「アト゜イ」で安宍君に会う
  •  最近、リアルの書店に行くなら南1条西1丁目のジュンク堂。ついでにご近所のBOOK-OFFに寄ることが多い。自分の関心あるジャンルでしかも半値、場合によって100円+税で買えることがあるから。昨日、BOOK-OFFで買った3冊の中の1冊、「アト゜イ」(2002年、北海道新聞刊)を開いたら、序文を北海道新聞の後輩記者、安宍(あじし)一夫君が書いていて驚いた。安宍君はキタがモンゴルにいた2012年12月、急死の知らせをもらい大き [続きを読む]
  • 柳美里が福島で活躍してる
  •  作家の柳美里(ユ・ミリ)さんが鎌倉から福島県南相馬市に移住して、執筆活動の傍ら、地元FMのインタビュー番組を続けたり、高校の文章講座を指導したりの活動を続けていることを初めて知った。今朝4時、たまたまNHKのラジオをつけたら、深夜便でインタビューを受けていた。 [続きを読む]
  • 森友学園に教育機関の資格はない
  •  いま、国有地払い下げ疑惑の渦中にある学校法人「森友学園」。同学園が経営する塚本幼稚園では教育勅語を暗誦させたり、運動会の宣誓で「安倍首相がんばれ。安保法制、国会通過よかったです」と言わせたりしている。それだけでも政治的中立性を逸脱している。下の毎日新聞社説(3月3日)の見出しに「教育機関といえるのか」とあるが、疑いの余地なく「教育機関とは言えない」と断言しておこう。 [続きを読む]