Omakase-Factory Blog さん プロフィール

  •  
Omakase-Factory Blogさん: Omakase-Factory Blog
ハンドル名Omakase-Factory Blog さん
ブログタイトルOmakase-Factory Blog
ブログURLhttp://omakasefactory.blog.fc2.com/
サイト紹介文おまかせ工房の店長ブログ。ほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/07/06 13:29

Omakase-Factory Blog さんのブログ記事

  • 【Omakase-Factory's Blog】神棚設置台に最適な長尺スタイルの八足台を作ってみよう
  • 以前、単なる板だろ?と言われたことがありますが、まぁ、それをどうこう言うことはありません。八足台には八足台として使うべき場所部分があります。簡単に考えているときには自作もできるのではないでしょうかね。おまかせ工房では長尺スタイルの八足台なども製作可能です。背丈を高めに作る八足台は神棚を設置して祭っておくときよく使います。従来ならば天井から下げる感覚で棚板などを取り付けていましたが、いろいろな事情が [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】神棚をすっぽり収めることができるガラスケース
  • 神棚入れ、御札入れ、木札入れなど大きなものをすっぽりと入れたいとき便利な神殿ケース。主に、神棚を想定しています。おまかせ工房の弥栄屋根違い三社中型サイズ専用。大きさが合えば他の神棚でも問題なし。新しいうちに入れておくほうがいいでしょう。木札などは大きい場合があって、それが入る神棚を探そうとしてもないことがありますね。このような入れ物を神棚に見立てて箱宮神殿となるわけです。中型サイズの神棚を入れられ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】品がある 景徳鎮の染付香炉 やっぱ良いわ
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。景徳鎮と聞けば陶磁器好きなら一度は行ってみたい場所。陶磁器の世界最大の産地です。土が良いよね、ここのは。いろいろなものを作っている景徳鎮ですが、染付は有名。コバルト色と白色の組み合わせは飽きさせない。品がある。茶器の故郷は宜興、陶磁器の故郷は景徳鎮。どちらの産地も世界最高峰です。こういうものなら中国製は素晴らしい。置物になるでしょうから置き方次第ですね。どう [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】コンパクトサイズの神棚でもここまで祭ることができます
  • 神棚の祭り方も大きければ大きいなりに、小さければ小さいなりにということです。ただ、今回紹介するガラス宮12号一社でもこのぐらいのことはできる。12号というのは幅1尺2寸サイズということ、約36cmぐらい。全て国産神具で揃えてみました。ともかく一番小さな神具を一通り。真榊小豆の木製台軸仕様などを置くと全体的に明るくなる。ガラス宮そのものが明るい神棚ですがさらに明るい雰囲気が出てきます。セトモノセットなどは日本 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】魅惑の神具 金幣芯 日本製
  • 神棚で使う金幣芯もあれば、神社の本殿で使う金幣芯もあります。お祓いを受けた経験があっても、金幣芯を振られてお祓いをしてもらった人は少ないと思う。祓串のように左右に振ったり、前後の揺らしたりと、大きな金幣芯はお祓いでも使います。今回は神棚や祖霊舎、御霊舎などで使う金幣芯のご紹介です。神鏡と金幣芯を一緒に置くことは頻繁にあります。個人的には金幣芯や神鏡なども国産神具を使ってほしいところ。まぁ、選び人次 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】初めて神棚を探しているなら神棚セットもオススメです
  • 情報の氾濫というかネット検索をしても同じような違うような内容ばかりです。神棚を探していても同じような違うようなものばかり。慣れてくればわかることでも最初はちょっとわかりませんね。神棚セットを用意しています。神棚と神具の一式セット。初めて神棚を祭ってみたい、平均的・標準的な神具を揃えておきたいときに使いやすい神棚セット。セトモノセットなどの乗せ方、並べ方などは参考例です。神棚の設置の仕方には個人差が [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】い草ござカーペットのサイズオーダー
  • おまかせ工房の上敷きは新しく織り上げていきます。セミオーダーとでも言うのでしょうか、縁や品質などもそのとき選んでもらっている。やはり織りたてのい草のほうが香りも良い。積み上げて何ヶ月も何年も経っているものとは比較にならない。日本間には本間、江戸間、五八間、中京間などの間取りがあります。しかし、なかなかその間取り通りに部屋が作られていません。現代住宅ではほとんどが小さく狭く作られている。折り曲げて敷 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】尾州桧で作る箱宮ケース 木箱のようなもの
  • 箱宮タイプの神殿ケースはいろいろな素材で作られています。おまかせ工房では最高峰の尾州桧バージョンのみ。オールウッドですね。正面にガラスを差し込んで使いますが、人によっては外して板をはめ込む人もいるようです。この箱宮ケースは箱宮16号三社の外箱です。箱宮シリーズも尾州桧なので、そのまま使っていることになります。だからとても綺麗、まぁ尾州桧なので綺麗な桧です。ところでこの箱宮シリーズは置いておくだけを想 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】プライバシー対策 西日対策に炭すだれ
  • 夏本番なんですけど日本の夏は短い。スカッとした暑さとでもいうんでしょうかね、その期間が短い。気がつくとジメジメの暑さが到来して、秋だな〜となる。人生80年とすると夏は80回、、、、じみじみくるなぁ〜。日が差し込むこの時期はスダレが大活躍しますね。暗くならないし風は通すし。でももう一つの付加価値を付けてみませんか?それがプライバシー対策。日中であれば向こうから見られない。でも部屋の中からは外が見える。炭 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】手提げ袋の形をした花瓶
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。底に穴は開いていないのでドライフラワーなどがいいのかな。手提げ袋の形をした花瓶も珍しいのかもしれない。陶磁器です。何に使うのかなんかじっくり考えていると頭がいたくなっちゃう。こういうのはインスピレーションで実行です。今日来た郵便物を入れておく、、、、どうでしょう。というか何も入れない方がいいかもしれない。しかし、人間、、、、何かに使いたがる、役目を付けたがる [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】 シンプルに作った雲 天井に貼る神具
  • おまかせ工房の雲は大きな雲・小さな雲ともに同じ素材同じ書体です。シンプルに作っています。やはり桧じゃないと雰囲気でませんよね。桧で作った雲板のご紹介です。桧彫の天雲大きい雲(高さ12センチ)と小さい雲(高さ5センチ)があります。普通は大きい方を使いますが、小神殿や箱宮には小さい方が適している場合があります。目立たせる必要はありませんので、 場所に合った方を選んでくださいもし、ご家庭に神棚があってさらに [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】小型サイズの神棚を収めることができる神殿ガラスケース
  • 神棚を収めておく、そのまま神棚として使う、このようなことができます。神殿ガラスケースを棚板の上に置いて使うこともあります。そのまま壁に掛けられるように吊り下げ金具も取り付けてあります。神棚を入れるのであれば新しいうちに入れておく方がいいでしょう。おまかせ工房の弥栄屋根違い三社(小)のために作り出したガラスケースです。サイズが合えば他の神棚でも問題ありません。木札をいれておくこともありますね。木札な [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】上敷きを折り込んだりめくり上げる敷き方なら切る
  • こういう風に敷いている家ってありますね。い草上敷きが大きかった、長かったから折り込んだりして敷いている。上敷きって折り曲げてはいけない。こんな敷き方ならカットして補修用ヘリテープを付けるほうがマシ。ポジション次第なのかもしれないけど、こういう敷き方は危険ね。引っかかって鋲が抜ける。抜けたら危ない。それとい草が切れやすい。補修テープがあれば直せばいいんだろうけど、咄嗟の時には用意していないはず。この [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】神棚 一社 お札立て 細隙仕様
  • 神棚は神棚でも御札専用の神棚というものがあります。それも伝統工芸士が作った御札入れ。スリット状になっていて浮かび上がるように見える。似たようなものがあるそうですが、これがオリジナル品。まぁデザインは真似されてしまうのは仕方がないんだと思う。それだけ魅力的に感じて類似品を作ってしまうだろう。でも、山下さんの作品はこれだけ。正面から見ると御札は見える。しかし、左右からでは見えない。破魔矢を差せるように [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】 国産神具で構成した 神鏡と金幣芯の組み合わせ
  • 金幣芯と神鏡は同時に置くことがありますね。神鏡の方はすでに置いてある人も多いはず。金幣芯が少々馴染みがないこともあるかもしれない。同時に置く時には神鏡が前、金幣芯が後ろ。金幣芯と神鏡を前後に置く場合には奥行き寸法に気を配ってください。組み合わせ方で開きがあります。扉前に置くときには特に注意です。神鏡の意味、そして金幣芯の意味を知ってくると置きたくなる。こういうのは理由があってそうするわけです。神社 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】切れるゴザ しかもランク7で作る自由に切れる上敷き
  • 既製品の上敷きを買ってみてサイズが大きかった経験があれば自由に切れる上敷きいいでしょう。サイズオーダーで作るのもいいでしょう。既製品を切って補修用ヘリテープを付けて寸法直しをするのもいいでしょう。方法はいろいろありますが、大きく分けるとこの3つかな。フリーカットの上敷きの利点は自由に切れるというそのまんまです。縦に切る、横に切る、そして斜めに切る。曲線でも切れますが縁を付けることができないので場所 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】古さを感じさせないレトロモダンの神棚
  • 時代の流れや時代に合わせていくのも時流ということです。伝統や格式が残るのは美があるから。単に古いものはいずれ廃れてしまう。神棚には美がありますね、伝統美と言います。日本の住宅も大きな変化があります。家が変わるのにインテリアが変わらないわけがない。和室から洋室へ、劇的な変化です。もし洋室でも合う神棚を探しているのならガラス箱宮シリーズが合う。さらに御簾を付けるとぴったり。インテリアの一部にしておきた [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】視線を通さない不思議なすだれ 炭すだれ
  • 窓全開ですね、7月8月は暑い。夜はカーテンがありますが、昼間は窓を開けておきたい。開放的な反面、向かいから部屋の中が丸見え。昼間のプライバシー対策に炭すだれ。単に黒いわけじゃない、素材は炭。表面も凹凸にしていて細い炭の棒を横並べしたような質感。マジックやペンキの色では一味違うわけです。在庫も残り少なくなって幅88cmタイプは完売しました。幅176cmだけです。下がり135cmと下がり170cm。窓は開けたい、でも部 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】効果テキメン 効果バツグン 木製人形代の魅力
  • 今日で一年の折り返し地点、早いのか遅いのかは人それぞれ。神社に行く人たちも多いですよね、輪くぐり。6月30日です。形代を手にしている人、、、、けっこういますよ。木製人形代は人によって使い方が違う。モロに自分の気持ちや想いを込めるための道具です。ともかく形になったものに移す。人形代(ひとかたしろ)は人間が対象です。その対象になった形のものに想いを込めるのが基本。だからいろいろなジャンルで形代があります [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】真榊 小豆・豆・小サイズ 木製台軸仕様
  • まだまだ認知度の低い真榊。でも言葉は聞いたことがある人がとても多い。「まさかき」と言います。神具の中では比較的新しい部類になるのかな、明治時代からだった記憶があります。おまかせ工房の真榊は木製軸、木製台です。プラスティック製のように激安にはできません。プラスティックから木製に取り替える人も多いですよ。神棚でも使うし御霊舎、祖霊舎でも使う。彩りがあるので明るくなる。とまぁ、見た目の話より三種の神器と [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】御霊舎の扉の外し方
  • 御霊舎に限らず、神棚や祖霊舎など扉全体が外れます。扉の開閉では入らない場合には全体を取り外して納めてください。誰でも知っていることだと思っていましたが、扉が取れることを知らない人もいるかもしれない。下部を手前に引っ張れば外れます。神棚だと木札のとき扉から入れられないことがありますね。祖霊舎では御霊の位置を変えたい時には扉を外しますね。しかし、頻繁にはしません。御霊舎の場合にはかなり正確に作っている [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】 箱宮ケースの大きさ比較 中型と大型 動画編
  • 尾州桧の上品シリーズの中に箱宮ケースという商品があります。中号と大号はデザインが同じ。寸法表記はしているものの大きさの比較をさらにわかりやすくしました。1.7倍の差があります。一枚の画像より動画の方がわかりやすいと思う。箱宮16号三社と箱宮20号三社の外箱と同じ。お宮がない状態ですね。外箱だけ使って大きな木札などを祭るときにはとても便利です。箱宮ケースは基本的な使い方として、置くだけ。しかし、壁にかけた [続きを読む]