Omakase-Factory Blog さん プロフィール

  •  
Omakase-Factory Blogさん: Omakase-Factory Blog
ハンドル名Omakase-Factory Blog さん
ブログタイトルOmakase-Factory Blog
ブログURLhttp://omakasefactory.blog.fc2.com/
サイト紹介文おまかせ工房の店長ブログ。ほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/07/06 13:29

Omakase-Factory Blog さんのブログ記事

  • 【Omakase-Factory's Blog】袋型花瓶 手提げ袋のような形をした花瓶です
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。一個出てきましたので商品ページを作りました。手提げ袋の形をした袋型花瓶です。花瓶以外に使い道・・・・頭を柔らかくすれば見つかるかもしれない。置物や雑貨というのは楽しい。こういうレアグッズは見つけた時がお買い得ということになります。倉庫を探してみてもラストじゃないかな。何に使う、何の役に立つという野暮ったい話はなし。花瓶が手提げ袋の形をしていたっていいじゃない [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】お座敷すだれの修理材 吊り金具
  • お座敷すだれを個人で修理修繕するのは無理です。しかし、金具の取り替え程度であればできますね。錆びていたりすることがあるので、吊り金具を交換することがあります。また、房を増やしたいときでも使います。こういう金具は彫金師が作ります。年々職人が減ってきて、金具の入手もどうなることか、、、という一面があります。独特な金具ですね、他に使い道がない特殊な金具。座敷すだれを自作したい人にもオススメです。時間がか [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】金幣芯(きんぺいしん) 知れば知るほど面白い
  • 時代劇や大河ドラマの中でたまに出てきますね、金幣芯。やたらと武将の部屋にあったりしますのでお見逃しなく。神社に行けば本殿や神楽殿などの中にあります。でも、、、一体何だろう?と思っている人も多いと思う。神棚でも神道祭壇でも置きます。せっかくですから日本製の金幣芯で祭っておきましょう。小さなものから大きなものまで、場所によってサイズを変えます。神鏡と一緒に祭っておくことが多い神具でもありますね。そのと [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】神棚の棚板 簡単に神棚を設置できます
  • 簡易タイプの神棚棚板のご紹介です。簡単に設置できると思います。全部で9種類の大きさ、組み合わせがありますので選べるのではないでしょうか。幕板のあるなし、引き出しのあるなしなどです。注連縄や神前幕をする場合には幕板が必要になります。この幕板がないと天井から吊り下げるようにするしかない。見た目としては幕板に付けたほうが見栄えが良いです。膳引き・・・引き出しのことです。お供えものを臨時で置きたいときには [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】定番三社 出雲神殿三社 中型サイズ
  • おまかせ工房の定番シリーズから出雲神殿三社のご紹介です。良い神棚で祭ってみたいときには是非ご検討ください。長い期間作っているシリーズなので、それなりに評価はいただいていると思います。屋根違い三社です。高さを若干低めにしてあります。現代住宅に合わせてあるスタイルですね。マンションの梁などで下がってしまうときには底床型を使うことがあります。通し屋根では明治神殿三社シリーズ、屋根違いでは出雲シリーズに分 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】業務用として作っているシリーズの上敷きござ
  • 業務向けになると同じもので作っていくことが多いですね。おまかせ工房でも旅館向け商品として、い草上敷きを作っているシリーズがあります。縁は一種類、品質は一種類、間取りは江戸間・本間のみ。でもお買い得にしてあります。縁が気にいってくれないと話が始まりません。これはこの縁だけで作っているシリーズです。織り機にセットしているのでそうなります。旅館などは定期的に取り替えることもあって、同じものを好みます。い [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】炭すだれのシーズン到来 残りわずか
  • 数日前、北海道で雪が降ったというニュースをみてビックリしました。ほどよく暖かくなって、桜満開。黒いすだれの効果を知ってしまうと使い続けますね。残りがわずかになりました。やはりプライバシーは確保したい。でも昼間は窓を開けておきたい。日中、外から見えない、中からは見える、、、それが黒い効果。炭素材を使っていますが手につくことはありません。透明樹脂のポリオレフィンの中に炭の微粉末を混ぜてある。ということ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】茶葉薫る 茶香炉で盛りたてる
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。生活って飽きてしまうことがありますね。つい先日まで面白かった楽しかったのに飽きてしまう。不満があるわけじゃない、つまらないわけじゃない、ただ、飽きてしまった。人は誰もが飽きます、飽きさせない努力虚しく皆飽きる。視覚味覚聴覚あたりから飽き始める。臭覚は後。頭に刺激が来ない生活をしているとダメになるんじゃないでしょうか。喜怒哀楽を表に出さない大人の生活だと飽きる [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】祖霊舎の王道 シンプルデザインの神道祭壇
  • 神道祭壇っていうのは白木で作るのが基本。さらに桧を使うのが王道。家具調祭壇などもあるようですが塗装はしないのは本来の使い方です。スプルース製というのは北米産桧のことです。国産桧で作っているものもありますが、これは北米産桧で作ります。木材の価格が決定的に違う。北米産桧は国産桧に比べると、やや白い、綺麗という言い方もできる。国産桧はやや黄ばみがありますが北米産は白いです。ただ、同じように焼けてきますか [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】木製台軸の真榊で祭ってみよう
  • 問い合わせが目立ちますが、真榊がプラスティック製か木製かという内容。探している人はあちこち回っているみたいですね。プラスティック製の方が安いようですが、それを探している人じゃないってことです。おまかせ工房の真榊は木製台軸仕様。プラスティック製の真榊を持っていても木製に取り替えることが可能。そのための交換キットも用意はしています。でも交換するより始めから木製を選んでおけば済む話。別にプラならプラでも [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】贅沢三昧 箱宮の原型 本雅三社箱宮神殿
  • 正絹御簾を使ったり床板仕様にしてみたりと箱宮の原型 本雅のご紹介です。最初に作りたいものを作ってみる、それからあれこれ変えていく。物作りの方法のひとつにこういうことがありますね。特製箱宮のオリジナル、贅沢三昧の箱型神棚です。同じ大きさのものと比較すれば二倍ぐらいの価格差があります。やりたい放題、したい放題、贅沢しまくりの箱宮です。自ずとコストもどんどん増してしまう。売りづらくなるわけですが、こうい [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】金幣芯大型 雲水彫神鏡2寸
  • せっかくだから日本製の神具で祭ろうよということで上品シリーズのご紹介です。金幣芯と神鏡を同時に置くのは小慣れた人だと思います。最初はこの組み合わせが何かわからないかもしれない。同時に置きます、前後に置きます、神鏡が手前です。何かのときに知ることがあると思います。すでに聞いていたのかもしれない、でもそれが何かわかるのに時間がかかる。そんな神具の組み合わせが神鏡と金幣芯。神社に行って拝殿の内部を見ると [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】い草の上敷きをサイズオーダーで作ってみる
  • 部屋の広さ大きさでい草の上縁を敷いてみよう。昔は当たり前、今は贅沢かもしれない。それほど高いものではないと思う。国産い草で作るサイズオーダーの上敷きのご紹介です。日本家屋の寸法のまま買ってきてちょうどいいならそれはそれ。敷いてみたら大きかった、長かったということが頻繁に起こります。そのときには方法は二つ。ひとつは、切る。この場合、補修用ヘリテープを使えば寸法直しができます。おまかせ工房で補修用ヘリ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】鎮物(しずめもの)を埋めておこう
  • 鎮物っていろいろありますね。簡単なものから本格的なものまでいろいろ。同じようでみんな違う。おまかせ工房の鎮物は本格的なほうです。主に業者向けというか、本式で行うとき使うタイプのものです。神主や僧侶が使うもの。箱の表にその場所の神社名、寺院名などを書いていることもある。個人で鎮物を埋めておく人もちらほら増えてきました。通販で鎮め物を買える時代です、昔は業者の専用品みたいなものでしたね。敷地に埋めてお [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】変わった花瓶 昆虫花瓶
  • 日曜日恒例ほのぼのグッズのご紹介です。今回はレア物の昆虫花瓶。人の持っていないものを集めることが好きな人じゃないとこういうものに手が伸びません。作ろうと思ってもそうそう作れないから魅力がありますね。人の持っているものを持つのが好きになれない・・・。類似なんて好みじゃない、個性こそ我が人生。人と話すと本音部分は実に面白い。流れに逆流してみるのも人生、人が右向きゃ俺左っていうのも人生。嗜好性が強いもの [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】龍神破魔矢置き 上に向けて立てかけられる
  • 破魔矢にもいろいろな種類があって、有名な破魔矢に龍神破魔矢があります。あれ、箱の中に入れたまま開いて立てかけている人がいますね。置きづらいんです、どうにもこうにも起きづらい破魔矢の代名詞かもしれない。おまかせ工房の神前破魔矢立てを使ってください、ガッツリ合います。龍神破魔矢は上向きに置きたいわけです。でも何か台がないとそれができない。持っている人ならコロコロしてしまって困った経験もあると思います。 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】初めての神棚セット 小型中型の屋根違い三社
  • 神棚を持つというのはそれほど不思議なことではありません。商売をしている人たちは馴染み深いと思います。初めて神棚を手元に置いてみようかと考え中の人向けに神棚セットというものがあります。神具などもこちらで大きさを決めてあるので、そのまま祭ることができます。神棚の祭り方は一様ではありません、個人差がある。あれが足りない、これはいらないってこともあることでしょう。ただ、最初はなんだかわからないってこともあ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】前後に並べる上下の豆八足台 二段組豆八足台
  • 前後に豆八足台を並べるということは二段にしたいときですね。段差を付けたものを並べます。横に並べることもあって、そのときには短足型を二台にして山なりにすることもある。神具の中であると便利な豆八足台のご紹介です。棚板の上に直接置くと跡が残ってしまうものがあります。水がらみのものは丸く水跡が残りますね。何か台を使うと見た目もいいし、それらの水跡対策にもなる。セトモノ類を乗せる人たちが多いですね。やはりそ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】強いポリプロピレンの敷物を使ってみよう【模様】
  • 畳の上に敷く敷物と言えば上敷きござがありますね。それとは違うものでもうひとつあります、それがポリプロピレン敷物。い草のような素材ではありませんが似せて作ってあります。和室で使う需要が年々増えてきています。在宅介護をしている家庭の場合、ベットもあれば布団もある。和室で介護していると濡らしてしまうことがあって、濡らす前にこの敷物を使いますね。大人数が集まるような食事会のときでも先に敷いておきます。濡ら [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】すだれ付きのガラス箱宮三社 モダンな神棚
  • 神棚の18号っていうのは幅一尺八寸ということです。同じく20号というのは幅二尺。縦横奥行きなど寸法がありますが、幅寸法で考えることが多いですね。すだれ付きのガラスケース入り箱型神殿三社のご紹介です。このシリーズだけ御簾を付けてあります。一社、三社の大中小、そして箱宮の原型である本雅神殿の5種類。明るい神棚です。神棚は天井付近に取り付けることが多いので壁掛けできるようにしてあります。また新築の場合には壁 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】瓜型茶壺 一体なんでしょうね
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。瓜型の陶磁器、一応、茶壺。しかし、日本の茶壺っていうのは密閉性がありますが陶磁器の茶壺はないです。どうなもんなんでしょうか。。。。まぁ、置物かな。こういうものって頭が柔らかい人が使うべき。固定観念が強い人だと使い方にアイデアがない。大人より、、、子供か?でもそうそうあるもんじゃないですね。珍しいとまでは言いますが、後で見かけるものでもない。物にはそういうこと [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】おまかせ工房 あすつく対応の神具
  • おまかせ工房には土曜日でも出荷ができる神具のコーナーがあります。あすつく対応ということです。関東、関西、北陸あたりであれば翌日配達できる範囲ですね。日曜、祝日以外ならだいたい対応しています。大きなものは他のスタッフなどがいないとなかなか作業できませんので小さな神具が中心です。もっともそうそう急ぐようなものでもないと思います。前もって用意していたんだけど忘れ物があった、、、なんてときにはいいかもしれ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】二本の破魔矢を置きたいときに使う二段式破魔矢置き
  • 破魔矢を転がしているのはもったいない。せっかくだからちゃんと飾っておこうよということで破魔矢シリーズがあります。おまかせ工房のスタッフには破魔矢愛好家がいる、いや、ほとんど。好きな人たちが好きな人たちのために作り出したのが始まり。一本の破魔矢を持っている人がほとんどです。でも二本持っている人もいる。二本の破魔矢も綺麗に飾りたい。破魔矢って社務所のある神社なら一年中ありますよ。場所によっては正月が終 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】八脚案、八足台の製作販売 一段二段三段の固定式と組立式
  • 近年では神棚の設置台として八脚を使うことがあります。歳をとったから手が上がらなくて神棚の水換えとか嫌になってきたとかね。まぁ、誰でも歳は取るので順番性です、お待ち下さい。おまかせ工房では国産桧製と北米産桧製の二種類で作ってます。八足台は組立式がいいのか固定式がいいのかたまに聞かれることがあります。使う場所、使い方って話を聞かないと答えられませんね。でもだいたい電話で問い合わせをいただくので解決しま [続きを読む]