Omakase-Factory Blog さん プロフィール

  •  
Omakase-Factory Blogさん: Omakase-Factory Blog
ハンドル名Omakase-Factory Blog さん
ブログタイトルOmakase-Factory Blog
ブログURLhttp://omakasefactory.blog.fc2.com/
サイト紹介文おまかせ工房の店長ブログ。ほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/07/06 13:29

Omakase-Factory Blog さんのブログ記事

  • 【Omakase-Factory's Blog】両端折り済みの綺麗に貼れる上敷きヘリテープ
  • 他の店で買ったものを当店に問い合わせされてもわからない。同じようなものを買ったからと言って、聞かれてもわからないし、困る。結局、売るだけの店で買うと失敗するよね、従業員も製品について全くわからない。わからないから専門店に聞いてくる・・・・困るんだよな。。。。ありきたりのもの、誰もが知っているメーカーもの、こういうものならどこで買ってもいいだろうね。しかし、普段は意識しないもの、頻繁に使うものでもな [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】 木製人形代 ひとかたしろ
  • 木製人形代は想いを込める道具 祭祀具ですね。分身です。その分身が自分なのか他人なのかで想いが分かれる。祀ることもあれば、藁人形のように使うこともある、それが人の想いというもの。ともかく形にしておかないと始まらない。人の事は人の形になったものに宿る。人形・・・・ひとかた・・・・と読みます、にんぎょう、、、ではない。馬や牛などの人形がありますね、車もある。特徴的な形であればそれ専用の人形があるわけです [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】サイズオーダーで作れる座敷すだれ
  • おまかせ工房で作っている座敷すだれの中でサイズオーダー可能のものがあります。No.4からNo.10までの座敷すだれ。節の揃え方などで作れない幅寸法もあったりします。長さもしかり、要するに聞いてくださいということです。天然素材を相手にするものは時として要望を叶えられないこともある。座敷すだれは節模様が決め手。幅95cm以上の座敷すだれだとNo.4になります。節って座敷スダレの醍醐味なんですよね。安いものはこの節があ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】八足台を作ってみよう 神棚設置台に最適
  • いつかは自分の八足台を持ってそこへ神棚を祭ってみたいなぁ〜。と考えている人たちは多くて、でも何かの節目や機会がないと作れませんね。消えてなくなるようなものではないので、一生物ということになるかもしれない。ビシッと気分がしまります。おまかせ工房ではいろいろな寸法の八足台・八脚案を作ります。最近多いのは高さのある八足台。3尺を超える、、、つまり高さ90cm以上の八足台ですね。神棚を設置しておくのにちょうど [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】神棚を納める 木札を納める 神殿箱宮ケース
  • いろいろな素材で作ったものが出回っているようです。おまかせ工房では尾州桧を使った上品シリーズのみ。要するに箱宮神殿の外箱ということになります。小さな神棚を入れたり木札をそのまま入れたりするとき使うと便利です。基本的に箱宮神殿は置きタイプ。しかし、なかには吊り下げて壁掛けのようにしたい人もいますね。その場合には「吊り金具希望」を選択してください、取り付けておきます。また、おまかせ工房の他の上品シリー [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】無駄なものほど気が休まる 陶磁器の水差し
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。まず言っておきたいのは生産性効率性を生活で追い求めるのはバカ者です。気付かない大バカ者ほど言ってわからせるのに苦労する相手はいない。やらなくてもいいことをやりたがるから始末に負えない。事の全てを何かに収束させていかないと気が済まない。会話をしても目的がないと会話にならない、気がつけば会話というより質問。話も物事も積み上げないと前進している気がしてこない。もう [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】園芸で使えるやたらと便利な梱包材 透明ラップ
  • 時期的に種を撒いている人たちが多いんじゃないかな。家庭菜園レベルなら種を買ってきてプランターで育てたりするよね。種を撒きすぎて株だらけになって、それを植え替えるためにプランターだらけになる。園芸の罠みたいなもんだ。一個増えるともう一個、さらに追加でもう一個・・・と置けるだけ置くことになりやすい。だから、園芸を始めた人は一面を使うことになる。ここで統一性があると実に都合がよくなるので、バラバラ物より [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】雲水彫神鏡を使った極小サイズでまとめた神具一式セット
  • 小さなサイズの神具をまとめて揃えておきたい人向けの構成です。全て上品神具で揃えてあるシリーズ。神鏡の種類を軸にしてあります。神鏡、雲水彫神鏡、上彫神鏡、竜彫神鏡の4パターン。極小サイズの構成は箱宮でも使いやすいですよね。棚板形式で祭っている場合には広く場所をとることもできます。箱宮の場合には内部に置くことも多いので小さな神具が使いやすい。さらに神具は個人個人で置き方が違う。地域性や習慣性が根強いこ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】箱宮20号三社 尾州桧
  • 神棚っていうのは形があってその形を使うことがあります。そのため似たようなデザインの神棚が多いと感じることもありますね。しかし、価格が全然違う。それは形は似ていても素材が全く違うからです。神棚も外国で作られている時代なので、低価格なものも増えてきている。ただ、モノが悪い、素材の取り方もメチャクチャ。行き着くところは買う人が考えることなんでしょうけど、安物には手を出さないほうがいいと思う。デザインのパ [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】鎮物を埋めてみよう 気軽にやってみよう
  • 個人で鎮物を埋めておきたい人が増えてきたので、気軽に埋められる簡易版で十分です。箱なしですが中に入れるものが無いときにはこれでよし。鎮物(簡易版)は画像のように大麻を巻いて埋納します。封は開けません。すぐに作業に取りかかれるように、「埋めるだけ」の状態で届けています。開封できませんので、何か入れておきたい紙などがあれば大麻で縛ったところに差し込む程度で十分だと思います。箱入りタイプの鎮物の場合には [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】二本の破魔矢を掛けに掛けられる破魔矢掛け
  • どんなものでも見栄え良くしていたほうがいいですね。身だしなみは良いけど部屋の中はグッチャリではカッコ悪い。外面は良いけど内面が最悪だってこともある。まぁ、内面が出ますよ、あぶり出すというか。置き方が困るようなものを手に入れてしまうと本気で困る。う、、コレ、、どうしよう、、、。そこでネット検索をしてみても・・・・なかなか出てこない。破魔矢の置き方はいろいろです、置き場所だっていろいろ。時には神棚はな [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】スポスポと入る大きさの植木鉢 中国宜興 三客梅枝植木鉢
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。3個1組の植木鉢、大きさから考えてもわかるようにスポスポと入ります。小中大で1セットですね。ちょっとこういう植木鉢は他にないね。宜興の製品なので室内、室外共に良し。触っていれば磨かれて、外に出しておくと苔が出てくる。育てる植木鉢。ほとんど朱泥だから茶系です。個人的には外で雨ざらしで苔鑑賞と行けば茶色と緑が良く合うように思う。時間のかかる話ですけど楽しみも増え [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】特上 御霊舎 小型サイズ
  • なかなかこういうものを選ぶ機会、見る機会がないと思います。まぁ、一生のうちに一度あるかないかぐらいの頻度でしょう。だから、良い物を選びたい。尾州桧の御霊舎のご紹介です。仏壇の世界も値崩れが酷いそうで、数千円の仏壇など当たり前のように売られているようですね。食事代より安いんじゃないか?と仏壇屋の人が言っていたな。その代わり粗悪品もいいところという話だった。選んでいく人がいるから製品がある。良い物を選 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】魅力がある 白木の雪洞 ぼんぼり
  • 以前、雪洞のレンタルをやっているか?と聞かれたことがあります。おまかせ工房ではレンタルはやってません。白木製品がほとんどですけど、白木ってレンタルに不向きですね。汚されるとダメになってしまう、塗装していないからね。神道祭壇を持っている家庭では雪洞を使います。ただ、毎日出しているものでもないので、、、レンタルという話になるのでしょう。いや、常時置いている家庭もありますね。和室に合うランプということで [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】アイデアが詰まっている御札入れ
  • ん〜なるほどぉ〜と思わせる伝統工芸士が作った御札入れのご紹介です。おまかせ工房の職人たちも、仕上げの良さには脱帽。単純なんですけどね、それだけ難しい。浮かんで見えるお札差しということでしょうかね。山下さんが作っているものですけど、凄いんですよね。フィニッシュでここで手を加えるのって珍しい。木材が木材でないような、、、そんな仕上がり。磨きが凄すぎる。神札の見せ方もアイデアですよね。正面から見える、し [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】上敷きござの寸法直しの決定版 補修用ヘリテープ
  • 買ってきたら長かった・・・・よくありますね、こういうこと。カーペットの中でも和室に敷くカーペットと言えば、、、い草上敷き。気持ちがいい。でも長かった大きかったということがあるので、その寸法直し縁です。おまかせ工房オリジナルの補修用縁は簡単です。い草を切って貼り付ける。それだけ。しかも、左右は折り済みだから見た目がいい。さらに中央も折ってあるから作業が猛烈に早く終る。至れり尽くせりです。便利グッズに [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】ちょい間を埋める新企画 おみくじ
  • 注文したものが運ばれてくる間をなんと言うんでしょうかね。品出し前? そんな言葉は飲食には合わないな。ちょっとした間がありますね。10分前後ぐらいのちょい間。飲食店というより喫茶店の間を埋めることができる、、、おみくじ。注文を受けたときにでも引いてもらってもいいでしょう。来店時でもいいかな。あのちょっとした間をおみくじで楽しめるはず。そうやっている店もあるし。今、時間がゆっくり流れる喫茶店が減ってしま [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】仲良く並べてみれば和むと思う 破魔矢の魅力
  • 破魔矢が二本、三本とある家もありますね。多くは一本だと思います。家族分だけ用意することもある。でも複数本転がしてしまうような置き方なら変えたほうがいいと思う。長さが違う、色が違うなど破魔矢も違いがあります。大人はコレ、子供はコレというような区分けはない。なんとなく、、、でしょうかね。並べて飾る飾り方というのもいいもんです。おまかせ工房の破魔矢シリーズでいろいろなアレンジができる。置いたり、掛けたり [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】レースの暖簾があります
  • 日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です。季節的に風が気持ちよくなってまいりました。バイクツーリングファンにはたまらない季節がしばらく続きますね。そして灼熱地獄になるわけです。レースのカーテンで作った暖簾。まだ何種類があります。サラサラしていてこの時期にはもってこい。間仕切りとしては向こう側が透けてしまう。しかしシーズンを感じるにはこういう透け透けでもいいんです。寒くなれば藍染などがいいでしょう。暖 [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】神棚を納めるときに使うガラスケース
  • おまかせ工房の弥栄屋根違い三社小型サイズ用として作っている神殿ケースのご紹介です。サイズが合えばなんでもOK。神棚だけではありませんね、木札入れとしても使う。兜飾りを入れたりもする、そう今日は、、、こどもの日。入れておくなら新しいときに入れておくといいでしょう。置くだけでもいいし壁に掛けられるようにもできる。棚板の上に置く人もいましたね。【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き外寸 高さ48c [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】八足台の製作 一段式、二段式、三段式
  • 一昔前だと八足台は神社で見かけるものでしたが、個人宅でも使うようになりましたね。おまかせ工房でも何台も何台も作らせてもらって出荷をしています。一般的な棚板形式で祭る神棚とは雰囲気が別物になります。なんというか、、、カッコイイんですよね。脚の組み方として固定式と組立式があります。どちらでも作ることができますが、組立式を薦めます。こちらの方が扱いやすいし強度がとても良い。八足台の高さは使う人が決めます [続きを読む]
  • 【Omakase-Factory's Blog】上敷きゴザのサイズ変更用ヘリテープ
  • おまかせ工房の上敷きヘリテープは両端折り済みだから綺麗です。と言っても何のことかわからない人もいると思う。ということで画像をご覧ください。縁の端を切りっ放しだとみっともないでしょ。。。。ちゃんと折っておかないとね。細かいことのようですけど、縫い合わせるときにも両端は折ってある。しかし、こういう補修材のときには切りっ放しで出荷する商品もあるようです。商品自体に一手間、二手間かけてあるのが、おまかせ工 [続きを読む]