アネモネ さん プロフィール

  •  
アネモネさん: アネモネは泳いで渡る
ハンドル名アネモネ さん
ブログタイトルアネモネは泳いで渡る
ブログURLhttp://ameblo.jp/anemone-life/
サイト紹介文言葉の海で浮かんだり沈んだり。金魚に泳ぎ方を教えてもらう毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/07/07 08:46

アネモネ さんのブログ記事

  • Untitled
  • 埋まらない溝を埋めようともがいている間にも時間は過ぎていく 前を向けただ前を 壊してきたガレキに足を取られるな失ったものに後ろ髪を引かれるな 再生と構築と 聞こえてくるその声は誰のものか? [続きを読む]
  • 愛とか嘘とか
  • 小声で話すのは夜が臆病だから驚かせたら明けてしまう なにも見ないなにも気づかないなにひとつ明らかにしない 優しさか無関心か無知なわたしにはわからない それとも気まぐれかからだについた夜のあと すれ違いざまにふわりと耳打ちされたのは愛とか嘘とか [続きを読む]
  • 音楽
  • 全部壊れてしまえ大音量の音楽で ばらばらになった心は少しづつ元に戻るけど もうなにも余計なものは間に挟ませない いつかからだが朽ちて粒子になって風に飛ばされるなら 全部流れてしまえ大音量の音楽で [続きを読む]
  • 十三夜
  • 足りないのは二日分満ちるまであと少し 深爪はいつもの癖でネイルだってはみ出たまま 雨降りお月さん古傷はレインコートの中 本当は届くのに削るように生きていたいの 罪と罰とはまがいものいばらの冠ならヌガーでできている 足りないのは二日分永遠に二日分 [続きを読む]
  • 「」
  • 一緒ならどこまで落ちても平気なの宇宙の始まりふたりで眺めて いっしょならどこまでおちてもへいきなのうちゅうのはじまりふたりでながめて [続きを読む]
  • 「」
  • 夜の海拾った星屑波間にまいてそれからきみは沈むというの よるのうみひろったほしくずなみまにまいてそれからきみはしずむというの [続きを読む]
  • 「」
  • 紅い色探しあぐねて咲く花の蜜吸う唇臆病な色 あかいいろさがしあぐねてさくはなのみつすうくちびるおくびょうないろ [続きを読む]
  • 「」
  • 鎮まらぬ古い炎になぶられて骨の髄まで焼かれに行こう [続きを読む]
  • 「」
  • 両足で地面蹴りつけ踏み鳴らす上がる土煙が反撃ののろし [続きを読む]