いなりわん さん プロフィール

  •  
いなりわんさん: いなりわんの競馬・徒然草〜海外競馬情報と名牝・牝系
ハンドル名いなりわん さん
ブログタイトルいなりわんの競馬・徒然草〜海外競馬情報と名牝・牝系
ブログURLhttps://ameblo.jp/inarione89
サイト紹介文欧州・北米等の海外G1レース結果を中心に、輸入繁殖牝馬に関する情報、一口出資馬について書いています。
自由文世界のG1レースの結果、レース動画及び勝馬のプロフィールを中心、勝馬の直系牝系に関すること、またその牝系の日本への導入状況及びその活躍について紹介しています。
また、輸入繁殖牝馬の血統背景や、日本馬の海外遠征に関すること、一口出資馬の競走成績等についてグダグダと書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/07/10 14:51

いなりわん さんのブログ記事

  • 2017年ニエル賞(仏G2)はクラックスマンが圧勝!凱旋門賞は??
  • ニエル賞 → Wikipedia 凱旋門賞(仏G1)と同コースで行われる、3歳牡・牝限定の前哨戦。 同日に3歳以上牝馬限定のヴェルメイユ賞(仏G1)があるため、牝馬が出てくることはまずありません。 ここをステップにして凱旋門賞を勝利した馬は、2006年勝馬のRail Link以降出ていません。 2、3着馬は結構出ていますが勝つまでには至っていません。 コレはフォワ賞(仏G2)同様に、同時期に3歳以上のG1が多数あるため有力馬はそちらに流 [続きを読む]
  • 2017年インターナショナルS(英G1)はユリシーズが快勝、3歳馬達を一蹴!
  • インターナショナルステークス(英) → Wikipedia イギリスのヨーク競馬場で8月下旬に行われる"イボア・フェスティバル"初日のメインレース。 近年の勝馬にはFrankelをはじめとして名馬たちが居並びます。 今年は7頭と少頭数ですが、まずまずメンバーは揃った感じです。 1番人気はアイルランド調教の3歳牡馬Churchill。クールモアグループ&A.P.オブライエン調教師のバリードイル陣営のエース格。 前走セントジェームズパ [続きを読む]
  • 2017年ホイットニーS(米G1)は、1番人気ガンランナーが圧勝しG1競走3勝目!
  • ホイットニーステークス → Wikipedia アメリカ東海岸における、ダート中距離夏の大一番。 賞金総額120万ドルとこの時期のレースとしては高額。 東海岸のBCクラシック(米G1)を目指す古馬が出走してきます、3歳馬は同時期にハスケル招待S(ダート9ハロン、米G1)と約1ヶ月後にトラヴァーズS(ダート10ハロン、米G1)が行われることもありほとんど出走しません。 今年はGun Runnerが圧倒的1番人気に推されていました。前走スティブ [続きを読む]
  • 2017年パリ大賞(仏G1)は、1勝馬のシャキールが接戦を制しG1初制覇
  • パリ大賞 → Wikipedia 本来はロンシャン競馬場の芝2400mという凱旋門賞(仏G1)と同コースで行われる競走ですが、改修中のため今年もサンクルー競馬場で開催されます。 2004年に芝2400mになりその年の勝馬バゴと、2006年の勝馬Rail Linkが凱旋門賞(仏G1)を勝利していますが、それ以降は全く直結しないレースになっています。 メンバーは相当微妙で9頭中重賞勝馬はわずか3頭、PermianがダンテS(英G2)とキングエドワード7世S(英 [続きを読む]