西野椰季子 さん プロフィール

  •  
西野椰季子さん: 西野椰季子のマクロビオティックレシピ
ハンドル名西野椰季子 さん
ブログタイトル西野椰季子のマクロビオティックレシピ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nishinoyasuko/
サイト紹介文日々のオーガニック&マクロビオティックな食事とレシピ、ライフスタイルを語るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/07/10 15:37

西野椰季子 さんのブログ記事

  • マクロビオティックレシピ201704号外3〜新筍と春キャベツの炒め物
  • メルマガ2017年4月号外3のレシピ、できあがりはこんな感じです。春の香りとほのかな甘味をとことん味わえる料理です。仕上がり状態は、このように筍の表面がこんがりと色づくようにして下さいね。ここが、この料理のとても重要な部分です。春キャベツはとても甘味があり、やわらかいけどシャキッとジューシー。新筍は、厳選して新鮮なものを。さわやかで、固すぎずやわらかすぎずの適度な歯ごたえがあって、そして甘味が感 [続きを読む]
  • マクロビオティックレシピ201704号外2〜人参とワカメのサラダ
  • メルマガ2017年4月号外2のレシピ、できあがりはこんな感じです。春の人参は、香りもよく甘味もあり、とても美味しいですね。この時期、サラダでいただくのがおすすめです♪旬のワカメとあわせる、春ならではのサラダです。今回、普通の人参と?人参の2種類を使いました。画像ではちょっとわかりにくいでしょうか。2色の色合いが楽しいんですよ。できるだけ細く切るようにしてください。そうすることで、素材や調味料、そ [続きを読む]
  • マクロビオティックレシピ201704号外1〜新玉ねぎと生木耳と豆苗のスープ
  • メルマガ2017年4月号外1のレシピ、できあがりはこんな感じです。ちょっとボリュームのある献立には、こんな感じのアッサリ系スープが似合います。甘味のある新玉ねぎのややとろっとした食感、生木耳のプリッとした食感、そして豆苗のしゃっきり感。それぞれの異なる食感が楽しいスープです。長時間煮込まず、サッと煮てできあがりです。煮過ぎないように注意しましょう。出汁は常に常備しておくと良いですね。辛いのがお好 [続きを読む]
  • パターンに陥らない工夫と、バランスを考えること。
  • 今日はサラダをちょっと多めに。スープは具だくさんに。いつも全体のバランスを考えます。それと勿論、体とのバランスも考えていきます。春キャベツが美味しいですね〜定番を作って楽しみ、そして新しいレシピもどんどん作って楽しんでいます。今週の回復スープ。冬野菜から春野菜に材料が変わりました。人の体には、ある一定のリズムが大切です。しかしその一方で、パターンに陥ってしまわないよう上手く変化を取り入れる工夫が [続きを読む]
  • 春の楽しみ方。
  • 八重桜満開です。毎日歩く道も、黄色くて丸い可愛いタンポポの花が増えていて、なんだか華やか。窓から見える樹々も、小さな緑の葉を日増しに増やしています。自然の色彩は本当に美しく・・・、今はとことんピンクと黄色と緑を楽しみます。小さな器に春の楽しみを盛り付けて。お盆の上の季節も、日々微妙に変化をしています。その時の旬の食材を選んで体と対話しつつ料理すると、"今"がそこにあることを実感します。まだまだ、春 [続きを読む]
  • ふっと肩の力を抜いて。
  • 桜もそろそろ終わりかなーと思いつつ、今日も散歩に出たところ、名前は不明ですが、咲いておりました。はらはらと花びらが風に舞っていました。桜の種類って、本当にたくさんあるのですね。どんな些細なことも。最上の出来栄えを目指す。そうやって集中することが、日常を善きものに仕立て上げてくれますね。今週の回復スープ。冬に比べると、ちょっとアッサリ系になってきました。ハーブはやや多めになりましたね。ふっと肩の力 [続きを読む]
  • 春カレーと、満開の桜。変化という楽しみ。
  • 春には春のカレーがありますね。季節限定でその時しか食べられないカレー。そんなカレーを、一年をとおして色々に作っていると。なんとも楽しいんですね。「変化」という楽しみです。春キャベツや新玉ねぎなどを使っています。まさに今しか味わえないカレー。カレーにあわせた色々な野菜のプレート。新しい季節。新しいこと。新しい細胞。様々なもの、様々なことが、新しく生まれ変わっていきます。すると、料理も変わっていくの [続きを読む]
  • 花の季節のランチ。
  • 花を楽しむ季節。色彩を大切にするのも、食事には必要な要素です。スープとサラダと炒め物と豆鉢に山菜。小さな器に、春の楽しさを盛り付けて。カンゾウ、セリ、それとプチトマト。ソメイヨシノが花吹雪状態。今日は特に風が強かったので、すごく吹雪いていました。かわりに八重桜が咲き始めています。★★★お知らせ★★★4月21日〜24日の4日間で、メルマガ読者限定キャンペーンを行う予定です!メルマガのご登録がまだの方は、 [続きを読む]
  • 春野菜の華やかワンプレート。やってみたかったこと。
  • 春野菜と山菜をワンプレートに。組み合わせやソースなどに一工夫して華やかに盛り付けて楽しみました。普段からやってみたかったことを色々盛りこんでみましたら、とても楽しい一皿になりました。日常を特別なものにするのは、工夫次第。楽しみとは、やってくるものでなく、創り出すもの。★★★お知らせ★★★4月21日〜24日の4日間で、メルマガ読者限定キャンペーンを行う予定です!メルマガのご登録がまだの方は、下記バナーを [続きを読む]
  • 旬菜和食ワンプレート。同じということはない。
  • 毎年、同じように季節がめぐってくるわけですが、同じ食材でも、使い方や調理法は進化します。なので、同じということはないのです。それは当然のこと。なぜなら、体はどんどん変化しているからですね。春限定の料理を、とことん楽しみます。満開の桜を、まだしばらくは楽しめそうです。ローゼンセマム アフリカンアイ。最近はベランダで、色々なものを栽培するようになりました。ベランダも進化しました・・・★★★お知らせ★★ [続きを読む]
  • 花の豆鉢・豆皿で春のランチ。あらゆることに繋がる。
  • 少しずつ集めた花の器。丸いトレイに集めてみたら、なんだかとっても楽しい雰囲気になりました。春に美味しい旬の厳選素材ばかりです。どれも大変美味しくて、充実のひととき。その後の仕事もはかどりました。この春、一日のスケジュールを見直しました。そんなことをやっていたら、必要なものと必要でないものが、ドンドン整理されていくんですね。ひとつのことが、あらゆることに繋がっていきます。簡単マクロビレシピと、他で [続きを読む]
  • レシピは量ではない。たった一輪の存在。
  • 新筍料理を満喫中です。レシピは実にたくさんあって、どれにしようかなあと迷うけれど、上質な素材を手に取る時ほど、シンプルなレシピになりますね。素材の良さを最大限に引き出して味わいたいものです。こんな時ほど、レシピは量ではないのだと、つくづく思います。この場合は、量より質。日々、食べる野菜はたくさん=量を考える。その"量"が、果たして、その"時"と"体"に見合ったものなのかどうか?常に見極めることが大切で [続きを読む]
  • 桜満開ワンプレート。素材との語らい。
  • 季節限定の楽しみ方。春野菜のお花見ワンプレート。次々と春ならではの野菜が登場してくれるので、どんどん新しいレシピで楽しんでいます。楽しみの創造はつきません。左手前は、ハナビラタケ。素材が上質なので、料理は極めてシンプルになりますね。素材との語らいは、体との語らいにつながっていきます・・・。そしてますます楽しみが拡がっていきます。この春は特に、芽キャベツがお気に入りです。簡単マクロビレシピと、他で [続きを読む]
  • マクロビオティックレシピvol.450〜人参とインゲンの炒り煮
  • メルマガVol.450のレシピ、できあがりはこんな感じです。このレシピの最大のポイントは、素材選びにあります。インゲンの食感は、パリッとしていて、決してスジっぽくなく。人参はほんのり甘くて、固すぎずやわらかすぎず、そして適度にしっとりと。そんな仕上がり状態です。インゲン選びは、いつも、かなりの観察力を必要とします。新鮮さと、収穫時が遅すぎていないか。同じ農場のものであっても、収穫のタイミングが悪いと [続きを読む]
  • 桜ランチ。
  • 今週の我が家は、桜ウィーク。ということで、毎日桜ランチ。といっても屋外ではなく自宅での食事です。外は天気が不安定だし晴れても強風だし・・・で、室内が落ち着けて良いですね。花見はウォーキング中に満喫します。このまま、お弁当にしても良い内容ではあるのですが。春に似合う器を思う存分使いたいので。毎日組み合わせを楽しみます。季節限定の上質・厳選素材を集めて、少しずつ大切に料理していただきます。ユキヤナギ [続きを読む]
  • 週一ペースの極みカレー。春の協奏曲。
  • 素材、出汁、スパイス。条件が揃うと必ず作るカレーです。極みカレーの条件が揃うのに、この頃は、なんとなく週一ペースになっています。ちょっと珍しい素材を色々盛り込んだサラダ。珍しいものも、そうでない普通のものも。それぞれの素材の個性が組み合わさって、春の協奏曲を奏でてくれます。ひとかけらでも、ついついじっくりと味わってしまいますね。簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴重なマクロビ情報のメルマ [続きを読む]
  • 一汁九菜でお花見膳。大事に料理する。
  • ランチタイムはお花見を意識しました。春キャベツはサッと蒸しただけ。素材はどれも上質なので、とにかく手をかけすぎないように大事に料理します。春人参、新ごぼう、アスパラ、カンゾウ。小さな世界に季節が詰まっています。大事に大事に料理したものを、ゆっくりと味わうひとときです。桜の種類も様々で、次々と色々な花を咲かせてくれるので毎日変化する景色が実に楽しみです。簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴 [続きを読む]
  • 大皿料理を楽しむ。
  • 大皿、中皿に盛り付けて、取り分けながら楽しむ食事も良いものです。やわらかい水菜は、サラダで楽しみます。そろそろ固くなってくるので、今のうちですね。これは先日のメルマガレシピ。私はもうずっとこれが気に入っていて、ピーマン見るとコレです。なにやらにぎやかな食事風景になりました。湯気を撮りたくて頑張ってみたのだけど、もう室内の温度が暖かいので、なかなか写らないようです。残念。よおく見ると、ふあ〜として [続きを読む]
  • 日常の中に花見の華やかさを。
  • この季節、花見の要素は、華やかさを食卓にもたらしてくれます。わざわざ遠方に出かけずとも、季節がもたらす華やぎは、すぐそこに。手の届く所に存在しているのです。小さな変化に気づくこと、またそれをアウトプットしていくこと。日々の普通の食卓に、季節感を取り入れること。季節の変化が体と一致しているので、それはとても自然なこと、そして人生においてそれはとても大切なことだと思います。花見弁当の雰囲気を、お盆の [続きを読む]
  • 湯気とともに美味しくいただく。ルッコラの花のサラダ。
  • 旬菜を楽しむことは、体と心にとって、他のどんなことよりも重要なのでなないかと思う今日この頃です。それは体が一番よく知っていて、自然に身を任せていれば良いだけのこと。必要なものは、手をのばせばすぐに手に入るのですから。ふあっと、湯気が立つ。その瞬間が一番美味しい。湯気の視覚効果は、美味しさの要素のひとつなのだと思います。煮物も、冷めないうちにいただきます。料理の仕上がり状態とともに重要なことは、食 [続きを読む]
  • キーマカレーの桜ランチ。同じだけど同じでない。
  • キーマカレーと、ポタージュ、サラダ、それに豆鉢盛り合わせ。キーマカレー食べたくて作りました。今日は汁多めです。サラダは、内容的に大きな変化がなくても、季節の移り変わりによって、素材はとても大きな変化があります。同じだけど、同じでない。それがとても楽しいですね。旬菜はその時一番良いものを。ピーマンは、先日のメルマガレシピです。私はこれが本当にお気に入りです。この桜の名前は不明。料理の仕上がりの状態 [続きを読む]
  • おうち定食屋さん風に春野菜セット。
  • おうち定食屋さん風に春野菜セット。落ち着きと静けさと。キリッとしつつも肩の力を抜いてくつろぐひとときです。力のある旬の野菜をいただいていると、体も思考も活性化しそうです。「先日のメルマガを読んで、自己流になっていると思いました。」等、早速、先日のメルマガの反響をたくさんいただきました。参考になってとてもうれしく思います。自己流って、本当に怖いです。早く気づいて、適切な対処と改善が望まれます。簡単 [続きを読む]
  • 春野菜小鉢膳。季節を楽しむ心。
  • 春の小鉢膳。時との語らい。今が旬のものを、一番美味しい食べ方でいただきます。真ん中の青い器の青菜は、"うまい菜"です。驚くほど旨味がある青菜です。ふーっと。体の細胞がほぐれていく感じ・・・季節の楽しみは、実に様々ではありますが、春先のこの緩んでいく感じはなんとも心地よいものですね。美味しく楽しく筍を食べると・・・メジロさんが現れます♪ううう・・・可愛い・・・簡単マクロビレシピと、他では決して読めな [続きを読む]
  • マクロビオティックレシピVol.449〜ピーマンの蒸し焼き出汁風味
  • メルマガVol.449のレシピ、できあがりはこんな感じです。ピーマンは大好きな食材のひとつであり、日々、様々な料理を工夫しています。しかしそういう様々な料理の中でもこのレシピは、今、特に気に入っていて、新鮮なピーマンが手に入れば、迷わずこれを作ります。極めて簡単な料理なのですが、火加減と、緻密な時間管理が仕上がりを大きく左右します。絶妙〜〜〜な歯ごたえが重要です。クタッとしても駄目ですし、固すぎても [続きを読む]