西野椰季子 さん プロフィール

  •  
西野椰季子さん: 西野椰季子のマクロビオティックレシピ
ハンドル名西野椰季子 さん
ブログタイトル西野椰季子のマクロビオティックレシピ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nishinoyasuko/
サイト紹介文日々のオーガニック&マクロビオティックな食事とレシピ、ライフスタイルを語るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/07/10 15:37

西野椰季子 さんのブログ記事

  • 気温と湿度にあわせた食事。心地よさ。
  • 気温も湿度もちょうどよい日。料理をしている時も、心地よく。手際よくはかどります。しろ菜、新玉ねぎ、レタス、えのき、茄子、パプリカ、しめじ・・・。全てが心地よく体にしみわたります。とても良い茄子が手に入り、しっとりと煮ていただきました。美味しい。気温の急上昇、急降下、それと湿度。そういう気象や環境の変化にあわせて、体も変化するので、食事の内容も沿わせていきます。簡単マクロビレシピと、他では決して読 [続きを読む]
  • 夏の気配を感じるカレー。
  • 初夏のカレーランチ。茄子やズッキーニやオクラが美味しくなってきましたね。今年は、いつもより夏を感じるのが早いかもしれないな?と思います。植物の成長や変化がすごく早くて驚きます。夏の気配とともに、カレーもじわじわと夏仕様にシフト中。ちょっとスパイシーにしすぎて指摘されてしまった。ベランダのイタリアンパセリが、すごく元気。どんどん使っても、どんどん伸びてきます。サラダや焼きものを盛り合わせた、爽やか [続きを読む]
  • 緑深まるワンプレートランチと変化と活性化の季節。
  • 緑深まる初夏のワンプレート。春物に加えて、ゴーヤやベビーコーンなど夏野菜も参加しています。もう終わりかなと思っていた、こごみに出会って、いつもとちょっと違う料理法を試すことができました。噛みしめるとわずかなトロミが感じられて、なんだか嬉しかったり。ガーデニングの季節、花や緑がいっぱいの季節。衣替えしたり、部屋を少し変化させてみたり。変化と活性化の季節ですね。簡単マクロビレシピと、他では決して読め [続きを読む]
  • 初夏の風。知識と思考停止。
  • 日差しがとても強いけれど、日陰が心地よいと思う時、その瞬間、なんだかとても気分がやわらぎます。初夏の風が心地よいです。お盆の上には、"今"がいっぱい。それを味わう時、体と心が満たされます。正しい知識は必要。しかし知識をどれだけ沢山詰め込んでも、心が開かれないままだとそれは決して日常に活きてこない。「知ってる」が思考停止を招く。常に新鮮な心と視点を大切にしたい。簡単マクロビレシピと、他では決して読め [続きを読む]
  • 心と体はリンクしている。
  • 今日はオーバルプレートにぎっちりと盛りつけました。小さめの大根は、しっかりしていて甘みがあります。スープはフレッシュトマトをよく使うようになりました。何度も同じことを書いていますが・・・"体と心はリンクしています"体からわかること、そして心からわかること。それがひとつひとつ、つながること。それを繰り返しながら、ひとつが大きく拡がっていくのです。簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴重なマクロ [続きを読む]
  • 普通とは。
  • 小さな器たち。その小さな器の中には、丹精こめて作られた野菜の、ひとつひとつ丁寧に作った料理。椎茸、大和まな、菜心、ピーマン、人参、インゲン、キャベツ、こごみ、からし菜、ワカメ、きゅうり、新生姜、ラディッシュ、・・・今日の使用野菜はざっと18種類くらいでしょうか。ふっくらしっとりと肉厚椎茸が美味しい。蕾にパワーが集結している感じです。ちょっと細めな菜心。平凡でなく退屈しない、普通の食事。ゆるやかで [続きを読む]
  • 春夏カレーとサラダ。甘くてシャキシャキサラダ。
  • 春と夏の間のカレー。なので、春夏カレー。またスパイスの調合を変えました。スパイシーな香りを大切にしつつ、辛さ控えめで良い感じです。右下のお皿は、ほうれん草とカブです。サラダは、レタスと新玉ねぎいっぱい。オーガニックのレタス、とっても甘いんです。新玉ねぎは切っただけ。なのに、全く辛くなく、甘くてシャキシャキです。ちょっと隠れてしまっていますが、茄子もトッピングしています。ああなんかもう5月って、素 [続きを読む]
  • 煮込む料理と煮込まない料理とのバランスを意識する。
  • 今日はわりと定番の組み合わせ。煮物、サラダ、煮びたし、スープなど。定番的な献立でも、その組み合わせは、いつも同じということはあり得ません。このレシピ、実は結構久しぶりでした。じんわりと体に染み込む美味しさ。食卓にも緑を。外も、緑がいっぱいです。この時期は、歩いていると実に楽しいですね。毎日、変化していく風景を目の当たりにしていると。ああ、体もこんな風に変化しているのだなと、外と内は繋がっているの [続きを読む]
  • 普通の野菜炒めが美味しい日。
  • 野菜炒め、ほうれん草のカレー、蕗の煮物、ポタージュスープ、サラダ。"普通"の野菜炒めが美味しい日。普通だけど普通でないのは、春限定の野菜を使っているところ。ひとつひとつの素材を厳選して、さらに炒め具合いにも細やかな心配りをします。そうすると、素材それぞれが、しっかり主張しつつも全体をまとめてくれて。なんとも心が安らぐ一皿に仕上がります。黄人参のサラダ。やわらかく美味しい。たくさん作ったので、数日間 [続きを読む]
  • マクロビオティックレシピVol.453〜ほうれん草とフレッシュトマトのカレー
  • メルマガVol.453のレシピ、できあがりはこんな感じです。カレーもどんどん作りたい季節になってきましたね。今日は、短時間でとっても簡単にできるカレーをご紹介します。ほうれん草は、くったり煮た状態がトロッとして美味しいですよ。トマトの爽やかな酸味と、玉ねぎの甘みが組み合わさって。煮込み時間も短いので、すぐにできてしまいます♪さわやかであり、それでいて味わい深いカレーです。是非是非、お試しを\\今日の [続きを読む]
  • 夏野菜でラタトゥイユ。
  • ズッキーニや茄子の夏野菜が、買い物に行くたびに店頭に並ぶようになってきました。少し前は、あったりなかったり。あってもイマイチ美味しくなかったり。ですがだんだん美味しくなってきました。つまり夏が近いということ。ラタトゥイユを作ってみましたら、なかなか良い感じです。コクを出すのにはちょっとした工夫が必要。?人参のサラダ、ポタージュはリメイクもの、ひじき入り豆腐バーグなど。ベランダのパセリが、とっても [続きを読む]
  • おそらく最後の新筍。森羅万象。
  • 小さな器の中に、森羅万象が在る。日々、そのようなことに意識をかたむけて料理をします。すると、答えが自ずとそこに在る。本当に今年は、新筍、もうおしまいかな…と思いながら作った炊合せ。ほうれん草がしっとり甘くて、若々しい大根がみずみずしく。春のものはそろそろ固くなってきました。時がうつりゆくのだと、噛み締めながら思うひととき。くすんだ薄紫と黄緑色の組み合わせ。簡単マクロビレシピと、他では決して読めな [続きを読む]
  • 八宝菜と、夏の準備。味わいとは。
  • 八宝菜、春サラダ、春スープ、他。新筍を使って、期間限定な贅沢八宝菜を作りました。とっても美味しかったです♪この時にしか作れない旬の味わいは格別ですね。そのような大地と体の繋がりも、味わいのうちです。味わいとは、実に深い意味を感じさせます。からし菜、こごみ、枝豆。こごみはこれでおしまいかな…という感じ。かわりにと、枝豆が登場しています。これから楽しみな食材です。ルッコラの花とも、もう本当にお別れな [続きを読む]
  • 夏の香り。
  • ここのところ、連日夏のような日差し。眩しいし陽ヤケしそうだし。外出時の装備とか持ち物とか、あるいは外出の時間帯を調整したりとか・・・必要になってきますね。当然のことながら、食事の内容や調理の仕方や塩分量、水分量にも変化があります。素材を楽しむ。そんな食事が、体にとっては最も良いものなのかもしれません。あれこれと悩まず、体と対話すれば良い。ただそれだけのこと。有機オクラ登場。おおっ!と思わず手に取 [続きを読む]
  • 大皿料理と野鳥。
  • 今日は大きめの器に盛り付けて、取り分けていただきました。なんとなく煮物が中心の献立になりました。まだちょっと小さめな春大根。とてもみずみずしくて、クセがなく美味しいです。新筍、もう本当に、おしまいかな…と思いながら料理しました。ややスジっぽくなってますね。太陽が出ていると夏のような日差しなこともあり、サラダは日増しに美味しさを増しています。今日は、ガーデニング店にて、トマトの苗を「いいなあ・・・ [続きを読む]
  • 不調な筍と絶好調のモミジ。
  • 壬生菜、茄子、新生姜、新玉ねぎ、キャベツ、ルッコラ、新じゃが、ほうれん草、人参、筍、他。品数は色々と作りますが、どれもごく簡単なので、すぐに出来上がります。手前は筍。ほうれん草と新じゃが。今年の筍は本当に今一つなものばかりで、不調だったようです。とはいえ、やはり期間限定の味わいは楽しむことができて、そろそろ終わりかと思うとさみしいものです。ベランダのアイビーの横に、いつからかモミジが育っていまし [続きを読む]
  • 期間限定春カレー。自分が自分でいるために。
  • 春カレー、サラダ、炒め物など。ベランダのルッコラの花が次々と咲くので、毎日のようにサラダに参加しています。甘くて美味しい。今が旬のものをひとつの鍋でカレーに仕立てる。期間限定春カレーのできあがりです。今年は筍が不作だったようで、いつもの年に比べ思うように手に入らなかったなあと思います。しかし、新しいレシピもいくつか作りました。自分が自分でいるために日々の食事から考えること。とても大切な視点だと思 [続きを読む]
  • 花の季節の小鉢料理。気づきと行動と変化。
  • 毎日通る道が、歩くたびに様子が違う。あれ・・・こんなところに花が。昨日は咲いてなかった。そんな感じで、変化が目まぐるしい季節です。花満開な季節を感じつつ、野菜料理を楽しみます。使った野菜は24種類か、それ以上使っているかもしれません。丁度、野菜が届いたばかりで食材豊富でした。きっと体も、見えないところでどんどん変化しているのだろうなあ・・・と、思いつつ。意識を向けると、あらたな気づきがやってきま [続きを読む]
  • ピクニック気分。気づきと行動。
  • ピクニック気分♪ちょっと、玄関先の雑草ワールドにて撮影してみました。太陽光が強すぎるので、日陰で撮影しましたら、やや暗い感じになりました。デリ風に、春野菜を色々料理して、サラダとスープ。サラダは日当たりで撮影してみました。今日も会員さん達とのやりとりが実に深くて。気づきの連続でした・・・!本当に凄い。まずは、どこに間違いがあるかと「気づく」ことからですね。次にそれを修正するための「具体的な行動」 [続きを読む]
  • 初夏の料理と見えない繋がり。
  • 新しいレシピを取り入れてみる。少しだけいつもと違う感じになると、それは様々なことに少しずつ影響して、だんだんと拡がっていくものです。茄子はまだまだといったところですが、じわじわと美味しくなっていくのを楽しんでいます。じわじわ・・・が面白い。この時期には、周囲の環境が短い間に劇的に変化するので、おそらく体のほうも急激に変化しているのだなと思います。食べ方や飲み方もどんどん変えていかないと、ですね。 [続きを読む]
  • マクロビオティックレシピvol.452〜新ごぼうと新生姜の炒め煮
  • メルマガVol.452のレシピ、できあがりはこんな感じです。新ごぼうと新生姜の組み合わせは、まさに今!!すぐに作って、この季節限定感を味わっていただけたらと思います。ごぼうのややパリッとした食感、新生姜のほんのりした辛み。なんとも素敵なのは、出汁の染み込んだ新生姜の味わいです。菜の花の煮びたしを添えました。この菜の花は、からし菜かなにか…です(^ ^;)是非是非、お試しを\\今日のレシピはメルマガでご覧くだ [続きを読む]
  • お皿の上は新たな世界へのいざない。小さな変化と大きな変化。
  • 新じゃがを使ってみたり、新ごぼうや新生姜を使ってみたり。「新」のつくものがたくさん使われているお皿の上は新たな世界へのいざない。月日はめぐり、毎年同じ月になれば、その時の旬の素材が手に入る。すると、毎年作っている同じ料理を作りますね。でも、同じようでも小さな変化があるのだと気づかされます。それは、ひとつのことでありながら、全体を包括します。生まれ変わりの時。新しい細胞が活性化しますね。小さな変化 [続きを読む]
  • 皐月御膳。楽しみとは。
  • 皐月御膳を楽しむ日。外はすっかり新緑に包まれています。食卓の上も5月。旬を集めて料理しました。この時期の素材には、活力があふれていますね。食事風景には「今」があります。それは、体との対話であり、生きる、ということ。存在するということ。何かをしかたら楽しい、ではなく。楽しみは常にそこに存在するもの。簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴重なマクロビ情報のメルマガです。メルマガを読みたい方は、 [続きを読む]
  • 旬菜で和食。新しく様々なことが始まる5月。
  • 和食の範囲がどこまでなのかというのが曖昧ではあります。特に私のブログの場合は、和食というカテゴリにおさめる時、相当色々な要素が詰まっています。この時期は特に、緑色のものに多くの力が備わっているなと感じます。様々な素材、分量、食べ方、料理の仕方を工夫します。塩分量の調整も、もちろん重要です。和の素材なのか、和の調理法なのか。新しく様々なことが始まる5月です。なんだか力強くなる月ですね。簡単マクロビ [続きを読む]
  • オーバルワンプレートと芍薬。
  • オーバルのワンプレートに盛り付けてみました。ちょっと見えづらくなっていますが、野菜のハンバーグです。スープはあっさり系で全体のバランスをとります。優しい風味にホッとします。ベランダのパセリがやたらに大きく育っていて、どんどん使うけど、どんどん育つ。今日は、大葉の苗を植えました。春人参とうすいえんどうが美味しい。春ならではの味わいです。人参は2種類使っています。芍薬って、つぼみの状態ではどれも同じ [続きを読む]