れおんくん さん プロフィール

  •  
れおんくんさん: 繋ぐ!繋げる!!れおくん
ハンドル名れおんくん さん
ブログタイトル繋ぐ!繋げる!!れおくん
ブログURLhttps://ameblo.jp/precious-reo/
サイト紹介文静岡県中西部をエリアとして生命保険と損保の代理店をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2011/07/10 21:58

れおんくん さんのブログ記事

  • 財務戦略決断ゲーム in 掛川
  • うどん屋さん”に学ぶ財務戦略シュミレーション  財務アタマと戦略アタマを養うセミナー 「セミナー内容」戦略うどん屋さんゲームは、カードゲームを楽しみながら、経営の意思決定を重ね、その決定が財務に与える影響を学ぶことで、”成り行き経営”から”読める経営”へと変革していくポイントを実体験頂けます。経営がわからない人でも楽しんで学べます!!こんな方にお薦めです!・「思ったよりお金が残らない」と日々頭を悩 [続きを読む]
  • 手放すということ
  • 今回は、“手放すということ”というトピックでお話したいと思います。手放すこと。これは、人生においてとても重要なことの1つです。私たちの多くが手放すことを捨てることだと勘違いしているのですが、実は、手放すとは、捨てるということではありません。文字通り、「手をはなす」ということです。つまり、何かにしがみついた状態から手をはなすこと。それが手放すということです。何かにしがみついていると、あなたはだんだん [続きを読む]
  • 中小企業の資金繰り改善セミナー in 浜松
  • 6億円の負債を抱えた元・多重債務者が語る…中小企業の資金繰り改善セミナーこんな課題やお悩みはございませんか?資金繰り改善を何年も模索しているが明確な答えが見いだせない…リスケをしようか?またはすでにリスケはしているが・・この先、どうしたものか・・・寝ても覚めても資金繰りのことばかり・・・法律家に相談しても“債務整理”しか進めてこない…家族や従業員を守るための方法を知っておきたい…今後経営が厳しくな [続きを読む]
  • 才能を分かち合う
  • 今回は、“才能を分かち合う”というトピックでお話したいと思います。私たちは、一人一人がユニークな才能を持って生まれてきました。それは、言わば私たちに贈られたギフトです。私たちは、一人一人がユニークな才能を持って生まれてきたのです。たいていの場合、私たちが持つ問題は才能を隠し持っています。そして、私たちが問題の中にある才能に気付き、それを分かち合う時、問題はすべて解決するのです。私たちは、多くの人と [続きを読む]
  • 睡眠負債を解消するには・・・
  • 最近話題になっている「睡眠負債」。睡眠不足が借金のように積み重なると仕事の質の低下や生活に支障が出たり、うつ病やがんなどの重大な疾患に繋がるおそれがあると言われています。日本人は約4割の人が6時間未満の睡眠不足状態にあると言われ、また最適な睡眠時間は個人差があるのでなかなか睡眠負債に気づきにくいそうです。これには人間の体内時計が関係します。人の体は光を浴びると「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの分 [続きを読む]
  • 自由であるということ
  • 今回は、“自由であるということ”というトピックでお話したいと思います。私たちの多くは、誰かや何かに縛られて人生を生きています。しかし、私たちはその気になれば、自由であることができるのです。なぜなら、本当の自由は、私たちの中にあるからです。自由とは、何かを持っていることでもなく、何かをすることでもなく、自由で「ある」ということです。つまり、自由とは、誰にも何にも縛られていない状態であるということです [続きを読む]
  • ゆるすことは自分自身のため
  • 今回は、“ゆるすことは自分自身のため”というトピックでお話したいと思います。ゆるすこと。これは私たちがにとって、非常に重要なことです。同時に、多くの人が困難を感じることでもあります。なぜ、ゆるすことが難しく感じるのでしょうか?それは、#「ゆるしてしまうと、相手がいい気になってしまうのでは無いだろうか?」#「(誰かが関わっていたとすると、)その人への愛が無いという意味になってしまうのでは無いだろうか [続きを読む]
  • ハート(こころ)の声を聴く
  • 今回は、“ハート(こころ)の声を聴く”というトピックでお話したいと思います。私たちの多くは、心に傷を負い、心を閉ざしてしまったため、ハートの声(こころの声)をほとんど聴けなくなっています。私たちの中には、今までに一度もハートの声を聴いたことが無いという方もいらっしゃるかも知れません。しかし、私たちが閉めてしまった心の扉を開けば、もう一度ハートの声を聴くことができるようになります。私たちは、身体の中 [続きを読む]
  • 完璧になろうとする必要はない
  • 今回は、“完璧になろうとする必要はない”というトピックでお話したいと思います。私たちの多くは完璧になることを求めて完璧主義に陥っています。完璧主義は「完璧にできないのならば、何もしないほうがマシ」という考えを生み出し、私たちが行動するのを妨げます。ですが、実は私たちは、完璧になろうとなんてしなくても、もともと完璧な存在なのです。ただ、そのことを忘れているだけなのです。今日、完璧になろうとする必要は [続きを読む]
  • 制限から自由になる
  • 今回は、“制限から自由になる”というトピックでお話したいと思います。私たちの多くは、制限だらけの人生を生きています。常に、自分自身で作り出した限界やビリーフ(観念)、パターンなどに支配された、制限だらけの人生を生きているのです。例えば、常識やべき論などは、制限の典型的な例です。私たちは、常識やべき論などに縛られる時、多くの制限を自らに作り出しているのです。しかし、実際のところ、制限というのは幻想で [続きを読む]
  • シンクロニシティを大切にする
  • 今回は、“シンクロニシティを大切にする”というトピックでお話したいと思います。私たちは、時に、シンクロニシティ(共時性)と呼ばれるものを体験することがあります。シンクロニシティとは、意味のある偶然の一致のことです。なぜシンクロニシティが起こるのか?というと、すべてはつながっているからです。ですから、私たちが何か願望を持つ時、それを実現するために必要なことが、偶然の一致となって現れてくるのです。そし [続きを読む]
  • すべては「ひとつ」(ワンネス)
  • 今回は、“すべては「ひとつ」(ワンネス)”というトピックでお話したいと思います。私たちは、それぞれが別々の人格を持っています。そして、それぞれが別の存在だと認識しています。しかし、それは身体だけが自分であると考えているからそう思うのです。実際は、私たちは身体だけの存在ではありません。そして、集合無意識という観点から見ると、実は私たちはつながっているのです。つまり、私たちが意識だとすれば、私たちはひ [続きを読む]
  • 使命を生きる
  • 今回は、“使命を生きる”というトピックでお話したいと思います。私たちは、一人一人が使命を持って生まれてきました。使命とは、あなたは何者なのか?という問いの答えのことです。使命は、別名では、天命や天職とも呼ばれます。天職のことを、何かの職業だと思う方は多いのですが、それは間違いです。本当は、天職とは、使命や天命とほとんど同義語なんですね。そして、それはむしろ、役割に近いものです。私たちは、それを、自 [続きを読む]
  • 問題にとらわれ過ぎない
  • 今回は、“問題にとらわれ過ぎない”というトピックでお話したいと思います。私たちの多くが、問題を抱えると深刻になりすぎる傾向があります。しかし、実はあらゆる問題の解決方法は、私たちの中にあります。ですから、問題の解決方法を知るには、自分の内側にアクセスするだけで良いのです。問題があるからと言って、深刻になりすぎる必要はありません。私たちが問題の解決方法が見つけられない時は、問題にとらわれすぎている時 [続きを読む]
  • 高額療養費制度の改正で何が変わった?
  • ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1.高額療養費制度の改正で何が変わった?   〜最新版小冊子「医療保障ガイド」より(1)〜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥○高額療養費制度とは?公的医療保険制度では病院で治療を受けた際の医療費は、実際には一部分(1割〜3割)を支払うことになります。しかし、その部分が高額になってしまう場合 [続きを読む]
  • 正直であること
  • 今回は、“正直であること”というトピックでお話したいと思います。私たちが人生を豊かに生きる上で重要な資質の1つが正直さです。正直であるということは、自分に正直であるということです。つまり、自分の内なる声に正直であるということです。多くの人は、自分の内なる呼びかけに耳をふさぎます。内なる呼びかけが聞こえないフリをしてしまうのです。しかし、何事もすべて正直であるという選択をする時、私たちの人生は、もっ [続きを読む]
  • 小冊子「医療保障ガイド」改訂版ができました!
  • ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★小冊子「医療保障ガイド」改訂版ができました!‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥小冊子「医療保障ガイド ー病気やケガに備える生命保険活用術ー」(B5判、カラー52ページ)は、公的医療保険制度のしくみについて、図表や、実際に入院した場合の自己負担額の具体例などを交えわかりやすく解説するとともに、 [続きを読む]
  • 正義という罠から抜け出す
  • 今回は、“正義という罠から抜け出す”というトピックでお話したいと思います。正義は、私たちが陥りやすい罠の1つです。私たちは、正しさというのが、自分のビリーフシステム(信念体系)から作られていることに気づかずに、それを絶対的なものだと勘違いしてしまうのです。それは、「自分はかけがえのない存在であるが、お前はかけがえのない存在ではない」と言っているのと同じことです。正義は、意味のある行動を妨げます。そ [続きを読む]
  • 罪悪感を手放す
  • 今回は、“罪悪感を手放す”というトピックでお話したいと思います。罪悪感があると、私たちは、自分を犠牲にしたり、役割を演じたりします。そして、罪悪感を持ち続ける時、私たちは、何も受け取ることができません。なぜなら、罪悪感を持ち続けるというのは、過去に生きるということだからです。私たちが自分を無価値に感じるのは、罪悪感が原因です。過去の過ちを原因に自分を攻撃し続けているのです。さらに悪いことに、罪悪感 [続きを読む]
  • すべての行動は、その裏側に肯定的な意図がある
  • 今回は、“すべての行動は、その裏側に肯定的な意図がある”というトピックでお話したいと思います。私たち行動の裏側には、必ず肯定的な意図があります。どんなに否定的に見える行動の裏側にも、肯定的な意図があるのです。それは、例えば、自己認証や愛情、健康や自己防衛、成長や自由や愛といったものです。そして、ここからが重要なのですが、同じように、私たちに対して何らかの行動を行う人も、肯定的な意図を持って行動して [続きを読む]
  • 恨みつらみを手放す
  • 今回は、“恨みつらみを手放す”というトピックでお話したいと思います。恨みつらみとは、怒りの感情の一種です。そして、恨みつらみの感情は問題や誤解を作り出しがちです。恨みつらみには、自分が正しいという思い込みがあります。それは、ある意味、こうあるべきだという自分の要求なのです。そして、恨みつらみの下には、罪悪感があります。実は、誰かに対する恨みやつらみを持ち続ける時、私たちは、自分の持っている罪悪感を [続きを読む]
  • 日本最古の医学書に記された梅干し
  • 昔から暑い時期にお弁当に入れる定番の食品として親しまれ、医者いらずともいわれる梅干し。平安時代に書かれた、日本最古の医学書『医心方』では梅干しについて「気を下し、熱と煩懣を除き、心臓を鎮め、四肢身体の痛みや手足の麻痺なども治し、皮膚のあれ、萎縮を治すのに用いられる。下痢を止め、口の渇きを止める」と記述されており昔から薬として用いられてきました。しかしながら、最近の梅干しは、塩分が抑えられたりかつお [続きを読む]
  • 人生とは仕事ではない
  • 今回は、“人生とは仕事ではない”というトピックでお話したいと思います。私たちは、ともすれば仕事中毒になり、人生のすべてで仕事を追い求めます。そして、定年退職したり、解雇されたり、あるいは、勤めていた会社が倒産したりした時、私たちは、人生のすべてを失ったような錯覚に陥ります。しかし、人生とは仕事ではないのです。人生と仕事はイコールではありません。仕事は、人生のほんの一部にしか過ぎないのです。では、人 [続きを読む]
  • 被害者意識を手放す
  • 今回は、“被害者意識を手放す”というトピックでお話したいと思います。被害者意識とは、自分は悪くないというフリをしながら、人を攻撃することです。潜在意識に潜んでいるのは、問題を持つことで、私は彼らに仕返しをしてやるんだ!という気持ちです。しかし、被害者となることで得られるものは何もありません。なぜなら、被害者意識でいる時、私たちは何も受け取れないからです。今日、被害者意識を手放すことに意欲的になって [続きを読む]
  • カード1枚で診察を受けられる日も遠くない?
  • たまに拝読してますメルマガより以下。ご覧下さい。 近い将来、病院ごとの診察券は必要なくなるかもしれません。総務省がマイナンバーカードを診察券代わりに使えるサービスを検討していて、病院の受付でカードを使ってチェックインすると即座に診察券番号と照合して本人確認できるようにするのだとか。2018年以降の実用化に向けて検証を進めているそうです。更に厚生労働省ではマイナンバーカードを健康保険証代わりに利用できる [続きを読む]