なおちゃま さん プロフィール

  •  
なおちゃまさん: 山形からドラゴンズを応援してます
ハンドル名なおちゃま さん
ブログタイトル山形からドラゴンズを応援してます
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/njays0826/
サイト紹介文遠く離れた山形の空からドラゴンズの勝利を願っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2011/07/10 22:22

なおちゃま さんのブログ記事

  • 首脳陣は,バルデスに夢をみる
  • 初回のバルデスは,信じられない程球が高く,打たれて当然であった.むしろ3ボールから筒香が手を出してくれたのは幸いにも思えたが,落ちた場所が不運であった.バルデスの特徴を考えれば,投げるまでの投球フォームが短く,コントロールされたボールが「ピュッ」と打者の手元にくるイメージである.スピードはない.当然真ん中や高めに集まれば,打撃投手と変わらないわけである.2回から持ち直したのは,多少修正が効いたのと [続きを読む]
  • 士気が削がれる試合
  • 大野は良く投げていた.1点取られたところは2死で田中を追い込んでから,甘く入ったスライダーを打たれたが,あそこは雅人の配球ミスだと思う.なぜあそこであの球を投げさせるのか.サクサク2死まで行ったので油断したとしか思えない.その後京田のエラー(記録はヒットだがあんなのエラーだろう),ロペスのタイムリーとなってしまった.2点目は,藤井が取れなかったが,あれは谷が追いかけすぎである,あそこまで追いかける [続きを読む]
  • ヤクルトとは一度事を構えた方が良いだろう.
  • ビシエドの死球は骨折であった.今シーズン絶望という記事もあり,それなりに8月に入り上り調子だった選手がいなくなるのは痛い.ビシエドの死球をスローでみると,球はバッターボックスの線より明らかに内側(選手側)を通過していた.ちょっと外れたボール球ではなく,明らかに外れている.もともと中日の選手がベンチを飛び出す事は珍しいし,ちょうど森繁の娘のことで監督がいないときだし騒がなかったが,ゲレーロもヤクルト [続きを読む]
  • 吉見のスライダーって,もう少し横に変化しなかった?
  • ゲレーロは,やはりホームランバッターである.バレンティンのような大振りという感じでもないし,甘い球をほぼ確実に仕留める.でも,それがこなければ打てない.こういう4番を中日は待っていたわけだから,来季もNPBに残るのならいてほしいが,MLBに戻るか,大金出すところにいくだろう.ビシエドほどの森繁とのつながりはないだろうから.そのビシエドであるが,やはり彼は中距離バッターを目指して行ってほしいところである. [続きを読む]
  • チェンジアップって,わからない
  • 若松の投球は,速球とチェンジアップの組み立てで、途中にカーブが入るぐらいであり,見ている側からすると,今日は大丈夫とは思いづらい感じであり,ちょっとドキドキしながらみていた.結果論からすれば,良かったのだろう.途中挟むカーブが有効だったと思うし,ストレートについても,審判が辛かったところはあるが,しっかりコーナーに投げられていた.その上でのチェンジアップ.次回も期待させる内容だった.ただ,チェンジ [続きを読む]
  • バルデス次はお願い,だけで良いのか?
  • バルデスについては,やはり夏場にきて春先のような状態ではなくなっている.昨年も同じ状態であった.これをバルデスの疲れ,という言葉で片付けてはいけないのだろう.春先の快投していた時期に勝ち星がつかなかったことから,「悲劇のバルデス」という印象が強い.淡々とコースに投げ込む投球術はあっぱれである.でも,最近はコントロールに苦しみ,決まるところに決まらない.そうなると簡単に痛打される.それは,「バルデス [続きを読む]
  • 広島は目先の勝ちにこだわっていないのだろう
  • これだけゲーム差がつくと,マジックも実感ないだろうし,目先の1勝にはそれほどこだわりはないだろう.それが中日と広島の違いだったかもしれない.少なくとも,中日の方が,勝ちたいという意欲があったように思える.それは八木が打たれて2回で5点とられ,4点差になったが,すぐに代打を出して交代させたこと.確かに打撃の方で九里がぱっとせず,チャンスが回ってきたこともあるだろう.でも,あそこで八木を続投させていたら [続きを読む]
  • 笠原,もうひと頑張り
  • あくまでも結果論であるが,京田の三塁盗塁が大きかった.右投手であり,ストレートであった.確かに右打者ではあったし,内角でもあった.ベンチの作戦なのか,本人が捕手の構えをみて狙ったのかわからないが,會澤の送球も悪くなく,間一髪だった.まさに京田劇場のスタートだったのだろう.その京田であるが,レフト方向へ,良い伸びをみせていた.大瀬良の縦に落ちるスライダーを見逃すことができた.フォークより見逃しやすか [続きを読む]
  • 藤井のセカンドライナーでがっくり
  • 今日はそこそよ良い時の鈴木であったと思う.シュート回転はあるが,ストレートを思い切り投げ込んでいた.広島打線は,コントロールの悪い鈴木を攻略するために,意外と待球していたと思う.やや制球重視で置きに行くようなストレートをことごとく見逃してくれた.それでカウントを整えることができたため,今回のピッチングになったと思う.どうしても荒れてボールが先行する時がある.その時にいかにカウントを整えるか.誰でも [続きを読む]
  • 1番大島,2番京田の方がよいのでは?
  • 岩瀬の新記録に話題が集まり,それを後押し?した重信のプレーに,特に巨人ファンからの批判が集まった.劣勢の試合を一振りで振り出しに戻した藤井の本塁打はとても大きかった.ビシエドでもゲレーロでもなく,福田でもない選手が本塁打を打ったことに相手への与えるダメージの大きさを感じる.良い仕事であった.ところで,中日の先制点の場面は,福田の二塁打でさらに1死2,3塁でもう1点入るかと思っていたところで藤井に死球 [続きを読む]
  • やっと二軍へ.
  • やっと二軍に落としてくれるようだ.今日の相手は菅野であり,いわゆる球界を代表するスーパーエース.球の力,制球,精神力,どれをもっても惚れ惚れする投手です.(個人的に嫌いですが).あんな投手と比べられたら小笠原はひとたまりもないでしょう.ただ,それ以上に全然ダメだった.内角のストレートのコントロールも悪い.チェンジアップも外に抜ける.スローカーブも入らない.おそらくダメ元でもっとチェンジアップを多投 [続きを読む]
  • 武山の方がショックだろう.
  • 乱打戦?を制して昨日は勝つことができたが,勝ち負けはあまり面白い話題ではない.昨日の話題は,やはり岩瀬の記録だろうか.もちろん,今日以降で新記録になるわけで,その方が大変な話題になるだろう.田島が作った絶体絶命のピンチを阿部のライト前ヒットだけに抑えて無失点で切り抜けてきた.運もあった.そもそも,同点に追いつかれサヨナラのチャンス.なぜマギーに代走を送らなかったのか.セカンドランナーが重信なら回し [続きを読む]
  • 吉見の幻想に惑わされる
  • どうしても我々中日ファンは,全盛期の吉見の活躍が目に焼き付いていて,いつまでもそのままの吉見であると思っている.力で押すタイプの投手は明らかに年齢と共に衰えがわかる.でも制球で勝負するタイプは分かりづらい.岩瀬をみていても,また復活するのではと思ってしまう.(岩瀬が超人なだけだが).ただ,どうしても制球で勝負するタイプは,相手が振ってくれること,審判がストライクを取ってくれることが前提になる.今ま [続きを読む]
  • 大野は良かったと思う.
  • 大野は最近見た中では一番良かったと思う.ボール球になるスライダーをDeNAの選手が振ってくれたのは,大野がしっかり腕を振っていたこと,ストレートに近い軌道にみえたこと(曲がりが打者近く?),コースはストライクゾーンであったこと,など色々あるのだろうが,球数も少なく,良いテンポであった.そういう意味で投手に打たれたところはもったいなかった.8回はむしろガス欠だろう.それを藤井の2ランと遠藤のヒットで帳消 [続きを読む]
  • 谷元獲得について
  • 久しぶりによい補強だと思う.時期を逸したとか,年棒が高いとか,来季FAでいなくなるかも,とかそういうのは別にして,単純にチームに足りないピースを補充するという点において,久しぶりに理にかなった補強であった.ただ,谷元を放出した日ハムの姿勢には改めて驚く.糸井を放出したり,FAした選手を一切引き止めなかったり,日ハムの姿勢は一貫としているが,ファンがよくついて行くなと思う.谷元は,いわゆるスター枠でもア [続きを読む]
  • しばらく杉山を使ってみようか
  • 八木は丁寧に投げていたと思う.少なくとも高めに行かないように頑張っていた.もちろんその高めに行ってしまい打たれた球もあったし,打ち損じてくれた球もあった.アウトコースの制球が良かったと思う.そして審判が比較的広かった.それも幸いした.結局力で押すことのできない投手を生かすも殺すも審判次第ですから.ただ,球の力がないため,打たせて取るという基本があるものの,どうしてもぎりぎりを狙って球数が多かった. [続きを読む]
  • 意味不明
  • 今日の小笠原が良かったのはどこだろうか.ストレートの勢いは今まで程度であり,インコースのストレートの制球は,今日の方が悪いぐらいだった.でも,今日はスローカーブでストライクが取れた.これが大きい.そしてストライクと同じ腕の振りでチェンジアップがストライクゾーンに来ていた.これも大きかった.打たれたのは雅人のリードに尽きるだろう.そもそもなぜあそこまでチェンジアップを連投させるのだろうか.そして途中 [続きを読む]
  • 小笠原はつなぎ首脳陣の客寄せパンダなのだろうか.
  • 昨日のバルデスはひどかった.彼はひどくなれば,単なる打撃投手のようであるから,一桁失点で済んで良かったと思うべきである.毎年夏場以降失速することを考えれば,この先バルデスが快投をしてくれる可能性は低くなった.打つ方で言えば,1アウトでランナーが3塁にいる場面が2回あった.そこで1点取っていても結果は2点である.でも試合の展開が変わる.今の打撃陣であれば,そうした場面で絶対に点を取りに行くべきだろう.最 [続きを読む]
  • 捕手の責任
  • 10対0の試合をみながら,こんな試合では大野が完投しても何も意味がない,ストレスがない中で完投して復活と言われても,ということを家人に話していたら,あれよあれよという間に同点に追いつかれ,後はサヨナラをみるだけだった.昨日は出張で携帯で経過を追うだけだったが,「二軍でもやっと調子がもどりつつある」程度の小熊を先発起用して大炎上させてしまった.結局は初戦なのでしょう.初戦をものにしていれば,こうはな [続きを読む]
  • フライを落球する二遊間
  • 長い試合を見続けて,あの結果をふまえて,すぐに記事を書くのは難しいような心境であった.一夜明けて,多少は気分が落ち着いたところで,試合を思い返してみる.そもそも吉見は、吉見ではなかった.精密機械のような制球を売りにしてきた彼は,それがなくなれば,単なる打ち頃の球がコントロール良く来るということである.年齢だとか,実績だとかではなく,彼が求めている球を投げられなくなったのであれば,何か決断をする時期 [続きを読む]
  • なぜ課題を解決できないまま一軍で投げさせるのか
  • 首脳陣は小笠原に何をさせようとしているのだろうか.彼の課題を明確にして,それを解決する手段が中継ぎでの連投というのなら,仕方がないが,そうには見えない.いたずらに投げさせて,打たれて自信を喪失させていく.今の小笠原に必要なことは,一軍の負け試合の中継ぎに投げることなのだろうか.それよりももっと腹がたつのは,鈴木の投球である.彼こそ全く何も変わっていない.3ボールになれば,必ず四球になる.そもそもの [続きを読む]
  • スタメンで出し続けないといけない.
  • 期待の柳の途中降板で,一気に熱が冷めてしまった.序盤は完璧だったと思う.ストレートで押して,緩いカーブも効果的にストライクがとれ,文句の言いようのない立ち上がりだったと思う.4回も,あと少しだった.鈴木の厳しいセカンドゴロで,直倫がすぐに三塁に投げたシーンは,ベース上に球がいっていたらアウトだっただろう.さらに松山のセカンドゴロで一度ファンブルしたことでヘッドスライディングの有無に関わらずセーフに [続きを読む]
  • 又吉の投球について
  • 相変わらずの又吉イニング跨ぎであった.最近の又吉は,中継ぎになり,さらに迫力と威力を増している.先発の時のように緩急をつけて,淡々と抑えるのではなく,力で勝負している.ただ,最後の決め球の精度をかく.丸には四球になり,鈴木は,全くの逆球2つで三振とれた.それでもイニングをまたいで,エルドレッド,西川,岩本と押し込んでも最後に甘く入り痛打されていた.これが広島の攻撃陣の力といってしまえばそうだろう. [続きを読む]
  • ビシエドを待つしかないのか.
  • どうしても最後の三振盗塁失敗に目がいってしまう.そもそもヨーイドンで4点取られたら,今の中日では厳しい.結果が5点取っていたからというのは,結果論にすぎず,今の中日で初回の4点を取り返す力はない.そういう意味で立ち上がりの大野にはがっかりだった.長野を打ち取り,マギーに力勝負の甘い内角を左中間に長打されたことで,急にびびりだした.坂本への四球は情けなくて目を覆ってしまった.村田のショートゴロは,直倫 [続きを読む]
  • 松井佑はもっていない.
  • 全盛期の,それこそスポナビで解説していた小田がいっていた,野球ゲームのようなコントロールを持つ吉見をみていた自分としては,今日も投げミスがあり,相手が打ち損じをしてくれていたため,抑えられた印象である.それでもほとんど無駄な四球はないし,1,2の3で打たれる球もない.吉見らしい投球だったと言える.今日は故障明けではなく,調整明けであるはずだから,もっと球数を投げてもらいたかったが,ベテランは厚遇さ [続きを読む]