もんとも さん プロフィール

  •  
もんともさん: フーフとコドモとネコ1匹
ハンドル名もんとも さん
ブログタイトルフーフとコドモとネコ1匹
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/amontomo
サイト紹介文子育てに奮闘する夫婦 たまに猫やなんかも
自由文働く事が大嫌い、基本グ〜タラなダンナ。
運動神経皆無、完全な文化部のツマ。
公園大好き、発達障害の10歳長男。
歌とダンスが大好き、我が家一のパフォーマー次男7歳。
男兄弟にもまれ日々おてんばになってく6歳の長女。
こんな家族です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2011/07/12 13:42

もんとも さんのブログ記事

  • コドモ達 春の運動会
  • コドモ達の通う小学校で、1学期の最大の行事である運動会が行われました。快晴となったこの日の、予想最高気温はなんと30度。運動会の日はおばあちゃんが応援に駆けつけてくれます。コドモ達にとっては、おばあちゃんに自分の勇姿を見せれる数少ない機会です。張り切っていきましょう!まず先陣を切って登場したのは末娘。6年生と一緒に ”玉入れ” です。競技中は大混雑ですが、なんとか末娘を見つけ、写真に収めることができまし [続きを読む]
  • 長男の〇〇はもう諦めます
  • 我が家の長男、学校の勉強はそこそこできる方だと思う。テストの点数も良いし、家庭学習もしっかりとこなしている。が、しかし…字が汚い。連絡帳やノートの字など、じっくりと見なければ解読は困難。微細運動の困難からなのか、幼少期の頃より字を綺麗に書くのはとても苦手としていた。でも文字は読めるし、漢字もそれなりに覚えることはできている。なによりも学力に影響ないのだから、字が綺麗に書けるというのは、もう諦めても [続きを読む]
  • 次男&末娘 森のたんけん隊(木の工作編)
  • <続き>”森のたんけん隊” の3日目は、キャンプ場から”海上の森” へと移動。しかし、キャンプ場の後片付けなどで時間が押してしまったので、まずは ”海上の森” に入る前に昼食になりました。昼食後、森へと入っていきます。テントで一睡もできなかった私…、スタッフの方から「今日の活動は子ども達に任せて休んでてください。」と言われておりましたが、まあ引率ぐらいはしますか。目的地は2日目と同じ。途中、巣箱を確認し [続きを読む]
  • 次男&末娘 森のたんけん隊(キャンプ編)
  • <続き>森での活動を終えた一行は、それぞれのマイカーでキャンプ地に移動しました。場所は瀬戸市の『定光寺野外活動センター』です。ここは以前にアスレチックをやりに、訪れたことがありましたね。テントはキャンプ場に常設してあります。中はこんな感じ。部屋割り(テントだけど)は現地で色々と相談した結果、1つのテントを子ども専用にすることにしました。そう、子どもだけでテント泊をするのです。テントの割り振りが終わ [続きを読む]
  • 次男&末娘 森のたんけん隊(木こり編)
  • 今回はNPO法人が主催する自然体験型イベント ”森のたんけん隊” に次男と末娘を連れて参加してきました。全4回のこのイベント、今回は2日目です。【1日目(結成 編)はコチラ】今回も森の中へ入っていきます。ところがこんな注意書きが!なんだか幸先が不安ですな。今回も場所は ”海上の森” ですが、歩くコースは前回とは違います。色々なコースがあるみたいです。途中、なにかしらの施設(展示館?)を通りましたが、今回 [続きを読む]
  • 末娘 とにかく忘れ物が多い
  • 当たり前だが、学校には時間割というのがあり持っていく教科書やノートは時間割通りに揃えて持って行く。なので置いていく教科書やノートも当然あるはずなのだが…、末娘のロッカーには一切に残っていない。彼女曰く「忘れ物をしないために、全部持って行っている」との事。まあ、あの娘なりに考えた末のことだろうが、ちょっとやり方がイレギュラーな気がするし、最初はやっぱり基本のやり方を習慣付けてほしいので、時間割通りに [続きを読む]
  • 末娘 水筒を持ち去られる
  • 我が家の末娘、小学校1年生。彼女は学校へ忘れ物をしてくることがとても多い。連絡帳、歯ブラシセット、体操服などなど…。その都度 次男が学校へ連れて行き忘れ物を取ってくるのだが。ある日、末娘は ”水筒” を 忘れた。例によって次男と一緒に学校へ忘れ物を取りに引き返したのだが、教室のどこを探しても水筒が見つからない。担任の先生も一緒に探してくれたが、それでも見つからなかった。仕方がないのでそのまま家に帰って [続きを読む]
  • 長男 友情に触れる
  • 長得物を作って喜ぶ武将バカの長男。小学5年生。先日のこと。長男は宿題を終えて、外に遊びに行っていた。そこへ友達のAくんとBくんが訪ねてきた。彼は遊びに出かけており、まだ帰っていないことを伝えたが、10分後くらいにまたチャイムが鳴った。訪ねてきたのはAくんとBくん。何かあったのかと思い詳しく聞いてみた。長男とAくんとBくんは最初から遊ぶ約束をしていて待ち合わせをしていたらしい。そこで何して遊ぶか話をしていた [続きを読む]
  • お出かけ 長良川サービスセンター
  • 岐阜県海津市の『長良川サービスセンター』に、行ってきました。今回も家族全員での おでかけです。『長良川サービスセンター』は、日本一大きい国営公園である ”木曽三川公園” の一画を担う公園です。遊具やアスレチックがある公園ではないので、今まで訪問を避けていましたが、改めて調べてみると案外遊べる場所の様なので行ってみました。『長良川サービスセンター』では ”ニュースポーツ” の遊具貸し出しを行ってい [続きを読む]
  • お皿の到着と次男の誕生日
  • 以前に『愛知県陶磁美術館』で作った食器と、『やきもの散歩道』の ”登窯広場” で絵付けしたお皿が、我が家に届きました。訪れた時期が大部違う両施設からのお届けが、なぜ同時期に我が家に届いたかというと、届いていたのにずっと箱から出してなかったり、届いていたのにずっと郵便局に預けっぱなしだったりと、まあズボラな性格が災いしたわけであります。とりあえず、おかず用として今後使っていきたいと思います。そしてこの [続きを読む]
  • お出かけ グリーンパークひろ野(見はらし広場など)
  • 岐阜県高山市の『グリーンパークひろ野』に、行ってきました。『ガッタンゴー』の後に立ち寄ったスポットで、引き続き家族全員での おでかけです。高山市は、平成17年に1市と9の町村が合併をしました。その際に市内にいくつか ”合併記念公園” が整備されました。『グリーンパークひろ野』はそのうちの一つで、「空」をコンセプトにした大きな公園です。では早速、遊具で遊んでいきましょう。大きなスライダータイプの滑り台。ハ [続きを読む]
  • お出かけ 神岡城
  • 岐阜県飛騨市の『神岡城』に行ってきました。『ガッタンゴー』の後に立ち寄ったスポットで、引き続き家族全員での おでかけです。敷地内には ”鉱山資料館” ”旧松葉家住宅” そして『神岡城』の3施設が立ち並んでいます。”鉱山資料館” では、神岡で採れる鉱物などが展示してあります。鉱山というものを初めて知ったコドモ達、ちょっと内容が難しいかな。 ”旧松葉家住宅” では昔の暮らしの様子や、日常生活で使われる様 [続きを読む]
  • お出かけ がおろの道
  • 前記の『ガッタンゴー』で走行中の際に気付いたのですが、側道に遊歩道らしきものが見えました。『ガッタンゴー』下車後、その遊歩道を歩いてみました。木製の橋などが設置されていることから、やはりここは遊歩道で間違いないのでしょうが、その割には道が険しいかな。ちょっとした山登り並み。場所によっては『ガッタンゴー』と、こんな近距離まで近づける。途中でお弁当。さらに進みます。どこまで続くんだろう。一般的な公園だ [続きを読む]
  • お出かけ ガッタンゴー
  • 岐阜県飛騨市の『ガッタンゴー』に、行ってきました。今回は家族全員での おでかけです。『ガッタンゴー』とは、2006年に廃線となった神岡鉄道の線路の上を、専用の自転車で走るというかなり変わったレジャーです。ヘルメットを着用し、まずは注意事項をしっかりと確認します。”奥飛騨温泉口駅” から ”神岡鉱山前駅 ”まで往復で約6キロの道のりとのこと。我が家の車両は5人乗り。漕ぎ手は大人二人が担います。ベースは自転車2 [続きを読む]
  • お出かけ 岩崎城
  • 愛知県日進市の『岩崎城址公園』に行ってきました。今回は家族全員での おでかけです。一ヶ月ほど前にも訪れた『岩崎城址公園』ですが、この日は ”甲冑着用体験” ができるとのことで、再び訪れました。各地にあるお城や城址公園では、よく甲冑の着用イベントが行われており、コドモ達も小牧城や清洲城で体験したことがありますが、岩崎城での甲冑は他所とは少し違います。なんと素材は紙。紙でできた甲冑だそうです。様々な甲冑 [続きを読む]
  • 2017年度 登場人物
  • 〜登場人物紹介〜長男。小学校5年生。発達障がいをもち、4年生までは支援学級に在籍していたが今年度からは支援の手を離れ、自立へと歩みだした。公園を愛し、公園に愛された男。お城、お祭り、もの作り体験、すべてのお出かけの生みの親。次男。小学校2年生。過度な自信をもつ弱気な性格、あるいは活発な小心者。異なる二面性を併せ持つ謎の天才児。公園を愛し、公園に愛された男。滑り台、アスレチック、ハンドル、すべての遊具 [続きを読む]
  • 末娘 ウサギの死に涙する
  • 夜、寝る前に突然巻きだした末娘。久しぶりに ”思い出し泣き” が出た。涙の訳を尋ねると、小学校で飼っているウサギが亡くなったらしい。それで悲しいそうだ。これだけなら、実に低学年らしい初々しい話、で済ませられるのだが…。実はウサギは複数匹同時に亡くなった様だ。不審死、ということで只今専門家による検死がおこなわれ、死因を調査中とのこと。※写真はイメージですなんか怖いことにならなければよいが。にほんブログ [続きを読む]
  • お出かけ 小針公園
  • 愛知県小牧市の『小針公園』に行ってきました。今回はパパとママ、次男と末娘でのおでかけです。『小針公園』は県営名古屋空港のすぐ近くにあり、エアフロントオアシスと呼ばれる公園です。空港から離発着する飛行機を眺めるには、絶好のポイントでもあります。そんな『小針公園』の遊具たち、まずはカエルのシーソー。奇しくも、次男のシャツはカエルのプリント。鉄棒やブランコ、滑り台といった定番の遊具が揃っています。何の変 [続きを読む]
  • 長男 靴を新調
  • 小児整形で体幹を診てもらっている長男。靴(インソール)をオーダーメイドで作ってもらい、その効果を確認するために、たまに通うのですが最近ちょっと行けてなくて、気がついたら靴がもうボロボロになっていた…。当然インソールもすり減ってきているので、サイズアップも兼ねて靴を新調した。今度の靴は真っ黒けで渋い。長男の年頃の子が好むデザインではないなあ。幼少期から通っているが、その頃と比べたら明らかに体の歪みは [続きを読む]
  • お出かけ 諏訪公園
  • 三重県四日市市の『諏訪公園』に行ってきました。今回もパパと3兄弟でのおでかけです。前記の『伊坂ダムサイクルパーク』の後に寄った公園で、せせらぎと噴水がシンボルの公園です。また園内にある『すわ公園交流館』では、様々なイベントが行われたりすます。イベント等がない時でも、建物内の一部は休憩場として開放されている様です。その『すわ公園交流館』の裏手側は高台になっており、そこの広場でシャボン玉遊びをしました [続きを読む]
  • お出かけ 伊坂ダムサイクルパーク
  • 三重県四日市市の『伊坂ダムサイクルパーク』に、行ってきました。今回はパパと3兄弟でのおでかけです。『伊坂ダムサイクルパーク』は工業用水供給用のダム湖の周回に作られた約3.6?のサイクリングコースです。長男と次男は自分のサイズにあった自転車を、パパは2人乗りの自転車をレンタルしました。ダンデム自転車や、補助輪付き自転車もありますが、ダム湖を1周するにはちょっとキツイかな。いざ、出発。お天気も良く、気持ちい [続きを読む]
  • 次男&末娘 森のたんけん隊(結成 編)
  • 愛知県瀬戸市の『あいち海上の森センター』に、行ってきました。今回もパパと次男、末娘の3人での おでかけです。海上の森とは、愛知県瀬戸市の海上町にあるおよそ600haの里山です。ここら辺は、愛知万博の会場候補地となったことで注目を浴び、自然保護や国際博覧会のあり方に大きな影響を与えた場所です。『海上の森センター』は愛知万博瀬戸会場跡に建てられた、森林や里山に関する学習と交流の場です。今回はNPO法人が主催する [続きを読む]
  • お出かけ 三重大恐竜博
  • コドモ達が小学校でイベントの割引券をもらってきた。『三重大恐竜博』”実物大の恐竜がリアルに動く”との事。大高緑地の ”ディノアドベンチャー” やノリタケの森で見た恐竜イベントのように実物大の恐竜ロボットの展示のようです。と、いう事で面白そうなので行ってみました。会場は三重県津市の『メッセウィングみえ』メンツはパパ、次男、末娘の3人です。恐竜についての説明パネルが並ぶ。漢字にはすべて、読み仮名が書いて [続きを読む]
  • お出かけ 城山公園(尾張大野城址)
  • 前記の『やきもの散歩道』の帰り道に ”城址” という表示を見かけ、急遽寄ってみました。愛知県常滑市の『城山公園』です。小高い丘を階段で登っていくと、コンクリートの幅広すべり台がありました。が、表面はザラザラですべり台というより、単なる坂道。当然滑るはずもない。奥に進むとブランコやシーソー、すべり台の複合遊具、タイヤなどの遊具がある。古臭さは否めないが、数多くの遊具が設置してありそれなりに遊べる公園に [続きを読む]
  • お出かけ 伝統や文化に触れる(やきもの散歩道 編)
  • 愛知県常滑市の『やきもの散歩道』に、行ってきました。今回も家族全員での おでかけです。小学校の社会では、地元の伝統や文化について学習する単元がある。授業で習う事に合わせて実際にその場に行き、直に見て、触れて、体験させることで学びの面白さを 感じてくれるのではないだろうか。そんな訳で ”地域の伝統や文化に触れる” というおでかけを企画してみました。今回は常滑市の ”やきもの散歩道” です。『やきもの散歩道 [続きを読む]