詩人−うたびと mB さん プロフィール

  •  
詩人−うたびと mBさん: がんばるアナタへ 笑顔のあしたを
ハンドル名詩人−うたびと mB さん
ブログタイトルがんばるアナタへ 笑顔のあしたを
ブログURLhttp://ameblo.jp/manabyxxx/
サイト紹介文何か良いコトおこりそうな『コトバの力』にふれてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/07/12 14:19

詩人−うたびと mB さんのブログ記事

  • 悩んだりしていませんか??
  • 『悩みごと』 小さなキミがかかえる大きな悩み 大きくなる前に 吐き出しちゃえ 解く術はもっていないかもしれないけど ボクには全力で聴く愛がある。。 [続きを読む]
  • 生きてくこと。。活きること。。
  • 『かぎり』 生きてくことに限りはあるのに 生きてる間その限りを知ろうとしない 今見る風景も人も そこから感じる優しさも愛おしさも 永遠のものじゃない キミは今をどういきようか。。 [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 9
  • 『今日』心の駆け足が不安へと急ぐ日は何もない日を愛おしく思う。。だから何もない日なんてない [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 8
  • 『すてき』ボクがしてもらってうれしいことはきっと誰がしてもらってもうれしいことボクがされて嫌なことはきっと誰がされても嫌なこと自分のことのように 相手のことを考えることができたら きっとそれは素敵なこと。。 [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 7
  • 『正解』キミの言葉が間違いだったとしてもキミの目がどうしょうもないイラダチに打たれ救いに潤んでいたのならボクはためらうことなく同意をかえすだろう。。だって間違いを正すことが正解じゃなくキミの救いに応えるほうがボクにとっての正解だから。。 [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 6
  • 『どう』失敗や挫折は誰にでもあるものそこからどう立ち上がるかが違うだけ誰にでもあるものなら恐れることはないどう立ち上がろうかそのことだけを考えればいい。。 [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 5
  • 『ながめ』空をながめて。。空はつながりを希望をぬくもりを明日をそしてうつむいていた自分を感じさせてくれた [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 4
  • 『記憶』今がキミの頬をたたいたとしても楽しい思い出は決してなくなりはしないその思い出を両手いっぱいに抱きしめて一歩ずつでも前に進もう楽しかった記憶がキミに勇気をくれる一歩の勇気が明日を変える [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 3
  • 『希望』目の前が冷たい荒地であっても不安の雨がキミの心を激しく打ちつけても少しでもいい一歩だけでもいい進めば必ず前に進む今と違う景色が必ず見える [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 2
  • 『感じる』遠くの批判に嘆くより近くの共感を感じよう刺すような批判の辛さを責めず心地よく暖かい共感のやわらかさに感謝しよう近すぎて見えない共感はキミのまわりにたくさんたくさん溢れてるキミはひとりじゃない。。 [続きを読む]
  • for KUMAMOTO-詩縁 1
  • 『めぐり』土の下にある小さな芽はどんなに地が荒れていようと力強くその芽を出しきれいな花を咲かせるしんしんと深い空の黒はどんなにその黒が無情であっても明るい光がかならずやってくる今がどんなに辛くても未来にはきっと幸せが待っている [続きを読む]
  • キツイことを言われたとき。。
  • 『ねがい』大切なひとがキミに投げたボールそのボールはキミにあてようとしたわけじゃなくキミに受けとってもらいたいと投げたボールだからその言葉のボールが少しきつくても投げる相手はキミしかなくキミに受けとってほしいねがいのボール [続きを読む]
  • うまくいかないとき。。
  • 『ただ』うまくいかないとき。。その理由を探らなくていいうまくいこうとあせらなくていい今度はそうならない様にと強ばらなくてもいいただうまくいってないと思わなければいい。。 [続きを読む]
  • 悲しい時。。
  • 『あふれるナミダ』もう二度と泣くまいとぬぐえどあふれでる涙。。そんな涙をぬぐった分だけ明日は良く見える。。 [続きを読む]
  • 成人の日に。。
  • 『ルール』誰に教えられた訳じゃなく互いを傷つけないもって生まれたルールのもと生きる動物たちがたくさんいるのになぜ人は互いを傷つけ傷つけないためのルールをつくりそのルールをやぶる。。 [続きを読む]
  • がんばれ。。
  • 『立つ』ころんだキミに降り注ぐ無表情な笑い声に振り回されないでキミが立ち上がるのを見てる目はかならずあるだからキミが目をつぶらないでころんだ分だけ立ち上れるからその芽を摘んじゃいけない [続きを読む]