犬己那池 さん プロフィール

  •  
犬己那池さん: 犬小屋チャンプルー
ハンドル名犬己那池 さん
ブログタイトル犬小屋チャンプルー
ブログURLhttp://ameblo.jp/jinmenken/
サイト紹介文ファンタジーや歴史(中世日本史・三国志)を中心に、オリジナルの小説やイラストを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/07/13 00:58

犬己那池 さんのブログ記事

  • 都城島津邸 「島津の至宝」展 感想
  • 2月3日は節分でしたね。私は豆まきはしませんでしたが、その代わり、「島津の至宝」展を見るために宮崎県都城市の都城島津邸に行きました。まさに「鬼島津(おに)は県外(そと)」! 都城島津邸に行くのは2度目ですが、2年前の前回と違って今回は日帰りなので、観覧時間が1時間くらいしかありませんでした(汗)。――という訳で、先にお目当ての「短刀 銘:吉光」を見ることに。この短刀は、建武3年(1336)に立花家 [続きを読む]
  • 楠公飯
  • ↑創作南北朝より、楠公飯ネタ漫画。映画「この世界の片隅に」を見て、楠公飯のことを初めて知りました。楠公飯の詳しい作り方は、映画または原作をご覧ください。なお、原作では楠木公自身がフリフリエプロン姿で作り方を教えてくれます(笑)。 にほんブログ村 人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます!
  • 読者の皆さん、あけましておめでとうございます!2017年初更新は、毎年恒例のお正月イラストです。 ↑創作南北朝より、阿野廉子。今年は酉年ということで、「牝鶏晨す」と言われた彼女を描いてみました。冠や檜扇、背中の羽飾りは、ニワトリをモチーフにしたデザインになっています。 それでは、今年も当ブログをよろしくお願いいたします。 にほんブログ村 人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • メリークリスマス☆
  • ……という訳で、クリスマス漫画を描きました。↓創作戦国より、立花家の楽しいクリスマス?別サイトに上げていた節分漫画の使いまわしですみません(汗)。 読者の皆さんは、聖夜をどんな風に過ごしましたか? にほんブログ村 人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 九州歴史資料館 特別展「八女の名宝」 感想
  • 遅ればせながら、今回は11月5日に見に行った九州歴史資料館の特別展「八女の名宝」について書こうと思います。もちろん、私の目的は九州南北朝の重要な資料である「五條家文書」です!中でも「後醍醐天皇綸旨」は、「髻綸旨」と呼ばれる小さな紙の中から、崩御前日の後醍醐天皇の強い思いがあふれ出していて、見ていて感慨深かったです。元中12年(応永2年・1395)の「良成親王書状」では、南北朝合一後に北朝に寝返った菊池武朝 [続きを読む]
  • 『学園太平記G』完結記念人気投票 結果発表!
  • 読者の皆さん、お待たせしました。『学園太平記G』完結記念人気投票の結果が出ましたので、発表いたします。結果は、足利満詮(右)と三条厳子(左)、それぞれ1票ずつの得票となりました。満詮に関してはコメントもいただけて、嬉しかったです♪投票してくださった方々、どうもありがとうございました! おまけ漫画↓ にほんブログ村 人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 『学園太平記G』完結記念イラスト
  • 『学園太平記G』の完結記念イラストが完成しました!今まで「登場人物紹介G」でアップしてきた各人物イラストを一つに集合させてみたのですが……いかがでしょうか?個人的には、左下端で縮こまっている後円融校長とそんな彼を見守る厳子が、うまく描けたと思います。 『学園太平記G』完結記念人気投票も開催中です!投票期間は2016年10月31日まで。お気に入りの登場人物がいましたら、ぜひ投票してください♪詳しくはこちら [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (27) 〜紀良子編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓紀良子 (修道女)聖ザドキエル教会で佐々木道誉に保護されている、謎のシスター。教会を訪れた足利義満に、実母ではないかと尋ねられるが……。元教師で、昔は自他に対して甘い性格だったらしい。そのため、とある過ちを二度も犯してしまう。それを悔いてシスターになり、今では自他に対して厳し [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (26) 〜後亀山校長編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓後亀山校長 (南校校長)長慶前校長の弟。兄に代わって、私立太平学園高校南校の校長に就任した。北校の大内義弘を介して、足利義満との和平交渉に臨む。見た目通り、温厚な性格の持ち主。ただし穏健派のため、強硬派の長慶前校長とは対立している。にほんブログ村イラスト ブログランキングへ [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (25) 〜一色詮範&満範編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓左:一色詮範 (護衛役)足利義満のボディーガード。山名氏清が反乱を起こした際、義満の下で戦う。寡黙な女子だが、その戦闘力は高い。ペットの満範とは、言葉を交わさずとも連携することができる仲。右:満範 (オウム)一色詮範のペット。山名氏清が反乱を起こした歳、詮範とともに出撃する。い [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (24) 〜山名時義編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓山名時義 (中2)山名義理・氏清の弟。先代の死により、若くして山名家の当主となった。節分の夜、足利義満にクリスマスパーティーでの非礼を詫びるため、足利邸に赴く。病弱だが、誠実で謙虚な心の持ち主。兄たちを差し置いて当主になったため、氏清から敵視されている。にほんブログ村イラスト [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (23) 〜大内義弘編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓大内義弘 (高1)私立太平学園高校北校の生徒。足利義満が尽志分校へ訪問する際、その道案内を務める。韓流ドラマの大ファンで、韓国語やテコンドーを習っている。韓流スターに似ているという理由で義満に一目ぼれし、彼のことを「チョンセンヨンブン(運命の人)」と信じて疑わない。実は、半島と [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (22) 〜今川泰範編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓今川泰範 (OB)私立太平学園高校北校の卒業生。裏山の戦いで足利尊氏から「一騎当千」と称賛された、今川範氏の息子。自邸を訪れた足利義満に協力を請われ、承諾する。見た目は地味な印象だが、父親譲りの実力を秘めている。にほんブログ村イラスト ブログランキングへ [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (21) 〜三条厳子編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓三条厳子 (高1)私立太平学園高校北校の生徒で、後円融校長の許嫁。演奏会にむけて笙を練習する足利義満と出会い、その指南役を買って出る。おしとやかなお嬢様だが、困っている人を見ると放っておけない優しい性格。趣味は音楽鑑賞で、後円融校長と出会ってからは笙の演奏にも興味を持つように [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (20) 〜佐々木道誉編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓佐々木道誉 (修道院長)かつて北校派として南校派と戦っていた、足利尊氏の親友。現在は聖ザドキエル教会(通称:聖サド教会)の修道院長を務めている。母親を捜すために教会を訪れた足利義満を、とある女性のもとへと案内する。どこか謎めいた雰囲気を持つ、妖艶な美女。相変わらずの派手好きで、 [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (19) 〜斯波高経編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓斯波高経 (故人)斯波義将の父親。生前は足利組の社員で、社長・足利尊氏の下で南校派と戦っていた。義詮の代になると、執事にまで上り詰める。だが、それによって周囲との不和が生じ、執事職を追われてしまう。そのショックから病気になり、最後は義将に後事を託して、息を引き取った。名門のプ [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (18) 〜山名氏清編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓山名氏清 (高1)山名時氏の娘で、義理の妹であると同時に時義の姉。私立太平学園高校北校の生徒。足利義満の命令で、義理とともに橋本正督討伐に参加する。兄とは正反対の元気いっぱいな性格。武器は鉄パイプで、戦闘力も高いが、鳥が苦手なのが唯一の弱点。兄弟からは「キヨ」「キヨ姉」と呼ば [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (17) 〜山名義理編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓山名義理 (高3)山名時氏の息子で、氏清、時義の兄。私立太平学園高校北校の生徒。足利義満の命令により、氏清とともに橋本正督討伐に参加する。おっとりした性格で、活発な妹の氏清に流されやすい。しかも、いつも彼女から「ギリ兄ちゃん」と名前の読みを間違えられる。だが、兄妹仲はとてもい [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (16) 〜橋本正督&十市遠景編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓左:橋本正督 (高3)私立太平学園高校南校の生徒。十市遠景とともに挙兵し、足利義満の命を受けた山名氏清らに討伐される。実は楠木正儀の親戚らしい。右:十市遠景 (高3)私立太平学園高校南校の生徒。橋本正督とともに挙兵し、足利義満の命を受けた斯波義将らに討伐される。南校に忠誠を誓っ [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (15) 〜斯波義将編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓斯波義将 (高2)斯波高経の息子で、私立太平学園高校北校の生徒。土岐頼康とともに、足利義満から楠木正儀の援軍を要請されるが……。名門のプライド高く、寛大な性格。そのため、厳格な細川頼之とよく対立する。真に執事にふさわしいのは頼之ではなく、自分だと信じて疑わない。名門の子息らし [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (14) 〜土岐頼康編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓土岐頼康 (足利組社員)かつて婆娑羅生徒として有名だった土岐頼遠の甥で、長年「足利組」に勤めている社員。北校に降った楠木正儀が南校軍の攻撃を受けた際、足利義満に援軍を要請されるが……。叔父・頼遠に似て、権力を恐れない性格の持ち主。そのため細川頼之とは気が合わず、斯波義将とよく [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (13) 〜長慶校長編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓長慶校長 (南校校長)後村上前校長の息子であり、私立太平学園高校南校の校長。祖父・父の遺志を継いで、「打倒北校」を目指す。徹底した抗戦論者で、和平派である弟(後の後亀山校長)や楠木正儀とは仲が悪い。それ以外のことに関してはよくわからない、謎の人物。にほんブログ村イラスト ブログ [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (12) 〜楠木正儀編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓楠木正儀 (教師)南校の忠臣として名高い楠木正成の息子にして、楠木正行の弟。父親に憧れて、私立太平学園高校南校の教師となる。戦いを終わらせて生徒たちに平穏な学園生活を送ってもらうため、足利義詮と南北両校の講和について話し合っていたが、果たせなかった。長慶校長の就任後、南校内に [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (11) 〜朱元璋(洪武校長)編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓朱元璋 (明学園校長)もとは元学園に通っていた苦学生。反乱軍に属し、ついには元学園を倒して明学園を創立、その初代校長となる。以後、自らを「洪武校長」と名乗った。その噂は、太平学園にいる足利義満たちのもとにも届いている。顔を隠しているのは、自身の容貌にコンプレックスを抱いている [続きを読む]
  • 登場人物紹介G (10) 〜日野業子編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓日野業子 (高3)私立太平学園高校北校の3年生で、新聞部部長。生徒会長になった足利義満にインタビューした際、彼と親しくなる。以後、取材もかねて常時義満の傍に控えるようになった。大人しそうに見えるが、実は情熱的なハートの持ち主で、時には大胆な行動に出ることも。ただし、少々焼餅焼 [続きを読む]