cherry さん プロフィール

  •  
cherryさん: Exploring Kyoto
ハンドル名cherry さん
ブログタイトルExploring Kyoto
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/triplet3jp
サイト紹介文英語と日本語で京都を紹介します。 Let's explore Kyoto with me.
自由文京都に住んで17年。
でも、住んでいると意外とどこにも行かないもの。
通訳ガイドの資格はとったものの、全然京都を知らんやん!
と、京都めぐりを始めました。
一緒に京都をめぐりましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/07/13 22:20

cherry さんのブログ記事

  • 北野天満宮の七夕
  • 北野天満宮では16日まで七夕と御手洗祭が行われています。なんとなく下鴨神社の御手洗祭の入り口っぽいですが、ちゃんと提灯に「北野」って書いてあります。あ、光って見えませんね。すのことシートが敷いてありまして、素足で御手洗祭ー水御籤ー石の間特別参拝をいたしました。北野天満宮の社殿は豊臣秀頼の寄進で権現造り、拝殿、石の間、本殿、楽の間と国宝に指定されています。石の間通り抜けは初めてで、より神様の近くでお参 [続きを読む]
  • 八坂の塔
  • 皆さまご存じ八坂の塔ですが、私は拝観したことがありません。この暑いのに、結婚式の前撮りですか。でも楽しそうでした。おやおや、今日は拝観できるみたいです。八坂の塔は正式には法観寺という禅宗建仁寺派のお寺です。二層目まで行くことができましてはしごのような階段を上がります。おりるのがこわかったです。心柱は礎石から相輪まで続いていまして、よく見えるように鏡がおいてあります。境内には太子堂やお稲荷さんがあり [続きを読む]
  • 清水寺千日詣
  • 清水寺では千日詣が行われています。1日お参りすれば、千日詣でたことになるそうです。おやおや三重塔も御開帳されています。大日如来様が東を向いていらっしゃいます。経堂も初めてお参りしました。こちらは釈迦三尊像で、お釈迦さまは宝冠釈迦如来です。清水寺の堂宇を整えられた坂上田村麻呂を祀った田村堂こちらは中に厨子があり、ガラスが反射してよく見えませんでした。とへいえ、田村麻呂さんなんでしょう。南部鉄器の風鈴 [続きを読む]
  • 貴船神社奥宮
  • 川床料理を食べた場所は貴船でも奥まったところで、貴船神社奥宮まですぐのところでした。相生の杉水の神様  高龗神たかおかみのかみが祀られています。この連理の木は全然違う種類の木ですね。もとはこちらが本社でしたが、水害で社殿が流されたため本社は少し下流に移されました。神武天皇の御生母 玉依姫命は大阪湾から淀川、鴨川、貴船川と上ってこられて、その下り立ったところに祠を建てよとこの地(奥宮)に水神が祀られ [続きを読む]
  • 京都御苑
  • 蝉しぐれの京都御苑虫よけスプレーしていても、蚊に刺されました。毎年コノハヅクが御苑内の宗像神社で営巣しています。こんなしょぼい写真しか撮れませんでした。なので、スズメでも撮りましょう。死んでません。砂浴びです。 [続きを読む]
  • 1度行ってみたかった②
  • 朝から暁天講座に行き、お昼からはこちらへ。。。貴船の川床料理とても暑い日でしたが、車を降りるとひんやり。川床の上に行くと、さらにひんやりカナカナカナというひぐらしのBGMで舌つづみをうちました。平日なのに、川沿いを行く人が多かったです。国際会館で送迎車を降りると、信じられないくらい暑かった。国際会館自体、町中より涼しいはずですが。。。 [続きを読む]
  • 1度行きたかった①
  • 8月2日5時に起きました。1度行ってみたかった暁天講座。5時半受付開始6時から座禅15分?26時45分から歴史学者で、武士の家計簿が映画化されている磯田道史先生の講座来年の大河の時代考証もされているそうです。お話が面白く、45分があっという間でした。近世で200年地震が起こらなかったのは、ないことだそうです。講演の後は粥座というお粥の朝食沢庵を残しておいて、食後お茶を入れて、洗鉢少し麦が入り、ほんのり塩味で美味し [続きを読む]
  • 碧い目の神道学者
  • 下鴨神社一の鳥居付近にある鴨社資料館秋穂舎しゅうすいしゃです。備忘録代わりなので、ちょっと長いです。京の夏の旅とコラボして碧い目の神道学者ポンソンビ博士展が行われています。前回訪れたときに、神職さんが「神道界でもあまり知られていないポンソンビ博士の功績を知っていただきたい」と、熱く語っておられたので、訪問しました。12世紀から続く英国貴族のポンソンビ家の当主リチャード・ポンソンビ・フェーン(1878 [続きを読む]
  • 下鴨神社 みたらし祭
  • 下鴨神社の御手洗祭は土用の丑の日の前後に行われています。御手洗池に足を浸して、無病息災を祈ります。以前は土用の丑の日とその前後3日間くらいでしたが、最近は参拝者が多く、先週の土曜日から昨日まで9日間行われていました。もう20年来行っていますので、昨日すべりこんできました。昔は昼間行くと全然人がいませんでしたけどね。。。いつもはちぎれるほどの冷たさですが、猛暑と人の多さのせいか、心地よい冷たさでした。上 [続きを読む]
  • 祇園祭後祭 大船鉾
  • 150年ぶりに復活して間もない大船鉾宵山の様子です。鉾町ではお呈茶もありまして、お軸がかかっていましたが、そのお軸の画を元に復元されたそうです。会所では龍頭が展示されていました。大金幣と龍頭は担当の町で変わるそうで、今年は大金幣の番です。龍頭は瀧尾神社の龍頭を元に作られたそうです。左の龍は天保年間に作られたもので、迫力がありました。実はこの写真、ブロ友さんのほっこりオヤジさんの横から撮っていました。 [続きを読む]
  • 祇園祭 後祭 八幡山
  • 祇園祭後祭です。宵山に新町通を御池から南に下がりました。屏風祭八幡山の鉾町はおそろいの鳩の幕です。左甚五郎作と言われる鳩左は複製品巡行のときは気づきませんが、こうして展示されると美しいです。燭台の唐子もかわいいですね。宵山で見た山がやってくると、何かうれしいです。ただ巡行を見るのではなく、宵山に見た錺金具もしっかり確かめることができました。後祭すいていて、見やすいです。 [続きを読む]
  • 花火
  • ちょっと親戚に不幸があり、留守にしていたので、コメントのお返事が遅くなり失礼しました。先ほど宝ヶ池で花火があがりました。京都は国宝、重文がたくさんあるので、市中では打ち上げ花火は禁止です。というのも苦い経験あるからです。昭和29年鴨川の花火大会の落下傘花火が京都御所の小御所を焼いたのです。小御所会議が開かれた歴史的にも重要な場所です。あ、この池は防火用水でもあったんですね。手持ちなのでブレブレです。 [続きを読む]
  • 祇園祭神輿渡御
  • 今日は山鉾巡行は何年ぶりかでパス!山鉾巡行はいわば露払いですが、主役の神輿渡御を見たことがないんです。とりあえずお参りだけでも、と八坂神社に行きました。境内に入ると、うちの神輿会の会長さんに出会いました。神輿会同士互助関係があるようですね。境内を一周して、楼門から出て行きます。さあ帰ろうと思ったら、そこでストップ!と、警官に止めらました。程なくして、行列がやってきて神輿も来ました。動画がね…あげら [続きを読む]
  • お茶の京都
  • 京都府は海の京都、森の京都とともに、お茶の京都にも力を入れています。こちら南山城 和束町 茶源郷です。かぶせの上に出た芽がかわいいです。ところどころにある扇風機みたいなものは、春先に霜が降りないよう空気をかき回す役目だそうです。こういう横長に刈り込まれているのは、でっかいバリカンのようなもので葉っぱを刈るからだそうです。全然雑草がないことから、とてもお手入れされているのだと思います。途中に鳥居があ [続きを読む]
  • 鉾建て
  • 今日は35度?暑かったですね〜バス停のミストが涼しげでした。四条通では鉾建てが始まっています。屋根を取り付け中以前あるフランス人留学生が「祇園祭見ましたけど、普通でした。」と、言ったので、こけそうになりました。奥の深さを知らんやろ〜と思いました。山鉾巡行だけでなく、準備とか、片付けとか、お囃子とか、懸装品とか見るたびに発見があります。くぎを使わずに組み立てます。小槌でトントン大丸の帰りに見た長刀鉾で [続きを読む]
  • 成相山成相寺
  • 伊根町のマンホール伊根町を後にして、成相寺にまいりました。西国三十三番札所 成相山成相寺なりあいじ雪舟の国宝『天橋立図』にも出てくる山岳信仰の山にあります。真応上人の開基、または聖徳太子ともいわれています。(このあたり聖徳太子ゆかりの寺がわりとあります。)本堂から日本一展望台まで、車で5分、徒歩40分だとか。。。もちろん車で上がりました。歩いて上がる人もいました。服装から見て、自転車の人のようです。 [続きを読む]
  • 夏越の大祓
  • 早いもので今年も半年が過ぎました。各神社では半年間の罪穢れを祓うため、夏越の大祓がおこなわれました。今年は籠神社で茅の輪をくぐったのをかわきりに、御霊神社、上賀茂神社と参りました。上賀茂神社はちょっと出遅れて、あとのほうだけ参列しました。神事を終えて、神職が退出するところです。風そよぐ ならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける藤原家隆平安の昔から続いてきたのですね。以前人形を拾って帰ろうとし [続きを読む]
  • 伊根の舟屋
  • 伊根町にやってきました。クルーズ船に乗ります。45分くらいかな。コスパよいと思います。乗船券売り場では、職業体験の中学生が頑張っていました。全校生徒50人くらいの学校です。かっぱえびせんをカモメのエサ用に売っていまして、カモメだけでなく、トンビも追いかけてきます。伊根の舟屋は舟の収蔵庫の上に家が建っていて重要伝統的建造物群に指定されています。ちょっと車を移動させて、舟屋のあたりを散策してみます。海の透 [続きを読む]
  • 籠神社で茅の輪くぐり
  • 連れ二人は天橋立を歩き、私は天橋立神社から駐車場に戻り、車でこちらまで参りました。歩いても車でも30分かかりました。車を取りに行った分、私の方が遅くつきました。丹後国一宮籠神社このじんじゃです。天橋立はこの神社の参道だそうです。天橋立があるのは、京都府宮津市なのですが、宮の津というのは、籠神社(宮)の港(津)という意味でこの神社から名づけられています。創建1300年と境内にありましたが、奥宮である真名井 [続きを読む]
  • 天橋立神社
  • 天橋立を少し行くと、天橋立神社があります。伊邪那岐命が眞名井原の女神のところに通うために立てた梯が倒れてできたのが天橋立なので、恋愛のパワースポットとして、信仰されているそうです。但しお祀りされているのは七大竜王だそうです。こちらの手水は名水百選にも選ばれている磯清水海に挟まれているのに、清水が湧き出ています。その横にアームストロング社の大砲がおいてありました。海軍が宣伝のためにおいたようです。そ [続きを読む]
  • 龍谷大学キャンパスツアー
  • 西本願寺境内にある龍谷大学大宮キャンパスです。寛永年間に建学された学寮から数えると、創立370年だそうです。明治期に建てられた6つの建物が重要文化財に指定されています。この門も重文で、門扉はアメリカアームストロング社製ですが、これはレプリカだそうです。この右手に旧守衛室がありますが、レンガ造りで、それも重文です。キャンパスグッズが展示されていますが、大学のキャンパスグッズで仏さまの掛け軸を見るのは初 [続きを読む]
  • 平安神宮
  • やっぱりここにもいましたか。アオサギさん。平安神宮の神苑です。半夏粧もそろそろ見ごろです。ピークは越えた感じですが、まだまだ見ごろの花菖蒲です。御所から移築された泰平閣三つの建物からなっています。琵琶湖疎水を使った7代目小川治兵衛の庭です。今は遮断されているので、琵琶湖では見られない固有種のモロコが今も生息しているそうです。 [続きを読む]
  • 京大の食堂で
  • 昨日のブログのアクセスが少ないなあと思いましたら、非公開になっていました。なので、今日は短めに…今日は京大で働く友人と、西部食堂で、待ち合わせ。お茶でもと思っていたのですが、小腹が空いてごはんを食べました。好きなものを取って、精算のカフェテリア方式です。ハラール料理のケバブと巣ごもり卵をいただきました。生ビール320円てのもありましたが、やっぱり学食ではなあ〜安くて美味しいからか、夕方も混んでいまし [続きを読む]