cherry さん プロフィール

  •  
cherryさん: Exploring Kyoto
ハンドル名cherry さん
ブログタイトルExploring Kyoto
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/triplet3jp
サイト紹介文英語と日本語で京都を紹介します。 Let's explore Kyoto with me.
自由文京都に住んで17年。
でも、住んでいると意外とどこにも行かないもの。
通訳ガイドの資格はとったものの、全然京都を知らんやん!
と、京都めぐりを始めました。
一緒に京都をめぐりましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2011/07/13 22:20

cherry さんのブログ記事

  • 海北友松展
  • 京都国立博物館では海北友松展が開催されています。建仁寺大方丈の雲竜図は複製ですが、オリジナルが軸装で展示されています。アメリカから里帰りした月下渓流図はとても素敵でした。この秋は国宝展が開かれるようですが、どんだけ混むか、心配です。国宝の四分の一が来るそうですから。ツツジが咲き始めました。明日からゴールデンウィークです。 [続きを読む]
  • いくつ言えるかな。
  • 山菜をいただきました。全部言えますか?私はタラの芽しか言えませんでした。あと、こごみもいただきました。これもわかりました。わからないものは当然料理の仕方もわかりません。答え上からアケビの芽、下左ハリギリ、下右タラの芽です。ハリギリ、タラの芽、こごみの一部は天ぷらにしました。たくさんあったので、やたら時間かかりました〜アケビはめちゃくちゃ灰汁が強くゆでた後水にさらしています。春の味ですね。 [続きを読む]
  • 本満寺の牡丹
  • 本満寺の前を通ったら、牡丹が咲き誇っていました。南門です。多くの人でにぎわったしだれ桜も今は葉桜です。八重桜が咲いています。しだれ桜の下では牡丹の花。渋い色ですね〜一躍有名になった本満寺の立て札いろんな言語で書かれています。花をではなく、花に。。。ですね。 [続きを読む]
  • 陽明文庫
  • 摂関家である近衛家の別荘 虎山荘です。ここでは大戦末期昭和天皇の退位をめぐり、近衛文麿が密談を持ったと言われています。昭和天皇が退位されたのちは陽明文庫に隣接する仁和寺の門跡にお入りいただき、裕仁ゆうじん法皇となっていただく運びだったそうです。この日は近衛家のお宝を保存する陽明文庫を訪れました。ちょうどミツバツツジが満開です。近衛家の家紋の牡丹の扉を開けて、展示室に向かいます。文庫長に国宝かつユネ [続きを読む]
  • 本満寺の八重桜
  • 本満寺の前を通り過ぎようとしたら今度は八重桜が目に入りました。しだれ桜が終わると、八重桜の咲く季節になりました。≪花を触らないで≫という看板が登場していました。英語も中国語も併記されています。花って触るものだったんですか?前回のブログ、非公開設定になっていて、今アップしました。 [続きを読む]
  • 水火天満宮
  • おとといの水火天満宮です。一本目のしだれが頑張っていて、二本目の桜と共演していました。手水鉢中から堀川通のほうを見る。二本咲くと超豪華ですね。今年の桜は遅かったですが、よく楽しめました。非公開設定になっていてアップが遅れました。 [続きを読む]
  • 平安神宮のしだれ桜
  • 今日は嵐になるというので、これで見納めだろうと、平安神宮にまいりました。回廊越しの桜がすでにきれいです。ちょっと盛りを過ぎた感はありますが、その分人が少ないと思います。カモがいたので、泰平閣をいれて、撮っていたら、松の陰から、アオサギさんが飛び出した。獲物をゲットしたようで、みつけたときは、口に小魚くわえていました。アオサギさんは飛び去って、屋根の上配置を変えたかったのですが、うまく編集できず。さ [続きを読む]
  • 本満寺
  • 入るつもりはなかったのですが、本満寺南門の前を通りかかると、美しいしだれ桜が目に入りふらふら境内を通り抜けることにしました。多くの人々をひきつけた有名なしだれ桜は葉桜となり、その前ではソメイヨシノが散り始めていました。今でも参拝者は訪れており、そろそろボタンも咲き始めました。まだしだれ桜はところどころで楽しめます。水曜日の画像です。 [続きを読む]
  • 額縁門より
  • 天寧寺は比叡山を借景としたお庭があり、山門が額縁のようになっていることから、額縁門と呼ばれています。枝垂れ桜が咲き始めました。山門の前の生垣はからたちで、からたちの花が可愛らしい^_^トゲは鋭いですが、葉っぱの赤ちゃんも可愛らしいです。 [続きを読む]
  • やっと晴れました。
  • やっと晴れましたね。近衛邸跡で友人を誘ってお弁当を食べました。池ではカメが4匹甲羅干し先日とは違い、観光客より地元の学生さんや職場の人がシートを広げて花見をしていました。外国のグループともすれ違いましたが、お弁当をこれから広げるようでした。ポカポカ陽気で、半袖になる人も見受けられました。 [続きを読む]
  • 上賀茂神社の桜
  • 今日も寒かったので、意外と桜は残っています。桜のトンネルを通って、上賀茂神社へ。斎王桜はまだつぼみ御所桜が満開でした。こっちが正面かな。角度によって見え方が違います。細殿では挙式が行われていました。楼門は工事中で、いつものアングルは撮れず。天気は悪くても神気は感じられます。片岡社岩本社そういえば斎王代が決まりましたね。あっというまに、葵祭ですね。 [続きを読む]
  • ちょっと残念な六角堂
  • 街中でも気軽に楽しめる六角堂の桜です。生け花発祥の地ですので、生け花の展示もありました。聖徳太子ゆかりの地で如意輪観音様が御本尊です。しかーし、お目当てのしだれ桜に異変が。。。どうしちゃったんでしょうね。こういうのを期待していたのですが。。。(数年前)ちょっと残念な六角堂のしだれ桜でした。 [続きを読む]
  • 京都御苑の桜
  • やっと春らしい暖かさになり、桜がちらほら咲き出しました。しかし、満開の桜を求めて、人が殺到します。京都御苑もたくさんの人でにぎわっていますが、皇宮警察は貸し切りでした!近衛邸跡はたくさんの人でにぎわい、結婚式のカップルが5組も!こんなたくさんの人の前でイチャイチャなんて、私できません。いや、私が前撮りしているんじゃないですけど。左の隅に一組写っていますね。池に映る桜もきれいです。昨日も今日も本満寺 [続きを読む]
  • 本満寺の桜はそろそろ見ごろ
  • 観光寺院ではないのですが、メディアに登場してから、全国区になった寺町今出川の本満寺のしだれ桜みごろを迎えました。こちらは西側の枝で花が多いですが、東側はつぼみが多いです。最近ではネットを見るのか中国人の姿もちらほらみられるようになりました。タクシーの運転手さんに連れられてくる観光客もおり、ますます(無料だし)人気が予想されます。 [続きを読む]
  • 伏見稲荷大社
  • 今日から4月です。入学式の親子が見受けられました。なかなか桜が見られませんが、桜目当ての来日客が多いようで、今日の伏見稲荷も満員でした。JRは本数が少ないし、駅を出る自動改札の数が少ないので駅を出るまでが時間がかかりました。神楽殿は撮影禁止ですが、外拝殿では池坊の献花祭が行われており、みなさんパシャパシャ撮っておられましたので、私も1枚今日も寒かったので、桜の見ごろはまだ先になりそうですね。 [続きを読む]
  • 京都御苑近衛邸跡の桜
  • 去年の今頃は満開だった京都御苑 近衛邸跡の桜がどのくらい咲いたか見てきました。遠目には少し咲いています。三分咲きくらいでしょうか。地下鉄に乗っていても、いっきに観光客が増えた感じです。桜のシーズンは短いから、ピークに来るのはなかなかむずかしいですね。 [続きを読む]
  • 二条城大手門公開
  • 今日はほら貝の音がして、久々に比叡山の大阿闍梨さんが通られたので、お加持をしていただきました。数珠を持った手をポンポンと頭の上に載せるだけなんですけどね。邪気を祓っていただけるような気がします。二条城に行くと、修理が終わった東大手門が公開されていました。中からみるとこんなかんじです。野地板には墨書があります。下を見下ろすと、石落としこちらの東南櫓も同時公開です。もともと9つ櫓があったそうですが、2 [続きを読む]
  • 二条城大手門公開
  • 今日はほら貝の音がして、久々に比叡山の大阿闍梨さんが通られたので、お加持をしていただきました。数珠を持った手をポンポンと頭の上に載せるだけなんですけどね。邪気を祓っていただけるような気がします。二条城に行くと、修理が終わった東大手門が公開されていました。中からみるとこんなかんじです。野地板には墨書があります。下を見下ろすと、石落としこちらの東南櫓も同時公開です。もともと9つ櫓があったそうですが、2 [続きを読む]
  • 司馬遼太郎記念館
  • NHKホールで開かれた菜の花忌に行った友達がまだ司馬遼太郎記念館に行ったことがないというので、司馬遼太郎記念館に行きました。きれいな商店街ですが、シャッターも目立ちます。司馬遼太郎が好きだった菜の花が沿道に植えられています。河内長野のリゾート施設から移設されたという歌碑司馬遼太郎は雑木林を愛したそうで、庭木がクヌギやナラの木です。お庭もお手入れをあまりせず、自然のままというかんじ。自宅の敷地内に建 [続きを読む]
  • 司馬遼太郎記念館
  • NHKホールで開かれた菜の花忌に行った友達がまだ司馬遼太郎記念館に行ったことがないというので、司馬遼太郎記念館に行きました。きれいな商店街ですが、シャッターも目立ちます。司馬遼太郎が好きだった菜の花が沿道に植えられています。河内長野のリゾート施設から移設されたという歌碑司馬遼太郎は雑木林を愛したそうで、庭木がクヌギやナラの木です。お庭もお手入れをあまりせず、自然のままというかんじ。自宅の敷地内に建 [続きを読む]