kosaisikomi さん プロフィール

  •  
kosaisikomiさん: オリジナルの怪獣怪人
ハンドル名kosaisikomi さん
ブログタイトルオリジナルの怪獣怪人
ブログURLhttp://ultrider.exblog.jp/
サイト紹介文私がオリジナルに考えた怪獣怪人の画像のギャラリーです。
自由文ペイント画像あり、コラ画像あり。画自体は私自身スキルも無く稚拙ですが、アイデアに注目して下さい。
斬新さよりもむしろ、特撮ファンの心の中の無意識の欲求を埋める様な、そんな怪獣怪人達の画像が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/07/14 19:38

kosaisikomi さんのブログ記事

  • ミニヨンズ3Dアート
  • 現在映画が公開中のミニヨンズの貝殻アートです。もっとも、アニメの主役はあくまでも鶴瓶氏が声を担当のグルーで、彼らはマスコット(かなりウザいですが)的なキャラです。同じ種族で一つ目と二つ目があるというのは地球上の生物では有り得ませんが、妖怪や地球外生物ではむしろ血液型の様なもので有り得るという事なのでしょう。例えば鬼の体色や角(一本ないしは二本 稀に奇形で三本も)も多分同様で、きっと遺... [続きを読む]
  • 真暴君竜(東映版スパイダーマン)
  • スパイダーマンホームカミング公開記念で、オリジナルの東映版スパイダーマンの敵、真暴君竜です。暴君竜とは 第一話に登場したマシーンベムの名前です。毎回巨大ロボに瞬殺される巨大化したマシーンベム。確かに打っ飛んだ内容でしたが。でも東映版スパーダ―マン程、その内容の方向性を間違えたと思える作品も他に無いでしょう。作品の方向性と言えば「キカイダー01」もそうでしたが、でも 01の場合は予算の... [続きを読む]
  • たけしアート
  • オリジナルの貝殻アート モデルはどちらもたけしです。実在の人物をモデルにしたアートは過去にも幾つか造りました。志村けんとか木梨憲武を。しかし それぞれ「バカ殿」「仮面ノリダー」といった あくまでもキャラクターの範疇(他に宇津井健や小林稔侍も)であって、芸能人そのものはこれが初めてです。向かって左は「アートたけし展」で展示された本人の似顔絵(作品にあえてタイトルがないのであくまでも断定... [続きを読む]
  • ゆっくりミスアメリカ3Dアート
  • テイク イット イージー!!! ゆっくりミスアメリカの3D貝殻アートです。40年以上も続くスーパー戦隊の歴代の中でも、相変わらずのマニアックな高い人気を誇るのが「バトルフィーバーj」のミスアメリカ。バトルフィーバーそれ自体がデザインセオリーにおいて歴代の戦隊デザインから外れている しかし美形でその中でも特にミスアメリカは・・・。これ以上はむしろ説明不要ですよね。隣に先輩キャラのモ... [続きを読む]
  • 吸血宇宙人(ウルトラセブン)
  • ウルトラセブンより、吸血宇宙人です。ネームはあえて挙げません。元ネタについてはもはや説明不要でしょう。原案ではカブトムシ型のエイリアンになる筈だったのですが、実相寺監督が例のケロイドで覆われた姿を要求した。しかも 被爆したという設定のお陰で封印までされてしまいました。そこで、これだったら封印されなかったかも知れないカブトムシ型にアレンジしてみました。シャプレー星人やボーグ星人の意... [続きを読む]
  • 魔女ゲルダ(変身忍者嵐)
  • 暑い日が続くので涼しくなるようなネタ、行きますか!「変身忍者嵐」から、魔女ゲルダです。コラージュ前のキャラは以前にも何度か弄ってきました。「アナと雪の女王」以来、姉のキャラの方も注目されているギリシャ神話の魔女姉妹。山奥で「♪レリゴー」を歌いながら氷の「呪いの城」を一晩で築き上げたに違いない。見る者を石に変える魔力をオミットされた という事は、蛇髪魔女である必然性もなくなるんです... [続きを読む]
  • オルガイガ―
  • 前作に続いて ゴジラ ガメラ系新怪獣です。オルガにムートーと「ガメラ」の新怪獣(正体はいまだ不明)のセンスを併せたイメージです。同じエイリアン系怪獣でもモンスターXは人間型でしたが、リファインされたオルガは非着ぐるみタイプの方が様になるでしょう。 [続きを読む]
  • クイーンギャオス
  • ガメラシリーズからオリジナルの新怪獣、クイーンギャオスです。ギャオスは本来性別がなく、単体でも子供を産みますが、その産卵能力が格段にアップした特別な個体がクイーンギャオス という訳です。画像右側は参考資料として新作ガメラのプロモーション画像に登場した謎の新怪獣ですが、以前、こいつと「Godzilla」のムートーのイメージを併せた様な怪獣の画像をアップしたことがあります。今回の作品はそのリ... [続きを読む]
  • ゆっくりサザエさん3Dアート
  • ゆっくりサザエ でございます。ゆっくりしていってくださいね。サザエさんの3D貝殻アートなのにサザエの貝殻を使っていないと言うのも何か皮肉ですが。もっとも、サイト主は以前もサザエの貝殻を使わずに工夫してキケロのジョーを作ったしね。元は新聞の四コマ漫画の代名詞で、今では日本一のロングランアニメ。50周年に向けてまだまだ頑張っています。声優スタッフも私以外はすっかりメンバーチェンジ。ス... [続きを読む]
  • ゆっくりイカ娘3Ⅾアート
  • ゆっくりしていかなイカ!!!貝殻3Ⅾアートによるゆっくりイカ娘でゲソ。何か「ミミイカ娘」みたいな造形になってしまったでゲソ。ゆっくりキャラ(生首のみ)でも、私は頭から生えた触手が手足の代わりになるから何の不自由もないでゲソ。メデューサとかクトゥルフとか言われたりしたけれど、私はこれでも萌えキャラでゲソ。ネットゲームの「ゆっくり育てていってね!!!」には、私そっくりの「イカゆっくり」と... [続きを読む]
  • 独眼虎 伊達直虎ちゃん
  • オリジナルのパロディゆるキャラです。現在NHK大河ドラマでお馴染みの女城主 井伊直虎(静岡県浜松市)と、独眼竜 伊達政宗(宮城県 仙台市)を合体させた「独眼虎 伊達直虎」です。アニメ「タイガーマスク」は勿論ですが、片目の虎「タイガージョー」の意匠も入っています。心優しい本人はプロレスはしませんが。東日本大震災で災害を被った多くの子供たちのために無償でランドセルを寄付したりもしました。 [続きを読む]
  • ミラクル少女ミリットちゃん
  • はあーい!皆さんお久しぶり!ゆっくりみりです。ゆっくりしていってね。「アトム ザ ビギニング」というマニア向けのアニメが最近作られたみたいね。お茶の水博志博士と天馬午太郎博士の若き日を描いた作品で、詳しくはネットで検索してみるとある程度判るけれど、既にアトムやウランやコバルト 何とマルスに相当するそれぞれの雛型キャラも出ているみたいよ。ヒョウタンツギや、アトム似のネコや、以前このブロ... [続きを読む]
  • 鬼太郎リメイク
  • 以前作った鬼太郎(生首のみのゆっくりキャラ?)はガングロでした。今回新たにもう一つ作りました。目玉親父もいます。ねずみ男やネコ娘、ガングロ版も並べてみました。書き込み者が自由に意見を交し合うサイトは、匿名にすることで、年齢 性別 職業 住所 といった「自分自身」を脱ぎ捨てて誰もが自分自身の言葉で本音を語り合う場です。最低限の言論の自由は保証されるべきですが、逆に守らねばならない最低限... [続きを読む]
  • となりのトトロ
  • 貝殻アートによる「トトロ」です。五月生まれの姉妹、サツキ(皐月)とメイ(МAY)が出逢った妖精ですね。以前、私の事を「年寄りはいい加減に早く逝け などと発言している。」などど別のサイトで中傷したコメントを見た事があります。確かにその様に受け取られるような発言があったことは否定しません。でも、一休禅師の「親が死に 子が死にそして 孫が死に」の川柳に込められた彼の思いも切実です。まさに総... [続きを読む]
  • 火の山仮面マグマン将軍3Ⅾ(黒十字軍)
  • 「秘密戦隊ゴレンジャー」から、私手作りの3Ⅾアート作品、火の山仮面マグマン将軍です。仮面怪人だけあって、造形は首から上だけでも見事に決まっています。(口の部分が上手く出来ませんでしたが)ほぼ同時期に登場した岩石大首領にも何か似ていますね。前任の鉄人仮面テムジン将軍のまさに鉄の様な冷徹さに対し、マグマンは直ぐにカッとなる短気な性格で、テムジンがバリブルーンを道連れの雄々しい最期だったのに対... [続きを読む]
  • アルゴル星人(光速エスパー)
  • 久しぶりに3Ⅾアート、行ってみますか!画像は「光速エスパー」最終回に登場したアルゴル星人です。お馴染みの非人間型でシュールこの上ないデザイン。あらゆる操作や交信は全てテレパシーで行っていると思われます。宣弘社初のカラー特撮作品でもある「光速エスパー」は第一次怪獣ブーム作品としては極めて異彩を放っていました。地球外生命体で地球人型以外で人間型タイプは着ぐるみのギロン星人とガリン星人のみ... [続きを読む]
  • バド星人パチモン
  • 久しぶりにパチモンネタ、行きますか。以前メトロン星人に烏賊の意匠を入れたパチモンをアップロードした事がありました。今回はバド星人に蛸の意匠を入れてみました。オリジナルのバド星人はメリケンサックを携帯していましたが、奴のパチモンが手に持っているのは座頭市でもお馴染みの仕込み杖です。そう言えば、一家の主に成りすまして座敷に居座るという質の悪い妖怪がいましたね。その妖怪ぬらりひょんのイ... [続きを読む]
  • テラノソーシャークギン(宇宙帝国ゾーン)
  • 「地球戦隊ファイブマン」から、オリジナルの合身銀河闘士、テラノソーシャークギンです。安易かつ無意味な左右半々デザインをあくまでも受け容れる事のできない私の拘りのハイブリッドデザインです。以前ヒトデシャークギンとシダテラノギンをアップロードした事があるので、サメネタと翼竜ネタは二度目です。実際の作品ではサメジゴクギンとテラノTVギン なんてのがいましたが、前者のデザインセンスは最低だっ... [続きを読む]
  • バラン&バラノボーダーズ
  • 「キングコング 髑髏島の巨神」のエンディングロールの後の1シーンはまんま次回作品の予告でしたね。「GMK大怪獣総攻撃」の時のモスラとキングギドラへの怪獣変更は譬えて言うなら、コース料理が未だオードブルの段階なのにメインディッシュの料理を早まって出されたような気分でむしろシラけた気分にさせられた というのが正直な気持ちです。物事には適材適所というものがあるのに、キャラクターの不適切な登用を... [続きを読む]
  • ROⅮAN
  • 「GOⅮZYLLA」「キングコング:髑髏島の巨神」のスタッフに是非作って欲しかったもう一本の作品が、今回紹介する「ROⅮAN」です。タイトルはあえて「空の大怪獣ラドン」が過去に海外で公開された際のタイトルにここでは因みましたが、実際にはもっと適切なタイトルになるかも知れません。何れにしろ、ドラゴン怪獣ギドラがゴジラと対決する第二弾の前に、この作品をねじ込んでくれれば面白かったと思うのです... [続きを読む]
  • バラゴア(婆羅護阿=雌のバラゴン) 四神
  • ミレニアムゴジラシリーズから。上段の画像の「バラゴア」は雌のバラゴンです。角がありません。神社の狛犬は片方に角がある(又は両方角がない)という造形ですが、角のある方は口を閉じ、もう一方は口を開けています。これは南大門の仁王像にも見られ、阿吽(あうん)と言われ、物事の始まりと終わりを意味します。「ツーと言えばカー」みたいなものかも知れません。口を開けた方が雌、閉じた方が雄です。雌の... [続きを読む]
  • 西遊記キャラ3Ⅾ
  • 新生活にも何とか慣れました。久しぶりにアップロードしました。以前、貝殻アートキャラは底をついた と申し上げましたが、もっと以前に作った貝殻アートがあったので紹介します。もっとも、キャラクターモノといっても、伝承や文学に由来ですが。でも、一目見ればわかりますよね。中国四大奇書の中でも最もポピュラーな「西遊記」のキャラです。このドリフバージョン(カトちゃんだけは既に創作済み)も本当なら作... [続きを読む]
  • フランケンシェル
  • 今年度最後の書き込みです。今回はいつもと違う内容です。キャラクター貝殻アートも底を付きました。4月からは多忙な新生活になるので、当分は作る余裕もないでしょう。貝殻アートの中でキャラクターモノはホンの一部。他に、縁起物や動物といった意味のある物も作りましたが、大部分は欠損した貝殻の修復(一番多いのは、左上の貝殻の様な 螺塔の復元。螺塔の残った同種の割れ貝殻が少ないのが難)が殆どです。(... [続きを読む]