toshi さん プロフィール

  •  
toshiさん: smsc
ハンドル名toshi さん
ブログタイトルsmsc
ブログURLhttp://smsc-toshi.blogspot.com/
サイト紹介文特定非営利活動法人SMSC の代表者ブログ。日々の想いを感じるままに書いていきます。
自由文地域に貢献できる福祉サービス、セーフティネットの実現を目指す活動をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/07/15 18:23

toshi さんのブログ記事

  • 講演会で話したてらこむの事例報告
  • これは前回の5周年記念講演会で話した事例報告の内容です。【内容】①なぜ学習支援を始めたのか?②貧困の現状③てらこむの目的と内容④事例⑤効果と課題⑥今後の展開①なぜ学習支援を始めたのか?SMSCは、これまで障害福祉サービス事業を通じて様々な精神障害のある方々の支援を行ってきた。その中で強く感じたこととして、彼らの背景には様々な社会問題があるということ。それぞれがひきこもりやいじめ、虐待や暴力、雇用や [続きを読む]
  • 設立から3年は本当に大変だった件。
  • いや〜早いことでもう5年。何となく事業も軌道に乗ってきてるっぽいです。経営状況は悪くないからね。安定してはいるんだろうけど、まだまだ先は見えない。だから常に不安に想いながら運営はしている。ちなみにこのブログはデニーズで書いている。最近、デーニーズでいろいろ考えたり、計画したり、一人で集中して仕事できる時間が増えた。そんなことも出来るようになったのは良いことだ。現場の体制がどんどん良くなってきている [続きを読む]
  • 5周年記念イベントを終えて。
  • 無事に5周年記念イベントを終えました。バタバタして、今までお礼できずにすいません。来ていただいた皆様、サポートしてくれた皆様、そして作ってくれたスタッフ、本当にありがとうございました。皆さまのおかげで無事に終えることができました。ありがとうございます。法人設立日は、2012年4月。障害福祉サービス事業の指定日が2012年の7月。なので事業開始して、ちょうど5年を迎えてイベントができたのは良かった。法人としても [続きを読む]
  • 5周年記念を迎えて
  • 今年の4月で無事に5周年を迎えました。これもひとえに皆様のサポートのおかげだと思っております。ここ2年で、運営の方がだいぶ楽になりました。自分の出張が多くても現場は問題なくまわしてくれるし、ギリギリの資金面を脱出できたのも精神的な安定につながっているかな〜と思う。でもせっかくだから振り返ってみるけど、設立から3年は本当に大変だった。借金に借金を重ねて、短期間で法人を大きくしてきた。だからメンタル的には [続きを読む]
  • 学習支援てらこむをはじめてみて思うこと
  • 最近は個人的なことばっかりでした。なので今回は少し真面目に。てらこむを4月から開始して3カ月目になりました。初めはどうなることかと不安ばかりでしたが、皆さんの協力もあり何とか運営できています。子どもは現在の登録者数で11名。平均して4〜6名の子どもたちが来てくれています。ボランティアさんは、4〜7名くらいの参加。基本的には1対1の指導をしているので、ギリギリなんですけどね。助けに来てくれているだけでありが [続きを読む]
  • 意識高い系はフリーザなみかっ。
  • 「意識高い系」と揶揄されて使われる言葉。今更感な話だけど。自分は意識が高い人、意識高い系な人って自分の中でぼんやりだけど分けている。でも詳しくは良く分からなかったので、とりあえずググってみた。そもそも意識高いというのはどういう意味か?意識高い系(いしきたかいけい)とは、自分を過剰に演出するが中身が伴っていない若者、前向き過ぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己ア [続きを読む]
  • 仕事はRPGみたいなもんだ!
  • ちょっと前に「根本さんは、何でそんなに頑張るんですか?」と聞かれた。どういう意味で聞いているのか?を考えてみた。それは、働いて飯食えて、ある程度生活ができればいいんじゃないですか?という問いなんだろうな〜と思う。なんとなく。これまでも、この手の問いは何度か聞かれたことがある。その時もあんまりうまく答えられなかったような気がするんだけどね。不意な問いかけだし、酔ってる時も多いから(笑)でも振返って考 [続きを読む]
  • 地方創生・コミュニティ再生のカギは福祉にあり!
  • つい先日、金沢に行ってきました。自分が考えているおんらが村構想と同じような活動をしている「シェア金沢」なるものの全貌、ごちゃまぜの街作りで地域活性がどのようにできているのかを学ぶために視察研修に参加しました。シェア金沢については、下記を見てください。〜カンブリア宮殿〜ごちゃ混ぜの街作りで地域活性! 金沢発!大注目コミュニティの全貌http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2016/0721/ 理事長や [続きを読む]
  • どうしてもだめなら逃げちゃおう!
  • 先日、学習支援のアウトリーチ(訪問相談)に行ってきた。そこの子どもは不登校で、学校の先生が迎えに来ても、泣きながら「行きたくない。」と訴えている。そこの学校という環境に適することが難しいからなんだろうな〜と思う。自分に向かない学校には行くべきだろうか?自分はいかなくてもいいと思う。学校が必要ないってことじゃない勉強しなくていいってわけでも、社会的な教育も必要ないと思っているわけじゃない。でも無理や [続きを読む]
  • 福祉 3.0
  • 福祉 3.0 とは何か?最近いろんな分野で3.0って聞くようになったので、福祉のことで考えてみる。福祉も30年問題もあり大きな転換期にある。制度的にもそうだけど、サービスや支援のあり方も大きく変わっていく必要があると感じている。これまでの精神保健福祉は、精神障害者の私宅監置(自宅にて監禁すること)に始まり、精神病院での治療(私宅監置から保護治療へ)が始まる。その後、精神病院や障害者の調査が行われて、様々な制 [続きを読む]
  • 稲敷市は自殺対策に本気で動き出すぜ! part2
  • 2014年の4月に稲敷市自立支援協議会に委嘱されて副会長になり、その中の専門部会であるライフサポータ―部会の部会長となった。ライフサポータ―部会は、稲敷市市議会委議員の竹神さんが稲敷市の自殺についての現状と対策を一般質問して、自殺対策を行うことを目的に作られた専門部会こと。部会に関わってから早3年。長いようで早かった。他の部会メンバーと協力して、取り組みが大きく動き出すのでとりあえずのご報告を。2016年1 [続きを読む]
  • 撤退戦について考える。
  • この前、R−SICに参加してきた。誰が地方創生を成功に導く?〜救世主はどこから来て、そしてどこへいくのか〜というセッションがあった。このセッションでは、限界集落とも呼ばれる市役所の職員も登壇していた。そして、日南市という稲敷市に近い人口の市の職員も登壇していた。その話の中で特に印象に残っているのは、人口流出や人口減が大きくなっていく中で、この流れは止められないということ。様々な取り組みで人口増を目 [続きを読む]
  • R-SIC 2017 に参加しました。
  • 毎年恒例のR-SICに今年も参加してきました。今回で3回目。http://ridilover.jp/R-SIC/京都 → つくば → 今回は東京で3日間。1日目は各セッションは教育、働き方、一般雇用、障害者雇用、産業モデルや地方創生についてなどのこれからと未来について、各業界専門家数名をモデレーターが司会して議論を深めていく。2日目は社会課題の現場を訪れるスタディーツアー。関心領域に合わせたテーマのツアー現場を訪問する。最新動向の [続きを読む]
  • ベーシックインカムという社会のあり方
  • ベーシックインカムという社会の在り方についての実験が世界で行われ始めている。最近、ニュースで見るようになった。今後の社会の在り方を考えていくにも、このような実験は素晴しいことだと思う。そもそもベーシックインカムとは何なのか?ベーシックインカム(basic income)とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想のこと [続きを読む]
  • 新サービスのてらこむを4月8日にローンチします。
  • 「ローンチ」ローンチは、新しいサービスや商品の提供を開始することです。何となくかっこいいからね。一度は使ってみたかったんだよね。なのであえて使ってみました(笑)まあ、それは置いといてサービス紹介です。SMSCの新サービスとして、子どもの学習支援事業を4月8日より開始します。その名は、てらこむ。なぜてらこむにしたかというと、寺子屋×コミュニティーの略で、子どもたちが勉強を行う寺子屋の機能と、みんなが集 [続きを読む]
  • ソーシャルビジネス応援セミナーに登壇します。
  • いばらきソーシャルビジネスサポートネットワーク主催のソーシャルビジネス応援セミナーに登壇することになりましたのでご報告です。下記が内容になります。********************************************* ビジネスの手法を活用しながら、社会課題の解決を目指すソーシャルビジネスへの注目や期待が高まっています。全国的に、このような事業に対する融資の動きが拡大しています。 [続きを読む]
  • 特定非営利活動法人SMSC 新年のご挨拶
  • 新年明けましておめでとうございます。皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。法人を設立してから今年で5年を迎えることができます。法制度も障害者自立支援法から障害者総合支援法へと変わり、一般企業の新規参入が増加し、福祉業界も年々競争が激しくなってきているところです。そのような中で、継続して運営してこれたのも皆様のご支援とご協力があってこそだと感じています。また経済状況も大きく変化 [続きを読む]
  • 2017年の目標とご挨拶。
  • 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。仕事が始まってからバタバタしていたのでご挨拶が遅れてしまいました。特に大きな問題なく年も越せて、ゆっくりではありますが活動を開始していけそうです。昨年は、本当にいろんなところへ行ってきた。名古屋 → 福岡 → 韓国 → イタリア東京へはしょっちゅう行ってた。思えばいろんなところに出張してきたな〜と思う。。おかげでとてもインプットの [続きを読む]
  • 2016年の振返り。
  • 今年ももう終わり。年末なので今年も振り返りをしてみようと思う。今年初めに立てた目標は、「元年」物事の大きな変わり目の、最初の年という意味でこの目標にした。振返ってみるとその目標に近いような1年にできたと思う。これまでは毎年様々な展開を始めてきた。でも今年は、出張ばっかりでほとんど何も始めていない。その分、仕事の体制やスタッフを増やしたり、インプットの多い年にできたと思う。それに、自分が不在の時が多 [続きを読む]
  • 【総括】イタリアでの思い出
  • 時がたつのは早いね。イタリアの視察ツアーから帰ってきてもう1ヶ月が過ぎる。今思い出してもその余韻は残っている感じだ。はじめてのイタリア、初めての海外での誕生日、素敵な仲間たちと過ごしたこのツアーは、とてもいい学び、いい思い出として残っている。まずこのツアーの参加者だが、ソーシャルワーカーが一番多かった。一応、自分もその括り。そして、作業療法士や看護師に看護大学の准教授、精神科医や精神病院の事務長な [続きを読む]
  • 昨年より、プログラム参加者が増えてるんだよね。はっはっ〜!
  • 11月22日(火) 10:00〜13:00 ヴァルデキアーナ視察研修イタリア研修のことは、ここ数回書いてきたが、書いている自分がもうおなか一杯な感じです…。もう飽きた...。でも、とりあえず記録として書いていきます。ここヴァルデキアーナでも、地域精神保健でのサービスについてはほとんど機能が同じだと思う。なので、その辺の説明は省きます。まず最初に精神科の先生が語ったのは、留置場のような病院を廃止したと [続きを読む]
  • トリエステだけじゃなく、アレッツォもすごいぞっ。
  • 11月21日(月)9:00〜18:00 アレッツォ視察研修①精神保健センター②総合病院(精神科救急)③レジデンス精神保健センターは、145,000人を対象とした行政区域を担当し、精神科医・精神科看護師を中心に心理士、福祉士などのチーム構成で、住民の精神衛生を保つことを目的に活動していた。  24時間365日対応で、医療面においても医学モデルではなく生活モデルが中心。訪問診療、訪問支援が中心で、心理教育、自助グ [続きを読む]
  • 精神病はエピソードである。
  • 11月18日(金) 9:30〜18:00 ヴェローナ視察研修にて。①ヴェローナ大学にて ー グルーチ先生の講義②精神保健センターの見学③自助活動組織(グループホーム)の見学ヴェローナ大学での講義では、バザーリア法の歴史と法の中身、出来てからの現在の状況についてを詳しく説明して頂きました。(以下、ざっくりとした流れ)・バザーリア法ができる前の法律から、入院日数が少しづつ減ってきていた。・1960年バ [続きを読む]