☆ぐっさん さん プロフィール

  •  
☆ぐっさんさん: ☆ぐっさんの古墳レポート
ハンドル名☆ぐっさん さん
ブログタイトル☆ぐっさんの古墳レポート
ブログURLhttp://gussannkohunn.blog.fc2.com/
サイト紹介文主に古墳の探訪レポート、古墳の資料などを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 88日(平均2.1回/週) - 参加 2011/07/15 18:14

☆ぐっさん さんのブログ記事

  • 高坏 高尾山古墳
  • 沼津市の高尾山古墳から出土した高坏を模してCGで作ってみました。西暦230年築造の根拠となった高坏です。高坏とは古代の食器で、この中に食事を盛り手や木製のスプーンで食事を摂ったようです。3世紀の人々はどんな食べ物を食べ、食事の時間はどのような時間だったのか。想像してみると楽しくなります。 [続きを読む]
  • 天神山古墳 山梨県甲府市
  • 前方部から後方部を見る後方部墳頂部前方部墳頂部2016年11月9日撮影山梨県甲府市にある天神山古墳です。墳丘長132mの前方後円墳で4世紀築造と推定されています。竹林に覆われていて、どこにあるのか分からなかったので地元の方に教えていただいて訪れることができました。 [続きを読む]
  • 弥生時代の戦争
  • 古墳時代前期の古墳をいろいろ勉強していると、弥生時代にあった戦争に興味を持ちました。2世紀後半に起きたと言われる倭国大乱についてです。弥生時代の戦争の痕跡を調べていくと違うことがわかりました。2世紀後半よりも弥生時代中期の紀元前1世紀の時代の戦争の痕跡の方が多く残されていたのです。受傷人骨や武器工房、環濠集落など。勝手に想像すると紀元前1世紀に戦争が起こり集落からクニへと勢力が大きくなり2世紀後半に多 [続きを読む]
  • 高尾山古墳 想像図
  • 沼津市にある高尾山古墳の想像図です。墳丘長62.18mの前方後方墳です。230年頃の土器と250年頃の鏃が出土し、230年頃の築造と推定されています。後方部が台形のような形状をしています。後方部と前方部の長さがほぼ同じという巨大な前方部であり、高尾山古墳が230年頃の築造だとすれば、どのように前方部が発達して巨大化したのか謎に思えます。3世紀頃の前方後方墳で、前方部と後方部の長さが同じくらいの古墳はいくつかあり、中 [続きを読む]
  • 北岡古墳群 想像図
  • 浜松市北区引佐町にある北岡古墳群の想像図です。北岡大塚古墳は丘陵上にあり、周りに3基の小円墳があります。調査された北岡2号墳は6世紀末から7世紀初頭の円墳です。北岡大塚古墳は4世紀中ごろの古墳で、3基の小円墳とは関連が無いと思われます。 [続きを読む]
  • 北岡大塚古墳 比較 想像図
  • 浜松市の北岡大塚古墳と磐田市の小銚子塚古墳の比較です。右が北岡大塚古墳で左が小銚子塚古墳です。築造時期は両古墳とも4世紀中ごろと推定されています。墳丘長はほぼ同じですが後方部の大きさは違い、墳丘の平面規格には大きな違いがあります。 [続きを読む]
  • 庚申塚古墳 想像図
  • 磐田市にある庚申塚古墳の想像図です。段築は資料に無いため想像です。墳丘長83mの前方後円墳で前期の古墳です。現在は前方部は削平され失われ後円部の上にはお寺があります。資料からみると前方部が細長い柄鏡式のような古墳だったようです。 [続きを読む]
  • 新豊院山古墳群 想像図
  • 磐田市にある新豊院山古墳群の想像図です。上にあるのが2号墳、下にあるのが1号墳です。2号墳の前方部に隣接して3号墓があります。古墳時代初頭のお墓ですが弥生時代のお墓に似ているので古墳とは呼ばないのだそうです。他に弥生時代中期の土器棺墓や、穴を掘って造られた土坑墓も見つかっています。 [続きを読む]
  • 御厨古墳群 想像図
  • 磐田市の御厨古墳群の想像図です。古墳の名称は手前左から松林山古墳、高根山古墳、億は左から稲荷山古墳、秋葉山古墳、連城寺経塚古墳。連城寺経塚古墳は丘尾切断した古墳です。磐田原台地の南端に近いところに造られた古墳群です。 [続きを読む]
  • 連城寺経塚古墳  想像図
  • 磐田市の御厨古墳群にあった連城寺経塚古墳の想像図です。東海道本線の工事で1885年(明治18年)か1886年に削平されて消滅しました。ちなみに東海道本線のこの区間は1889年(明治22年)に開通しました。墳丘長91m、後円部径55mの前方後円墳だったと言われています。三角縁神獣鏡1面が発掘されました。葺石、埴輪は無かったと言われており、段築や前方部幅は資料に無かったので想像で再現しました。 [続きを読む]