Gさん さん プロフィール

  •  
Gさんさん: 立体写真でも撮ろうか
ハンドル名Gさん さん
ブログタイトル立体写真でも撮ろうか
ブログURLhttp://leisured-g.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文立体写真の日常雑記。 交差法で立体視するステレオ写真を自己流で適当に撮って楽しんでいます。
自由文立体画像も裸眼のディスプレーで見られる時代になりましたが、まだまだステレオペアの方が手軽です。PCのディスプレーがすべて3Dになるまで交差法で頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/07/16 10:36

Gさん さんのブログ記事

  • (-_-) zzzZZZ
  • 閑話放題-49私が判る???   ここ。 ここ。   そうそう。   バイバ〜イ。 =========================================================★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆??????????????????????????????????????????========================================================= さてさて、ここらでしばし 『秋休 [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 敦賀(4)
  • 遠行雑記-148二つの博物館  金ヶ崎緑地を後に約 1kmほど、街中を南西の方角に歩きだします。 途中、自動販売機で水を買い、わずかな日陰で水分を補給しながら汗をぬぐいます。  「コイツがなけりゃ辿り着けないよナー」 コイツとはスマホのことです。 ひと昔前なら地図本とルーペを手に漫ろ歩いたものですが、本当に便利になったものです。 ********************************************************** [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 敦賀(3)
  • 遠行雑記-147敦賀赤レンガ倉庫  登録有形文化財の赤レンガ倉庫は元は石油貯蔵用として用いられ、その後は軍の備品倉庫などにも使用されたそうです。  函館や横浜など、赤レンガ倉庫って渋みがあっていいですね。  現在は何に利用されているかというと…、  このようなオープンガーデンのビアテラスを持つ…、  ちょっとお洒落なレストラン。  キューっと行きたいとこですが、ちと早いしなー [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 敦賀(2)
  • 遠行雑記-146敦賀港  氣比神社から北に 600mほど歩くと 『敦賀港』 に辿り着きます。  若狭湾に突出した 『敦賀半島(or 立石半島)』 のおかげで敦賀湾はとても穏やかです。  港に面して 『金ヶ崎緑地』 があり、憩いの場となっています。  港の近くに 『旧敦賀港駅舎』 が移設されています。  現在は 『敦賀鉄道史料館』 になっています。  入り口近くにあ [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 敦賀(1)
  • 遠行雑記-145氣比神宮  福井県敦賀市は古くから港湾の町として栄え、原子力発電所が有ることでもよく知られています。 しかし、観光名所を問われると特に思いつくものも無く…。 私自身この地を訪れたのは今から 10年以上前、『小浜』 を目指す電車の時間調整で下り立ったのが最後なので、もうあまり記憶に残っていません。 =======================================================  古いHDの中を探っ [続きを読む]
  • 至福の時はもうすぐ…
  • 閑話放題-48辻井伸行ピアノ・リサイタル in 八ヶ岳  入道雲に秋の高い雲が混じり始めて 「処暑」 を迎える頃。  大ファンの 辻井伸行さん を追いかけて八ヶ岳に向かいました。  途中、勝沼のワイナリーで休憩です。 好きなワインも今日はダメです…。  ここでワイン工場を見学しました。  ひと樽ン百万円のワインを個人で所有している人がたくさんいるらしいですヨ。 お金持ちが多い [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 松江(4)
  • 遠行雑記-144海とくらしの史料館  さて、飛行機の時間もあるのであまり島根半島に長居もできません。 そろそろ米子空港に向かうことにします。 …ですが、ここから空港まではさほど遠くもないのであと一か所くらいは立ち寄れそうです。 この付近には 『水木しげるロード』 や 『水木しげる記念館』 など、意外に有名なスポットもあるのですが、夏休みのこの時期に混雑しないはずがありません。 「人が行列するような [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 松江(3)
  • 遠行雑記-143男女岩  美保神社を離れ、美しい美保湾を眺めながら西進します。  約 3kmほど進むと湾に面して二つの奇岩が縄で結ばれた 『男女岩』 があります。  こちらは岸に近い方の女岩。  女岩には小さな洞穴が開いています。  一方こちらは岸から少し離れた男岩。 ナニ、判りにくい?  では望遠で…。  女岩と…、   男岩。   これで男女岩。  自然の神 [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 松江(2)
  • 遠行雑記-142美保神社  島根半島地蔵崎を離れ 2kmほど半島南岸に沿って西に進み 『美保神社』 に到着しました。  現在 「大造営計画」 進行中のようですね。 ということは…じきに境内の様子も変わってくるかも知れません。 「今のうちに写真に収めておこうっと」 ということでちょっと立ち寄ることにしました。  鳥居の手前に井戸跡らしきものが残っています。  どうやら雨乞いによって現れた 『お [続きを読む]
  • 夏の彷徨 in 松江(1)
  • 遠行雑記-141地蔵崎  島根・鳥取といえば昨年は 出雲大社 → 玉造温泉 → 松江城 → 三朝温泉 → 鳥取砂丘 という流れで旅して参りました。 しかし、スケジュールの関係で途中の米子周辺を素通りしまったのが心残り…。 ということでこの暑いさ中に再び島根県を訪問することにしました。 ****************************************************  今回、島根県の地図をじっくり眺め、県の北東部の 『島根半 [続きを読む]
  • 東京駅で食い倒れ
  • 閑話放題-47  近年リニューアルを続けている東京駅には、構内はもとより改札外周辺にも沢山の飲食店ができました。 北口周辺では地下一階にちょっと高級感のある 『黒塀横丁』 、 一階にはバラエティ豊かな 『Kitchen Street』 、二階にはユニークな 『北町ダイニング』 などの飲食街があります。   美味しいお店が沢山あります。       東京駅構内および周辺施設のトイレは何 [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(11)
  •  遠行雑記-140入道崎  さて、青森県の大間崎を皮切りに本州最北をぐるりと巡ってきましたが、ここ秋田県は男鹿半島の突端にある 『入道崎』 がこの旅の最終訪問地です。  背の高い立派な灯台です。 こちらは 「入道埼」 と書くんですね。  展望できそうなので…、  登ってみましょう。  触らない方がよさそう…。   展望台は眺めも良く風も気持ちよい…。   岬の沖合にある 『水 [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(10)
  •   遠行雑記-139青池  JR五能線 『十二湖駅』 で下車し、白神山地に向かって数km走ると、やがて大小様々な湖が点在する不思議な地形 『十二湖』 に到着します。  この辺りはブナの木が生い茂っており確かに世界自然遺産らしい環境です。  鈴を鳴らしながら歩く人もいます。 熊が出るんでしょうかねぇ。   少し成長したシダの群生が面白い雰囲気を醸し出しています。  まるで大きな蝶の群れの [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(9)
  • 遠行雑記-138千畳敷   宿を離れて駅に向かいます。 五所川原市と能代市を結び海岸線を走る 『JR五能線』 に乗るためです。  小さな駅…そして、  …静かな町です。 ジェリー藤尾(古いか〜?)さんの唄が聞こえてきそうです。 ?知らない街を、歩いてみ〜たぁい〜… ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪  鯵ヶ沢駅はどちらかと言えば海の近くにありますが、 『世界 [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(8)
  •  遠行雑記-137鶴の舞橋  十三湖からさらに南下し津軽半島の付け根あたりに位置する 『鶴田町』 にやってきました。 ここには周囲 12kmの 『津軽富士見湖』 があります。 この名は津軽富士という異名を持つ 『岩木山』 を眺めるのにもってこいの場所であるがゆえの愛称で、正式には 『廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)』 と言うそうです。 つまり灌漑用水なんですね。 こんなでかい池をよく作ったもんですネ。  [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(7)
  •  遠行雑記-136十三湖  竜飛崎から津軽半島西岸を南下して 『十三湖(じゅうさんこ)』 に到着しました。  この湖は周囲 30kmもある大きな湖ですが深さは最大 3m程しかないそうです。 まるで干潟に毛の生えたよう…というのは言い過ぎです。   十三湖というのは面白い名前ですが、その由来は定かではないそうです。   湖の北にある中ノ島には長さ 200mの 『中の島遊歩道橋』 を歩いて渡れます。&nbs [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(6)
  •  遠行雑記-135竜飛崎  ついに津軽半島北の外れ 『竜飛崎』 にやってきました。  駐車場から灯台が見えます。  かわいい灯台です。 灯火標高は 119mとのこと。 岬自体がかなり高い崖になっているんですね。  地元では 『龍飛』 と書くことが多いようです。  海の安全。 岬には海保や自衛隊の施設が有ります。  岬の先端は断崖絶壁です。   津軽海峡は霧で翳んできました。   [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(5)
  •  遠行雑記-134トンネルの町  高野崎を離れて外ヶ浜町の 『竜飛崎』 に向かう途中、今別町西北端に 『青函トンネル入口広場』 があります。 まさにここが北海道につながるトンネルの始まりとなるのです。  広場には駐車場のほかトンネルをほぼ正面から眺める展望台や 『神社?』 もあります。 よくよく尋ねたらどうやら個人が建てたらしいですヨ。  賽銭箱があるのが気になりますが…、何のご利益があるんでしょ [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(4)
  •  遠行雑記-133高野崎  青森市内を足早に通り過ぎ、いよいよ初めての津軽半島名所巡りです。 半島の北部先端は 『三厩湾(みんまやわん)』 によって凹んだ形になっており、左右二つの岬に分かれています。 ひとつは東(右)側の今別町 『高野崎』、そしてもうひとつが西(左)側の外ヶ浜町 『竜飛崎』 です。 今日はまず高野崎の景色をカメラに収め、続いて竜飛崎を周ることにします。  三厩湾の海の色はとても [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(3)
  •  遠行雑記-132陸奥湾〜青森湾  大間、恐山と朝からよく遊び陸奥湾にかかる陽もずいぶん低くなってきました。  さっきまで近くにあった釜臥山からもずいぶん遠く離れました。  山頂のガメラレーダーがかすかに確認できます。  『はまなすライン』 をどんどん南下して青森湾に向かいます。 ***********************************************************  陽が沈んで間もなく本日の宿泊地に [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(2)
  •  遠行雑記-131恐山   私は本当に不信心な人間でございます。 それに加え、場所に構わずどこでも写真を撮りまくるという悪い癖が有るのでございます…。 今回の旅では 『日本三大霊場』 のひとつ、 『恐山』 を訪ねるのでございます。 どうか霊感のお強い方はこれ以上先に読み進まれること無きようお願い申し上げます。 こののち読者の皆様に何か不可思議・不可解な出来事が生じましても、当ブログは一切の責を負いか [続きを読む]
  • 本州最北奇景絶景(1)
  •  遠行雑記-130大間崎  「最高のお天気!」   今朝東京を離れたばかりなのに午前中にこんな所までやって参りました。 私は初めてこの地を訪問します。 何か感無量の思いがします。  石碑に何が書いてあるか判りにくいのでちょっと拡大してみましょう。 『ここ本州最北端の地』 と書いてあります。  そう、ここは本マグロで有名な本州最北の地 『大間崎』 です。  大間の一本釣りの男たちはよくTV [続きを読む]
  • 金殿玉楼社殿拝観
  •  閑話放題-46  私はあまり信心深くないことを自覚しております。 したがって 『大権現』 などと言われても何のことかよくわかりません。 また、歴史も大の苦手です。 なので徳川家に関する知識はおそらく小学生にも及びません (知らなくても生きてきちゃったからネ… ) 。 しかし、神や仏とは関係なく美しいものは大好きです。 特にキラキラ光るものは大変良いと思います…です。 ということで、ここ 『上野東照宮 [続きを読む]
  • 土佐武士懐旧ルート(3)
  •  遠行雑記-129高知城②  二の丸の橋廊下を渡ると本丸に出られます。    ここに本丸御殿への入口が有り、さらにその先が天守閣に通じています。  入場料を払い靴を下駄箱に預けて座敷に上がります。  入口近くには大河ドラマ 「功名が辻」 にゆかりある品々が飾ってあります。  (モヤモヤ…風に) 仲間由紀恵さんが着用した衣装ラしいですヨ。  天守に行く前にも展示物が沢山あります。 [続きを読む]
  • 土佐武士懐旧ルート(2)
  •  遠行雑記-128高知城①  高知市は駅から2km以内に観光スポットが沢山有り道路も網目状で分かり易いので、散歩するのにもってこいです。 高知城の西にある 『城西公園』 では子供たちが元気に遊んでいます。  ここから少し歩いて追手筋に到着。   いよいよお城の見学です。  公園に一歩入ると正面に大きな銅像が有ります。  これは高知城築城主山内一豊の像です。  この銅像の先に 『高 [続きを読む]