ももごろう さん プロフィール

  •  
ももごろうさん: カモもすなる日記といふもの
ハンドル名ももごろう さん
ブログタイトルカモもすなる日記といふもの
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/m-02_94658/
サイト紹介文横須賀にてぶらぶら散歩写真を撮っています。最近は草花の写真が多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2011/07/18 10:47

ももごろう さんのブログ記事

  • サクラ咲く
  • 涙が出たわぁ、稀勢の里、オメデトウ。写真は京葉線車窓から撮ったサクラの花(観覧車)。 [続きを読む]
  • 竹藪
  • 私の原点横須賀、好きなことを情熱を持って語ると、人はついて来てくれるんだなぁ、と実感。この題材のヒントをくださった方に感謝。朝から寒い雨が降ってます。あさってお花見予定なんだけど…。 [続きを読む]
  • 隧道
  • 先日実家に帰ったときに、横須賀線の車内から撮った写真。たしか田浦を出て、横須賀直前の隧道だったと。発表の準備で横須賀について調べてるんだけど、故郷でも知らないことがたくさんあることに今さらながら驚く。当たり前のように横須賀の空気吸って海風に吹かれて育ったからなぁ。横須賀への恩返しになるような発表にしたい。*The Shadow of Your Smile グレン・フライ、良いよなぁ。 [続きを読む]
  • 赤い壁と細い道
  • こういう場所に惹かれて、ついレンズを向けたくなる。前世は猫だったのか?*昨日の出来事でむかっ腹が立っていて、今回ばかりは謝るまで許さん!と変に熱い気を発していたのだろうか。今日なって、来月よりバイトの時給が大幅アップするとの知らせがあり、さらに事情を知るべくもないのに、別々の友人から会合のお誘いを受けた。ありがたいことです。気持ちがおさまりました。 [続きを読む]
  • 熱海の夕暮れ
  • メールだと文章だけで判断しなきゃいけないから、誤解が生じないように言葉遣いに気をつけるけど、その言葉の裏から、どんな顔をしてそれを言っているのか容易に想像できる相手だと、その慇懃無礼さに不快感が増す。はい、とってもイヤミな文章を受け取ったんです。逆に、どんなに優しい顔をしてそれを言ってくれてるのかわかる文章をもらうと、その文章のあたたかみがさらに増す。ええ、そのあと助け舟を出してくれた人がいるんで [続きを読む]
  • 錆びた扉@熱海
  • 「BBCの取材中に子供が……なぜアジア人女性を乳母だと大勢が思い込んだのか」の記事、配偶者が白人のアメリカ在住日本人女性のあいだでもよく交わされる話。日本でだって、たとえば東南アジア出身の女性たちには同じようなことが起こりうるし、白人に対しては逆の「差別感」も持ってるよね、多くの日本人。 [続きを読む]
  • 熱海の朝
  • 最近写真集を見ることが多いのだが、新正卓『約束の大地/アメリカ』(みすず書房2000年)の美しいモノクロ写真に感動した。なんて優しい<告発>だろう!(前半はアメリカ西部日系人収容所跡、後半は収容所体験のある日系人たちの2000年現在の写真。) [続きを読む]
  • 急ぐ足
  • 顔にあたる風がすっかり春。*NHKBSドラマ『嘘なんてひとつもないの』主演、須賀健太くんの引きこもりの演技に引きこまれた。あそこまで極端じゃないけど、私もああいうリアクション、するする。笑えた。はたして彼は空に飛びたつことができるのだろうか。期待。 [続きを読む]
  • 熱海の夜
  • なんとも昭和チックなネオン。しかし通りは閑散。*ここ数日、パソコンの動作が異常に遅くて、まさか・・・とうとう?頼む、もうちょっと頑張って〜〜〜、とびくびくしていたのだが、一日かけてあちこちいじったら、激烈に早く働いてくれるようになった。何がいけなかったんだろう。 [続きを読む]
  • お風呂屋さんの煙突
  • 少し前から午後の休憩に緑茶を飲むようになった。珈琲党の私が、お茶のお稽古以外で緑茶を飲み続けるのは初めて。美味しいお茶は美味しいのだと、ようやく分かった次第。ちなみに今は島田市川根産のお茶を飲みながら書いてます。 [続きを読む]
  • 車窓から、JR衣笠駅
  • 子どもの頃、毎週末買い物に来ていたJR衣笠駅前商店街を車窓から。お小遣いをもらうと、アーケードの中の本屋さんで一冊づつポプラ社の少年探偵団シリーズをわくわくしながら買ったものでした。以来40年。車窓から見るだけになってしまった衣笠駅の看板。きぬがさと聞くだけでなんともノスタルジックな気持ちになります。*地上波で放送していたのでとうとう見た、『アナと雪の女王』。ディズニー映画って顔がこわくありません [続きを読む]
  • 美術館の天井
  • 年度末でいろいろあり過ぎ。今こそ本業に専念しなければ、いったい何のためにここにいるのだ。初志貫徹。*最近温めた牛乳に、粉末青汁と無糖ココアとしょうがの蜂蜜漬けを入れて飲んでます。美味しい。 [続きを読む]
  • 熱海の朝
  • 昭和感満載の熱海の町。ただねぇ、やっぱりシャッター街が多すぎて、夜はうすら寒いし怖い。新築された駅ビルもイマイチだし、なんとかした方がいいんじゃないでしょうかねぇ。*宮本百合子の『伸子』、面白かった。才能ある若い女性が、自由の国アメリカでそれまで味わったことのない解放感につつまれ、宙に浮いたような気持ちになり、自分より「格下」に見える貧乏な男と、親の反対を押し切って結婚してしまう。高田里惠子氏ご指 [続きを読む]
  • 熱海の朝日
  • とうとう三月になってしまった。ううむ。*いまどきの高校入学お祝いって何がいいのかな?私の頃は腕時計か万年筆だった。あの方からもこの方からも万年筆もらったけど、どこにいってしまったやら。^^; [続きを読む]
  • MOA美術館にて(続)
  • 鳥人間のようなオブジェ。鳥には敏感になってしまう水鳥好き。*甥っ子が志望校に合格!ヨカッタ。別に第一志望に行かなくても、結果オーライって思うけど、自分が行きたいと願ったところから認められたらそりゃあ嬉しいよね。自分が受けてるんじゃなくても緊張するなぁ、受験って。 [続きを読む]
  • MOA美術館にて
  • リニューアルしたてのMOA美術館。写真は杉本博司作「加速する仏」の一場面。なんとMOA美術館、全展示品写真撮影オッケーでした!2015年に光琳展を見に行ったときは、あまりの人の多さに展示品に近づくことすらできませんでしたが、今回は同じ作品をじっくり堪能できました。まさか光琳先生の紅白梅図屏風を自分のカメラに収めることが出来るとは。感激。 [続きを読む]
  • 街区表示板@熱海
  • ステキな表示板。坂の多い町、熱海。友人に指摘されて初めて気がついたけど、私が好きな町は故郷横須賀を筆頭に、たいがい山が海に迫った坂道の多い港町! 例: 横須賀、熱海、神戸、函館、サンフランシスコなど。坂道育ちが性格に影響したのか、つねにギアはローに入ってます。^^; [続きを読む]