無茶茫々 さん プロフィール

  •  
無茶茫々さん: 大船渡市末崎町の今昔&未来へ
ハンドル名無茶茫々 さん
ブログタイトル大船渡市末崎町の今昔&未来へ
ブログURLhttp://mucha18.blogspot.com/
サイト紹介文震災後の故郷末崎町の産業復活を願い、町の過去・現在・未来を中心に紹介。
自由文3.11の津波で碁石海岸のある末崎町(マッサキ)も被災した。 長年築き上げてきた町のインフラ、魚市場、水産加工場、金融機関、JR駅舎、スーパー、商店街が流され、漁師は船や養殖設備を失った。今後、長い再生の道のりが続くと思う。復興の手助けになればと、故郷を離れて40年の拙者が、末崎町の過去・現在・未来を中心に紹介する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/07/19 10:42

無茶茫々 さんのブログ記事

  • 洪水は人災…
  • 近年の洪水被害報道を観て感ずることは、流木の異常な多さである。しかも激しい流れに身を任せ暴れ狂う丸太が多い。巨木が直撃すれば家屋はひとたまりもない。橋げたに引っ掛かれば一時的なダム現象が生じ、決壊することで下流域に更なる被害を拡大する。言わば洪水の将棋倒し現象である。被害が想定以上に拡大するのは当然である。大雨洪水被害は確かに自然災害である。だが、これは想定しうるもの。むしろ、これを無視した植林 [続きを読む]
  • アメリカ大統領選 - 開票中
  • アメリカ大統領選が開票中である。やはりと言おうか、トランプ候補が意外と善戦しているようだ。その背景を考えてみた。ネットの出現によりグローバル経済が爆発的に拡大している。その結果、勝ち組・負け組がより顕著になり、中間層は縮小し貧富の差が拡大してしまった。アメリカでは大量の不法移民により、一般の労働者は仕事を奪われる。一方、勝ち組は、不法移民を低賃金で雇うことで、一層の富の拡大を狙うことができる。同じ [続きを読む]
  • 違和感…
  • 猛暑にもかかわらず、エアコンは一切使用していない。加齢のせいか、ある時からエアコンからの不自然な冷気が腰を冷やし、不快感を覚えるようになったからである。そこで猛暑対策として、南面のベランダにはスダレを吊るして直射日光を防ぎ、南北のマドも常に開放して、室内に涼風が流れるようにしている。それだけでも結構しのげるものである。それでも、汗はジンワリと噴き出し、思考力も衰える。そんな時には、寝転びながらTVで [続きを読む]
  • 都知事選…
  • 東京都知事選も終盤である。時々選挙カーは通るが、街場に出ることもないので、街頭演説会を目にすることはない。そこで、YouTube動画を検索してチェックしてみるのだが、野党統一候補の鳥越俊太郎氏に対する誹謗中傷の類の物が多いので正直ウンザリである。内容はワンパターン。ネトウヨ?さんと呼ばれる方々が中心に、情熱を傾けておられるようだ。そのなかで、まともな動画サイトを見つけたのでアップしておく。東京都知事選-鳥 [続きを読む]
  • 明治時代が日本の目指すべき体制か…?
  • 明治維新は、薩長の下級武士を中心とし、尊王派の貴族や若者、それに外国の武器商人等が結託し起こした、いわゆる軍事クーデターではなかったのか…。(歴史についてはド素人の見解ではあるが。)維新までの過程はどうあれ、多くの国民がそれによって長期にわたり幸せになれればよいのである。で、現実はどうだったか。富国強兵策にともない産業が急速に発達するが、鉱毒問題などの公害や劣悪な労働条件の問題は無視。貧富の差も拡大 [続きを読む]
  • 平和憲法改正の愚、歴史的証言からの考察…
  •  一党独裁政権巨大国家は、国内矛盾が拡大し、いずれは自壊分裂するだろう…と思っている。---日本の平和憲法を改正し、周辺諸国に警戒感を与えることは、寧ろ相手国政府にシオを与えるとも限らない。自壊するどころか、反日敵対感情が高揚し、巨大大国は一層強大化、凶暴化する恐れがある。我が国の歴史でもそんな例がある。倒幕に成功したものの、いつ倒れるとも知れぬ明治新政府である。安定化するのは日清戦争前後からの [続きを読む]
  • 売国…!?
  • 自民党の憲法草案は、皮肉にも国力低下を狙った内容とみた…。以下に簡単にまとめてみた。---1. 防衛軍の創設や日の丸・君が代教育を徹底させることで、近隣諸国を刺激することは間違いなし。益々軍備増強に。赤字国債は更に膨張、重税、福祉サービスの後退、云々…。(3条、9条、66条…)2. 防衛の為の戦争…。天皇を「元首」に祭り上げ、国際紛争の最高責任者に仕立てようとしているようにも思える。一歩誤れば、天皇は戦犯に問 [続きを読む]
  • 都知事選候補…真打ち登場!?
  • 一時、タレントの石田純一氏が出馬しようとしたが、野党の協力が得られず断念された。彼とは同世代であり、戦争を知らない戦後世代として、彼の一見唐突と思える行動が理解できる。後年知ることになるのだが、終戦後の短期間に、平和憲法、農地改革、財閥解体、貴族階級の撤廃、女性の参政権等々の大改革が行われている。まさに、GHQのおかげである。そんなドサクサも知らずに幼少期を過ごてきた訳であるが、貴族などの特権階級や [続きを読む]
  • 憲法を本当に改正したいの…
  • 憲法とは本来、国民が為政者をチェックする機能らしい。昨日の参院選挙前に自民党の「憲法改正草案」をチェックしてみたが、マスコミが指摘していたように、むしろ為政者に都合の良い内容である。仮にそのままの内容で改正されるようなことがあればどういうことになるか、想像してみた。1. 近隣諸国の警戒感が高まる。(9条、66条等)マイコメント:「国防軍」を創設することで、当然である。しかも、その最高指揮官である内閣総理 [続きを読む]
  • 明日は参議院選 - 自民党の憲法改正草案をチェックしてみた…
  • 明日は参議院選。「現行憲法」と自民党の「憲法改正草案」を比較するサイトがあったので、特に気になる個所をピックアップしてみた。-----------------● 自民党の「憲法改正草案」第一条天皇は、日本国の元首であり、〜  (現行:天皇は、日本国の象徴であり〜)マイコメント:「元首」とはどういう意味かわからないが、戦前の厳格な天皇制の下では、理不尽な上官・上司の命令に対しても、従わざるをなかった。このことが大戦争 [続きを読む]
  • 平成のオバカ百景候補…?
  • 夏草刈りの手伝いで帰省した。その行き帰り、不思議なピラミッド群をあちこちで見かけたので一部写真をアップしておく。---先ずは我が町。やはり巨大ピラミッドが複数出現しつつあった。これがスーパー堤防の一部とすれば、何のために…?付近は津波で全て消失し、住民は皆高台に移転しつつある現状、何の為のスーパー堤防か。全く笑止である。敵が既に退却しているのに、砲弾を華々しく撃っているようなもの。エネルギーの無駄遣 [続きを読む]
  • 情報漏洩…
  • 佐賀県の教育情報システムへの不正アクセス、17歳の少年だという。ところで、何が不正なのか。アクセスできちゃうのだから不正もなにもあったものではない。むしろ佐賀県の管理が杜撰だったとしか言いようが無い。詳細はわからないが、システの欠陥を発見するきっかけとなったのだから、この少年に感謝しても良いのでは。発覚しなければ、もっと酷いことになっていたかもしれないのだから…。佐賀県にかぎらず、個人情報の漏洩は年 [続きを読む]
  • 英国の国民投票 - 開票中…
  • 英国の国民投票の開票状況が報道されている。EU残留か、それとも離脱か…。為替相場の変動も甚だしい。前日は、残留ムードで急速な円安モードだったが、今朝の開票速報で離脱が予想以上に健闘し、一転円高になっている。世界の片隅の国民投票が、瞬時に世界相場に大影響を与えている。TVの解説では、もし離脱となれば、不況、失業云々とあまり芳しくないことを述べている。欧米の政治家や財界トップは苦々しい思いで、結果をまって [続きを読む]
  • 碁石観光祭、そして地球温暖化…
  • 半世紀前の碁石観光祭の写真が出てきたのでアップする。碁石の広場周辺 1959年4月29日(推定)当時は、毎年4月29日が観光祭(カンコウサイ)の日だった記憶がある。ちょうどその時期は桜が満開で、碁石の広場周辺には桜の木が多く、絶好のお花見スポットになった。当時は、今ほど桜の木は多くはなかった。例えば、末小グラウンド周辺の桜。当時は幼木だったが、今では斜面の土砂の流出を抑えるべく、地に根をはり逞しく育っている [続きを読む]
  • 山上の集落と麓の祭り
  • 軽量の折り畳み中古自転車を冬場に入手。そのままにしてあったので、GW初日に試乗を兼ねて日帰り輪行することにした。場所は始めから決めていた。小田原近くの小高い山の中腹の集落である。15年程前の連休初日、ウォーキングでこの集落に偶然立ち寄ったことがある。その時、庭の花々、周辺の新緑、空の青さに、強烈な印象を覚えたものである。そこで同じGWの最終日にも再訪してみた。するとどうだろう、僅か1週間の違いでも季節の [続きを読む]
  • 「ゆらぎ」の響き…、バッハ音楽の再発見!!
  • 最近、リュート(ギターに似た古楽器の一種)音楽に魅せられている。その何が魅力か。洗練され(過ぎ?)た現代の楽器には無い、手作り感覚の音色と言ったらよいだろうか。枇杷の形をしたこの楽器は、ルネッサンスやバロック期にヨーロッパ中で相当普及したらしい。だが、チェンバロやピアノ等の鍵盤楽器が登場するや、歴史の片隅に忘れ去られてしまった。言ってみれば滅びた恐竜みたいな楽器で、20世紀には博物館でしか見られなくなっ [続きを読む]
  • 3.11仮設住宅の再利用 - 熊本震災の被災者支援に…
  • 震度7のあった夜に引き続き、翌日深夜(正確には2日後なんだろうが…)にまたもや地震警報…。熊本の震災には驚いた。ちょうどその時TVを観ていたが、余震だろうと思った。ところが、何度も地震警報が現れては、震度6と報道される。それが何度繰り返されただろうか。余震にしては揺れが大き過ぎるし、頻発するのには異様に感じた。東京では幸い揺れは全く感じなかった。何時迄も起きている訳にはいかず、ひとまず床についた。翌朝起 [続きを読む]
  • 代々木公園…
  • 今年の花見シーズンは天候不順続き。気づいた時には桜は散り始めていました。近くの代々木公園なら他にもお花が楽しめるかなと思い、知人が来たので、一緒に散歩してみました。 新緑も始まっています… チューリップや菜の花が沢山咲いていました…広大な芝生スペースに、シートを敷いて飲食や会話を楽しむ若人達のグループが沢山いました。どこかの有名お花見スポットとは異なり、酔っぱらい客は皆無、ゴミも散らかって [続きを読む]
  • スマートメーター(続き5)…(恐怖!?の)不自由メーター
  • 未だ運用が始まっていないので現況からの判断だが、スマートメーターは単身・少世帯には不自由メーターである。というのも、従来の回転盤だけで、節電対策に十分に活用できていたからである。基準は常に通電する冷蔵庫。これがONの時に微かに回転している。この回転速度に限りなく近ければ、外出OKとなる。スマートメーターでは、電球一個どころか、電気コタツの消し忘れさえもチェックできない。何がスマートメーターか。省力化で [続きを読む]
  • スマートメーター(続き4)…アナログ機能の必要性
  • 最新のデジタル器機であっても、使い勝手によってはアナログ機能を残しておくことは絶対に必要である。デジタルからアナログへの逆転現象例…。1980年代、腕時計は殆どがデジタルウォチに代わったことがある。当時、ある試験を受けたことがある。アナログ時計なら残り時間があと何分と感覚で把握できたが、その時はデジタルウォチを使用していたので、残り時間を瞬時に暗算しなければならず、スピードが要求される試験というのに、 [続きを読む]
  • ガス漏れで考えたこと、技術以前の問題…
  • 早朝、チャイムで起こされる。今回はT電ならぬ東京ガスの工事関係者…。階下でガス漏れの急報があり、暫くガスの供給をストップするという。当方は都市ガスを使用しておらず関係ないが、事は重大と階下の現場に降りていった。階下の住人が室内にたまたま置いてあったガス検知器が警報を発したらしい。供給弁を閉じてガスを一端停止。配管が埋設してある付近の廊下のコンクリートを剥がし始めた。当時埋設されたガス管は鉄製で、寿 [続きを読む]
  • 名曲 - 末中校歌
  • ( たまには故郷の思い出、投稿しないとね…)全国津々浦々の学校では、新入生を迎え入れ、新学期が始まった。さて、当方が末中(マッチュウ)に入学したのは半世紀前…。式は旧体育館で行われ、そこで校歌を初めて耳にした。先輩方が起立して歌ってくれたのだが、最初何やら念仏を唱えているような感じで全く分からなかった。ニ番に入り、「ごいしは〜」と聞き覚えのある地名が耳に入ってきて、やっと「校歌だ」と認識した。式の前後 [続きを読む]