光山市交通局 さん プロフィール

  •  
光山市交通局さん: ホビーのごった煮
ハンドル名光山市交通局 さん
ブログタイトルホビーのごった煮
ブログURLhttp://skymax17.blog.fc2.com/
サイト紹介文光山市交通局のサブブログです。 鉄道模型・レイアウトの他こちらでは鉄道以外の話題も扱います。
自由文「光山市交通局」ブログの増補改訂版です(笑)メインで書き忘れた事や後から付け加えたくなった事などが追加される事があります。

 又、鉄道模型が大半を占めるメインブログに対して車・ミニカー・映画・TVなどの題材も折にふれて扱いますのでよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/07/19 18:29

光山市交通局 さんのブログ記事

  • GMの江ノ電のはなし
  •  当レイアウトの路面電車線は今でこそMODEMOや鉄コレを中心とした連接車群が充実してきましたが、10年前の趣味の再開の頃はその高価さ(実はこれだけで一編成が成立する事を考えればむしろ割安かもと思い始めていますが)もあって二の足を踏んでいました。  その代わりに注目したのがGMキットの京阪600と江ノ電1500タイプでした。以前にも触れましたがこれらは足回りにTOMIXの箱根登山鉄道のそれを流用する関係で厳密なスケール [続きを読む]
  • バンダイのスカイホエール
  •  ある意味今回の話題は「なにをいまさら」なネタですがご勘弁を。 何しろ買ったのがつい3日前なので(汗) 先日所用で大宮に出かけた折に立ち寄った「日本最大のブックオフ」とのキャッチフレーズの中古屋で見つけたものです。 「バンダイの食玩スカイホエール」 これが科学特捜隊のビートルとかウルトラホークとかでしたらまだ何とか言い訳が立つのですが、よりにも寄って「ZAT」の「スカイホエール」だったりすると家族の視 [続きを読む]
  • エスクァイアの春支度
  •  先週のS660に続いて先日の日曜日はエスクァイアのタイヤをスタッドレスから夏タイヤに履き替えました。 S660の時と同様にフロアジャッキとトルクレンチが大活躍するわけですが、いちどきに二台分のタイヤ交換を自分でやるというのはこれまでは結構な重労働だったので時間的、労力的な節約につながる訳ですから、もっと早く買っておけばよかったとか思います。 例によって前と後ろで一度に二輪を持ち上げて一気に交換。 タイヤ [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦氏の逝去に思うこと
  •  先日マイケル村田さんのコメントを頂きましたが、そこにもありますように先日俳優の渡瀬恒彦氏が逝去されました。 実を言いますと私自身第一報を聞いた時には「まさか」と言う思いが強く、今も信じられない思いです。 渡瀬氏の作品として個人的に印象深いのは何といっても「大激闘 マッドポリス80」の氷室キャップ役です。 この作品は今でも年に複数回は観返すのですが、第二話の中でジャパンマフィアの幹部の一人である麻 [続きを読む]
  • 土曜の夜に立ち食い蕎麦(笑)
  •  「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉がありますが、それでも朝晩はまだまだ肌寒い日が続いています。 こういう晩に駅に出かけるというのも一種寒々しいものですが、逆にこういう時に食べるとぴったりくるような食べ物と言う奴もあります。 駅の立ち食いソバなんてのもそのひとつでしょうか。 田舎ゆえに駅前にラーメンやおでんの屋台が立つなんて事もなく、外の空気を感じながら食べるものというと大概のターミナル駅にある蕎麦 [続きを読む]
  • 思いでの昭和ヒーローから「スーパーロボット マッハバロン」
  •  思い出の昭和ヒーローばなしから 今回は「スーパーロボット マッハバロン」(昭和49年 日本現代企画 NTV)をば。 前年製作されNTV系の特撮ヒーロー物で唯一のヒット作となった「レッドバロン」はスポンサーの倒産という予期せぬ事態で打ち切りとなってしまいました。 そこで局サイドの要請によって半年のブランクの後にシリーズ作品として製作されたのが本作でした。 (但しネーミングと真っ赤なロボットという以外は内容面 [続きを読む]
  • 「回転対座」狂想曲のはなし
  •  店の中は、よい按配にすいていたので、二人は傍かたわらのボックスにさし向いに坐りながら、ボーイに紅茶と菓子を命じた。「おい小川、僕はこうやつてさし向つて腰かけるが、これは何故だか判るかい」 「あいかわらず、藤枝式の質問をするね。話をする為じやないか。つまり二人で語り合うために最も自然で便利な位置をとるのさ」 「そうさ。ところで君はこういう事実に気がついているかい。こういう位置をこういう場所でとるのは [続きを読む]
  • 京商のマツダRX-500
  •  先日、行きつけの中古ショップで見つけたものです。 実はこれを手に入れるまで京商からRX500が出ているなんて知りませんでした(大恥) RX500とはマツダが1970年のモータショー用に開発したショーモデルですが10Aロータリーエンジンをミッドシップに搭載して自走も可能。2008年には当時のショーモデルがレストアされており40年以上たった今でも話題に上る幻のスーパーカーです。 実はこのモデル、一度トミカでも出ていました [続きを読む]
  • S660で山登り(笑)
  •  今日は子供もたまたま休みだったので、連れだってドライブに出かけました。 勿論S660で。 コースは静岡方面から本栖湖に通じる国道ですが、一気に高低差800メートル以上を駆けあがるワインディングの狭路の連続。 スピードは出さなくても着座位置の高いミニバンなんかだと同乗者は頭を振りまわされてクルマ酔い必須というルートです。 こういう時、着座位置も重心も低いスポーツカーだと路面すれすれを這いまわるのでそうい [続きを読む]
  • あれから6年
  •  6年前の3月10日夜はコンペ出品を目指して改修中のレイアウトの工作を行いその進捗状況をカメラに収めたりしていたのを思い出します。上の写真はその時の物ですがその時はよもや次の日があんな事になるとは考えもしませんでした。 災害、特に地震の場合はその瞬間を境に日常が断ち切られ、それ以前と以後の間に抜きがたい断層が生じるものですが、実際の被害こそ少なかったとはいえ自分自身の事としてそれを認識していなかった事 [続きを読む]
  • 思いでの大百科シリーズ22「日本の特撮怪獣大全科」
  •  これまた久しぶりになりました「懐かしの大百科」ネタ。 しかも今回のアイテムはつい一週間前に古本屋で見つけたものだったりします。 物は「日本の特撮怪獣大全科」(秋田書店) 本書の初版は昭和60年 つまり、昭和29年のゴジラから昭和58年の「さよならジュピター」辺りまでの和製特撮映画を網羅した全科という事になります。 元々秋田書店の大全科というのはこの手のジャンル網羅型の書籍が多い所なのですが、本書のそれ [続きを読む]
  • TOMIXの9600の思い出
  •  10年くらい前の話です。 知り合いが来た折に互いの手持ちの車輌を私のレイアウト上で走行させてみたのですが、たまたまレイアウト上の併用軌道を115系が走る様を見せていたら知り合いが曰く、  「これだったら9600でも走れるのがある」との事。  その話によればTOMIXのミニカーブレール(140R以上)をクリアできるのだそうです。C11や50辺りならまあそうかなと思うのですがD型の蒸気機関車が曲がりきるというのはちょっと信じ [続きを読む]
  • 「東京 昔と今」
  • 先日、カラーブックスについてのブログを上げた時のコメントである方から「東京 昔と今」について言及したコメントを頂きました。 実を言いますと、この本はだいぶ前に私も買った事があったのですがブログに上げるにはうまく説明しにくい気がしてこれまで掲載を見送ってきていたものです。それが、今回頂いたコメントでは「昭和38年当時の風景、それも自動車をはじめとする乗り物が写り込んでいるのを見てみたい」という意味の事が [続きを読む]
  • S660の春支度
  •  3月に入り一気に朝夕もそれなりに暖かくなって来ました。 今朝は3月第一日曜日恒例の「河川清掃」で空き缶やら芥やらを拾いまくっていましたが、帰宅後まだ時間がありそうだったのでこの機会にと思いS660のスタッドレスを夏タイヤに交換する事にしました。 前にも紹介したローダウン対応のフロアジャッキがようやく出番を迎えます。 「S660のためにフロアジャッキ」というと如何にも贅沢な印象ですがこのクルマの場合一度に [続きを読む]
  • 中古モデルのトラブルに思うこと
  •  今回のブログはメインブログで9年前に書いた物の再録です。 ですが当時と今とでジャンク品や中古に対する考え方が殆ど変っていなかったのには我乍ら驚きました(笑) つまり、この10年進歩も成長もないという事ですか(汗) ショップによって見方は違うと思いますが、一般に「中古」とは外見・走行に問題がないが一度誰かの手を通った処分品などを指し、その中でも「ジャンク」は外見上・又は走行上に問題がありながらそれを [続きを読む]
  • TLVの4気筒のハコスカから
  •  今回は懐車のミニカーのはなしから。今回もまたスカイラインネタです。 今でも人気を誇るハコスカと呼ばれるC10系スカイラインは6気筒ロングノーズのGTかGT-Rのイメージが非常に強いクルマだと思います。 実際、これまでリリースされたハコスカは殆どがそうした6気筒モデルでした。 ですが私が子供の頃、「スカイライン」といえばGT-BでもGT-Rでもなく4気筒の仕様のクルマを指していました。 ハコスカからジャパンまでのスカ [続きを読む]
  • 思いでの昭和ヒーローから「宇宙の勇者・スターウルフ」
  •  今回は懐かしの昭和ヒーローばなしから。 「スターウルフ」(昭和53年・円谷プロ・YTV)をば。 昭和53年当時はスターウォーズの夏公開を控えて(本国から約1年遅れ位の日本公開だったので向こうのフィーバーぶりは伝わっても当時は観た人があまりいなかった)その人気にあやかろうと多くの類似作品が製作されていた時期でした。 東宝がスターウォーズの当初予定されていた邦題をそっくり頂いた「惑星大戦争」を正月に公開、東 [続きを読む]
  • 「早起きは三文の得」のはなし
  •  今朝は町内会の当番で有価物のごみ当番でした。 朝の6時から登板という事から逆算すると朝は5時起き。 それから弁当を作ったり朝食を食べたりして出かける訳ですから私としては結構な早起きという事になります。 2月も後2日だというのに外は氷点下の寒さ。 月曜の朝のごみ当番と言うのは実際やりきれない物があります。 集積場に着いた時にはそろそろ東の空が白みかけていました。 朝早くから畑で木の枝なんかを焼いている [続きを読む]
  • PAの話の続きです(笑)
  •  前回黒蜜尽くしのPAのはなしを書いたのですが、帰り道にもおなじPAを使ったので結果的に前回の続きという事になります。 このブログで同じ題材で二日続きと言うのは結構珍しいのですがご勘弁を。 PAに向かう道で見つけた「小田急2200」それも旧塗装です。 昨年同じ仕様の2200の鉄コレを入線させていたばかりだったので驚くと同時に感慨深い物があります。 見ての通り線路もなく車内には事務家具らしきものが無造作に [続きを読む]
  • 黒蜜尽くしのPAのはなし
  • 先日立ち寄った中央道のとあるPAにて。 地元のお菓子屋さんが経営しているところらしく、売店の中がちょっとした和菓子屋さんみたいな雰囲気だったのが少し異色でした。 もちろん食堂やお弁当屋さん(コンビニ併設型以外でこれがあるPAと言うのもよく考えたら結構異色かもしれませんが)もあるので普通に昼食も摂れるのですが。 そこで食べたのが「富士山型もりそば」 てっぺんのおろしが雪に見立てたものらしいです。前にも書 [続きを読む]
  • カラーブックスから「日本の私鉄・東海・北陸」
  •  これまた久しぶりのカラーブックスネタ。 今回は「日本の私鉄・東海・北陸」 「日本の私鉄」シリーズの中でも会社ごとにまとめにくい地方私鉄を取り上げたもので、ここでも以前「北海道東北東日本」編を取り上げた事があります。 今回の一冊は富山地方鉄道から三岐鉄道までの14社を取り上げていますが地域的には書名の通り東海から北陸地域の私鉄がほぼ網羅されています。 本書(初版は昭和58年)の中には今は「えちぜん鉄道 [続きを読む]
  • 6か月目のS660
  • 今回は久しぶりのS660のはなしから先日、S660が6カ月点検となりました。偶然といいますか、点検でディーラーに持って行ったおり正にディーラーの真ん前で走行距離が5000キロ。これまで乗ってきた車は通勤や買物などの他に盛岡への往復帰省で2000キロ近く走っているので年間走行距離が1万キロ行くかどうかというレベルなのですが、S660の場合、基本的に休日しか乗らない(おまけに雨天時の視界がかなり悪い事が分ったので原則降雨 [続きを読む]
  • TLVのレガシィRS
  •  今回はだいぶ前に買ったTLVのはなしから 初代のレガシィRSです。 それまでスバルと言えばレオーネかサンバーと言うイメージだったのを一新する使命を帯びて登場した初代レガシィは、ワゴン人気を追い風に一気にスバルのブランドイメージを高める役割を果たしました。 その後度重なるモデルチェンジの中で徐々にワゴンからセダンにシフトさせ、現行型ではアウトバック以外のワゴンがラインナップから外れた形で完全にセダンの [続きを読む]
  • 日曜日のドライブの昼食にて
  • 最近は朝夕の冷え込みは別にしても昼間は小春日和と言う形容がぴったりくる日々です。山の方を見れば吹雪いているのはわかるのですが、下界はぽかぽか陽気。この辺に限れば間違いなく暖冬でしょう。 こんな日はどこかへ繰り出したくなりますが、予算の都合で近場で昼食と言うのが精一杯です。 家族で出かけて茶そば定食とカレーライスという所でしょうか。 私の場合、年に何回か無性にそばが食べたくなる時があるのですが近場に [続きを読む]
  • 「怪獣ゴルゴ」
  • 「昔のカイジュウ映画のDVD」のネタから 前回が搦め手でしたので今回は正攻法の怪獣物で行きます。 (とはいえ、あちらの方では怪獣映画の主流はダイナメーション系人形アニメであってゴジラの様なぬいぐるみ系はむしろ傍流なのですが) 物は「怪獣ゴルゴ」(1961年) 実は本作は40年ほど前にテレビで一度観ていた作品です。確かTBS系で日曜夜7時半からナイターか何かの雨傘番組だったような気が。 当時はストーリーもうろ [続きを読む]