も〜り〜 さん プロフィール

  •  
も〜り〜さん: 山のたまてばこ
ハンドル名も〜り〜 さん
ブログタイトル山のたまてばこ
ブログURLhttp://yama3tamatebako.blog61.fc2.com/
サイト紹介文八ヶ岳山麓の富士見を拠点に、登山で出会ったこと、身の回りの自然や子供たちの様子を、つづって行きます。
自由文春から秋はマウンテンバイクやトレッキング、冬はスノーシューを使って、八ヶ岳の自然の中で過ごしてきました。
最近は、バリエーション・ルートの登山やクライミングの経験を積みながら、ロングトレイルを行く旅が気に入っています。
日本山岳ガイド協会 認定登山ガイド ステージ2。
清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/07/21 02:51

も〜り〜 さんのブログ記事

  • 子供たちの笑顔の本質
  • 報道して頂くなら、本質的な理解をもって行うこと。それは大切なことではないでしょうか。先週のYFTスノーハイキングで、冬の富士見の森で、雪を抱えてにこやかな子供たち。その子供達を、そっと見守るお母さんたち。本日、ローカル新聞の長野日報の富士見紹介のコーナーに、このツアーの記事が掲載されたそうです。とても残念なことに、お知らせ頂いた記事の内容は、ツアーの意図も、募集ルートも、集まってくださった方も事実と [続きを読む]
  • 冬の晴天!富士見町の自然と文化!子供たちとスノーハイク
  • 八ヶ岳ブルーの空が広がる雪景色の富士見町。ぼくの周りで笑顔いっぱいの子供たち。その後ろで、子供たちを見守るお母さんたち。Yatsugatake Fujimi Trail(YFT)プロジェクトのスノーハイキング・イベントのスタートです。(富士見町 地域おこし協力隊隊員”おこし子”さん撮影)このみなさんの笑顔は、ほんの小さな一歩ですが、YFTプロジェクトが、前に踏み出せた証拠だと思います。 私たちの取り組みは、2016年4月、富士見町の観 [続きを読む]
  • 大寒波の富士見町、入笠山でスノーハイク!
  • 厳しい自然の中でこそ、出会える美しさがあります。険しく荘厳な厳冬の山岳の素晴らしさはあるけれど、身近にある美しさに、ハッと息を飲むこともあります。最強の寒波が来襲する中、富士見町へスノーハイキングに来てくれました。昨秋、ロシアのお友達をたくさん誘って、富士見町のキャンプツアーに遊びに来てくれたKさんご家族です。本当は、北八ヶ岳のスノーモンスターが見たい、というリクエストでした。ただ北方面は、朝から [続きを読む]
  • .HYAKKEIで紹介頂きました : ロシアの方との富士見町ハイク
  • ご無沙汰してしまいました。落葉松の紅葉が美しい11月に、ロシアの方々をお迎えして富士見町で行ったハイクツアー。『自然を楽しもう!』をテーマにするWEBマガジンの.HYAKKEIさんで紹介頂きました。記事を書いてくださったのは、富士見町でテレワークや二拠点居住を進める津田さんです。素敵な記事です。ぜひ、ご覧ください。今回は、その前半。後半にも期待しています!(以下のリンクからご覧ください)東京のロシアンファミ [続きを読む]
  • 木の香り、高知県より
  • 高知県からヒノキの香りが届きました。ひのきのキャンプ用品「196」さんのフォールディング・テーブルです。丁寧な作り込み、センスのよいマークなど、とても心地よく感じます。林業が斜陽になって久しいと言われます。地方の林業の方が、日本の木材や加工技術の良さを活かし、現代風のセンスや用途に合わせた製品にしていく試みは、ぜひ、応援したいです。196さんは、こちらから実は、先にカッティングボードをお願いし、今回は2 [続きを読む]
  • 木の香り、奥出雲より
  • 八ヶ岳の里、富士見町にも雪が降りました。待ち望んだ雪景色ですが、いよいよ、寒い冬がやってくれると思えば、ピリッとします。とはいえ、まだ11月。今年の雪は、すこしせっかちです (笑)。奥出雲から、天然のヒノキと杉の香りがやってきました。i-Rbase Productsさんの、二段ラックです。雪のため配送でご無理をお願いしたのですが、揃えて貼られたオシャレなステッカーと丁寧な包装に手作りの温かさを感じます。組み立てて [続きを読む]
  • 暖かい灯火、灯油ランタン
  • 灯油のランタン。PETROMAX HK500。八ヶ岳山麓の家に来て、6年半。最近、ここにいること自体、自然との一体感がキャンプみたいだな、と感じています。キャンプで大切な要素となるのが、炎と灯り。日々の中でも、キャンプを感じられるツールが届きました。点灯式。ちょっと慌しく、八ヶ岳を少し空ける前、今日中にランタンに火を入れておきたいと思っていました。このランタン、炎上したとか、立ち上がる炎の煤で真っ黒になったとか [続きを読む]
  • 富士見町でロシアの皆さんとハイキング&キャンプ!
  • 秋の富士見町を舞台に、Yatsugatake Fujimi Trail(YFT)プロジェクト 秋のハイク&キャンプツアーを行いました。「その最大のアウトプットは何?」と聞かれたら、この写真を掲げます。ぼくのテントを秘密基地に、ここで初めて出会ったロシア、東京、富士見町の子供達の笑顔です。自然の中を歩くこと、テントで過ごすこと。それが国境や地域の壁を超えてコミュニケーションを生む。ぼくが、北欧のラップランドと呼ばれるエリアのロン [続きを読む]
  • 秋が深まる富士見町
  • 八ヶ岳山麓の富士見町、急速に秋が深まっています。晩秋。 そんな言葉が、ぴったりです。光をを受けた八ヶ岳、息を飲むほど綺麗です。来週は、北の国から日本に来てお住まいのゲストをハイク&キャンプにお招きします。暖かくして、お越しください!お待ちしています。 [続きを読む]
  • 森をゆく服、その理由
  • 先日のハイク&キャンプツアーのゲストから、ぼくの活動中の写真を頂きました。北欧の森をゆくハイカーみたい。いい雰囲気の写真、うれしいです。今、スウェーデン本国のフェールラーベン(Fjallraven)から繋いで頂いた日本代理店さんとのご縁で、ウェアを使わせて頂いています。ツアーの集合場所でいきなり、大人女子のゲストから、「そのウェア、かわいいですね。キツネのマーク!どこで買えるんですか!」と質問攻めでした(笑) [続きを読む]
  • 初秋!も〜り〜のハイク&キャンプツアー
  • 久しぶりに八ヶ岳の秋らしい青空に会えた気がします。少しづつ色づいてきた木々。この日は、東京在住、仲良しグループの皆さんから、ワンデイ・プライベート・ハイク&キャンプツアーを申し込んで頂きました。この日参加頂いたのは、フランスで修行されたアクセサリー・デザイナーさん、CMのテーブルウェアやインテリアをコーディネートされている方、木工芸術家の男子など、お洒落な皆さん。スカンジナビア諸国やアイスランドなど [続きを読む]
  • アルフェイム
  • 北欧伝統の型をしたテント。ぼくが取り寄せたのはデンマークのノルディスク。アルフェイム(妖精)という名のテントです。お世話になった代理店、ノルディスクワークスさんが、お店のブログで試し張りの様子を紹介してくださいました。テントの紹介は、こちら連休は、富士見高原のユニバーサルフェスにて、Yatsugatake Fujimi Trailの紹介ブースとして設営しました。今週末は、東京のデザイナーさんやスタイリストさんをお迎えし、ハ [続きを読む]
  • 北の国のノウハウ、フェールラーベン
  • フェールラーベン。日本では、北極キツネマークがついたカラフルなお弁当型のカンケンバッグをよく見かけます。ロングトレイルや森で過ごすことがポピュラーな欧米では、アウトドアウェア・ブランドとして知られています。より多くの人々に自然の中で過ごすことの素晴らしさを知ってもらうこと。その体験を通じて、自然や私たちの暮らしがサステイナブルであるように。そういう思いで、30カ国から2000人以上を集め、スウェーデンの [続きを読む]
  • 富士見高原 ユニバーサルフェス 2016
  • 富士見高原のユニバーサルフェスに行ってきました。ぼくは、正直、ハンディキャップのある方と過ごした経験は、ほとんどありません。Yatsugatake Fujimi Trailプロジェクトを一緒にやっているメンバーが一生懸命プラン・実行されていますので、何ができるのか分からないまま、急遽、ノルディックテントを張ってみました。Yatsugatake Fujimi Trailプロジェクトのブースです。ダウンヒルもできるアウトドア型車椅子の試乗会、車椅子 [続きを読む]
  • ユニバーサルフェス@富士見高原さんに張ります
  • ハンディキャップがある方でもアウトドアを楽しめるように、というユニバーサルフィールドという考え方。そのフェスが、10月9ー10日と富士見高原リゾートで開催されます。ぼくも、10月10日の1日だけですが、Yatsugatake Fujimi Trail(YFT)プロジェクトの紹介ブースとして、ノルディックテントを張らせて頂く予定です。YFTのトレイルヘッドは、富士山や南アルプスを見渡す高台ですし、入口が広いノルディックテントは、車椅子で中 [続きを読む]
  • 北欧のテントがある風景
  • 北欧のテントがある風景。あったかな雰囲気が、ご家族の笑顔の時間を包みます。ぼくは、このテイスト、大好きです。デンマークのNORDISKというブランドのテントが届きました。さっそく、いま、富士見町で一緒にプロジェクトをやっているご家族にお手伝い頂いて、八ヶ岳から流れ出る川沿いのキャンプサイトで試し張りしました。このテントと一緒に楽しみたいアイディアは、たくさんあります。さっそく、今月10日には、富士見高原 [続きを読む]
  • スウェーデン・ハイク、雑誌記事書きました
  • 本日、9月9日発売のTRAMPIN' vol.29号に、スウェーデン北部のハイキング・イベントについて、記事を書きました。巻末から3ページあたりの情報コーナーに、1ページ。昨年、帰国早々に、一度他誌に記事を書きましたが、今回、はや一年前のことですのに、執筆依頼を頂き感謝です。記事は、短いながらも丁寧に書きました。 もし良かったら、読んでみてください。来年は出来るなら、もっと長い時間、北欧諸国に留まって、再び歩きたい [続きを読む]
  • ゲストハウスと下諏訪
  • ゲストハウスって、なんだろう?民宿、ペンション、ユースホステルなど、昔からある手頃な宿となにが違うのでしょう?その問いに対して、富士見町の知合いから「実際に泊まってみたら?」とシンプルなアドバイスを頂きました。そこで、富士見町とは各駅停車で約30分の距離ながら、あまり訪れたことがない下諏訪の町。そこにあるマスヤゲストハウスさんに一泊してみました。ゲストのみなさんは、思いがけないつながりを楽しみにし [続きを読む]
  • 初めての山の日! 絶景の西穂独標ツアー!!
  • すっかりご無沙汰してしまいました。いくつもの来襲する台風に気を取られていて、気がつけば9月はすぐそこ。なんとなく秋を感じます。そんな時期に更新が遅くなりましたが、思い出深い夏のイベントをご紹介させてください。さて、みなさんは、8月11日、初めての山の日を、どのようにお過ごしでしたか?当初、突然やってきて、地味な印象の休日でしたが・・・・。当日の山に向かう高速道路は大混雑。多くのみなさんが、山の自然 [続きを読む]
  • 地区の御柱祭に参加しました、感動です!
  • 今年、御柱祭を初めて体験しています。ゴールデンウィークには諏訪大社上社の御柱の勇壮さに感動しました。ぼくも知らなかったのですが、地区の氏神様に奉納する御柱祭もあります。6月12日日曜日、ぼくの家がある地区の御柱祭 山出しに参加させて頂きました。この日のために、地区の皆さんとお揃いの法被(はっぴ)も購入して備えることが出来ました。ご尽力頂いた地区組合の方々に感謝です。地区の御柱に参加した感想をひとこ [続きを読む]
  • 夏!スウェーデン流ロングトレイル・ツアー募集、開始しました!
  • 募集を開始した夏のファミリー向け企画、"八ヶ岳でキャンプ体験!スウェーデン流ロングトレイルに挑戦しよう"JTB旅いくサイトで、ツアー詳細をご覧頂けます。お申込みも、こちらから。JTB旅いくサイトは、こちら思いは2つ。(1) 自分のザックを自分で背負い、川を越え、峠を越えて、何日もかけて、100Kmだってハイクするスウェーデンの子供。自分のことは自分でやる。歩き、テントで生活する2日間で、そんな思い、楽しさに気づいて [続きを読む]